QHEY

哀愁しんでれらのQHEYのレビュー・感想・評価

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)
3.6
誰もが夢見るストーリーの中心に自分がいる時、その主人公は果たして本当の自分なのか問い直してみる。
誰かの敷いたレールに身を任せることは快適性がある一方で、次はどちらに曲がるのか?どこで止まるのか?どこに向かっているのか?と足元の震えが止まらない。
幸せという名の呪いに飲み込まれたしんでれらが初めて能動的に下す決断に震撼すべし。