哀愁しんでれらの作品情報・感想・評価

哀愁しんでれら2021年製作の映画)

上映日:2021年02月05日

製作国:

上映時間:114分

ジャンル:

あらすじ

「哀愁しんでれら」に投稿された感想・評価

特報映像で震えが止まらない…
↓↓注)限られた映像で感じた考察です

「幸せにならなくちゃね」
大悟(田中圭)の甘い言葉…

一度に全てを失った小春(土屋太鳳)が手にした幸せ。
そして『幸せにならなくちゃ』という呪いの呪文のように『幸せ』という呪縛に小春の心は徐々に蝕まれていく…


「まるちゃん(ヒカリのニックネーム?)が、突き落としたんだ!」

窓から身を乗り出す同級生らしき女の子。
その後ろにはヒカリ(coco)の姿が…

ヒカリは本当に突き落としたのか…

亡くなった同級生の棺の上に座りタブレットで何かを打ち込んでいるその姿は、何かがあるとしか思えない…


「うちの子がやるわけないでしょ!!」
と絶叫する小春…

小春が『family』と書かれたアルバル(?)を持って部屋に入ると、窓には無数のスプレーで書かれたイタズラ書きが…

『人殺し』
『シネ』
『エセ家族』
『成金』
『狂人』
『バカ』

こんなの全部嘘だ
幸せにならなくちゃ
幸せにならなくちゃ

キーーーーーーーーーーン
頭に響く耳鳴り…

精神安定剤(?)を点滴している小春を、たまらず抱き締める大悟。

なぜこの女性は
社会を震撼させる
凶悪事件を起こしたのか

目を見開き倒れる小春にゾッとする。

社会を震撼させる凶悪事件とは?!

2月5日公開予定。

太鳳ちゃんが何度も断ったこの作品…
観に行くこちらも心して観に行かないと…
見終わった後に色々考えちゃいそうな予感。。。

おとぎ話のような音楽と共に映し出される不穏な映像が怖い…

狂っていく小春の背後に、じっとりとたたずむ大悟の気配…

今まで見た事ない太鳳ちゃんに目を奪われガチやけど、(少ししか見えないけど)その後ろで太鳳ちゃんを支える圭くんのお芝居にヒリヒリ…

どうぞ無事に公開されますように。。
ホームページの心の声が盛られた写真

上の建前と下のホンネ

圭くんの優しい声と悪い声で再生される

フライヤー凄い!

これをフライヤーに持ってくるセンス

映画への期待がめちゃくちゃ高まります!