白湯

哀愁しんでれらの白湯のレビュー・感想・評価

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)
2.5
途中までは面白かったけど、なんか急によく分かんなくなった。
振り切る方向そっちなんだ!?
ある意味「最高の母親」になったわけだけど。

振り切ってからも、一瞬我にかえるのが何回かあって、それに矛盾を感じた。

「人が電車に轢かれて死ぬところなんて絶対見たくないけどちょっと見てみたい」的な話は何に繋がってたんだろうか。

不穏で過激な表現を詰め込んだだけのような感じがして、満足度は低め。