風来坊

アンチ・ライフの風来坊のレビュー・感想・評価

アンチ・ライフ(2020年製作の映画)
2.8
ざっくり言うと低予算で小規模な「エイリアン」ぽいの作ってみましたけどどうすかね的な作品。

低予算の割にはブルース・ウィリスさんやトーマス・ジェーンさんジョニー・メスナーさんレイチェル・ニコルズさんなど脇を締める面々は豪華で予算の大半はこれらの面々のギャラに消えたのじゃないかと予想。

しかし、これは理由があって主演の俳優が知名度も華もないので、これを補う為にブルースさん達が招聘されたと思う。
良いとこだけ持ってく最近の出演作とは違い、ほぼ出ずっぱりでそれなりに活躍もしてます。これは正解でブルースさんがいなければ、この主演俳優では引っ張っていけなかった思います…。

低予算のショボさは拭えないものの、寄生された人間のしぶとさなどなかなかハラハラする場面もある。
なかなかカオスな銃撃戦とあの人の退場の仕方は豪華な花火だったなぁ(笑)

色々なSFスリラー映画から色々とアイデアは拝借してますので独自性は感じません。
エイリアンのヌルっとした動きとかまあチープなんですが、B級SF作品として過度な期待をしなければまずまずは楽しめるかなと思います。

まとめの一言
「最強の洗剤」