風来坊さんの映画レビュー・感想・評価

風来坊

風来坊

稚拙なレビューで申し訳ありません。誤字脱字は標準装備です。
アクション映画、B級アクション映画が好きなので評価甘めです。
自己満足の垂れ流しレビューですが、宜しくお願い致します_(._.)_

こちらでもレビュー書いています。http://ameblo.jp/dragontwin/

映画(666)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

レジェンダリー(2017年製作の映画)

2.5

もっと戦いの物語で剣劇かと思っていたのですが…前半から中盤まではキリスト教や宗教色が強いお話しで、その辺に興味があったり詳しい人でないと看ているのがツラいです。無宗教で無神論者の私には何が何だか…たか>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.0

ワンダーウーマンの現在ではなく、生い立ちと過去の活躍を描いたお話し。バットマンVSスーパーマンでワンダーウーマンの登場を唐突と思っていた私には補完するには丁度良い。
幼い頃のワンダーウーマンの生意気な
>>続きを読む

サイゴン・ボディガード(2016年製作の映画)

3.5

ベトナムのホーチミン市で、ボディガードのコンビが悪党相手に大暴れ。本国ベトナムで大ヒットを記録したというアクションコメディ。

ベトナム映画で日本人監督というこれだけでも貴重な映画ですね。落合賢監督は
>>続きを読む

スカイ・オン・ファイア 奪われたiPS細胞(2016年製作の映画)

2.5

再生医療の希望の星となる画期的な新薬を巡り、それぞれの思惑から争奪戦が発生。派手なアクションが満載のアクション映画。

これもリンゴ・ラム監督作、「ワイルドシティ」が面白かったので期待しましたが…。
>>続きを読む

沈黙の激戦(2016年製作の映画)

3.0

元政府諜報員の男が仲間と共にイスラム過激派とメキシコの麻薬カルテルの同盟を阻止するために戦いを挑む姿を描いたアクション映画。

監督は最早セガールの専属と言ってもいいようなキオニ・ワックスマン。俯瞰映
>>続きを読む

ダブル・サスペクト 疑惑の潜入捜査官(2016年製作の映画)

3.0

謎の潜入捜査官が巻き起こす騒動を描いたサスペンス。元ネタは香港で大人気のテレビシリーズ。

皆さんが仰る通りで前半は香港映画お得意のコメディアクションで、後半は一変してシリアスな展開となります。監督が
>>続きを読む

ベン・ハー 終わりなき伝説(2016年製作の映画)

2.5

B級映画製作でお馴染みのアサイラム社がついにベン・ハーに手を出しちゃうのか!?という嫌な予感しかしない映画…監督はこれまたお馴染みのアサイラム専属のマーク・アトキンス(;´д`)

傭兵となったベン・
>>続きを読む

ワイルド・シティ(2015年製作の映画)

3.5

香港アクション映画界の雄リンゴ・ラム監督作。個人的にはジャン・クロード・ヴァンダムとのコンビの印象が強いですね。ハリウッド進出は失敗との事らしいですが久しぶりに健在ぶりを見て安心しました。

本作は古
>>続きを読む

エスケイプ・フロム・イラク(2016年製作の映画)

4.0

なかなかリアルなミリタリーアクションで見応えがあります。これは続編のようですが前作を観ていなくても問題はないようです。メインストーリーの途中に頻繁に回想が入ります。回想で隊員の背景を丁寧に描く事で物語>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.5

もうアニメ版でも映画化されている紅桜編を何故またピックアップしたのかが分からない…今更感があります。紅桜編はわりと初期の頃の長編エピソードなので銀魂を知らない人にも確かに取っ付き易くはあるのですが…。>>続きを読む

ノー・エスケープ 自由への国境(2015年製作の映画)

3.0

監督は「ゼロ・グラビティ」で有名なアルフォンソ・キュアロン監督の息子さんのホナス・キュアロン監督。長編2作目との事。お父さんの縁があってゼロ・グラビティのスタッフが集結したらしいです。独りで決死のサバ>>続きを読む

ラスト・シーン 私が殺される(2018年製作の映画)

2.5

犯罪現場を目撃して逃げる途中に事故を起こしたヒロインは、犯罪に関する記憶を全て失ってしまう。事故の後遺症からか自身に少し先の未来を予知出来る能力が備わり事件を解き明かそうとする。

ここにも「スターシ
>>続きを読む

アトラクション -制圧-(2017年製作の映画)

2.5

歓迎ムードでビルの屋上に宇宙船を見に行ってドカーンはインデペンデンスデイを思い出した。墜落シーンやパニックシーンのCGや映像は迫力があって良い感じです。
宇宙人どうこうよりもそれによって翻弄される人達
>>続きを読む

ショウダウン 不死身の弾丸(2016年製作の映画)

2.2

フィリピンのマニラを舞台に、 元刑事の私立探偵が因縁の相手である通称レイスと呼ばれる犯罪組織の大物を追うアクション映画。主演はロシア出身のタフガイ、アレクサンダー・ネフスキー。

B級アクションスター
>>続きを読む

リベンジ・リスト(2016年製作の映画)

3.0

ジョン・トラボルタが久々に本格アクション映画に主演という触れ込みで観ましたが…それほどでもなかった…。本格アクションとは少し言い過ぎですね。
裏社会で凄腕だった男が堅気になり、事件が起きて再びかつての
>>続きを読む

クローバーフィールド・パラドックス(2018年製作の映画)

3.0

前作は閉鎖的な空間での疑心暗鬼なお話しが合いませんでした。本作も閉鎖的な空間で展開されるのでスタイルは前作と同じですね。お話しの幅は前作よりもあるので前作はがダメだった私にも観れます。
1作目の前日譚
>>続きを読む

ザ・ボディガード(2017年製作の映画)

3.0

ジョナサン・モストウ監督と言えば「ブレーキダウン」「U-571」で自分の大好きな映画なんでこの監督は巨匠になるなと思っていたら「ターミネーター3」の低評価で暫く干されその後もキャリアが長いのになかなか>>続きを読む

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

3.0

マーティン・スコセッシが製作で絡んでいて、密室内での銃撃戦がスゴいと聞いて観賞。確かに銃弾は乱れ飛ぶがなかなか当たらずむやみやたらに撃っているような印象。潜入捜査官が居て疑心暗鬼でとかなら分かりますが>>続きを読む

キングのメッセージ(2016年製作の映画)

3.5

助けを求める電話の後に音信が途絶えた妹の身を案じ、男は南アフリカにケープタウンからアメリカの大都会ロスアンゼルスを訪れる。大都会の闇に消えた妹。真実を追うため、男は裏社会の悪と暴力の世界へ足を踏み入れ>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.0

この事件は発生時は日本でも大々的に報道されましたが、その後は芸能人のゴシップやらなんやらで埋没していった印象なのでこの映画で新たに知り得た事もありました。

犯人を始めとして事件に大なり小なり関わった
>>続きを読む

無限の住人(2017年製作の映画)

3.7

原作は全く知りませんでした。主人公に共感しにくい不死身という諸刃の剣のような設定をどう磨いてストーリーに活かしてくるのかに興味がありました。答えは不死身だが痛覚はある、不死身であるがゆえに鍛練をせずに>>続きを読む

グレースフィールド・インシデント(2017年製作の映画)

2.5

他の方も仰る通り義眼カメラのアイデアはPOV手法に説得力があって良いですね。しかし、そのアイデアを活かしきれていません…。物語の殆どはブレアウィッチよろしくで森で展開されます。雰囲気はあるものの暗くて>>続きを読む

ビジター 征服(2014年製作の映画)

1.2

39年前に異星人に拉致されたとブログで主張する男。ある事故の後、気絶から目が覚めると特殊部隊に拘束されていて激しい拷問受ける…。SFサスペンス映画。

尋問、拷問から展開されるドラマとあらすじで知った
>>続きを読む

忍びの国(2017年製作の映画)

2.5

攻めるもクズ、迎え撃つもクズ。そんな映画。冒頭、何とも生死に感情が薄い世界観だなと思っていたら設定でした。主人公を始めとして感情が渇ききっている。鈴木亮平さん演じる悪役の半兵衛が一番人間らしさを感じる>>続きを読む

インタースペース(2016年製作の映画)

1.0

私の理解度がクソなのか…この映画がクソなのか…?
簡単に言うと宇宙船のAIが暴走して、それを止めようとする乗員との攻防の果てにというお話しですが回りくどいし説明が雑すぎるし抽象的過ぎるわで分かりづらい
>>続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

4.0

このシリーズもマンネリ感がありますが、観たら観たで楽しい映画。冒頭の合戦シーンから圧倒的な映像で圧巻。アーサー王伝説にトランスフォーマーを絡めるには強引さはあるけれど面白いアイデアと思います。

バト
>>続きを読む

ウォリアー・ゲート 時空を超えた騎士(2016年製作の映画)

2.5

ゲーム好きのオタク少年がひょんな事からゲームの世界に入ってしまい美しい姫を救うために奔走する姿を描いたファンタジーアクション。

孤高の映画監督リュック・ベッソンもとうとう中国の顔色を伺う時代になって
>>続きを読む

キング・アーサー(2016年製作の映画)

3.8

直近で観たアーサー王伝説関連の映画2本に比べたら、お金が掛かっていてスケールの大きさは桁違い。序章から迫力満載の映像で引き込まれます。
ガイ・リッチー節は抑えめな感じですが軽快で巧妙な演出は健在。
>>続きを読む

ザ・キング・アーサー外伝(2017年製作の映画)

2.0

アーサー王の死後、大いなる力を持つ聖剣エクスカリバーを巡って暴君モードレッドとアーサー王の隠し子が死闘を繰り広げる。アーサー王伝説を題材にしたソードアクション。

ジャケット写真の謳い文句の超大型ソー
>>続きを読む

キング・アーサー 英雄転生(2017年製作の映画)

1.5

アーサー王と円卓の騎士の子孫が、復活した宿敵の魔女モルガナと息子のモードレッドの野望を打ち砕くために立ち上がる。アーサー王伝説を下敷きにしたアドベンチャーアクション。

B級映画でお馴染みのアサイラム
>>続きを読む

ザ☆ビッグバン!!(2010年製作の映画)

2.0

ある依頼を受けた事で私立探偵が陰謀に巻き込まれ、殺人犯として追われるはめに。探偵は身の潔白を証明しようとするが…。アントニオ・バンデラス主演のサスペンスアクション。

最近観たアントニオ・バンデラス主
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.0

宇宙の閉鎖空間を利用した心理スリラーと思って観たらド直球のエイリアン物で驚きました。閉鎖空間を利用した展開とエイリアンと人間の追いかけっこと知恵比べはドキドキします。生きるために殺すという単純な動機で>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

4.0

原点回帰程ではないけれど、ダークファンタジーとアドベンチャー要素が強めで「パイレーツオブカリビアン」らしさが戻ってきた感じです。しかし、酷評された前作を分かりやすくて良いなと思った私には本作のゴチャゴ>>続きを読む

山猫は眠らない7 狙撃手の血統(2017年製作の映画)

3.5

仲間の狙撃手が自殺して意気消沈のブランドン。新しい任務にも乗り気でなかったが、父親のトーマスが現地で作戦の指揮をとっていることもあり任務を引き受けコロンビアに赴く。

本作は一戦を退き管理職の立場では
>>続きを読む

山猫は眠らない6 裏切りの銃撃(2016年製作の映画)

3.5

標的が少年兵と気付いた主人公ブランドンは狙撃をためらい、味方を死なせてしまう。苦悩と葛藤のなか新たな任務についたブランドンの狙撃手として成長する姿を描いたアクション映画。

4作目でそれまでの主人公の
>>続きを読む

任侠野郎(2016年製作の映画)

3.5

慕っていた親分の仇を討つため、たった一人で敵対の組に乗り込み敵の組長の命を獲った伝説の極道と呼ばれる柴田源治は長い服役生活を終え、世話になった姐さんの葬式に出向くがそれがきっかけで田舎町の温泉施設を巡>>続きを読む

>|