風来坊さんの映画レビュー・感想・評価

風来坊

風来坊

稚拙なレビューで申し訳ありません。誤字脱字は標準装備です。
アクション映画、B級アクション映画が好きなので評価甘めです。
自己満足の垂れ流しレビューですが、宜しくお願い致します_(._.)_

こちらでもレビュー書いています。http://ameblo.jp/dragontwin/

映画(767)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

サンズ・オブ・ザ・デッド(2016年製作の映画)

2.5

ゾンビが蔓延した世界を舞台に、広い荒野に取り残された主人公の女性がゾンビとさまよい歩く事になる、一味違ったゾンビ映画。

ゾンビを下敷きにした女性の成長物語だったり、過酷な荒野でのゾンビとのロードムー
>>続きを読む

特殊部隊 スペシャル・オペレーション(2010年製作の映画)

1.8

エネルギーの新技術が発明されるが、その技術を小型核兵器に転用するためイスラム過激派は開発者の博士を誘拐する。技術転用を防ぐため海兵隊のエリートチームが事態に立ち向かう。オールドな雰囲気漂うB級ミリタリ>>続きを読む

レイク・モンスター 超巨大UMA出現!(2013年製作の映画)

2.0

謎の未確認生物が中国奥地で発見され、一任者のトラヴィス博士は中国に飛ぶ。現地では過去に因縁のある男ハーカーも現れ未確認生物を追っていた。犠牲者が相次ぐなかトラヴィスは仲間と共に未確認生物を追い詰めて行>>続きを読む

ZMフォース ゾンビ虐殺部隊(2013年製作の映画)

2.0

囚人など曰く付きの元軍人達がゾンビに支配された町を壊滅させるために奮闘するB級ゾンビアクション映画。

B 級アクションとしてはまずまずですが、虐殺部隊という程のものでもなく、部隊がゾンビと戦い出すの
>>続きを読む

ダブル/フェイス(2017年製作の映画)

2.3

ニコラス·ケイジとジーナ·ガーションは「フェイスオフ」でも共演していて2人ともあの頃がピークだったなぁと懐かしさを感じながら観ました。しかし主演は2人の女優さんでニコラス·ケイジが旦那役をやる必要性が>>続きを読む

TEST10 テスト10(2011年製作の映画)

2.0

高額報酬に釣られ新薬の治験に参加した被験者たち。安全で楽に稼げる筈が新薬を投与されてから被験者たちは徐々に体調が悪くなる。治験を題材にしたメディカルサスペンス。

また治験のイメージダウン映画の誕生で
>>続きを読む

ロスト・シティZ 失われた黄金都市(2016年製作の映画)

3.0

ジャケット写真から冒険アドベンチャーと勘違いしてしまいましたが、実在した人物の自伝的映画で至って真面目な映画。という事で洞窟内で巨大な岩に追いかけられたり、謎の仕掛けを解いたり等のアクションアドベンチ>>続きを読む

シューター(1994年製作の映画)

2.5

国連大使暗殺事件を追うCIA諜報員の男は、事件に関わりがあるという女性テロリストを追うが…。ドルフ·ラングレン主演のサスペンスアクション。

ドルフ·ラングレン主演の映画はほとんど観た筈が結構見逃して
>>続きを読む

Xibalba シバルバ/エイリアン・オブ・マヤ(2017年製作の映画)

1.8

依頼主の目的も明かされぬまま、マヤ遺跡に広がる地下水路迷宮の探索を依頼されたヒロイン達が遭遇する恐怖を描いた歴史ミステリーアドベンチャー。

序盤から中盤までヒロイン達の会話やゴタゴタした関係等の説明
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

4.0

誰もが知っている古典のようなミステリーを、シェークスピア俳優や演出家としても知られるケネス·ブラナーが工夫を凝らして飽きさせないように上手く演出している印象。狭い列車の中を俯瞰映像で見せたり、死体をな>>続きを読む

アンデッド刑事<デカ> 野獣捜査線(2016年製作の映画)

2.5

極悪犯罪組織がのさばり犯罪が絶えない近未来のロサンゼルスを舞台に、手足をもがれても黒焦げになってもよみがえる不死身の警官オフィサー·ダウンが大暴れするバイオレンスアクション。

アメコミのダークヒーロ
>>続きを読む

オレの獲物はビンラディン(2016年製作の映画)

2.5

愛国者とは聞こえが良いけれど、自分には差別主義で自己中な変人にしか見えませんでした…。ですので楽しんで見る事は出来ませんでした。とはいえこんな無茶をしても命があったのは良かったですね。

不思議な魅力
>>続きを読む

ブラインド・スポット 隠蔽捜査(2017年製作の映画)

3.0

静かながらも殺伐としていてハードボイルドサスペンス的な雰囲気はすごく良かったのですが…政界進出を狙う野心家のベテラン刑事と、移民として疎外感を感じながらもベテラン刑事を慕う若手刑事どちらの心情も理解し>>続きを読む

Mr.&Miss. ポリス(2014年製作の映画)

1.5

原題はブラックローズで邦題はブラッド・ピットの例の映画から取って付けただけで夫婦でもなく全く内容に関係無し。ロシアの刑事がアメリカで凶悪な殺人事件に立ち向かうというB級アクション。何となくシュワちゃん>>続きを読む

チップス 白バイ野郎 ジョン&パンチ再起動!?(2017年製作の映画)

3.3

1970~1980年代に流行った米国の人気ドラマ「白バイ野郎ジョン&パンチ」を映画化。性格がまるで違う2人がコンビを組み悪を追い詰める。バイク&カーアクション満載で描くコメディアクション。

元ネタは
>>続きを読む

ザ・セイント(2017年製作の映画)

3.0

世界を股にかける義賊で大泥棒のサイモン・テンプラー。別名"セイント"で裏社会に暗躍する彼が銀行家に雇われ、誘拐された娘を探す事に。だが、事件の裏には大きな陰謀が隠されていた。サスペンスアクション作。>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.8

スーパーマンの死という絶望に満ちたスタート。危機的な状況下でも何となく明るいマーベルとは違い終始に暗さが漂います。バットマンが一人気を吐いている印象ですが、最早敵が強大過ぎて彼には手に負えない感じがし>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

2.8

原作は未読で全く知らず観賞。冒頭の保護の名を借りた人体実験に胸糞が悪くなる。これのお陰で佐藤健さん演じる亜人に同情して完全に肩入れ出来るので演出としては正解ですね。綾野剛さんはこういう怪しさ満載の役を>>続きを読む

エクスティンクション 地球奪還(2018年製作の映画)

3.0

エイリアンの地球侵攻は男の悪夢の筈だった。ある日、謎の地球外生命体が地球上のあらゆる生命に総攻撃を仕掛け、男の悪夢は現実になる。マイケル・ペーニャ主演のSFスリラー。

妄想か現実か、主人公同様に観て
>>続きを読む

ヴェンジェンス(2017年製作の映画)

3.0

ジャケット写真とあらすじの感じからニコラス・ケイジ演じる主人公が方で裁けぬ者共を制裁するアクション映画かと思いましたが、実際はクライムサスペンスの色が強く想像と違いました。

制裁を決断するに到る苦悩
>>続きを読む

007 スペクター(2015年製作の映画)

3.8

冒頭の颯爽と屋上を歩くボンドがカッコいいな。アクションはド派手で迫力がスゴい物が多くテンションが上がります。アクションにコントのようなオチがあるボンドアクションも健在で楽しい。

前作は映像の綺麗さな
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.5

家庭環境に難のある子供なのでリアル感を出すためにそういう雰囲気の子を使ったのでしょうけど表情が暗すぎて参るな…。ゾンビ映画としてもパンデミックパニック映画としても相当にクオリティが高い。ジワジワと広が>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.0

王道のスポ根コメディに特化すれば良かったのに、恋愛要素とか家族問題とか他の要素を入れ過ぎてとっ散らかった感じがします。新垣結衣さんは相変わらず可愛い…可愛い過ぎて男にフラれるとかのキャラに説得力がなく>>続きを読む

ソルジャーズ ヒーロー・ネバー・ダイ(2017年製作の映画)

2.5

2014年に起きたロシアのクリミア侵攻。ドネツク国際空港を舞台にウクライナ軍と義勇軍が親ロシア派組織を相手に繰り広げた壮絶な死闘を再現した社会派の戦争映画。

ウクライナ側に正当性があるとみるか、ロシ
>>続きを読む

スクランブル(2017年製作の映画)

3.0

クリント・イーストウッドの息子さん、当然だけど親父に似ている。額のシワと目尻のシワ、しかめっ面が特にそっくり。内容としてはどうしても「ワイルドスピード」にかぶっている感じがします。

犯罪者が主人公の
>>続きを読む

キックボクサー ザ・リベンジ(2018年製作の映画)

3.2

キックボクサーシリーズ第7作。前作から主人公となったエリックは総合格闘家になって活躍していたが、罠によって犯罪組織が支配する刑務所に連れて行かれ囚われてしまう。負ければ死の闇の格闘試合への参加を強制さ>>続きを読む

チェイサー(2017年製作の映画)

3.0

もう結構なお年だと思うのですが、ハル・ベリーって昔からあんまりイメージが変わりませんね。事が起きるのは早いしそこからハラハラが長く続くが基本的な展開がほぼ同じなので飽きて来るのも確か。この状況ではなり>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.0

いつまで不毛な戦いを続けるのか…相変わらず人類は何も学んでいない…いずれは猿に支配されるのも仕方ない。今作はシーザーの苦悩と復讐をメインに猿中心に進むのでどれだけ猿側に気持ちを傾けられるかが物語を楽し>>続きを読む

ジェイソン・ボーン(2016年製作の映画)

5.0

追われるジェイソン・ボーン、追うCIA、追われながら真実を探すというお決まりの展開で緊張感があってファンには嬉しいけれどマンネリと感じる人もいるでしょう。もう解決済みの話を無理矢理引き出している感じも>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

4.5

迫力のあるアクションを楽しむ映画。ガンファイト、格闘アクション、カーアクション、爆発シーンとどれをとっても一級品。スタイリッシュなガンファイトも健在で楽しませてくれる。銃のソムリエとか今回も闇の世界の>>続きを読む

スキップ・トレース(2015年製作の映画)

3.2

あのレニー・ハーリンがジャッキー・チェン主演作を監督という事で、スゴく期待しましたが全然レニー・ハーリンの色が出てない…。始まってみれば「ラッシュアワー」や「シャンハイヌーン」のような定番の相棒を引き>>続きを読む

2バッドガイズ(2018年製作の映画)

2.8

格闘技の道場を経営する男は赤字に苦しみ、裏社会で特に危険な相手の借金取りとして働く事に。ベテランの取立屋を相棒に、拳に物を言わせた借金回収が始まる。

スコット・アドキンス主演映画にしては珍しくコメデ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.0

アプローチの仕方は違うものの、レプリカントは人間になれるのか?愛せるのか人間とはなにか?などの本質は同じ。前作同様SFアクションではなく、SFを下敷きにしたヒューマンドラマ(レプリカントだけど)+サス>>続きを読む

キュア ~禁断の隔離病棟~(2016年製作の映画)

3.5

野心家の金融マンの主人公は、自社の社長をスイスの療養所から連れ戻すよう命じられるが…そこは奇妙な療養所で…。独特な世界観のサスペンスホラー。

不気味…妄想か現実か曖昧でとにかく不気味…。このままサス
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.0

原作も何も知らずに観ました。ホラーと身構えて観たら、意外と取っ付き易くて驚きました。個人的にはホラーよりはサスペンスとダークファンタジー色の方が強いかなと思う。怖さなら「アナベル」の方がメチャ怖い。複>>続きを読む

BILLABONG ビラボン(2016年製作の映画)

2.0

オーストラリアの先住民アボリジニに伝わる伝説の怪物が姿を現して人間たちを襲うモンスターパニック映画。

怪物がどうこうよりも土地がどうたらとか関係の無い下世話な話に時間を割きすぎ。祖父も勝手、親父も勝
>>続きを読む

>|