ジョー

漁港の肉子ちゃんのジョーのレビュー・感想・評価

漁港の肉子ちゃん(2021年製作の映画)
3.7
良作を良作のままに・・・

STUDIO4℃は個人的にufotableと並ぶ、作画で魅せる良アニメーションスタジオだと思う。
見る人を惹きつける“間”を上手く使い、飽きさせないどころか次の展開をどう表現するだろうと心待ちにしてしまう。これは脚本の力も勿論ある部分だが、じれったいような“間”が本当に気持ちいい。

が、『えんとつ町のプペル』といい、今作の明石家さんまプロデュースといい、プロモーションに運がなさすぎる。「あ、それなら自分の見る映画じゃないわ」と扉すら叩かない人が沢山いるキワキワの要素を全面に出しているのがもったいない。これ良かったよ!と人に勧めた時に「でも」から返される要素が多すぎる。
セミ(CV:宮迫博之)をエンドロールで見つけた時の衝撃たるや。
一度道をあやまった人を許すなという意味ではない。その文字を見た時に、多くの人がどう思うのだろうかという事を抜きにして、仲間だからとさんまさんが入れたんだろうなというイメージが着いてしまう。
どうせでるならちゃんとセリフのあるキャラクターを演じさせて、宮迫じゃなきゃダメなんだ!と強く押してくれた方がいい。
セミて。お情け以外の何者でも無い表記は誰の得にもならない。
いらんところで足を引っ張る残念な良作