ウォーター

戦場のピアニストのウォーターのレビュー・感想・評価

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)
3.9
とにかくあの夜にシュピルマンが奏でた演奏は、ドイツ将校どころか、こっちまで感動して鳥肌が立った

ドイツ人将校の生きるか死ぬかは神が決めるという言葉の重みがすごい

戦争に勝者がいないことが痛いほど分かる

あれほど、ユダヤ人を苦しめたドイツ兵も、戦争に負けて捕虜にされてしまえば、立場なんて簡単に変わってしまう

あっけないほどの立場の逆転に恐ろしさを感じた

多くを語らないシュピルマンのピアノの演奏にただただ感動した