戦場のピアニストの作品情報・感想・評価

「戦場のピアニスト」に投稿された感想・評価

とら

とらの感想・評価

4.0
「戦争が終わったら何をする」

【あらすじ】
1939年、ナチスドイツがポーランドに侵攻中、主人公シュヒルマンはピアニストだった。ワルシャワ陥落後、ユダヤ人は迫害される…シュヒルマンは必死に逃げるが…

【感想】
人は何者にもなる。どっちがとかではなくどちらにでもなれる。信念をつらぬけ
シュヒルマンを助けた人を調べてると、本当に泣いてしまった。なんでだ どうしてと思ってしまう。
自分も音楽によって救われてる気持ちになった。
1940年代、ポーランド、ナチス・ドイツによるユダヤ人迫害みたいな話です。人間の人生って、生まれた場所とか時代とか、運がいいとか悪いとか、人種とか才能とか、自分では どうにもならない事が多いのかなと思いました。
これまた名作
夜中に視聴していたところ、砲弾の音かと思いきや、
階下で両親が怒鳴りあいの喧嘩を始めたのは良い思い出
ふみ

ふみの感想・評価

4.0
自分の生きがいが奪われた中で生きる辛さ、それを知って与えてくれたドイツ兵の優しさ、自分の生きがいが人の心を動かしたことへの涙、尊い。初めてピアノやっててよかったと思えた
ぱるま

ぱるまの感想・評価

4.4
車椅子のシーンと、ラストのドイツ兵の状況の対比に、涙が止まらなくて困った
しー

しーの感想・評価

3.5
重い映画は観たくないんだけど、エイドリアン・ブロディが好きだというからには観るべきだろうと思って覚悟を決めて観ることに。

エイドリアン・ブロディも美しいしすごいんだけど、シュピルマンの人生がすごい。
恥ずかしながら歴史のことがわかっていなさすぎるので、調べながら観た。
観て良かったと思うけど、もう一回は観れない。
でも誰もが知っておくべき時代の話。
感極まって立ち上がるというより、
重い腰を上げて拍手を送らざるを得ない、
唸るようなそんな映画でした。

とてもよかった。
Jezebel

Jezebelの感想・評価

4.3
学生の頃映画館で観て、心苦しくて再度観ること学生のできなかった映画。
やっぱりつらかった。
mion

mionの感想・評価

5.0
もっと知られるべき映画。歴史を学び、知り、考えるために一度は観るべき映画。
wolt

woltの感想・評価

4.0
もう一度見たいかと言われれば見たいくないし胸くそ悪いけど、得られる物は大きいとおもう。日本も中国人を同じようにやったわけだし、あーだこーだ言える立場じゃないかもねー。
>|