戦場のピアニストの作品情報・感想・評価・動画配信

戦場のピアニスト2002年製作の映画)

The Pianist

上映日:2003年02月15日

製作国:

上映時間:148分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「戦場のピアニスト」に投稿された感想・評価

N

Nの感想・評価

3.8
同じ人間同士で、どうして分かり合えないのか、何故こんなにも争い合うものなのか。今現在も世界中で争いは続いてる。

殺し合っているうちに全てが麻痺してしまうんだろうな。戦争の愚かさを改めて痛感する。

自分には何が出来るんだろう。
歴史を学ぶこと。それを忘れず過ちを繰り返さないこと。
浮かぶのは漠然とした思いばかりで答えが出ない。自分とは異なる文化、思想、人種を認め合える世界が訪れてほしい。こんな思いも、戦争を前にしたら綺麗事になってしまうのかな…。
伊藤

伊藤の感想・評価

4.3
第二次世界大戦におけるポーランド侵攻でのワルシャワ陥落後,ホロコーストを生き延びるユダヤ系のピアニストの話.

軍人視点の戦争映画ではなく大戦の情勢に振り回される市民視点の映画であった為か,比較的淡々と物事が進む印象で起こった出来事の羅列のような描写は個人的には観やすかった.
普段は視聴前に他者の感想を見るような行為はある程度控えているが、映画視聴準備を行う際、残虐,怖い等のサジェストが目に付き少し不安に思ってしまっていた。しかし実際に試聴するとあまりその様に感じなかった。

自宅での鑑賞では飛ばしがちのエンドロールも最後までしっかりと視聴することが出来た.
Maho

Mahoの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

怖かった。
こんなことが同じ人間通しで怒ってたなんて信じられないくらい辛くて残酷。
ピアノの力の人との繋がり。
あとはシュピルマンの生きることへの諦めない強さ。
ドイツ兵の方もすごかったな。
みんな命懸けで守ってた。
生々しいシーンも多く直接訴えかけてくるようなシーンが心にくる。
主人公も特別明るい訳でもなく、人に好かれそうなタイプではないけれど、生きようと必死に行動することで、色んな人が協力してくれる。
sayas

sayasの感想・評価

4.3
【戦場を生き抜いた天才ピアニストの実話】

ピアノ映画にハズレなし。下げ眉ブロディが心ズタズタになりながら泣いてる姿観たらこっちも泣いてしまうよ...
全編通して何度泣いたか...
迫害が日に日に加速していく。

ワルシャワの無惨に破壊された街並み

ショパンの夜想曲20番とバラード1番の哀しく美しい旋律

戦火の渦中でも無意識的に指が動いてしまうほど骨の髄までピアニストなんだね

監督自身もユダヤ系ポーランド人で第二次世界大戦下のポーランドでホロコーストを生き延びた犠牲者ということで主人公と同じような壮絶な戦争体験をしているからこそリアルな描写が出来たのかな。

ユダヤ人ゲットーで幼少期を過ごし、アウシュヴィッツで母親を殺され、虐殺から逃れるため各地を転々としたという。
正直「お騒がせな変わり者」言ってしまえば変態監督のイメージを彼に抱いていたけれども、ポランスキーの過去を辿ると本当に我を見失うような、私ならきっと立ち直れないような哀しい記憶が多くて可哀想でいたたまれない。





ネタバレ







ドイツ人だからと一概に悪とは言えない敵味方関係ないホーゼンフェルトの善行には希望の光が見えた。
まるで杉原千畝やシンドラーの救済のよう。ヒトラーとナチズムを信奉し、傾倒するホーゼンフェルトは絶滅戦争の真実と野蛮さを目の当たりにして改心し、救済による抵抗運動へと転じたというからとても驚いた、人は変われるんだろうか、どんな心境で将校の職務を全うしてたんだろうか、助けたのにも関わらず戦犯で裁かれ獄中死する最期何を思ったんだろうか。
そのホーゼンフェルトの生涯が記された本が出版されてるみたいで凄く気になる読みたい。
mash

mashの感想・評価

4.0
悲惨なシーンが多いのだけど、主人公がただ生きるのに必死って感じで落ち込んだりしないので、観てる方も引きずらずに済んだ。長さを感じさせず見入った。
ドイツ将校にも助かって欲しかった。
みゆ

みゆの感想・評価

3.5
ブロディ目当てで観たが、そんな気持ちで観る映画ではなかった。でも一回は観とくべき
かわ

かわの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

1939年9月、ポーランド。ナチス・ドイツが侵攻したその日、ウワディクことウワディスワフ・シュピルマンは、ワルシャワのラジオ局でショパンを演奏していた。街はドイツ軍に占拠され、ユダヤ人をゲットー (ユダヤ人居住区)へ強制移住させるなどの迫害が始まる。

エイドリアン・ブロディの演技が本当に良かった、シンプルに顔が好きなのもある
最近ユダヤ人の映画をよく見るが、デリケートな話題ながらに面白い
wakana

wakanaの感想・評価

4.5
THE PIANIST


スピルバーグ監督からの依頼の『シンドラーのリスト』の監督をも断った『テス』のロマン・ポランスキー監督が、満を持して撮ったカンヌ・パルムドール受賞作。


自身ポーランド人であり、母親をゲットーで亡くしたポランスキーの集大成とも呼べるだろう。

荒廃した時代に響くショパンがとても美しい。

(新宿プラザ)
まなん

まなんの感想・評価

3.8
ユダヤ人への差別がテーマの物語は本当に胸が苦しくなる
戦争もそうだけれど、なぜ傷つけ合わなければいけないのか、どうしてこんな理不尽な扱いを受けなくてはいけないのか
知りたくない、考えたくない気持ちがないわけではないけれど、過去にした人類の過ちとして私たちは繰り返さないためにも知っていなくてはいけないし、考えなければいけない
今作は実話に基づいて作られており、ピアニストである主人公がピアノによって救われるのが印象的
全ての人が善人でないように、全ての人が悪人でもない
縁や出会いによって人生が大きく変わることがある
運命を信じるわけではないけれど、それはこれまでの行いや、その人の人柄について回るものなのではないだろうか
一つの出来事で立場が逆転してしまうのもなんだか悲しい
>|

あなたにおすすめの記事