戦場のピアニストの作品情報・感想・評価・動画配信

戦場のピアニスト2002年製作の映画)

The Pianist

上映日:2003年02月15日

製作国:

上映時間:148分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「戦場のピアニスト」に投稿された感想・評価

"ヒトラーの忘れもの"
に続いて2日連続で戦争映画を観ました。

ドイツとポーランドが主な舞台で上記作品は、ドイツ側。
今回の作品がポーランド側。
加えてナチスとユダヤの歴史的背景の作品。

現代のヨーロッパは、綺麗な街並みや文化、食事、スポーツなどで我々を楽しませてくれるが過去にはこういった残酷な時代もあったのだと…

国の発展、文化の発展において少なからず暗黒の面(知りたくない背景)が存在する。

目を背けずに過去を知る事が今を生きる我々の使命。
缶詰
原作を読むと助けてくれた将校がどんな人だったのかどんな最後だったのかが分かります
こめ

こめの感想・評価

4.1
記録用
過去に視聴の為、レビューを書けるほど内容を覚えておりません。
スコアは見た時に覚えている印象を基に評価しています。
第二次世界大戦に生きるユダヤ人のピアニストの人生を描いた実話。戦争のむごさ、ユダヤ人迫害のひどさ、それを知るために人生一度は見たほうがいい映画だけど、、、つらすぎる、、、

最初っから最後まで、つらくて心臓が痛くなりっぱなしだしハラハラするしで、正直つらい時間レベルだった。しかし、2時間半という長さで2時間以上の映画が苦手なわたしでも、不思議と長さをかんじることがなかった。

ユダヤ人迫害、つらいんだけど、みんなそれが正しいと思ってやっているわけじゃないんだよね。なのになぜそれが推進されたのか、、、数の優位性なのだろうか、、、
本当に、この時代に生まれてよかったし、この良い時代があるのは過去の歴史があるからこそなんだなあ
Tomomi

Tomomiの感想・評価

3.3
ドイツ兵がユダヤ人を迫害したり、戦争が終わればソ連軍がドイツ兵を迫害して、ユダヤ人もパレスチナ人を迫害する。
自分たちが迫害された痛みは忘れてしまうんだろうか。
プロパガンダに扇動されず、他民族を尊重することはそんなに難しいことなのか。
でも環境次第で、人は簡単に人を迫害できてしまうんだろうな。
と、ユダヤ人迫害をテーマにした映画を観る度に悲しいし、やるせない気持ちになります。
えび

えびの感想・評価

-
悲しいけど貴重なノンフィクションで、映像の復元もすごいリアリティある
戦時下の文化維持の難しさと、ポーランドの歴史も悲しい
Hich

Hichの感想・評価

3.8
 苦しい展開が続くので観るのであればある程度覚悟していたほうがよろしいかもしれません。
 生きようとする覚悟が強く感じられます。
Nancy

Nancyの感想・評価

4.3
ホロコーストを生き抜いたユダヤ系ポーランド人ピアニストの実話。
ホロコーストを描いた作品がなぜだか好きで惹かれてしまう…。観るのが辛いと分かっていても、私を惹きつける。。
ホロコーストを描いた作品はどれも本当に重たく、とても残酷だけど知るべき歴史なので多くの人に観てほしい。

彼にとって最も愛していたのはピアノで、戦争の中音楽だけが彼の心の救いになっていた。そんな彼がドイツの将校に命じられてピアノを弾くシーンは美しく圧巻だった。
この作品を観て心を揺さぶられない人はいないと思う。
ピアノの演奏に注目して観てほしい。

42本目 2020

このレビューはネタバレを含みます

廃屋でピアノを聞いていたあの時間は、ユダヤ人とドイツ兵でなく、ただ同じ時代を生きる人間であっただろう。
いま、コロナウイルスという人類共通の敵ができてもやっぱり戦争は止まらず人類は人類とばかり戦っている。
私が映画を見てかつての惨劇に思いを巡らせている間にも銃声や爆撃の音を聞いている人がいる。
この映画は2時間半ほどあって、鑑賞中も長く感じたけど戦争はもっともっと長いんだよね。
藤麗輝

藤麗輝の感想・評価

4.2
シュピルマンのやるせない心優しさとユダヤ迫害のコントラストが心苦しい・・・。
でもやはりシンドラーのリスト、杉原千畝のようなユダヤを助けるドイツ人物語は好きです
>|