Minami

戦場のピアニストのMinamiのレビュー・感想・評価

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)
4.0
色々な人に言われ気になっていた作品をやっと鑑賞。
1人のピアニストの視点からなる意外に叙事的な印象の物語。家族と離れ、色々な人の元を孤独に転々とする主人公。彼は辛い社会の中ひたすら孤独。
無言のシーンが多いので理解するのが結構難しい、あと出会い別れる人々の顛末が描かれないから少しわだかまりが残りスッキリとはしない。
主演のエイドリアンブロディがイケメンというよりかは美しい尊い美麗すぎてよく「ピアニスト」という戦争にはゆかりもない文化人を表している。後半からどんどん朽ち果ててゆく姿(それも台詞はほとんどなし)を体現しているのも圧巻すぎた。
戦争系であるからなのかもしれないけど、この映画のメッセージがめちゃくちゃ強い気がする。特にグサッときたのは「生きるも死ぬも神様の意思」という終盤のシーンの台詞。その意味って戦時下のヨーロッパにおいては恐ろしいのではないだろうか。
エグさは「シンドラーのリスト」程でもないが中々なので、容易には人に勧められないが、出来るだけ沢山の人に見ていただきたい。