てらっち

ヴェロキラプトルのてらっちのレビュー・感想・評価

ヴェロキラプトル(2021年製作の映画)
1.0
久しぶりにどうレビューしてよいか分からん作品に出会ってしまった(-∀-`笑

車が故障して立ち往生してしまったカップルが、狂った科学者の実験で蘇ってしまったヴェロキラプトルに襲われるお話。

遺伝子や細胞の映像が流れるオープニングがめちゃ良くて、これは意外と掘り出し物?!っと期待したのも束の間でした。

80分と短めの作品やのにめちゃくちゃ長く感じた(笑)

ヴェロキラプトルといえば、チームプレイの狩りが味やのに、1匹しか出てこん上に登場人物少ないからほとんど狩りのシーンがない。
しかも出てくる度にサイズ感おかしい。

吹き替えで観たせいもあるかもやけど、カップルがめちゃくちゃ大根でしんどかった(-∀-`

恐竜を眠らせるほどの麻酔銃を、2発も撃たれて生きてる主人公には驚き(笑)

恐竜がなんで復活したのかもあやふやのままで、結局なんやったんや…な作品でした(・ω・`)