けい

余命10年のけいのレビュー・感想・評価

余命10年(2022年製作の映画)
4.3
いやあ泣けた。何度も泣きシーンがある映画でした。恋愛映画としてではなく、一人の女性の生き様を描いている。だから女性は観ていてグッとくると思う。男だけどそう思った。

また、大雑把に言って、死を意識して生きている人と死を意識しないで生きようとする人がいると思って。後者のタイプの人間には中々刺さらない映画だと思う。

これはカップルで観に行って失敗することもままあるかも。
所々、男って馬鹿よねぇって思いたくなる、そういうシーンもあって、カップルで観に行っても男はケロンってするパターンもありそう。
感受性豊かな彼氏とならありだと思うけど。

惜しいのは所々過剰な演出があったこと。恋愛映画として作ろうとしたためか、恋愛映画じゃなければいらない盛り上げがあった。いくつかの演出が少々興醒めを誘ったように思う。

総じて、小松菜奈の演技が素晴らしく、日本アカデミー賞女優賞いけるレベルと個人的には思いました。