ひらりさんの映画レビュー・感想・評価

ひらり

ひらり

  • List view
  • Grid view

あの頃。(2021年製作の映画)

3.5

何かのきっかけでアイドルにハマリ"推し"になったことにより出会う仲間たち
オタクが揃うと最強。自分達にしか分からない最高な時。コズミン生前祭!

初めての友だちと言える仲間だったのでは。自宅しか居場所
>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

5.0

ありそうでなさそうな、下北沢という街ならばありそうな日常が心地よい。
自主映画に出演することも、お巡りさんの繰り返し発する言葉も非現実な事も全て愛おしく感じてしまう。
なんでもないありふれた日常が温か
>>続きを読む

太陽は動かない(2020年製作の映画)

3.5

ドラマ未見で劇場ヘ。冒頭からブルガリア首都ソフィアの美しい街並みとスリリングな展開に心奪われる。
激しいアクションの連続。スタントなしと言うのだから凄い! 主演2人がかっこいい。

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

4.0

原作未読。出版社の裏側あんなんなの?
人気作家、企画を奪い合うバトル、リアルに再現してる?最後の最後まで面白い
新人編集者 高野の驚く成長ぶり、効果音が良き。

クルエラ(2021年製作の映画)

5.0

エマ・ストーンに魅了された。
インパクト強いメイク、ヘアー、パンクファッション、身のこなし、どれもが最高!最強!華麗!
メガネをかけたエステラはチャーミング
心の奥に存在しているクルエラを呼び起こして
>>続きを読む

地獄の花園(2021年製作の映画)

3.5

男同士の権力争う映画は今まで見てきたが、女同士それもOLたちの抗争見たことなく制服姿でヤンキー言葉を叫び争う姿が面白く笑った。
田中直子の心の声が可愛く、ヤンキー化するアクションはかっこいい。激突怠慢
>>続きを読む

ヲタクに恋は難しい(2020年製作の映画)

3.0

面白かった~原作知らずなのが良かったのかも。
ヲタクの世界、ヲタク用語、女子3人で繰り広げるヲタクトーク炸裂でいっぱい笑って元気に!高畑充希さん最高。
歌あり、ダンスあり、コスプレあり。ライブシーンが
>>続きを読む

お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方(2021年製作の映画)

5.0

笑って、泣けて、役に立つ。キャッチコピー通りだった。熟春!良い言葉だな

コーラス仲間達の『分かる分かる』の連呼には大きく頷き、『私のブレスにあわせなさいよ』のセリフに大笑い。

メモリアル映像良き🤍
>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

4.5

タイトルが秀逸💐
花はいつか枯れるものだけども、花を愛でる気持ち、花束をもらった恋していたその時の香りや味わい、素敵な時間を過ごした記憶は思い出として心に残る。
驚くほどの幸福感を花はもたらしてくれる
>>続きを読む

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)

4.3

出会いの幸福感はなんだったのだろうか
結婚によって思わぬ方向へ転がってく事態。高台にある豪邸、扉の向こうの謎の部屋、愛と狂気にゾクゾクし作品に引き込まれていた。

親になることとなろうとすることは違う
>>続きを読む

ラ・ブーム(1980年製作の映画)

3.7

ヴィツクによって忘れてしまった初恋のドキドキした感情を思い出した。可愛いなソフィー・マルソー🤍
初恋の初々しさと危なっかし姿、多感な思春期にゴタゴタ家族。父親の娘を心配のあまりに取る行動、ペネロプの妹
>>続きを読む

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

4.0

差別、偏見を描いた作品なのに明るく見ていてハッピー元気をもらえる。
トレイシーが自身のぽっちゃり体型をものともせずパワフル。
テレビのショーに出演、デモに参加明るくて前向きで魅力的!人気者。
トレイシ
>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

4.8

原作既読。さらに面白く、面倒なふたりがキュート。ずっと見ていたい会話劇。
成田凌さんのあの独特な笑かたが印象に残る(笑)

ふたりの巧みな演技に魅了された。
人により感じかたや普通って違うよな
あまり
>>続きを読む

あのこは貴族(2021年製作の映画)

3.8

タイトルを目にした瞬間から好きになった原作。映像が加わりどう色づくのか楽しみで仕方がなかった。
キャストが見事にぴったり!華子、美紀、逸子、幸一郎を見てるのではなく、門脇麦、水原希子、石橋静河、高良健
>>続きを読む

すくってごらん(2021年製作の映画)

4.8

キャッチコピー通りの新感覚!この歌声に聞き惚れろ!聞き惚れました♡
只今より1分20秒の休憩。歌が入る構成
ラップ、タップ、ピアノの弾き語り、どれもが魅力的で妖艶で不思議な世界観に惹きこまれた。

>>続きを読む

ブレイブ 群青戦記(2021年製作の映画)

3.8

原作未読。予備知識無しでの鑑賞だった為、序盤から生徒がパニックになる描写に驚いた。刀を持った武士の襲来がリアル過ぎ単なるタイムスリップではなかった。武将達の鎧と兜も本格的。

各部のエース達が戦国時代
>>続きを読む

森の学校(2002年製作の映画)

5.0

とても素敵な心温まる作品。
以前鑑賞した"やまかし村の子どもたち"に通じるものを感じた。
何気ない日常が豊かな心を育む。森に触れ、植物、動物に触れ、のびのびと育つ子供たち。丹波山の子供たち。

ふきの
>>続きを読む

キンキーブーツ(2018年製作の映画)

5.0

最高!幸福感で胸がいっぱい。ブロードウェイミュージカルを劇場で観れるとはなんて贅沢な2時間。
きらびやかであり、繊細であり、パワフルでもあり、ローラとチャーリーから溢れだすエネルギー。一時も目が離せな
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

5.0

モリコーネの音楽が最高♪ 美しい旋律
映画に音楽が必要と思わずにいられない
美しい音楽と共にアルフレッドとトトの映写室で過ごした子供から成人になるまでの宝物が描かれ胸が熱くなる。
エレナとの初恋は切な
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

5.0

改めてアミール・カーンの魅力を再確認
笑って、泣いて、最後は心温まる。
ラストの景色が最高に綺麗。オチも最高

ランチョーに、うま~くいく!と言われるとそんな気になってしまう。
知識が豊富で困ったとき
>>続きを読む

コクリコ坂から(2011年製作の映画)

4.0

爽やかな風を運んでくれた心地よさ。
手動式の洗濯機、海の上を行き交う船、アジフライを揚げる音、キャベツの千切り。白黒テレビ、手で刷る印刷。その全てが何故だか心地よい。

"白い花が咲いていた…" "
>>続きを読む

バーレスク(2010年製作の映画)

5.0

"踊っているのに語っている"元気になるとのレビューを読んで絶対に観ようと決めていた。このレビュアーさん最近見掛けない…元気だと良いな。
私はレビュー通り元気をもらった!
アリのステージから語りかける
>>続きを読む

スパイの妻(2020年製作の映画)

4.5

ベネチア国際 金獅子賞(監督賞)受賞。
黒沢清監督。
恥ずかしながら黒沢清監督作品初めて
胸が高鳴るワクワク。

冒頭から一気に引き込まれた。
優作(高橋一生)が経営する福原物産の映画を撮影だとは🎬️
>>続きを読む

おらおらでひとりいぐも(2020年製作の映画)

4.3

原作未読。原作こんなにも面白いのかな?
面白い! 若き日の桃子役を蒼井優さん
75歳の桃子を田中裕子さん。
二人が魅力的なこと♡
蒼井優さんは発する「わたし」から「おら」方言が可愛いく、田中裕子さんは
>>続きを読む

朝が来る(2020年製作の映画)

4.5

辻村深月原作未読。
河瀨直美監督、脚本、撮影。

佐都子と朝斗の物語から清和、ひかりの物語をしっかり描き、広島のベビーバトン浅見が繋ぐ構成が好きだ。

高層マンションから映し出される風景、木漏れ日、
>>続きを読む

ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!(2020年製作の映画)

4.3

初めて観たけれども楽しめた。前2作を観てからならもっと楽しかったに違いない。今からでも前作を観たい🤍

ビルとテッドのコンビが最高。2人の友情、妻に対する愛、ロック愛が良き。
おバカでポジティブで常に
>>続きを読む

泣く子はいねぇが(2020年製作の映画)

4.8

佐藤快磨監督、脚本と編集。凄いわぁ
オリジナル脚本の良さをキャストの方々が見事に引き出して作品として届けてる。

心がかき乱される。主人公のたすく(仲野太賀さん)がどうしようもない。イライラさせられ、
>>続きを読む

シャレード(1963年製作の映画)

5.0

1963年作品 パリが舞台
ヘンリー・マンシーニの音楽が流れ
タイトルバックの鮮やかな幾何学模様。お洒落でワクワクさせられる。

スリリングな展開。サスペンスの中に、笑いがあり面白い!
ダイルとはい
>>続きを読む

魔女がいっぱい(2020年製作の映画)

5.0

ロアルド・ダール原作未読。
原作読んでみたい!と思うほど作品の世界観に惹き付けられた。
ロバート・ゼメキス監督の手にかかるとこんなにも楽しい作品になるのね♡

前半に流れるブラックミュージックの挿入歌
>>続きを読む

天外者(2020年製作の映画)

5.0

史実とフィクションが融合した作品。
五代友厚が幕末から明治へと新しい時代誰よりもいつも一歩先に進んでいた。
いつも駆け足で歩み続けていて周囲が彼に追い付かない。
結果を求めて行き急ぎそうで心配になるほ
>>続きを読む

STAND BY ME ドラえもん2(2020年製作の映画)

3.0

前作から6年経って続編が見れるとは思いもよらぬ嬉しさ。
こうだったら良いのにな~を描いてくれるドラえもん映画。
どんなアイテムが出るのかなワクワク。

亡くなった祖母を懐かしく会いたくなるのはのび太だ
>>続きを読む

ミセス・ノイズィ(2019年製作の映画)

5.0

天野千尋監督、オリジナル脚本。
騒音被害のご近所トラブルから巻き起こる騒動“騒音おばさん“から着想された作品。松枝佳紀さんとの共同脚本。脚本と構成が素晴らしい!


真紀(篠原ゆき子さん)の視点から始
>>続きを読む

461個のおべんとう(2020年製作の映画)

3.8

お弁当が父と息子の絆を結ぶ。音楽活動をする父の音楽も融合♪ 心がほっこり
井ノ原快彦さんと道枝駿佑さんが本当の親子のよう。
バンドメンバーもこのグループメンバーで実在してるのではと思うほどのクオリティ
>>続きを読む

サイレント・トーキョー(2020年製作の映画)

2.5

予告編とキャッチコピー、Happy X'mas楽曲に引かれた。上手いな!
99分ノンストップの衝撃…他の意味で衝撃だった。
迫力ある爆破シーンは劇場ならでは。

佐々木、イン、マイマイン(2020年製作の映画)

4.0

たった一度の人生。青春の輝き。
悠二の現在と回想が交錯。ドラム音♪
佐々木を中心に過ごした思い出。
教室での騒ぎ、バッティングセンター
別れた彼女と未だに同棲。未練あり
赤ちゃんを抱いて涙が止まらない
>>続きを読む

ボルケーノ・パーク(2019年製作の映画)

3.8

それはあり得ないよ!と思う所もあるが、迫力ある映像に、噴火する火山にハラハラドキドキとアクションの連続に引き込まれていた。面白い!

洞窟内の湖は幻想的な美しさ。
主人公のシャオモン(ハンナ・クィンリ
>>続きを読む

>|