ramuさんの映画レビュー・感想・評価

ramu

ramu

映画はたくさん観て、レビューはマイペースにやっていきます。
ロードムービー、群像劇、ブラックコメディ、衝撃のラスト、鬱エンド、選曲が良い作品、ホラー全般、おじいちゃんおばあちゃん映画が特に好き。

映画(1342)
ドラマ(0)

ガザの美容室(2015年製作の映画)

3.3

戦時下のガザ地区の美容室で繰り広げられる、女性13人のワンシチュエーション群像劇。

皆さん個性が強くて、戦時下故なのか、どんな状況でも刺々しくて素っ気ない。
ただ、冷房が使えない中で半日以上も待たせ
>>続きを読む

アイ・オリジンズ(2014年製作の映画)

5.0

化学、宗教、スピリチュアル、そして愛。
神様を信じない科学者のSFラブストーリーです。

色々な色彩、形、大きさのたくさんの眼の写真が美しくて神秘的。
眼って、人の身体の中で1番惹きつけられてしまうの
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.7

2ヶ月前くらいから楽しみにしていたメグザモンスター!
久々に面白い鮫映画が観れました!!
ステイサムvsメガロドンなんて観るに決まってます!
他の方がレビューで書いているのを見たけど、本当にミックスグ
>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

3.8

早稲田松竹2本目は、皆大好き名バイプレイヤー、ハリーディーンスタントンの遺作「ラッキー」。

ハリーディーンスタントンの為に作られた、ハリーディーンスタントン愛が詰まった作品でした。

冒頭のラッキー
>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

3.6

訳ありおっさん3人組のロードムービー!

ただおっさん達が和気あいあいとするロードムービーかと思いきや、アメリカにおける戦争がテーマの人間ドラマでした。

勿論ふざけ合うおっさん達が愛らしく、携帯電話
>>続きを読む

トールマン(2012年製作の映画)

3.7

いつものB級ホラーを想像して観てみたら全く違いました!
ホラーでもあり、サスペンスでもあり、ドラマでもあります。

誘拐犯は誰なのか?この村自体がそもそもおかしいのか?主人公が怪しいのか?
何を信じて
>>続きを読む

おばあちゃんの家(2002年製作の映画)

4.8

この素朴さが素晴らしく良い。

都会育ちのクソガキが、田舎のおばあちゃんに預けられる。最初はクソガキっぷり満載だったのが、一緒に時間を共にしていくうちに、段々と心を通い合わせていくようになっていく。
>>続きを読む

恐怖(1961年製作の映画)

4.0

町山智浩のvideo shopなんちゃらで観た作品。
公開当時は、途中入場禁止だったり、宣伝は叫んでいるポスターのみだったり、ネタバレを誰にも言わせないようにと契約書を書かせた映画館もあったそうです!
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.9

前半はそんなことなかったのに、後半からの畳み掛けが面白かった!

みんなで1つの物を作ろうという一体感と、達成感が伝わる最後の顔が良いです。
映画愛がすっごく伝わりました。

娘が毎回違うムービーTシ
>>続きを読む

チェインド(2012年製作の映画)

3.6

衝撃のラストで探していたら、たまたま引っかかっただけでの鑑賞なのですが、監督がデヴィッド・リンチの娘さんみたいですね。

殺人鬼に少年が監禁される話なのだが、B級スリラー物だと思ったらちゃんとしたサス
>>続きを読む

絶海9000m(2017年製作の映画)

2.3

なんだこれ、観たことあるけどB級スリラーにいちいち新展開求めるのも野暮かと思っていたら、まさかのオープンウォーターのリメイク作品だったとは。

ドイツとスペイン版も以前鑑賞しましたが、本作はポルトガル
>>続きを読む

母の残像(2015年製作の映画)

4.3

ラース・フォン・トリアーの甥っ子の作品と言う宣伝文句で推しているけど、作風は全く違います。
映像で言ったら、私はヨアヒム・トリアーの方が好きです。
特に、コンラッドの書いた自己紹介文で流れる映像が凄く
>>続きを読む

セットアップ: ウソつきは恋のはじまり(2018年製作の映画)

3.0

netflixオリジナルのラブコメ作品!
急にラブコメが観たくなったので、netflixで探して本作にしました。

ラブコメって無性に観たくなる時があるんですよね。なんなのでしょうね。
内容は、お互い
>>続きを読む

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年製作の映画)

5.0

私も新生活の為に物件探し中なのですが、通勤の便だったり、将来の事を考えて広い所が良いだったり、駅近が良いだったり、ペット可が良いだったり、お家探しってこだわり出したらキリがないですよね。

内覧会の為
>>続きを読む

隣人は静かに笑う(1998年製作の映画)

4.2

観たくても観れなかったレア作品がamazon primeにあるのを発見!
prime便もprimeビデオも使わないのに、ずっと月額料金を無駄に払っていて本当に良かったです。

血を流しながら歩く少年か
>>続きを読む

悪魔の奴隷(2017年製作の映画)

3.5

インドネシア産ホラー作品は初めてです!
というかインドネシア映画自体、鑑賞するのは初めてでしたが、思っていたよりしっかり作られています。

お母さんの表情というか、存在感がありすぎて怖い。
息子が、幽
>>続きを読む

キツネとウサギ(1973年製作の映画)

4.0

この前に観た二作はどちらかというと大人向けな印象でしたが、本作は子供向けな作品です。
とは言っても、大人が観ても心を掴まれる人は掴まれる。そんな作品です。
ロシア民話の「キツネとうさぎ」を提案し、製作
>>続きを読む

霧の中のハリネズミ/霧につつまれたハリネズミ(1975年製作の映画)

4.8

「白馬が霧の中で横になったら溺れてしまうかな」

ちょっとした好奇心に、見えない恐怖。
霧の中という五里霧中を進むハリネズミくんの心情と、観ている側も同じ気持ちになってくる。
霧の中に入る前と後の表情
>>続きを読む

アオサギとツル(1974年製作の映画)

3.9

お互い気になる存在で、求婚し合うアオサギとツル。なぜか素直になれず、断っては後悔しての繰り返し。
客観的に観ると、早くくっつけばいいのにだとか、素直になれば良いのにとか思ってしまうのですが、いざ自分が
>>続きを読む

L.A.コンフィデンシャル(1997年製作の映画)

4.4

この作品格好いいです!
嫌いな男の人っていないんじゃないかなと思うほど、格好良い男臭さが漂ってます!!

暴力的なホワイト刑事、汚職野郎(でも根は良い奴)のヴィンセンス刑事、エリート君なエクスリー刑事
>>続きを読む

プラネタリウム(2016年製作の映画)

3.3

聡明で美人な姉のローラ演じるキーラナイトレイに、好奇心旺盛でピュアな妹のケイト演じるリリーローズ。
この2人が並んだら、例えなんてことない景色だとしても絵になります。


ストーリーよりとにかく絵!
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.5

写真集が欲しいくらいな色彩美や画に、独特な感性が漂う作品でした。
写真家としても活動して欲しいくらいです。

映像美だけでなく、グロくて生々しくて今にも血の匂いがしそうなシーンも容赦が無い。
不気味な
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

4.1

物凄く観たかった作品で、滑り込みセーフでの映画館鑑賞!!

アカデミー賞衣装デザイン部門を受賞した本作は、衣装は勿論のこと、小道具も美術も、この映像を観るだけで価値がありました。

ストーリーも相変わ
>>続きを読む

ゲスト(2009年製作の映画)

3.4

韓国映画、箪笥のリメイク作品らしいのですが、箪笥の内容を忘れていたのでオチもそのまま楽しめました。
オリジナルは映像美でも有名らしいですが、本作はB級アメリカンホラーそのまんまです。

よくありがちな
>>続きを読む

パティ・ケイク$(2017年製作の映画)

3.9

親友との映画館で二本立て!
ドン底から這い上がっていく成功ムービーは、やっぱり観ていて元気が出ます!

パワフルな主人公だけでなく、脇役達がまた良いキャラクターなんです。
優しくて本当にいい奴な親友、
>>続きを読む

ザ・コール [緊急通報指令室](2013年製作の映画)

3.9

なかなか面白かったです!
こういうジャンルは大好物なのですが、あまり期待値を上げずにいつも鑑賞しています。
そうすると素直に楽しめるからです。

サスペンスとスリラーとホラー要素がよく混ざり合っていま
>>続きを読む

ハッピー・アニバーサリー(2018年製作の映画)

3.5

付き合ってちょうど3年の記念日を迎えたサムとモリー。付き合いたてよりロマンチックな事も減り、トイレしながら会話したりと羞恥心も無くなってきている2人。
安定という名のマンネリに突入してしまい、この先を
>>続きを読む

ダイヤルMを廻せ!(1954年製作の映画)

4.2

妻マーゴの不倫を知ったトニーは、彼女の殺害を企み、旧友のレズゲートと計画する。自分はマーゴの不倫相手マークとパーティへ出かけ、その間にレズゲートに妻を殺させようというものだった。
だが計画は失敗し、マ
>>続きを読む

第三の男(1949年製作の映画)

3.8

第二次大戦後のウィーン。親友のハリー・ライムに招かれ、この街を訪れた作家のマーチンは、ハリーが死亡したことを知らされる。
ハリーの死には三人の男が立ち会っていたということを知り、その三番目の男の正体を
>>続きを読む

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

4.6

ドイツ軍が埋めた地雷を除去するために駆り出された、捕虜のドイツ人少年兵たちの物語。

こんなことが許されるのかと思いますが、デンマークはドイツと交戦していた訳ではないので、ジュネーヴ条約の適用外だった
>>続きを読む

落下の王国(2006年製作の映画)

4.1

入院中のスタントマンが女の子に作り話を聞かせるのだが、そのお話が映像となって映される。
CGを使わずに、世界24カ国以上、世界遺産13箇所でロケを行なったようですが、皆さん仰る通り、この映像美に酔いし
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.9

上映期間に間に合わず行けなくて残念だった作品です。

原作が好きなのですが、臼田あさ美に太賀にオダギリジョーが出演なんて合うに決まってます。
ダメな部分が目立つ様な人ばかり出てくる作品ですが、嫌いにな
>>続きを読む

エクストーション 家族の値段(2016年製作の映画)

3.3

普通の遭難系作品かと思いきや、慌ただしいくらいに盛り沢山な内容になっております。
予期せぬどころか、え?そうなるの?!と思わず吹き出し笑いしてしまうくらい突発的なことが起こったりと色々と忙しいです。
>>続きを読む

ソウル・ステーション パンデミック(2016年製作の映画)

3.4

新感染の前日譚。
一昔前の様な画風も結構好きで、ゾンビ感も良いですよ。

ヨンサンホ監督は、今敏に影響を受け、特にパーフェクトブルーと東京ゴッドファーザーズが大好きらしいのですが、確かにこの二本の雰囲
>>続きを読む

フリーダム・ライターズ(2007年製作の映画)

4.7

エリン先生の教室は人種も境遇も関係なく、みんなが平等になる空間。
例え家庭環境が悪くても、こんなにもぶつかって来てくれて、見守ってくれて、人生を生きて行く上での大事な知識を与えてくれる先生が居たのなら
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.2

THE王道なサクセスストーリー!
ジャンキーとは言っても、過激な描写は全くないので誰でも観やすいです。

ボブは可愛いし、ジェームズはイケメン!
ただ印象に残る台詞もシーンもなく、ただただ良いお話。
>>続きを読む

>|