chiさんの映画レビュー・感想・評価

chi

chi

ほぼ洋画。英国に推しが偏りがち。

映画(627)
ドラマ(48)

東京物語(1953年製作の映画)

-

他人の人生覗き見してるような構図と話の展開が新鮮でおもしろかった。
生きてれば色々あるけどなんだかんだで落ち着いちゃって時間が過ぎてくね、、、
結局は人間性が全てだなって思った。
家とか服とか髪型とか
>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1992年製作の映画)

-

ちゃんとしたストーリーがある感じではないんだけど会話劇とかビジュアルがいちいち魅力的だから総じて楽しめちゃう。かっこいい。

家族を想うとき(2019年製作の映画)

-

ケンローチ監督はダニエルブレイクしかまだ観れてなかったんだけど、この堅実にリアルに進んでく感じがとても好き。基本そういう雰囲気で終始進んでいく中に微笑ましいシーンを入れ込んでくる感じも良いアクセント。>>続きを読む

トラッシュ!-この街が輝く日まで-(2014年製作の映画)

-

ルーニー目当てで観たんだけど展開のテンポが良くて期待以上に楽しめた。脚本リチャードカーティスさすがだーー。
社会性とサスペンス要素とスリルの混ぜ具合が上手いなあ。
あと前情報なしに観てて設定とかカメラ
>>続きを読む

エル・トポ(1969年製作の映画)

-

まじで終始意味わからんのにクセとインパクトの強さで見続けられてしまう。そのアイデアどっから来た?ていうのばっかり笑
銃で人バタバタ死んでく後ろでヤギがメエメエ鳴きまくってるのツボだった。これ映画館で見
>>続きを読む

七人の侍(1954年製作の映画)

-

長さを感じさせない躍動感とキャラクターの良さとアクション!白黒も相まってかっこよかった。音楽は日本のもハリウッドぽいのも両方使われてるのは監督が影響されてるのがあるからなのかなー。なにより自分の権力の>>続きを読む

バスターのバラード(2018年製作の映画)

-

去年のオスカーのノミネート入ってからずっと観ようと思っててでもNetflix映画て絶対消えないからと後回しにしてて今更やっと鑑賞っていう。総じてけっこうすきなやつだった。
1話の軽率に銃ぶっ放して人が
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

-

退廃とハイテク?SF?の組み合わせがめちゃくちゃかっこいい。そこにライアンゴズリングがいるもんだから画のクオリティに終始釘付けって感じだった....
必ずしも派手じゃないんだけど常に目が離せない雰囲気
>>続きを読む

Girl/ガール(2018年製作の映画)

-

話はけっこう淡々と進んでくんだけど全然飽きないしそのことが最後に効いてる気がする。
クィアアイのトランスジェンダーの回見ても感じたけど日々直面してる生きづらさは自分の想像を超えるものなんだろうなって思
>>続きを読む

ワンダー・ウーマンとマーストン教授の秘密(2017年製作の映画)

-

こんな興味深い人生送った人がワンダーウーマンの作者だったなんて....!
3人の関係が新鮮でめっちゃドキドキしたし目が離せなかった。ヘテロもLGBTQも超えたこの形は今まで考えたことなかったけど色んな
>>続きを読む

Mercy(原題)(2017年製作の映画)

-

エレンペイジ見たさに選んだらただのクィア映画じゃなかった。キャラクター達に関わってるけっこうシリアスな問題も描かれてるおかげで内容薄くなかったのが良い!とりあえずボーイッシュな服着てタバコ吸ってるルー>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

-

こういうのを良質なって言うんだよねきっと。
想像以上に社会派な映画で無知だった面のアメリカの闇を知ってしまった....人種差別って聞くとすぐ白人主義とかか浮かんじゃうけどネイティブアメリカンのこれもめ
>>続きを読む

フッド:ザ・ビギニング(2018年製作の映画)

-

色んな衣装のタロンが見れて福眼なのとアクションしてるの安定にかっこいい。
武器が銃でも剣でもない戦い新鮮だった!弓矢そう使うんかいってのもあってたのしい
アクションの映像所々ガイリチ感あった気が...
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

-

サスペンス好き〜とか言いつつ観てませんでしたすみませんめっちゃ良かった...
ハンニバルはなぜか観たんだけどこっちのほうが刑事モノ要素あって好きかも話は難しくないけど!
とにかくクラリスがかっこいいの
>>続きを読む

宇宙人ポール(2011年製作の映画)

-

ニッペグのコメディ!裏切らない!
ホットファズ観たくなった

バッド・チューニング(1993年製作の映画)

-

みんな好き勝手めちゃくちゃやってて楽しそうでもはや潔くて好き笑 ファッションとかザ・アメリカな雰囲気の設定も気分上がる!ずっとハイな長髪くんとオタクくんが推し〜。ベンアフとマシューマコノヒーがいるの不>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

-

現実とリンクしてる感じが好き!
エイサのお顔というか目がファンタジー感ある(顔面がファンタジーとは)からあの雰囲気にめちゃくちゃ似合ってた〜
エヴァグリーンもピッタリハマってる。強い。
キャラクター達
>>続きを読む

テルマ(2017年製作の映画)

-

絶対好きなタイプの映画な自信あったからずっと観たかったやつ!
超自然的なことを平然と描いちゃう感じがたまりませんな....
景色とかも「キター!北欧映画〜」てなってひとりテンション上がってた笑
親があ
>>続きを読む

キル・ビル Vol.1(2003年製作の映画)

-

アクション想像以上にカッコよくてビビった。個人的にはパルプフィクション、
デスプルーフ、ワンハリ らへんのビジュが好きだけどキルビルも期待通りタランティーノらしい(?)印象に残るカット多くて満足。
>>続きを読む

CLIMAX クライマックス(2018年製作の映画)

-

そんなつもりなかったのにヤバすぎて一気見してしまったよ....。たいしてストーリーないのにこのおもしろさ、すごい。ただならぬ予感醸してるオープニングからもう「好きーー」ってなっちゃってニケやた(人によ>>続きを読む

es [エス](2001年製作の映画)

-

人間てものに絶望しそうになるけど設定が面白いから楽しめた。もはや実験じゃない感がすごくなってくけどそこも含めてしまえば得た結果は意味のないものではないのかなあ。怖。
権力ってお金みたいに形じゃないしし
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

-

公開逃してたけどやっと観た〜
純粋な子供たちのこういうのはずるいよ泣けるよ想像ついてたけどーー!
あとノアジュプくんがかわいいことこの上ない口角片方上げるあの笑顔やばいて....将来どうなることやらた
>>続きを読む

ガールフッド(原題)(2014年製作の映画)

-

知らないフランスの一面を見た....
講義でミザンセーヌ?の青が特徴ある監督と聞いて納得。色々な社会性が詰まってたなー。女性監督だから為せる技みたいなのはひしひし感じた。ああいう終わり方実は好きです

恋人たちの予感(1989年製作の映画)

-

自分ラブコメに耐性なさすぎなのを実感した笑
前半のひたすら喋ってるハリーがけっこう好き。サリーはセリフ通りまじattractiveだわ....

ジョーカー(2019年製作の映画)

-

スタンディングオベーションだわこりゃ、、
特にホアキンに!
ダークナイト大好きマンだから所々テンション上がっちゃって大変だったいや最高
ゴッサムのあの暗い荒んだ雰囲気にピエロっていう組み合わせっていう
>>続きを読む

Then Came You(原題)(2018年製作の映画)

-

エイサの黒髪前髪ありよく見る気がする今回もハマり役。ゆったりだけど飽きない感じとあくまでもお友達っていう2人が良き良き!変なダンスしてるエイサがかわいくて見どころ笑

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

-

日頃ハートウォーミング系を選ばないせいで荒んだ心に沁みた.....
人間捨てたもんじゃないなって思える
姉弟がかわいいよーーー!

ザ・ウォーター・ウォー(2010年製作の映画)

-

Film-within-a-filmって授業で言ってた面白いなあ。たのしい!って感じの内容じゃないけど学ぶことは多い。プロじゃないエキストラがたくさんなとことかドキュメンタリー調撮り方な映像が入る感じ>>続きを読む

イーグル・ジャンプ(2016年製作の映画)

-

参加することに意味があるって先生がいいそうなセリフだけど勝たなきゃ意味ないより全然いいよね。タロンのへの字な口が可愛かった。

シティ・オブ・ゴッド(2002年製作の映画)

-

授業のために観たんだけど予想以上に疾走感あるしドラマ性もあるし長く感じなかった。カメラワークがめちゃくちゃかっこいい!
そういえばブラジルの映画ってほかに観てないかもしれない、、。まだまだ未知だらけで
>>続きを読む

籠の中の乙女(2009年製作の映画)

-

この未体験の感覚味わえる感じヨルゴス監督だ....。BOBで見たらそのあと鹿殺しのインタビューもあって案外普通のひとなのが不思議なくらい作品のセンスがえぐい。意味わからないというかついていけないが究極>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

-

構成が面白い!もちろん重大な出来事だけど派手な裁判とかではないのを時系列うまく活かして緊張感出してるの上手いなあ。トムハンクスが画にいるこの安心感なんなんだろうねすごい。副機長?がピーキーのアーサーぽ>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

-

キャスト達がゴッホの世界で動いてるすごいっていうレベルじゃないんだよね一枚一枚画家が描いてるから芸術性?がとんでもない。創作想像するだけで気が遠くなる、、描いてる対象で画風変えてるのも良き。絵になって>>続きを読む

マイ・ビューティフル・デイズ(2016年製作の映画)

-

それぞれ色々あるけど最後にはよかったね!ってなれる。あのシーンのシャラメはすごい。

イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語(2017年製作の映画)

-

邦題の通りはじまりのお話。
ジャクロの顔面が良いよー、笑顔がかわいいよー。

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

-

ストーリー、カメラワーク、画、全てがシンプルなのにクオリティを感じる。すごいまじで。
病院のあのシーンとか長回しをうまく活かしてインパクト残してたりセンスが光ってる。
でも難しくないからといって普段話
>>続きを読む

>|