みきのさんの映画レビュー・感想・評価

みきの

みきの

映画(1177)
ドラマ(151)
アニメ(0)

エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス(2022年製作の映画)

3.2

マルチバース、家族の危機、名作パロディ、下ネタ、民族意識、、、と盛りだくさんなテーマな中、登場人物は皆真剣に悩んでマルチバースで戦っているのに
「変な行動をすると、別の宇宙にジャンプするパワーを得る」
>>続きを読む

ステップフォード・ワイフ(2004年製作の映画)

3.2

バリキャリ妻に劣等感を覚えている夫が妻を従順な理想像に改造する話。

全体にテンポよくあっという間に時間が過ぎた。
見方によってはホラーだけどあくまでコメディ映画。
夫がこき使われているシーンで終わる
>>続きを読む

ラフ・ナイト 史上最悪! ?の独身さよならパーティー(2016年製作の映画)

3.6

ゲラゲラムービー。
アリスみたいな友達どこの国にもいるのね
セクシーエリート系が多いスカーレットヨハンソンがコメディ女優たちと演技バトルしてるのもオモロい。

カラオケ行こ!(2024年製作の映画)

3.3

あり得ない設定なのにあり得そうな二人の距離感と温度感。
さとみくんの「紅」良かった。

シークレット・ジョブ(2019年製作の映画)

3.0

無理ある設定をむりくり韓国のエンタメ力で引き伸ばした感じ。

途中離脱まではいかないけど観る人が見たらブチ切れそう。

逆転劇ものなのかコメディなのか中途半端で笑いポイントでも笑えない。
全体的に物足
>>続きを読む

パープル・ハート(2022年製作の映画)

3.5

お互いのメリットのための偽装結婚から始まる本気の恋、ありきたりなストーリーだけど悪くなかった。
美男美女、可愛い犬を見れたのでおっけー!

SING/シング(2016年製作の映画)

3.7

金曜ロードショーとかで観たやつ。
日本版声優めちゃ豪華。MISIAも長澤まさみもスキマスイッチもよかった。

エスケープ・ルーム2:決勝戦(2021年製作の映画)

3.4

主人公有能だしテンポ良く次のステージに進むから面白かった。
1観てないけど序盤で30秒くらいでまとめてくれるから全然いけた。

大義名分ないから「あれ、なんでこんなことやらされてるんだっけ。予算は?人
>>続きを読む

ペントハウス(2011年製作の映画)

3.4

ベン・スティラーとエディ・マーフィーの共演ってだけで激アツ。

「仕事をしている以上、お客様は大事にする」というポジションから、「お客様とて許せぬ」と一気にシフトチェンジ&武力行使する様がエキサイティ
>>続きを読む

キューティ・バニー(2008年製作の映画)

3.1

ブレイク前のエマストーン可愛い。
内容は王道だけど女子の絆もので楽しかった。

もっと超越した所へ。(2022年製作の映画)

3.4

あらすじとキャストから微妙だろうなと思ってたのが申し訳ない!笑
いい意味でクォリティもストーリーも裏切られた。

終盤、4人のブチギレが結集してスッキリしたし構成や編集の上手さを感じた。
まさに詰め込
>>続きを読む

セカンド・アクト(2018年製作の映画)

3.1

んー、勿体無い。。
後半パートのおばちゃん達と起業して同じ部門で負かすくらいの展開欲しかった。
(90本目)

アイリッシュ・ウィッシュ(2024年製作の映画)

3.2

おとぎ話×ラブコメ×黒王子白王子

邦画だったら悲惨だけどアイルランドの景色も相まって王道ラブコメに落ち着いてた笑
魔法使い出てきても全然いい、暇つぶしにちょうど良い。

少女は卒業しない(2023年製作の映画)

2.6

えええーそんな評価高いの分からない。

卒業式前日と当日の2日間の高校生たちの心の揺らぎを描く恋愛群像劇。

これがリアルなのかもしれないけど4人の女の子のストーリーラインが終始ダーク。
見終わってズ
>>続きを読む

ニューヨークの恋人(2001年製作の映画)

3.0

中世貴族のヒュー・ジャックマンが現代ニューヨークにタイムスリップして恋する話。
ありきたりストーリーだけど流し見で楽しめる。

眠りの地(2023年製作の映画)

3.7

貧しい黒人をターゲットに私腹を肥やす強欲大企業を相手取って、地元の老舗葬儀屋社長とイケイケでハデ好き負け知らず弁護士が手を組む話。

プロレス的に進む裁判は見応え満載。
「良心が痛んだ事は?」「NO」
>>続きを読む

21ジャンプストリート(2012年製作の映画)

3.7

設定からして面白くないわけがない。

運動神経抜群だけど勉強できない男とその逆の男が高校潜入捜査官としてタッグを組む話。

高校生の「勝ち組」イメージを引きずったまま大人になった男は時代にそぐわずはじ
>>続きを読む

ブルーアワーにぶっ飛ばす(2019年製作の映画)

2.8

イマジナリーフレンド。
考察読んでスッキリ。
邦画あるあるの間延びで眠くなる。
いい演者とストーリーが揃ってるだけに残念。

恋はデジャ・ブ(1993年製作の映画)

3.3

タイムループものの佳作。
序盤いけすかない奴なのに何万回ものタイムリープを通して終盤いい奴になってるのおもろい。

天気予報士という「未来を予測する職業」なのに“明日がやって来なくなる”という皮肉も良
>>続きを読む

>|