紳士さんの映画レビュー・感想・評価

紳士

紳士

映画(216)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.4

最近見た洋画ホラーの中で一番面白かった。
こっちに向かってくる通行人が随所に映っててかなり怖い。
全裸で仁王立ちしてるシーンは爆笑。

ドント・スリープ(2016年製作の映画)

2.4

寝たら死ぬ、というどストレートかつ自由な設定なのに中々盛り上がりません。

まず鬼婆のデザインが普通の老婆。ここ日本でも普通に見かけます。
その老婆の動き方はJホラーを参考にしたのだろうか、既視感がす
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

2.8

テイストは1と同じ。
ジュリアンムーアを起用したわりにインパクトありませんでした。
アクションシーンはかなりかっこいいです。

シークレット ウインドウ(2004年製作の映画)

2.9

ストーリーは普通(展開もオチも)、ジョニデやタトゥーロが出てるけどもいつも通りの演技、特に光るものがないのに何度も見てしまう不思議な作品。

ミラーズ・クロッシング(1990年製作の映画)

3.4

画が綺麗ですよね。
ジョンタトゥーロの演技が印象的です。

ノーカントリー(2007年製作の映画)

3.2

人にオススメはできませんが、見応え十分です。

コーエン兄弟、私は好きです。

藁の楯(2013年製作の映画)

2.8

雰囲気映画ですね、でも嫌いじゃないです。全体的にバランスが取れた作品だと思います。キャストもいいです。

武力を見せつけながら輸送するシーンがお気に入り。

藤原竜也は安定しては藤原竜也。

ゾンビランド(2009年製作の映画)

3.2

期待以上に良かったです。
ゾンビ映画でコメディ色が強すぎるのはあまり好きではないんですが、本作はセーフでした。
コメディ要素が多いもののゾンビという存在はギャグにされてないので緊張感はあります。

>>続きを読む

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

2.8

SNSの危険性とか、今更なテーマはあまり興味がないのですが、こういう各視点からの再現映像みたいので混乱させる手法は好きです。(使い方間違えると興醒めなんですが、、)

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

2.8

感想としては、めっちゃ歌上手いな、、、と。そう思いました。

マネーボール(2011年製作の映画)

3.0

正直野球には全く興味がないたちなんですが、プラピとジョナヒルがめちゃかっこよかったです。
ストーリーは普通かな、、いい話系です。

300 スリーハンドレッド 帝国の進撃(2014年製作の映画)

2.8

ひたすらハイテンションな筋肉とエヴァグリーンを楽しむ映画。

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

3.1

ゲーム感覚の映画ですね。
トムクルーズのコミカルな演技も面白いです。
最後は爽やかですし、楽しめました。

ポセイドン・アドベンチャー(1972年製作の映画)

3.0

子供の頃よく見てました、ジーンハックマンかっこいいです。

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.0

音楽、キャラクター、謎解き、どれもいい感じです。
エログロがけっこうあるので、そこは好みかな、、

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.3

あれ、これ面白いです。

ベンアフレックが笑ってしまうくらいめちゃくちゃ強いんですが、そこはまぁツッコまないでおきましょう。
ヒロインとの距離感が縮まっていく過程が丁寧でいいですね。

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

2.9

最後の方が非常に蛇足、という映画の見本のような、、面白い映画なのにもったいです。

あとトムクルーズが画面をスクロールするのに腰を使った動きをしてるのが笑えます。

BROTHER(2000年製作の映画)

3.1

今見ると演出とかカメラワークで、ん?となるところが多いんだけど、当時はめちゃ面白く感じたのを覚えています。
例の名台詞も見れます。

プレステージ(2006年製作の映画)

2.9

監督、キャストが豪華です。
普通に面白いですが、そこまで好みでありませんでした。

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.2

アナベル1より断然良かったです。
B級ホラーは音がデカイだけだったり、何それ?って思う演出が多かったりしますが、本作は比較的頑張ってます。そこそこ恐いシーンが多いです。悪魔やら幽霊やらをガンガン出演さ
>>続きを読む

真夏の方程式(2013年製作の映画)

2.9

冒頭で犯人がダッシュしているシーン、カメラの目線が低いですよね。
犯人は女性か子どもか、、細かい演出でした。

親戚の子どもを殺人計画に利用するゲス男の「ごめんな」というシーンと、子どもが勘付いた?シ
>>続きを読む

アイアムアヒーロー はじまりの日(2016年製作の映画)

1.5

本編は良かったんですが、これはダメですね。
やってみたい演出に挑戦してみました風ですが、どれも既視感がすごくアイデア勝負にもなってないです。

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.1

邦画のゾンビ映画、、ゾンビ映画好きとしては不安もあったのですがかなり面白かったです。
原作も読んでましたがこれは未読でも楽しめるのではないでしょうか。

摩天楼を夢みて(1992年製作の映画)

3.5

エドハリス、ジャックレモン、ケビンスペイシー、アルパチーノと演技派を集めての会話劇、70〜80年代の映画好きとしては超豪華です。ハマります。

この映画を見ると中華料理を食べたくなります。

シックス・センス(1999年製作の映画)

3.0

一人の怖さを知ってるか?俺は知ってる。

今となってはドメジャー映画ですが、当時はオチに驚いた記憶があります。

容疑者Xの献身(2008年製作の映画)

3.2

ガリレオのドラマ・映画の中で一番好きです。石神さん泣けます。
天才対決ってのか少年漫画的で燃えますね。(正直物理と数学関係ないですけど。。)

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

3.0

いい映画ではあるんですが、そこまでハマれなかった。
絶望の中でジョージクルーニーが現れるシーンは一見の価値有り。

コンテイジョン(2011年製作の映画)

3.5

地味で淡々としてるんだけど、癖になります。
リアル風映画、こういうの好きです。

喝采の陰で(1982年製作の映画)

3.0

パチーノファンしか見ない映画では?
珍しいキャラを演じているので、ファンとしてはかなり楽しめます。

ジャスティス(1979年製作の映画)

3.0

このあたりからアルパチーノのオーバーアクトが面白くなってきます。
ゴッドファーザーの頃の繊細な演技はどこへ、、
映画としてはまぁ普通です。

インソムニア(2002年製作の映画)

2.8

役者の演技はいいけど、ストーリーはあんまり、、、な映画でした。

リクルート(2003年製作の映画)

2.9

候補生が切磋琢磨するあたりは、こういう映画にありがちだけど楽しいですね。
後半アルパチーノが敵だとわかるシーン、ゲス顔が笑えます。

>|