うずらさんの映画レビュー・感想・評価

うずら

うずら

心に残った好きな映画だけをマークしています。
これから見たいものはクリップに。

映画(39)
ドラマ(0)

ちいさな独裁者(2017年製作の映画)

4.0

将校の軍服を着るという小さい決断をして、それに合わせるように大きく自分を変えていってしまった結果なのかなと思った。

ラストの狂喜乱舞するシーンはその齟齬と大きな権力を手中にしたカオスが生み出したもの
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.1

記憶に新しいテロ事件の真相を知れて良かった。

事件に関わる人物たちそれぞれに焦点を当てて一つにまとめる手法が最初把握しずらくわかりにくかったが、
後々、この人はこうなるのか
あの人はこういうことする
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

トニーとドクの
旅を築き上げた大切な友達との別れの寂しさ
が如実に表現されていて自分と重ねてしまった。

雨の中ドクが心の内をさらけ出すシーンは名シーンだと思う。

メッセージ(2016年製作の映画)

4.2

「シンプルで分かりやすいストーリー」
「現代音楽のような音響」
「陰翳礼讃に共通する白と黒の対比、光と陰の対比を強調するような映像」

それらが合わさって「SF」をデザインしている映画の様に感じた。

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

-

埼玉県民なので鑑賞。

随所に埼玉あるあるが散見されて
「埼玉なんかを題材に映画作ってくれてありがとう!」
という気持ちになった。

BL描写が多く面食らったが、GACKTが美しかったので好印象だった
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

4.0

ご都合主義的だけど、ご都合主義は悪いとは思わないのでこの点数。

映画視聴数が少ないが、初めてオマージュに気づけたのは個人的に嬉しかった。

SFがやっぱり好きだから高得点付けちゃうなあ。

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.0

恋人と見に行くなら少女マンガの映画化作品じゃなくてこういう作品がふさわしいと思う。
恋人居ないけど

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.6

世界一のロックバンドQUEEN
世代でないから実感が無かったが、
その所以を体感できた

ラストは圧巻
絶対に映画館で見るべき映画の1つと言える

日本沈没(2006年製作の映画)

-

小学生の時に見て、心に残っている作品

主人公とかその周辺の人達のことは大勢いる日本人をピックアップしてるだけと理解して見たため、沈みゆく日本の姿やその背景設定に大きな興味を持てた。

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.3

隠れキリシタンの迫害の描写はもちろん、カメラワークが特に素晴らしい。
主人公の無力さとそれに対する神の沈黙を演出するような視点が良かった。

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.4

PC画面のことや伏線回収などに注目されがちだが、それに加えて、人物の性格描写までストーリーに繋がっているディティールが素晴らしいと感じた。

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

4.2

吐きそうなほど濃厚なエロとグロ

俳優さんたちの演技力が特に素晴らしかった。

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.7

語れることが多すぎる。

安易に家族愛を取り入れる作品が多い中で、国家主体の映画という点で評価出来る。

多くの隠喩を含んだ現代日本の記念碑的作品と個人的に捉えている。

>|