enchanさんの映画レビュー・感想・評価

enchan

enchan

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

誰も救われなくてなかなかしんどい映画でした
弱者が弱者同士で足を引っ張り合うっていうのはまさにその通りで、何の生産性もないバトルが今日もインターネットなどのどこかで起きてるっていう状況を思い浮かべると
>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

3.2

アニメ見て良かったな〜思ってたんで観に行っちゃいました

20時からの上映に行ったんですが、やっぱキッズはいますね
上映中もお喋り、前の席をキック、挙げ句の果てに「この後コイツ死ぬ!(盛大なネタバレ)
>>続きを読む

高慢と偏見とゾンビ(2016年製作の映画)

4.6

名古典「高慢と偏見」にゾンビを足してみた、っていうやつです。
一応原作から読んだんですが…読み慣れてないっていうのもありますが、単調で読むのが苦痛でした。引き延ばしまくりのドラゴンボールのアニメを見て
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

死体から出るオナラをジェット噴射して海を渡る映画…なトレーラーに惹きつけられて観てみました。次からネタバレ↓↓



ただの一発ギャグかと思えばそうではなくて、内気で甲斐性無しな主人公の内面を、死体を
>>続きを読む

ピラニア 3D(2010年製作の映画)

3.1

ピラニアです!!
特に語るところはありません!おっぱいがいっぱいでえっちでした!!

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.7

ステイサメ!
中国資本が入ってるらしく、主人公はステイサムだけどやたら中国推しの映画でした。ステイサム夫婦の子供が、全く欧米の遺伝子の面影を感じさせない顔をしている…
パッケージのサメのデカさを見て「
>>続きを読む

シャーク・ナイト(2011年製作の映画)

3.8

まーたサメ!
見所はそのサメの種類、オオメジロ、シュモク、ダルマ、イタチ、みんな大好きホオジロ。
ただ種類が多いだけの一発ネタ映画と思いきや意外とストーリーもしっかりしててサスペンスチックなとこがある
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

4.4

またサメ映画!こっちは「サメが近くに存在するパニック」よりも「サメからダメージを受けた後」の話です
キャーキャーするだけのパニックサメ映画も好きだけど、主人公持ち前の医療スキルで苦境を切り抜けていく感
>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

4.0

サメです!面白かったです。一難去ってまた一難、状況が好転してまた一難、って感じのテンポの良さが良かったです。ダイビングスーツって普通は脚出さないですよね?ただでさえ体温が奪われるのに…
パニックな海中
>>続きを読む

レオン 完全版(1994年製作の映画)

3.7

ただただレオンがイケオジ過ぎる映画
マチルダはロボットアニメ観てたり子供っぽい一面がある一方で恋愛の駆け引きが上手い大人っぽさがあって大人と子供の境界線にいる感じがちょいリアルで良かったなーと思いまし
>>続きを読む

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

-

すんごい昔の映画なのに恐竜がリアルでした、名前は忘れてしまいましたがお姉さんの叫び声うるさっ!

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.5

お久しぶりです お盆なので久々に!
ちょっと設定に違和感を感じなくもなかったけどハラハラ感はなかなかなんじゃないでしょうか 特に出産のとこは身体固くしすぎて肩が凝りました笑
途中のおじいさんは何なんで
>>続きを読む

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017年製作の映画)

4.1

漫画読んでから観ました。一巻で完結なのでオススメです。
歌の所は本当に良かったです。普段吃るからこそつっかえずに歌えてる志乃ちゃんに感動します。ミッシェルガンエレファントだのブルーハーツだの加代ちゃん
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

4.0

面白かったです。思ったよりBLだった。冒頭の田んぼ道は熊谷の中でも、籠原方面かな?
埼玉県民が一番「本物の埼玉だ」って思ったのは、赤色のかかしがグルグル回ってるあの看板…山田うどんじゃないでしょうか
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

3.2

「テープは5秒後に消滅する」とか「芸術の域に達した警備装置だ(実際はガバガバ)」とか微笑ましい
本当は観ていくうちにそんな展開ありかよ!となるのかもしれませんがあまり予習せずに挑んだ結果登場人物を記憶
>>続きを読む

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

4.2

ストーリーがよく練られてて面白かったです
あまり予備知識入れずに観たら最後の方ちょっと分かんなかったので、エイリアン達の特徴を押さえといてから観ると良いんでしょうね
これ、原作がラノベなんですね。主人
>>続きを読む

グレムリン(1984年製作の映画)

4.8

最高のクリスマスムービーだと思いました。ギズモが超〜かわいい。〇〇化した後も一匹一匹がキャラ立ちしてるこだわり。可愛い!
本当は自分、ファンタジーが好きだったけど、今まで大分捻くれてたんだなってふと思
>>続きを読む

REVENGE リベンジ(2017年製作の映画)

2.4

4本目、レイプの"リベンジ"
映画が始まる前の前説のおじさんが今年はMetoo運動なんかもありまして…って言ってましたけど、あのMetooってかなりセンシティブなのによく触れたなと
なんでこのおねーち
>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

2.7

3本目。「田舎の学校に転校したらイジメられた。復讐してやる…!」
前半、漫画原作って事もあり一人一人の言動行動に人間味を感じなくて退屈だったんですけど、後半から意外な展開の応酬になってきて面白かった。
>>続きを読む

怪怪怪怪物!(2017年製作の映画)

3.2

久々の新文芸坐オールナイトしました。「重めのホラー」4連発、大好物だったはずなんですけど、何故か全くノれず…何もかも全く上手くいかずストレス溜めまくってた時とそうでない時でホラーの見え方って全然違うん>>続きを読む

たまこラブストーリー(2014年製作の映画)

3.9

誰かの愛を上手くキャッチできない、誰かに上手く愛を送れない青春…最高じゃん
誰かの愛を受け入れるとか、夢に向かって環境を変えるみたいな「日常が変わってしまう」事って、今までの物が無くなってしまうような
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

3.6

結構明るい話なのに音楽が暗いのはなぜなのか もうちょっとドリスに良いことがあって欲しかったなー
"人を見下す事"に対して敏感な映画だったような感じがした
教養だって、知識がない人をバカにする人もいます
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.0

期待値上げすぎたのか、あまり刺さるものはなかった
田舎を好きになれないのも、家族の事を大嫌いになるのも経験した事が無いから?知らないうちに親の愛情を認めているから?いや、クリスティンの親が毒親過ぎるの
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

うちの母親はフレディが好きで子供の頃にカセットテープでよくクイーンを聞かされてたんですが、フレディがヒゲ面になった途端に「めっちゃゲイっぽい」とかなんとか言って母はファンを辞めてしまいました
子供なが
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

3.2

やたらキラキラしてる映画だった。レズビアンという事以外にはありふれたストーリー。特筆するべき所はロミオとジュリエットみたいに2人の間にいくつもの壁があるとか、そういう事だけでは無くて娘の親権を奪われそ>>続きを読む

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

4.8

絶賛の声をよく聞くので観てみた。絵が子供向けっぽいという理由で敬遠していたのがまさかの傑作。実際に観てみないと評価できないもんですね。
両親の死の実感が湧かないまま女将の仕事を始めるおっこ、その周りの
>>続きを読む

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

3.3

違う、俺が観たかったのはコレじゃない

謎に白黒、会話劇、分からないアメリカあるある…
ダンサーの夢を追いかけるために一時的に事務に移るのはそんなに悪い事なのか。よく分からない設定に加えて特に盛り上が
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.8

名古典、キャッチミーイフユーキャン。トムハンクスとレオナルドディカプリオって、今見ると豪華過ぎる。天才犯罪者の少年とFBI警察官の人情味あふれたやり取りと騙し合いが気持ちいい。最後は幸せな気持ちになり>>続きを読む

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ(2009年製作の映画)

3.6

ドラマで人気があったので「続きは映画で!」という。ちょっとセコいね。やってる事はドラマ版と何も変わらないです。
いつも通り都合よく繰り広げられる心理戦ですが、それでも天才詐欺師の秋山がバカ正直のなおち
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

白人の家で見かけた黒人がget out!と叫ぶ場面があったが、あれってそういう意味だったんか、ってな具合に伏線回収がすさまじい映画でした。面白い!

貞子vs伽椰子(2016年製作の映画)

2.9

これが見たくてリングと呪怨を観た。誰もが思いつきそうで思いつかなかった試み、嫌いじゃないです。バカ映画が始まると思いきや序盤はわりと普通にジャパニーズホラーしてましたが、最後に「その後を1番知りたいん>>続きを読む

呪怨(1999年製作の映画)

3.2

呪怨(ビデオ版)。今では定石の演出満載って感じだけど普通に怖かったです。階段を這いながら登場する伽倻子の顔、血まみれなんだけどよく見ると美人なのでちょっと吹いた。

へんげ(2011年製作の映画)

2.2

たまにこういう誰も知らないような自主制作の映画って、新しい発見があるから好きです。が、これに関してはどれだけ感情移入できるかで面白さが変わる気がしました…。主人公が虫のような姿に変化していくんですが、>>続きを読む

>|