enchanさんの映画レビュー・感想・評価

enchan

enchan

古いレビューほど言ってることがあてになりません レビューがたまにキモいですがご容赦ください

映画(283)
ドラマ(2)

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

3.2

「テープは5秒後に消滅する」とか「芸術の域に達した警備装置だ(実際はガバガバ)」とか今観ると微笑ましい
本当は観ていくうちにそんな展開ありかよ!となるのかもしれませんがあまり予習せずに挑んだ結果登場人
>>続きを読む

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

4.2

ストーリーがよく練られてて面白かったです
あまり予備知識入れずに観たら最後の方ちょっと分かんなかったので、エイリアン達の特徴を押さえといてから観ると良いんでしょうね
これ、原作がラノベなんですね。主人
>>続きを読む

グレムリン(1984年製作の映画)

4.8

最高のクリスマスムービーだと思いました。ギズモが超〜かわいい。〇〇化した後も一匹一匹がキャラ立ちしてるこだわり。可愛い!
本当は自分、ファンタジーが好きだったけど、今まで大分捻くれてたんだなってふと思
>>続きを読む

REVENGE リベンジ(2017年製作の映画)

2.4

4本目、レイプの"リベンジ"
映画が始まる前の前説のおじさんが今年はMetoo運動なんかもありまして…って言ってましたけど、あのMetooってかなりセンシティブなのによく触れたなと
なんでこのおねーち
>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

2.7

3本目。「田舎の学校に転校したらイジメられた。復讐してやる…!」
前半、漫画原作って事もあり一人一人の言動行動に人間味を感じなくて退屈だったんですけど、後半から意外な展開の応酬になってきて面白かった。
>>続きを読む

ダウンレンジ(2017年製作の映画)

2.8

2本目。大学生が相乗りの旅(ホラーあるある)してたらいきなり急に狙撃され始める。アイデア大賞。

この狙撃者誰なの?って最後まで明かされはしないんですけど、自分は「リア充が妬ましくてしょうがなくてイン
>>続きを読む

怪怪怪怪物!(2017年製作の映画)

3.2

久々の新文芸坐オールナイトしました。「重めのホラー」4連発、大好物だったはずなんですけど、何故か全くノれず…何もかも全く上手くいかずストレス溜めまくってた時とそうでない時でホラーの見え方って全然違うん>>続きを読む

たまこラブストーリー(2014年製作の映画)

3.9

誰かの愛を上手くキャッチできない、誰かに上手く愛を送れない青春…最高じゃん
誰かの愛を受け入れるとか、夢に向かって環境を変えるみたいな「日常が変わってしまう」事って、今までの物が無くなってしまうような
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

3.6

結構明るい話なのに音楽が暗いのはなぜなのか もうちょっとドリスに良いことがあって欲しかったなー
"人を見下す事"に対して敏感な映画だったような感じがした
教養だって、知識がない人をバカにする人もいます
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.0

期待値上げすぎたのか、あまり刺さるものはなかった
田舎を好きになれないのも、家族の事を大嫌いになるのも経験した事が無いから?知らないうちに親の愛情を認めているから?いや、クリスティンの親が毒親過ぎるの
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

うちの母親はフレディが好きで子供の頃にカセットテープでよくクイーンを聞かされてたんですが、フレディがヒゲ面になった途端に「めっちゃゲイっぽい」とかなんとか言って母はファンを辞めてしまいました
子供なが
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

3.2

やたらキラキラしてる映画だった。レズビアンという事以外にはありふれたストーリー。特筆するべき所はロミオとジュリエットみたいに2人の間にいくつもの壁があるとか、そういう事だけでは無くて娘の親権を奪われそ>>続きを読む

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

4.8

絶賛の声をよく聞くので観てみた。絵が子供向けっぽいという理由で敬遠していたのがまさかの傑作。実際に観てみないと評価できないもんですね。
両親の死の実感が湧かないまま女将の仕事を始めるおっこ、その周りの
>>続きを読む

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

4.2

土地の歴史を辿っていくと穢れが累積していたという設定のモキュメンタリー形式、今までにない挑戦的な試みのホラーで面白かった

あれ、橋本愛太った…?と一瞬思ったけど輪郭を隠さず役柄を一般的な女性に近づけ
>>続きを読む

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

3.3

違う、俺が観たかったのはコレじゃない

謎に白黒、会話劇、分からないアメリカあるある…
ダンサーの夢を追いかけるために一時的に事務に移るのはそんなに悪い事なのか。よく分からない設定に加えて特に盛り上が
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.8

名古典、キャッチミーイフユーキャン。トムハンクスとレオナルドディカプリオって、今見ると豪華過ぎる。天才犯罪者の少年とFBI警察官の人情味あふれたやり取りと騙し合いが気持ちいい。最後は幸せな気持ちになり>>続きを読む

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ(2009年製作の映画)

3.6

ドラマで人気があったので「続きは映画で!」という。ちょっとセコいね。やってる事はドラマ版と何も変わらないです。
いつも通り都合よく繰り広げられる心理戦ですが、それでも天才詐欺師の秋山がバカ正直のなおち
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

白人の家で見かけた黒人がget out!と叫ぶ場面があったが、あれってそういう意味だったんか、ってな具合に伏線回収がすさまじい映画でした。面白い!

貞子vs伽椰子(2016年製作の映画)

2.9

これが見たくてリングと呪怨を観た。誰もが思いつきそうで思いつかなかった試み、嫌いじゃないです。バカ映画が始まると思いきや序盤はわりと普通にジャパニーズホラーしてましたが、最後に「その後を1番知りたいん>>続きを読む

呪怨(1999年製作の映画)

3.2

呪怨(ビデオ版)。今では定石の演出満載って感じだけど普通に怖かったです。階段を這いながら登場する伽倻子の顔、血まみれなんだけどよく見ると美人なのでちょっと吹いた。

へんげ(2011年製作の映画)

2.2

たまにこういう誰も知らないような自主制作の映画って、新しい発見があるから好きです。が、これに関してはどれだけ感情移入できるかで面白さが変わる気がしました…。主人公が虫のような姿に変化していくんですが、>>続きを読む

リング(1998年製作の映画)

3.7

実は怖くて観れてなかった貞子。大学受験期の夜中に勉強をサボってテレビを点けていたら、主人公が呪いのビデオを見終えた後に電話がかかってくる場面で、もうすっかりビビってしまって続きを見れなかったのを今でも>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

周りの評価高すぎじゃない?と思ってたけど、これは文句無しに面白かった!冒頭に「ENBUゼミナール」って出てきた時、こんなミニシアターでしかやりそうもない映画が口コミと実力だけで広まってる事に泣きそうに>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

4.3

映画好きの後輩から勧められていたが観ずじまいだった映画。彼女は何を考えて最高だと言ってきたんだろうか…みたいな内容でした。でも、この映画が好きだと言ってくる人がいたらその人とは気が合うかもしれないです>>続きを読む

北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ(2016年製作の映画)

3.7

filmarks試写会にて。北朝鮮の映画というよりかは仕事に対する姿勢の映画のように思えた。
ライバッハのリーダーが"ここはユートピアかもしれない"と言ったのには少し疑問。実際に住んでみたわけでもなく
>>続きを読む

劇場版 テレクラキャノンボール2013(2014年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

伊集院光がラジオで絶賛しているのをYouTubeで見つけてからいつか観ようと思ってた作品。なのですが、観てから後悔しました。なぜもっと早く観なかったのかと。
AVの監督達が"東京から札幌までの高速道路
>>続きを読む

河童のクゥと夏休み(2007年製作の映画)

4.3

自分が映画を沢山観るきっかけになった人が1番に選んでいたアニメ映画です。何回もTSUTAYAに行っても貸し出し中で…を繰り返し結局アマプラで観た。子供向けを装った大人向けでした。よくあるアニメ映画のポ>>続きを読む

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

3.6

大変なバカ映画でした。陰キャ3人組がサバイバルするゾンビ映画です。露出度高めのおねーさんと何かあると思いきや全くないし、途中からボーイスカウトの要素全くないし(ボーイスカウトのくせに爆弾とか作れちゃう>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.1

普通に感想書いてみたらつまらなかったので少しひねくれた事を書きます。私たちはこれを観てきっと"ああ、この家族は可哀想だ。本物の家族よりも深い絆を持ったこの家族を引き裂く社会が悪い。こんな事があってはな>>続きを読む

28日後...(2002年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

結構ネタバレしてます。走るゾンビ。 何かと危険な行動を取りたがる登場人物にツッコミどころは沢山あるけど、その過程に哲学があるのがゾンビ映画だと思ってます。作品にもよりますけど。
ヘタレの主人公はヒロイ
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

3.2

クボとの連続上映で、ついでくらいのつもりで観に行きました。トレースとはいえ油絵で描かれた絵が96分間ずっとヌルヌル動き続けるという製作陣の頑張りっぷり。
淡々と会話が続くのと、自分は美術史なぞに1ミリ
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.1

人並みな事しか言えないんですけど、ストップモーションに見えないくらいよく動くアニメでした。これを作り上げたスタッフは本当に凄い。
脚本の方はまあ普通なんですけど、これを評価するために脚本の良さを尺度に
>>続きを読む

蜜のあわれ(2016年製作の映画)

2.8

正直言って、文学ちっく過ぎてついていけなかったです。金魚に溺愛するって…どういう心境なの。芥川龍之介は現実ではいつも口の下に手を添えてないと思うよ…。所々名言っぽいのがあった気がするんですが、眠すぎて>>続きを読む

エクステ(2007年製作の映画)

2.8

ホラーサスペンスなのか、いつもの社会派ドラマなのかどっちにも振り切れずという印象だった。ホラー演出も演出過剰気味で冷めてしまうし、虐待をテーマにしている割には当事者にPTSDを起こさせそうな映像作りだ>>続きを読む

POSTMAN BLUES ポストマン・ブルース(1997年製作の映画)

4.5

今回のオールナイトの中で一番好きでした。とてもラブリーでパンクでした。大満足です。
とある郵便配達人がある事をきっかけに警察から追われるようになってしまうというよくありそうな設定ですけど、秀逸な脚本の
>>続きを読む

>|