lenoさんの映画レビュー・感想・評価

leno

leno

サントラや映像の撮り方、展開が良い映画が好みです。様々な人生、世界を体験できるので映画好きです!洋画多め
無言フォローしますがご容赦ください…

映画(135)
ドラマ(17)

ファーゴ(1996年製作の映画)

4.0

流石コーエン兄弟という感じのブラックな一作

予期せぬことで徐々にボタンが掛け違えていってしまう感じが思いの外面白かった

サスペンスではあるんだけど、ところどころシュールなシーンがあったりしてブラッ
>>続きを読む

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(2007年製作の映画)

3.8

ファントムスレッドが良かったので、2回目となるポールトーマスアンダーソン、及びダニエル・デイ=ルイスの共演を鑑賞

とにかくダニエル様の演技がもう…
野心に満ち溢れた男性なのですが、会話というよりも表
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

4.5

すごい作品だとは聴いてたので、それなりに身構えて鑑賞しましたが、予想を超える狂気

確かにエイミーの怖さやばすぎるんですけど、かといってニックの味方になれるかと言われるとそうともいえない…
2人揃って
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

4.5

ワンハリの余韻が未だ冷めず、ブラピの出世作?再レビュー(2.3年ぶりくらいの鑑賞)

やっぱり面白い、この作品
全体に漂うダーク、不穏な空気、、
フィンチャーお得意の張り詰めたサスペンス具合が堪りませ
>>続きを読む

地獄でなぜ悪い(2013年製作の映画)

3.5

冷たい熱帯魚と迷ったがひとまずこちらを鑑賞

バイオレンスコメディて感じ?
最後の討ちこみのシーンはグロ、血、血!て感じでタランティーノぽいドタバタ具合笑(タランティーノの方が好みだけども)

キャス
>>続きを読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

4.5

観るドラッグみたいな映画

スコセッシ監督ということもあり、私的にはグットフェローズみたいな作品だなあと思いました(サントラの雰囲気とか主人公が成り上がって堕ちていく感じとか。)

とにかく、女!金!
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

週末映画祭3本目

さすがと言う感じ。
疑似家族を演じる皆様の演技力たるや。
血の繋がりよりも強い繋がりを感じさせるかと思いきや、時には他人としての非情な部分も見せてくる演技に釘付けでした。

池脇さ
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.8

週末映画祭2本目

前から気になってたんですがアマプラで週末100円レンタルしてたので鑑賞

評判通り良作!
ディズニー近くのフロリダのモーテルが舞台ということもあり、映像の中に出てくる色彩が綺麗。モ
>>続きを読む

ナチュラル・ボーン・キラーズ(1994年製作の映画)

3.4

久々の予定がない週末ということで1人映画祭開催

一本目
噂通りの異色な作品。モノクロだったり、アニメだったり入り乱れていて割と観るの疲れた… けども割とサントラ好きかも。

ウディハレルソンの色気
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

5.0

フォローしてる皆さん軒並み鑑賞してて早く行かなきゃ…て焦っていましたが、ようやく鑑賞。

アラジンを超えて今年の映画暫定1位。
いやあ、やってくれましたね。て思っちゃいました笑
他の方も書いたりしてま
>>続きを読む

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

4.3

満を持して鑑賞

さすが、名作と言われるだけある構成、絵の撮り方でした。

マーロン・ブランドの存在感、渋さかっこよすぎます。誰からも信頼される人間性があるドンだったのだなと。
争い事や儲かるから麻薬
>>続きを読む

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.8

数ヶ月前に予告見てから気になっていたこちら、鑑賞致しました。

黒い天使、カルリートス。
ほんとに画面でるだけで映える顔の美しさ、雰囲気。なんてことないシーンも彼だからこそ映える。
「君の名前で〜」の
>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

3.8

2.3年ぶりくらいの鑑賞で大筋は覚えてるくらいで観ましたが、やっぱり結末があ〜

主人公の気持ち考えたら泣くし、死にたくなる

この映画ってクリチャーがとにかく気持ち悪いし、怖すぎるけれどもそれよりも
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.6

想像よりいい映画でした

出てくる食べ物が美味しそうなこと、、キューバサンド作ってみようかなあとか思っちゃいました

飯テロ映画みたいに見えますが、ホームドラマとして私は楽しめました

ちょっと血の気
>>続きを読む

めがね(2007年製作の映画)

3.8

かもめ食堂に引き続き、この雰囲気好きです、、
最初のうちはなんでこの主人公ここに来たんだろうてくらい宿と噛み合ってなかったのが、徐々に人として角がとれて丸い人になってくのが印象的

黄昏る為にくる宿、
>>続きを読む

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

4.5

ジャックブラックの良さが存分に出てる、というかこんな音楽の先生欲しい笑

ロックの名曲も出てきますし、音楽好きな方はハマるのでは。
厳しそうに見えてほんとはロック好きではじけたい校長先生がチャーミング
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

3.5

80年代の作品とは思えない作画のクオリティが凄い

てか、東京オリンピックのところシンクロ凄い、、

荒廃した世界の描き方好きでした、また、メッセージ性は汲み取れたのかはわかんないけど、力を求めすぎる
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

4.5

思っていたよりも面白くて、見応えあって、刺さりました…

とにかく安藤サクラの演技が凄い
スタートはニートのクズ感がすごいのに、気づいたらボクシングに打ち込むストイック人間へと変わる。その過程が見た目
>>続きを読む

12モンキーズ(1995年製作の映画)

3.0

なかなか独特な作品

サスペンスなんだけど、終始ダーク
展開はおもったより波はなかったけど最後までみれました

でも、おもったよりハマらなかったなあ…

奇天烈なプラピは中々良き

かもめ食堂(2005年製作の映画)

4.5

母が好きだというこの作品、鑑賞

思いのほか良作
もうこののんびりとした世界観、昼下がりに鑑賞するの最適
なんかわかんないけど、主人公みたいに明日からまた仕事コツコツ頑張ろうと思えます。

キャストも
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.4

終始ムーディーというか大人な作品

若きロバートデニーロにうっとりという感じでしたが、トラヴィス変人すぎてあまり感情移入できず…
ただ、この世に俺1人なのかみたいな孤独を感じるところはそういうときある
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.2

心温まりますねえ、、インディーズ作品らしいシンプルな作りが好き

シングストリート好きな私からしたら案の定どハマりなサントラ
キーラナイトレイの声と曲があってます

音楽経験ある私からすると、楽曲が出
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.5

フランス産サスペンスて感じの上品な狂気満載の作品でした

登場人物みんなどこか普通の人ではない部分があり、観ててゾクゾクします。。
特にやはりイザベルユペールの掴み所がない感じの演技、狂気は凄かった
>>続きを読む

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

4.5

はい、好き。音楽好きな私は嫌いになる要素なし。
サントラは抜群にキマってて話の中身もコメディあればカーチェイスありで楽しめました!

最初の方のショッピングモールのシーンとかはぶっ飛びすぎてて1番笑い
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.5

いつか観ないとなあと思ってた作品ようやく鑑賞

思ったよりはハマらなかったですが、サントラの使い方とか絵の感じは好きです、ロックトゥ〜やスナッチぽくて。
イギリスが舞台なだけに小洒落た作りになってます
>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

4.2

ザ・王道ミュージカル!
時代が時代なだけに色合い、女性のファッションもモダンな感じで観てるだけで気持ちが晴れやかになります

映画という媒体が新しくなっていく切り替わりのところを描いているため、この時
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

5.0

ようやく観に行けました…
私の予想より面白かった!
さすが高評価の嵐だけある。
もう満点出さざるを得ない気が…

ガイリッチーとディズニーってどうなるの?とか思ったけど、最初のスタートから最後のそうい
>>続きを読む

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(1998年製作の映画)

5.0

はい、好きです。スナッチ満点の私からしたらどストライク
スナッチより泥臭いスマートさ?が際立ってます。

とにかく、サントラがもう良すぎる、出てくるサントラ洒落てるし、ロックだし、これぞ映画とマッチ!
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.8

ポップカルチャー✖️ミステリー(カルト臭強め)て感じの作品

要所要所で進展するポイントもあり、展開も楽しめました。
サントラも作品の怪しげな雰囲気とマッチしてgood

人によって捉え方変わりそうで
>>続きを読む

パーフェクション(2018年製作の映画)

4.0

噂通りのぶっ飛び具合ですねえ、、

私は思っていたよりも楽しめたし、騙されました。題名のアルファベットの向きとかね
女性の怖さというか、人間の狂気が表現されています。
チェロの低音具合も物語の怖さを助
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

これは泣いちゃう

オギーの存在によって周りの登場人物達にも変化が出るところが良い
この時そういう風に考えてたんだ〜とかあるし、新鮮

普通に見える子にも弱い部分、苦しい部分はあり、人と人が仲を深める
>>続きを読む

海獣の子供(2018年製作の映画)

3.0

うーん、難しい!ラスト30分くらいは他の方々も言ってますが、2001年宇宙の旅in海verみたいな壮大なシーンが続きます、しかしわからない…何を伝えたかったのかわからない
2001年宇宙の旅を観た後に
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.2

どこを切り取っても絵になる、絵画のような映画。

イタリアの夏の描き方が素晴らしい、木々の木漏れ日やカラッとした気候が画面から感じられます。是非避暑しに行きたくなります

オリヴァーが帰ってからの展開
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.2

実際に起きた事件をモチーフにした良いエンタメ作品に昇華できています!

インタビュー形式のシーンと過去シーンを交互に展開しており、視聴者側に語りかけるシーンもあったりと見せ方が面白いです
また、アメリ
>>続きを読む

コーヒー&シガレッツ(2003年製作の映画)

4.2

ジャームッシュ作品鑑賞2作品目

オープニングからオシャレ、全体を通してモノクロで描かれており、題名の通りコーヒーとタバコの描き方が絶妙
モノクロで撮るあたり流石のセンス

この作品観てるとコーヒー飲
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.0

狐狼の血を見て興奮した状態でこちらを観てしまったからかもしれませんが、独特な世界観にいまいち入り込めず…
アニメーション入れてくるのもうーんという感じでした

詩集を元としていることもあり、終始哲学的
>>続きを読む

>|