MasaichiYaguchiさんの映画レビュー・感想・評価

MasaichiYaguchi

MasaichiYaguchi

映画(3113)
ドラマ(14)
アニメ(0)

頭痛が痛い(2020年製作の映画)

3.7

本作のタイトルや、「馬から落馬する」「アメリカへ渡米」「暇の合間」「犯罪を犯す」「まだ未定」「あとで後悔する」など、これらのように同じ意味の語を重ねる日本語表現を二重表現、重複表現と呼ぶ。
これら「重
>>続きを読む

ドンバス(2018年製作の映画)

3.9

「アウステルリッツ」「粛清裁判」「国葬」などのドキュメンタリーで知られるウクライナのセルゲイ・ロズニツァ監督が2018年に手がけた劇映画を観ると、ウクライナで今、何が起こっているのかが分かる。
タイト
>>続きを読む

a-ha THE MOVIE(2021年製作の映画)

3.6

1985年のデビュー曲「Take on Me」が世界的ヒットを記録したノルウェー出身のポップグループ「a-ha」の軌跡をたどったドキュメンタリーを観ていると、自らの1980年代が蘇ってきて懐かしさを覚>>続きを読む

シング・ア・ソング!~笑顔を咲かす歌声~(2019年製作の映画)

3.7

イギリスの軍人の妻たちが結成した合唱団の実話を基に、「フル・モンティ」のピーター・カッタネオ監督が映画化した本作は、愛する夫を戦地へ送り出し、無事を願いながらイギリス軍基地で暮らす女性たちが互いに支え>>続きを読む

私だけ聴こえる(2022年製作の映画)

3.9

2014年製作のフランス映画「エール!」のリメイクである「コーダ あいのうた」が、第94回アカデミー賞で作品賞、助演男優賞、脚本賞を受賞したことで、「コーダ(CODA=Children Of Deaf>>続きを読む

鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー(2022年製作の映画)

3.2

荒川弘さんの大ヒット漫画を実写映画化した「鋼の錬金術師」の続編となる完結編2部作の前編は、失った体を取り戻すため旅を続ける兄弟エドとアルが訪れた中央(セントラル)で、国家錬金術師ばかりを狙うアサシン「>>続きを読む

オフィサー・アンド・スパイ(2019年製作の映画)

3.5

ロマン・ポランスキー監督が19世紀フランスで実際に起きた冤罪事件“ドレフュス事件”を映画化した歴史サスペンスは、文書改竄、証拠捏造と現代社会にも通じる権力の闇を炙り出す。
1894年夏、フランス陸軍省
>>続きを読む

男たちの挽歌 4Kリマスター版(1986年製作の映画)

4.0

ジョン・ウー監督と俳優のチョウ・ユンファの名を世に知らしめた「香港ノワール」金字塔的作品は、香港警察と国際ニセ札組織の対決を兄弟の反目と絆、男の友情を背景に、現在も色褪せることなく、パワフルに熱くアク>>続きを読む

ホテルレイク(2020年製作の映画)

3.0

イ・セヨンが主演を務め、ホテルを舞台に起こる不気味な現象を描くホラーは、ヒロインのユミが仕事の都合で、叔母の経営するホテルに幼い妹を預けるところから幕を開ける。
そのホテルには「絶対に上を見上げてはい
>>続きを読む

パイナップル・ツアーズ(1992年製作の映画)

3.4

今年、沖縄は本土復帰50周年を迎えた。
それを記念してか、デジタルリマスター版で30年振りに蘇った、沖縄の架空の島「具良間島」を舞台に個性的な住民たちが繰り広げる騒動を描いた3話構成のオムニバス映画は
>>続きを読む

流浪の月(2022年製作の映画)

4.1

2020年本屋大賞を受賞した凪良ゆうさんのベストセラー小説を、広瀬すずさんと松坂桃李さんのW主演で李相日監督が映画化した本作は、誘拐事件の“被害女児”となった家内更紗と、その事件の“加害者”とされた青>>続きを読む

シン・ウルトラマン(2022年製作の映画)

3.8

「ウルトラQ」やその後に続く「ウルトラマン」をリアルタイムで観た世代の一人として、映画のオープニングに先ず懐かしさを覚えてしまった。
「シン・ゴジラ」の庵野秀明さんと樋口真嗣さんが再タッグを組んで「ウ
>>続きを読む

バニシング:未解決事件(2022年製作の映画)

3.3

ユ・ヨンソクとオルガ・キュリレンコが共演したフランスと韓国の合作によるアクションサスペンスは、大都市ソウルに蠢く巨大な闇に挑むソウル警察の刑事とフランス出身の法医学者の活躍を描く。
ソウルで指紋が失わ
>>続きを読む

劇場版 おいしい給食 卒業(2022年製作の映画)

3.9

給食マニアの中学校教師・甘利田と宿敵である生徒・ゴウの長きにわたる給食バトルが、ゴウの卒業によって終局を迎えるまでを描く劇場版第2弾を観ていると、笑いながらも、生徒にとって給食とは何なのかを、甘利田と>>続きを読む

教育と愛国(2022年製作の映画)

3.9

2017年に大阪・毎日放送で放送され、ギャラクシー賞テレビ部門大賞を受賞した「映像’17 教育と愛国 教科書でいま何が起きているのか」に追加取材と再構成を施して劇場映画化した本作を観ると、本編に登場す>>続きを読む

二つの光(2017年製作の映画)

3.9

韓国のホ・ジノ監督による短編作品はサムスン電子の視覚障害者支援VRアプリを題材に、「愛する人を初めて見る瞬間」をテーマに描く。
徐々に視力を失っていくピアノ調律師のインスは、写真同好会を通じて視覚障害
>>続きを読む

パティシエさんとお嬢さん(2022年製作の映画)

3.4

銀泥さんの同名ラブコメ漫画を実写映画化した本作には、目にも美味しそうなスイーツが沢山登場して涎が落ちそうになる。
物語は出会いから始まる。
兄の稜がオーナーシェフを務める「パティスリー・シュバル」で、
>>続きを読む

ダーク・アンド・ウィケッド(2020年製作の映画)

3.5

父の最期を看取るために帰郷した姉弟が“怪異”に襲われる様子を描いたホラー映画は、主人公の姉弟をはじめ関わる人々を全て地獄に引きずり込む、想像を絶する邪悪さ溢れる戦慄の“農場ホラー”が展開する。
父の病
>>続きを読む

辻占恋慕(2020年製作の映画)

3.4

才能があって努力したからといって、必ずしも夢が叶うとは限らない。
大野大輔監督の最新作では、平成から令和に変わりゆく時代を背景に、それほど若くもなく、金も時間の猶予もないミュージシャンたちを主人公に、
>>続きを読む

スージーQ(2019年製作の映画)

3.9

女性ロック歌手の草分け的存在として1970年代に一世を風びしたスージー・クアトロの実像に迫るドキュメンタリーは、本作を観るまで知らなかった諸々、メジャーになる前に姉妹でガールズバンドを結成していたこと>>続きを読む

明日になれば〜アフガニスタン、女たちの決断〜(2019年製作の映画)

3.9

アフガニスタン映画機構の初の女性会長を務めるサハラ・カリミ監督がアフガニスタンの女優を起用して全編カブールで撮影した長編デビュー作では、3人の女性が登場してオムニバスドラマを繰り広げる。
義父母の面倒
>>続きを読む

オードリー・ヘプバーン(2020年製作の映画)

4.0

ファッションアイコンにして、ハリウッド黄金期の伝説的スター、オードリー・ヘプバーンの人物像に多角的に迫ったドキュメンタリーを観ていると、生涯をかけて「愛すること」を信じ、与えることを貫いた彼女の生き様>>続きを読む

ハケンアニメ!(2022年製作の映画)

4.0

辻村深月さんの同名小説を映画化した本作を、一人のアニメファンとして観ていると、物語に込められたアニメやアニメ業界で奮闘する人々に対する熱い思いや愛が伝わってきて胸が一杯になってしまう。
県庁職員からア
>>続きを読む

ばちらぬん(2021年製作の映画)

3.8

タイトルである日本最西端の与那国島の言葉「ばちらぬん」は「忘れない」を意味する。
沖縄県与那国島出身の東盛あいかさんが初監督・初主演を務め、2021年・第43回ぴあフィルムフェスティバルPFFアワード
>>続きを読む

ヨナグニ~旅立ちの島~(2021年製作の映画)

3.8

イタリア出身の映像作家アヌシュ・ハムゼヒアンと写真家ビットーリオ・モルタロッティのクリエイターコンビが監督を務め、日本最西端に位置する与那国島の風土や人々の暮らしを記録したドキュメンタリーは、島に高校>>続きを読む

ローレル・キャニオン 夢のウェストコースト・ロック(2020年製作の映画)

4.0

ウェストコースト・ロックの聖地、ローレル・キャニオンにスポットを当てたドキュメンタリーでは、私が10代の頃に聴いていた、ザ・バーズ、ママス&パパス、ジョニ・ミッチェル、ジャクソン・ブラウン、クロスビー>>続きを読む

MIRRORLIAR FILMS Season3(2022年製作の映画)

3.4

俳優の山田孝之さん、阿部進之介さん、映画プロデューサーの伊藤主税さんらが、自由で新しい映画製作の実現を目指して立ち上げた短編映画制作プロジェクトで、俳優・映画監督・漫画家・ミュージシャンら総勢36人の>>続きを読む

死刑にいたる病(2022年製作の映画)

3.7

櫛木理宇さんの同名小説を白石和彌監督が映画化した本作では、24件の殺人容疑で逮捕され死刑判決を受けた榛村大和に、大学生の筧井雅也共々、観ている我々も彼の手のひらで転がされ、翻弄される羽目になる。
家庭
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス(2022年製作の映画)

4.0

「ドクター・ストレンジ」シリーズ第2作は、禁断の呪文によって時空を歪ませてしまったことによりマルチバースの扉を開き、そのことで変わりつつある世界を元に戻す為に奮闘する、元天才外科医で最強の魔術師ドクタ>>続きを読む

愛を読むひと(2008年製作の映画)

3.7

ベルンハルト・シュリンクのベストセラー小説「朗読者」を、「めぐりあう時間たち」のスタッフが映画化した本作は、第2次世界大戦後のドイツに生きた一組の男女の愛と秘密、そして贖罪を描いていく。
15歳の少年
>>続きを読む

バブル(2022年製作の映画)

3.3

テレビアニメ「進撃の巨人」の荒木哲郎監督とWIT STUDIOが再タッグを組んだオリジナル長編アニメーションは、不思議な泡「バブル」が降り注いで重力が壊れた東京を舞台に、そこで出会う少年少女の物語を描>>続きを読む

ZAPPA(2020年製作の映画)

3.9

アメリカのロックミュージシャン、フランク・ザッパの革新的な人生に迫ったドキュメンタリーは、一般的には狂気の変人というイメージが強いザッパの「知られざる人間性と創作」「芸術への真摯なアプローチ」を浮き彫>>続きを読む

手紙と線路と小さな奇跡(2021年製作の映画)

4.0

1988年に開設された韓国初の私設駅「両元(ヤンウォン)駅」の実話を元に、小さな駅作りに奮闘する人々を描いた本作は、原題が表すように幾つもの「奇跡」が登場し、その一つ一つに家族愛をはじめとした人々との>>続きを読む

インフル病みのペトロフ家(2021年製作の映画)

3.8

2016 年に発売され、ロシア文学界でセンセーションを巻き起こしたアレクセイ・サリニコフによるベストセラー小説を、ロシア演劇界の鬼才でもあるキリル・セレブレンニコフ監督が映画化した本作は、ソビエト崩壊>>続きを読む

リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス(2019年製作の映画)

4.1

アメリカ西海岸を代表する歌手リンダ・ロンシュタットの半生を描き、第63回グラミー賞で最優秀音楽映画賞を受賞したドキュメンタリーを観ていると、登場する楽曲と共に学生時代が蘇る。
このドキュメンタリーでは
>>続きを読む

劇場版ラジエーションハウス(2022年製作の映画)

3.9

原作・横幕智裕さん、漫画・モリタイシさんの同名コミックを窪田正孝さん主演で実写化したテレビドラマの劇場版はスケールアップした内容で、“チームラジハ”に一難去ってまた一難が降り掛かり、様々な「壁」が立ち>>続きを読む

>|