TheTheさんの映画レビュー・感想・評価

TheThe

TheThe

自分にない思想に出会えるように…
感想など素直に投稿します。あと主役を支える脇役さんが好きです

Akira Matsumoto

映画(459)
ドラマ(15)

アメリカン・アサシン(2017年製作の映画)

-

マイケル・キートンを見ようと鑑賞!
まあシナリオがそこかしらに転がっていそうな作品。ただそれだけの時間の無駄。
こんなのに製作費使うなと言いたい。

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

5.0

彼女は何度も、美しく変身する…
そして強い人。
ジェシカ・チャスティンの魔力に魅了されてください。いい作品です

荒野のストレンジャー(1972年製作の映画)

5.0

始まりもとてもいい感じ、やたらウマの足音が入ってきまして…そうかそうなんだとわかるところも私にはグッと来る感じでした。やっぱりイーストウッドさんはカッコいい 渋すぎますね〜楽しかった!

エスケープ・フロム・L.A.(1996年製作の映画)

2.0

やはり前作の方がいい‼︎
というかストーリーの筋道が、ほとんど同じってあかんし製作費が無駄になる。
せっかく続編作るなら、いま現在作ればいいんじゃないかなって私は思う。

カート・ラッセル氏は、相変わ
>>続きを読む

PARTY7(2000年製作の映画)

5.0

「鮫肌男と桃尻女」よりコメディ性をパワーアップさせ、さらにアブノーマル的な要素をプラスさせているので、好き嫌いが分かれる作品。
久しぶりに鑑賞してみて、この作品でのツボは森下能幸さんではないでしょうか
>>続きを読む

夜明け(2019年製作の映画)

3.0

誰かの代わりには、なれないという事。
小さな女の子がラストに「ママのこと好きじゃない!」って答えですね。
大人は、誤魔化してしまう…その気持ちはよくわかります。
そして、彼は本当の姿になり夜明けに向か
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

5.0

AKIRA 学生時代のオタク界の金字塔と思います私はね。本当にアニメ内の色彩感覚の繊細さ、それとサウンドも最高。

しかしながら、私の中での大友氏の1番は、やはり「童夢」なんですよね…

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

2.5

アヒルと鴨のコインロッカーなどあっと驚かせられるラストで有名な監督なので期待して鑑賞。
こんなルーツがあるという感じの進み方で、ラストまでダレることはないのですが、あっとさせられることなく幕引き。
>>続きを読む

プラネット・テラー in グラインドハウス(2007年製作の映画)

2.5

デスプルーフ in グラインドハウスと2本立てで、どうぞ!
こちらはロドリゲス作品、先日「アリータ:バトル・エンジェル」見たばかりです〜どうやらこちらの方が彼にはあっている感ありあり!ちょっとゾンビた
>>続きを読む

恐怖の報酬 オリジナル完全版(1977年製作の映画)

5.0

中学生時代から「恐怖の報酬」を鑑賞したいと思いつつ…今回が初です、それも30分カットされていないオリジナル完全版を鑑賞できました!
詳しい内容を全く知らずに、ただボロボロの桟橋を渡るトラックの恐ろしそ
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

3.5

香川照之と野村萬斎 この2人を見たくて鑑賞。香川氏を火とすると萬斎さんは油のような関係に思えました。香川さんは、パワフルですね〜萬斎さんって声が低くて太いって感じ。共に狂言や歌舞伎での偉大な父を持って>>続きを読む

移動都市/モータル・エンジン(2018年製作の映画)

1.0

ピーター・ジャクソンとあり期待…
始まりのシーンは引き込まれました。その後は説明しようとし過ぎて、だるだる。
まあ分かっていましたが、「ハウルの動く城」と「天空の城ラピュタ」の実写的、その後に新しい発
>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

1.0

やっとレンタルできたけど、何なんだろう次回作を見る気はしません!
どう言ったらいいのでしょうか?とことん残酷で目を背けたくなるバトルでもない。心を動かされる愛情たっぷりでもないので涙も出ません!
CG
>>続きを読む

ワイルドカード(2014年製作の映画)

3.5

彼はギャンブラー?ベガスの用心棒?元特殊部隊の肩書きがある。そんな肩書きがあろうがなかろうが、彼には関係ないと思わせてくれます。
鑑賞し始めて、いつくるのかと思っていると切れ味鋭くスピーディなジェイソ
>>続きを読む

悪党に粛清を(2014年製作の映画)

2.8

ふと野生動物は、自分の子孫繁栄の為に子持ちの雌の子を殺してしまい、その母雌と子孫繁栄することが当たり前。
しかし私には理解したくないです。
始まりは目を背けたいのだ…
復讐する男(ガンマン)は数あれど
>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

2.7

KUBOの監督なのでみてみました。
KUBOのような世界観ではないとは分かりつつ少し期待してましたが、やはりトランスフォーマなんですよね。
私はこの手のロボット変形版の戦闘シーンに疲れて寝落ちしてしま
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

2.0

時空時間か…と残念だね そこですか?
何も無い一からと発想を展開させて欲しかった。確かに生き残っている方には、苦しいけれどね。原始地球なのかアトミックな分野にまで展開するのかとワクワクしていたのですが
>>続きを読む

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

3.5

70代後半だろうか、当時の彼は。そのイーストウッド監督が取り上げ主演もした作品。
暴力による嫌がらせがエスカレートする世の中をどうすればと…彼が出した答えはこれだ!
年老いた主人公は心に深い忘れられな
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

4.0

目の前の大切な人が病にかかっている。長く長く辛い毎日、治る希望を持ち続けるのに疲れてしまい…つい現実から目を背けてしまう気持ちが、よく分かります。
向き合う事を諦めて逃げ出してしまうのも悪いことではな
>>続きを読む

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

-

いま光り輝くほどに元気な君。
しかし突然に重い病に囚われる。
最近よく思うのが、いま自分は生かされているという事を自覚すること。

患者本人とそれを支える家族。
病と闘う全ての医療そして医師。

人間
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.0

人形劇のようでアニメーションのようで折紙のようでもある不思議な世界。
全体にダークサイド的な空間も好みでした…そして外国人から見た日本をテーマにしているのが新鮮でたまらない。
クーボーという響きが癖に
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.0

「Blue Monday 」で、はじまり「Behind the Wheel」と流れて「London Calling」
で締めかと思いきや「Under Pressure」で締めくくられます。
ニューオー
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.5

鑑賞前からグロテスク感があると思い抵抗があったのですが、興味が勝り鑑賞。

ギレルモの世界は美しくも時としてグロテスクなものと私は捉えている。
人は、それぞれ美しいと感じるものが違う。それ故に人と違う
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

3.0

古代都市風と近未来性をMIXした海底王国を創造性豊かに創り上げられている映像は素晴らしい!それだけでも鑑賞する価値があると思います。

これに神秘に満ちた物語やビックリするような筋書きがあれば嬉しいで
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

-

原作漫画の世界感は遥か頂にある
という手本のような作品でした。
一人一人の俳優さんの熱は、伝わってきます。しかしながら、実写映画を作るにおいてハードボイルド系に仕立てると鑑賞する側は、よりリアル感を求
>>続きを読む

渇き。(2013年製作の映画)

4.5

「嫌われ松子の一生」のように鑑賞にかなりの疲労が出そうで、現在になりました。
この作品は、かなり個人差というか考え方の違いによりますが、規律正しい硬い考えの方には無理が生じると思われます。
固定概念を
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

-

わざわざレンタルするまでもない!
東野圭吾原作だから鑑賞に踏み切ったのにね…
しかし、彼女は上手いですね松たか子サイコー最初から老婆は彼女だと分かりました。「来る」でも最高にいい感じでしたし。
K君は
>>続きを読む

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

-

大泉洋
の演技幅は半端なくあるんだと感心。

ボランティアっていつから活動存在していたのだろうと…ふと思いました

未知との遭遇 ファイナル・カット版(2002年製作の映画)

4.5

思えば私とSF映画との初めての出会い。
当時は見るもの全てが新鮮に感じ、のめり込んだ記憶があります。あの頃のような強い感動は、少なくなりましたが改めて宇宙への希望を与えてくれた良い作品だと思いました。
>>続きを読む

父親たちの星条旗(2006年製作の映画)

3.0

先日、塚本晋也監督の「野火」と戦争もの続きになりますが、気合いを入れて鑑賞しました。
英雄というものが何故必要だったのかというのが少し分かった気がします。
戦地で死闘の中で殺し合っている人達と本国で司
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

5.0

もっとはやく鑑賞するべきでした!
凄くいいです…小松菜奈って透明感ありの瞳が素敵です。スラッとした姿勢も抜群。
その彼女に大泉洋が照らされて再び輝き出してゆく様が心地よく好きです。
恋って人にするだけ
>>続きを読む

赤い雪 Red Snow(2019年製作の映画)

2.0

ちょっと冒険してみましたが…映像はその場感を意識されているようでした。
本編内容、これは人の記憶とは都合のいいようにどうにでも塗り替えられると伝えたいのでしょうか?それと漆塗りの赤を関連付けているのか
>>続きを読む

野火(2014年製作の映画)

-

以前にレンタルしようかと、思いながら重さに躊躇してしまったていた今作。
BSプレミアムにて機会を与えていただきました。
私にとって、かなりヘビー級でした。序盤から監督のドロドロ血生くささ、グロテスクあ
>>続きを読む

愛と銃弾(2017年製作の映画)

4.0

007やらタイガーやらとスパイ、スナイパーなどヒーローものの金字塔を研究影響を受けて温故知新感いっぱいでした。
カッコよさ、ユーモアさ、適度に複雑化しながらあまり難しくならないように作られていて飽きま
>>続きを読む

蜘蛛の巣を払う女(2018年製作の映画)

3.5

この作品はファースト・マンの妻役で、個性的な方だなって思ってたクレア・フォイだと思い迷わず鑑賞!
内容はその後の彼女である生い立ちなどが中心で強烈な制裁シーンは少なめで、少々物足らない感は正直ありです
>>続きを読む

オースティン・パワーズ(1997年製作の映画)

5.0

流行という言葉、トレンドやお洒落などとその時代ごとに言い方が違いますが、本質は同じです。数十年後にまた流行りやファッションがプラスαされ蘇り続けます…
私の幼少期はベルボトムジーンズが大流行していてボ
>>続きを読む

>|