Ayamiさんの映画レビュー・感想・評価

Ayami

Ayami

1:もう見ない 2:まぁまぁ 3:普通 4:好き 5:大好き

家族、料理。思春期、不自由。愛を感じたい。
ラブコメ、時々サスペンスも。
基本ハッピーエンド希望。

映画(541)
ドラマ(0)

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年製作の映画)

4.3

心地いい。
こういう相手なら、一生を共にできるのあろう。
互いに尊敬して、受け入れて、否定せず、共に向かうべき道を考えるということ。
ニューヨークのほっこり物語。

映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)(2013年製作の映画)

3.3

10数年ぶりに見たドラえもん。
声は全員違う。
ひみつ道具はいつできるのだろう。

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

4.5

忘れずにいたい気持ち。
ワーホリ時代を思い出した。
シャシは美しく、とても魅力的なのに、世界は狭かった。
世界を広げる一歩さえ踏み出せば。

何もできないと自信なくしたところから、どんどんできることが
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.3

そういうことか。
エンドロールが良い。
モノづくりって相変わらず素敵。
娘ナイスファイト

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.1

どういうジャンルなのか最後まで分からず。ただ音楽と映像は最高。不思議を体感した感じ。

好きだった君へのラブレター(2018年製作の映画)

3.4

可愛すぎないララジーン、韓国ハーフでとても親近感。音楽も部屋も素敵。彼が似てて混乱するけれど、気楽に見れました。妹のおかげよ。素直強い優しいって、なによりの魅力ね。

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

2.9

オラフが可愛いことに気づく。クリスマスを探しに行くなんて、可愛すぎる。

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.2

海が四角く切り取られ、青の中の君を好きになってしまうね。歌うたいのバラッドを口ずさもう。

クリスマス・カレンダー(2018年製作の映画)

3.3

最初から分かってたじゃん。
君しかないいないって。
居心地の良さ以上の、条件なんてないよ。

クリスマス・クロニクル(2018年製作の映画)

4.3

わくわく。ブルースを歌うサンタさん。奥さんに頭が上がらないサンタさん。
人間味が溢れて、すごく良かった。こんなサンタならいるかもしれない。妹と兄の信頼も◯わくわくクリスマス。

クリスマス・プリンス: ロイヤルウェディング(2018年製作の映画)

3.8

続編の方が面白かった。
日常とは反して、夢の世界。
アンバーがそこまで可愛くないのが、一番の魅力←

クリスマス・プリンス(2017年製作の映画)

3.7

ベタベタでなにが悪いというくらい。
クリスマスはこうでなきゃ。
やっぱり年末のこの2週間は、夏の次に好きな季節。

にがくてあまい(2016年製作の映画)

3.1

終始、林遣都くんがかっこいい。食生活変えたい。

なんちゃって家族(2013年製作の映画)

3.5

下品な映画が苦手だけど、これは下品+ハートフルで最後まで見れた。
お母さんが素敵すぎる、綺麗。

しあわせはどこにある(2014年製作の映画)

3.9

ほっこりロードムービー。
幸せを探すとなると、やはり旅。
結論は分かるといえ、世界の楽しみというか、映画で見せてほしい映像ばかり。
途中のイラストも全て可愛い。

人の人生こそ、映画である。

紙の月(2014年製作の映画)

3.3

こんなにも簡単に、人は堕ちていく。
終わると分かっていても、人はその最後までいくんだ。

登場シーンが少ないのに、宮沢りえと対等に思える小林聡美は凄いなと。

逃げ抜く覚悟があったのか。自分のものでは
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.2

とっても分かりやすく、個人的にはブタさんの奥さんの頑張りに拍手。

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

4.4

色を持つということ。
おとぎ話ような話。
色を持ったお姫様は可愛くて美しくて、色を与えた王子様は心から優しい。
こんな恋はできないけれど、二人は皆の想像を超えて、幸せなんだろう。
めでたし、めでたし。
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.0

ゴジラはお初。
ゴジラという異常災害でさえも、淡々と当たり前のように個人、組織、政府、国家は対応していく。もちろん復興も見据えて。
ザ日本人。人間が面白い。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.7

死んでからの方が長い、何回思ったことか。可愛いカラフル骸骨になって、忘れられずずっと生きていけるのなら、どんなに幸せだろう。
死後の世界がこのように続くのなら、今やれることも変わるかもしれない。
その
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.6

優しいオビワン。
可愛いと声が出てしまうようなプーさん達。
大人に送る今日の物語。
常識や当たり前でいくら話しても伝わらないプー達に、みんな子供だったんだよと思い出させてくれた。
忘れないでといつも立
>>続きを読む

インフェルノ(2016年製作の映画)

1.5

複雑で途中で挫折。
天使と悪魔の方が分かりやすかった。

南極料理人(2009年製作の映画)

4.3

美味しいものが見たかった。
あんな場所にいったら、食べること飲むことが唯一の娯楽。
どれもこれも、美味しそう。
みんなが次々病んでいくのも、人間らしくて、俳優セレクトもよかった。

パディントン 2(2017年製作の映画)

5.0

相変わらず最高。
色使いがずっと可愛い。
パディトンのように親切でありたい。
可愛いの嵐。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.4

4DXで鑑賞。
スターウォーズの時より激しいフライトと戦いで、あやうく椅子から落ちそうなった。というか疲れた笑。
アトラクション気分なら、十分すぎるものであろう。
チューバッカが愛くるしくて、2人がフ
>>続きを読む

昼顔(2017年製作の映画)

2.3

上戸彩が細すぎるが可愛い。
ラストはなんだろう。
奥さん、そこまでしなくても。
愛ゆえに。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.1

ストーリーを全く知らなかった
ポアロかっこいい
映る景色が綺麗すぎて、旅に出たくなった←

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

4.8

久々に見たデート映画。
まさみ可愛すぎてる。
真面目な山田くんはかっこいい。
これ嫌いな人いるの?という設定。
素直に隣にいる人と、ハワイ行って星空を見たいと思った。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.5

好きなタイプの映画なのに、前のようにニタニタできないのは何故だろう。
ラストは◯
留まる時間がないことに気づいたから、共感はできなかったー

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

4.1

結果、必要なものは多くなくて。
あるものを失わないと気づけない私達。
贅沢病だよなぁ。

ツレがうつになりまして。(2011年製作の映画)

3.0

他人事ではないこと。
もし、その立場になった時にあんな風にできるかな。
自分を知って向き合うのが面倒だから、理由つけて今を続けていくけど、自分を大切にしてあげられるのは自分だけなんだなと。
俳優って職
>>続きを読む

>|