モカセタエさんの映画レビュー・感想・評価

モカセタエ

モカセタエ

カラフルな映画が好きです。レビューは殴り書き。

映画(279)
ドラマ(19)

レモネード・マウス(2011年製作の映画)

4.5

劇中歌全部最高。
中学生の頃、登下校の間このサントラずーーーーっと聴いてたなあ。

全員はみだし者で、全員自分に自信無くて、全員自分の居場所を探してる。
ひとりひとりが、バンドを通して自分と向き合って
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.0

そんな言うほどか…?正直普通だった。
字幕ドルビーアトモスで観たから歌はめちゃくちゃハチャメチャに良かった!


ナオミ・スコット、どっかで見たことあるなって思ったらディズニーチャンネルの映画の「レモ
>>続きを読む

ペントハウス(2011年製作の映画)

3.5

痛快!愉快!かなり好き。

最初は「なんじゃこりゃバカバカしいな」ぐらいに思いながら観てるんだけど、終盤にかけて結構ハラハラし、盗みのラストはもう一度「ほんとにバカバカしいな!」って笑える。

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

4.0

俺を見ろ!!!!、泣いた😭😭😭😭😭

女たちが本当に美しかったけど、これ性差別への風刺なのか何も考えてないのかどっちだ??さすがに前者だよな??って思いながら観てしまった。


カーアクションが凄いの
>>続きを読む

TAU/タウ(2018年製作の映画)

2.5

TAU可愛かったなあ。以外にあまり感想が残らない。

マッドサイエンティストのマッドさが少し足りなかったのかも。あと主人公にもっと絶望してほしかった。

バッド・ママのクリスマス(2017年製作の映画)

4.0

毒親たちの毒さが途中までかなりストレスなんだけど、解決に向かい始めてからはすーーっと肩の荷が下りて、ラストはハッピーに楽しめる。

ファミリーゲームセンター的なところのシーンがめちゃくちゃ好き。

>>続きを読む

バッドママ(2016年製作の映画)

4.5

むちゃくちゃ笑えてむちゃくちゃ元気出る。
頑張らなくていいんだー!!!っていう底抜けの明るさと、たっっっっぷりの愛。

子どもを育ててからor育てながら観たら泣くんだろうな。

ファミリー・ゲーム/双子の天使(1998年製作の映画)

4.0

リンジーローハンが可愛すぎてそれ以外ほぼノイズ。いや嘘、ちゃんと面白い。

ポカホンタス II/イングランドへの旅立ち(1998年製作の映画)

1.0

2作目はクソ、っていうのは映画界の常識だけど、その最たる例がこれだと思ってる

ポリスアカデミー(1984年製作の映画)

2.5

ギャグはめちゃくちゃ笑えたけど、やっぱ昔の映画だけあって人権感覚がぶっ壊れてるから女性とかマイノリティ、公権力以外の市民の扱いが酷かった…

「動くな ウジ虫!」、痺れたなあ。

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

2.0

観始めてから、そういえばこれ公開当時4DXで観たわ!!!って気付いた。
動く座席と水しぶき無しでもかなりアトラクション感ある映像だった。

とりあえず、史上最も愚かなサミュエル・L・ジャクソン、そして
>>続きを読む

紅の豚(1992年製作の映画)

4.5

ジブリ作品の中で一番好き。
決闘のシーンと、庭のシーンと、食事のシーンが特に好き。

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

4.0

ジブリの恋愛の中でいちばん好きかもしれない。
ふたりとも強くて、でも脆くて、でもお互いのためならなんでもできる。

あと言うまでもないけどやっぱり音楽がめちゃくちゃ良いよなあ。

もうちょっと歳を重ね
>>続きを読む

となりのトトロ(1988年製作の映画)

2.0

メイうっっっっっっっざ!!!!!!!!!ってなっちゃっていつもストーリーに集中できない。

でもさつきがメイを探すシーンでいつも泣いちゃう。

長女って生きづれえよな〜〜〜〜!!!わかるよ〜〜〜〜〜〜
>>続きを読む

オンネリとアンネリのおうち(2014年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

あまりにも可愛い…「かわいい」以外の語彙をほぼ失った。

がしかし、ふたりの親とかアイス屋さんのおばあちゃんとか、あまりにも大人たちの描写がリアルでシビアで、ちょっと心がざわついた。
オンネリとアンネ
>>続きを読む

ライオット・クラブ(2014年製作の映画)

1.5

これに出た若手俳優さんたち、これからめっちゃ嫌われへん?大丈夫?仕事なくならへん?って心配になるぐらい胸糞。クソすぎ。

こいつら全員急に勘当されて貧民街の住人になってくれへんかな〜〜って祈りながら観
>>続きを読む

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

4.5

なんで今までレビューするの忘れてたんやろう!!
劇場に数回観に行った記憶がある。

これ観て岡田准一のことめちゃくちゃ好きになった。もし応援上映があったら「店主、雇って💓💓💓」うちわで参戦する。
>>続きを読む

時をかける少女(2006年製作の映画)

2.0

金曜ロードショーとかで何回も観てるけど、何回観てもいまいち面白さがわからんしあんまり好きになれへんのよなあ。

映像全体から漂う汗臭さと爽快感の入り混じった感じは素敵だと思う。

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷(2018年製作の映画)

2.0

ホラー苦手やけど、これは目を瞑るほどは怖くなかった。びっくりはするけど。
ちゃんと伏線回収してたし、筋も通ってたっちゃ通ってたと思う。

めちゃくちゃな構造の家って序盤で言ってたから、迷路みたいな廊下
>>続きを読む

エール!(2014年製作の映画)

5.0

傑作。音楽も演出も美術も演技も好き。
最後のシーン何回観ても大号泣してしまう。

ヘイフラワーとキルトシュー(2002年製作の映画)

4.5

パン生地こねるシーンだいっっっすき!!!

昔から何回も観てるけど、自分も長女やから何回観てもヘイフラワーに感情移入してむかむかしちゃう。
でも可愛いから許しちゃうのもわかる。

これからはお母さんと
>>続きを読む

パルチザン前史(1969年製作の映画)

-

西部講堂にて。
祖父の動いている姿を始めて観た。

ゲバルトローザの勉強しなきゃなあ。

偉大なる、しゅららぼん(2014年製作の映画)

3.0

万城目学ワールドやなあって感じ。
濱田岳と深田恭子が良かった!

ラストの高揚感で全部もってかれるけど、演出が普通すぎてぼけーっと見終わっちゃったなあ。

グッドモーニングショー(2016年製作の映画)

2.0

そもそもマスコミ嫌いやのになんで観ようと思ったんやろ。
でも不倫をバラしたくてバラしたくてしょうがない長澤まさみが面白すぎてそれなりに楽しめた。

濱田岳のような人間も生きやすい世界にしていきたいなあ
>>続きを読む

アリス・イン・ワンダーランド(2010年製作の映画)

4.0

公開当時3Dで観た。
木々の間を通り抜けるシーンで、ワンダーランドのワンダー虫(巨大)が顔に当たりそうでめっちゃ怖かった😂

物語の導入がめちゃくちゃ好き。不思議で、可憐で、妖しくて、美しくて。

>>続きを読む

男子高校生の日常(2013年製作の映画)

4.0

男子高校生になってみたかったなあ。
ほんっっっっまに心から楽しそうで、撮影が本当に楽しかったんやろうなってほっこりする。

てか菅田将暉に目がいきがちやけど、脇固めてる2人も今となっては若手のホープ様
>>続きを読む

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014年製作の映画)

4.5

日々のコーディネートのバイブルにしたい可愛さ!!!!!

ゲキ×シネ 『髑髏城の七人』 Season 花(2019年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

小栗旬目当てで観に行ったのに、途中から天魔王に完全に釘付けになってしまった…

髪の毛の一本一本とか、目に入る光の角度とか、マントの翻り方とか、操れるはずないのに、この人にはどう動いてるか全部わかって
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.5

何年も何年も観たい観たいと思いつつあっためてた映画!

想像通りの可愛い映像でめちゃくちゃ楽しめた。
まず、この映画は可愛いワンピース図鑑ですか…?ってぐらいワンピースが可愛い。
あと髪にリボンとか蝶
>>続きを読む

アフロ田中(2012年製作の映画)

2.0

佐々木希演技下手すぎて笑う。
あとところどころ共感性羞恥が発動してしまって泣きそうになる。

>|