DISPLAYDRIVERさんの映画レビュー・感想・評価

DISPLAYDRIVER

DISPLAYDRIVER

映画好きになったきっかけはジャッキーチェンとB級ホラー(バタリアンやクリッターなど)。

邦画も守備範囲。
駄作もあえて観ることがあります。

アクション:大好物
好きな評論家:宇多丸
アニメも観ます。

気軽にコメントください(^_^

映画(689)
ドラマ(0)

クラッシュ(1996年製作の映画)

1.8

何故こんな変態映画を観ることになったのか、全く覚えていないけど、ふと思い出してしまった。

今さら、見る価値はないと思います。

ハムナプトラ 失われた砂漠の都(1999年製作の映画)

3.8

主演の人はこの映画で知りましたね。
シリーズ化されて当然。

エンターテイメントで、最高のデート映画だと思います。

アクションも痛快。
ヒロインも魅力的。

最近、地上波で見直しましたが、変わらず楽
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

4.5

面白い!

これがマンガの実写化作品とは思えない。何より、個性的なキャラクターとテンポ良い展開。

これにつきる。

締めも気持ちよく終わる。

久しぶりに【良い邦画】を観ました。

絶対オススメ!

おくりびと(2008年製作の映画)

4.2

死と向き合う仕事。
この映画で初めて知りました。

静かな感動を誘う、数少ない素敵な邦画だと思います。

WASABI(2001年製作の映画)

2.0

『レオン』を意識したのかな?
広末がアイドル?だった時代。
ジャン・レノとの共演で話題になったけど、流行らなかった。

もちろん、内容は覚えていません。

レオン(1994年製作の映画)

4.0

数年ぶりに観ても、楽しめた。
殺し屋と孤独な少女の関係(思い)が、自然と入ってくる。

BGMは古くさい感じだったけど、他は申し分無し。

ナタリー・ポートマンが可愛い。
悪役が魅力的。

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

3.8

原作未読。

岡田くんの演技が素晴らしい。
不覚にも感動しました。

不自然な合成で【邦画】らしくもあるけど、やっぱり冷める。

全編に渡り、タバコ吸いまくってる。

新宿インシデント(2009年製作の映画)

1.2

小さな頃から明るく楽しいジャッキー映画を見て育った私には、【消化不良】でしかなく、過去最低。

元々、ヤクザものも苦手なので。

ELECTRIC DRAGON 80000V(2000年製作の映画)

2.2

独特のセンスを下らないと感じるか、何コレかっけー!となるか。

私は後者だった気がする。

PARTY7(2000年製作の映画)

3.0

最高に下らない映画。
こういう邦画、好きですね。

ただ、劇場で見たら怒るかも。

贖罪(2012年製作の映画)

3.5

豪華キャストによるドロドロした話。
ハマりました。

それでもボクはやってない(2007年製作の映画)

4.2

毎日、満員電車で通勤しているサラリーマンとして、かなり恐ろしい内容でしたね。

まさに『これ、俺だったらどうなっちゃうの?』って。

女性はこの映画、どう受け止めるんでしょう。

興味深いです。

重力ピエロ(2009年製作の映画)

3.0

おそらく小説だと面白いんだろうな。
そんな感想しか思い出せませんでした。

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年製作の映画)

4.5

見所満載。
説明不要の名作です。

余談だけど、シリーズ通して、チューバッカだけは好きになれない。

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年製作の映画)

4.0

旧三部作で一番印象が薄いけど、ヨーダとの修行シーンがある本作。

『最後のジェダイ』で感動したのは、記憶に新しいです。

ずるいw

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

5.0

新三部作からスター・ウォーズにハマったので、旧三部作は映像や演出がかなり古く感じる。

ただ、映画としては最高!

『ローグワン』を観た後だと、更に楽しめる。

名作過ぎて鼻血出るレベル。

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年製作の映画)

4.8

ダース・ベイダー誕生!

ラストの師弟バトルが切ない。
でも盛り上がりますね。

超好き。

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年製作の映画)

3.8

シリーズの中でも、印象が薄い本作。

それでもヨーダ無双があったり、見所はあります。

アナキンが野蛮な民族を皆殺しにするシーン。あそこの曲が好きで、サントラを買ってしまった。

良い思い出ですね。

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年製作の映画)

4.5

スター・ウォーズ シリーズでもかなり好きな作品。

ポッドレースは迫力あるし、ダースモールとの対決シーンも熱い。

スペース・オペラ、エンターテイメントとして完成していると思う。

大好き。

ザ・ワン(2001年製作の映画)

3.0

ジェット・リー vs ジェット・リーが楽しめる。悪のジェット・リーが見れるのは珍しいかも。

SF演出が安っぽいけど、アクション目当てなので、気にならなかった。

ローグ アサシン(2007年製作の映画)

2.5

ジェットリーとステイサム、両方好きだから観てるはずなんだけど、内容忘れてる。

花都大戦(はなのみやこたいせん) ツインズ・エフェクトII(2004年製作の映画)

2.2

残念ながら、ジャッキーの息子に輝きはありませんでした。

ツインズを愛でる映画パート2

ツインズ・エフェクト(2003年製作の映画)

2.5

ジャッキーは数分の出演。
ジャケット詐欺ですね。

パッケージの二人がアイドルユニットだったはず。

なんと、続編もあります。

Returner リターナー(2002年製作の映画)

3.2

カッコいい金城武が活躍。
ラストシーンも良かった。

LOVERS(2004年製作の映画)

3.2

物理法則を無視したバトルが魅力的。
ツッコミいれるのは野暮。

Sweet Rain 死神の精度(2007年製作の映画)

3.0

どう良かったか?は覚えていないけど、面白かった記憶あり。

レッドクリフ Part I(2008年製作の映画)

2.0

パート1でお腹いっぱいになり、
パート2を観れていない本作。

完全に内容忘れているので、復習しなきゃならん…。

K-20 (TWENTY) 怪人二十面相・伝(2008年製作の映画)

2.6

結構【頑張って作った】感が伝わってくるが、やはり邦画。

金城武ファンは楽しめる。

ハッピーフライト(2008年製作の映画)

2.8

ウォーターボーイズ、スイングガールズのノリで気軽に観れる邦画。

劇場に行くほどではないけど、好きなジャンルです。

ロボジー(2011年製作の映画)

2.8

細かい事は気にせずに見れば、十分楽しめる邦画。

ボーン・アルティメイタム(2007年製作の映画)

3.0

しりすぼみ する事無く、完結編も面白かった。

マット・デイモンはこのシリーズを観て、好きになりましたね。

ボーン・アイデンティティー(2002年製作の映画)

3.5

狭い通路、部屋でのアクションがとにかくカッコ良くて、何回も繰り返し見た。

シリーズ化され、全部観てるけど、記憶に残っているのは初代。

>|