Eriさんの映画レビュー・感想・評価

Eri

Eri

映画(365)
ドラマ(21)

ダージリン急行(2007年製作の映画)

4.0

良いスパイスがたくさん散りばめられて、ちゃんとおいしい。
三兄弟。寝台列車。香水。赤い車。白と黒の葬式。激かわスーツケース。自由な母。固執していたものから放たれる変化。

途中とラストにThe Kin
>>続きを読む

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2015年製作の映画)

3.0

日本の大学生が4年間かけてする遊びと馬鹿な青春を、アメリカの陽キャは3日でやる。

海辺の家(2001年製作の映画)

3.5

「海×大型犬×壊れた家族」は良いに決まってんだろ!!ヘイデン顔がいいな!!

天才マックスの世界(1998年製作の映画)

3.4

ツッコミどころ満載なキャラや設定なのに、それがギャグにならないのってやっぱり世界観が作り込まれてるからなのかなぁ。好き。

恋愛睡眠のすすめ(2005年製作の映画)

3.3

インフルエンザの時に見る夢ことゴンドリー作品。難解すぎる。

「デタラメは難しい。油断するとすぐに秩序立ってしまう。」ゴンドリー作品のテーマでしょ。なるほど。

マイ・プレシャス・リスト(2016年製作の映画)

3.8

ベルパウリーが可愛くて見惚れた。
デジャブみがある脚本が面白いし、ラスト好きすぎて最後に評価ブチ上がった。

恥ずかしながら読んだことがなかったフラニーとズーイは即買い。

プールサイド・デイズ(2013年製作の映画)

3.5

夏が来るたびに、夏の切なさの理由をずっと考えてる。この映画の中にも答えがあると思った。

スカッとするわけでも、最高の夏!でもないの、絶妙。

ブルックリンの恋人たち(2014年製作の映画)

3.3

低評価が多いけど、おしゃれ映画だし、音楽はどれも良かったので嫌いじゃない。
アンハサウェイってもはやブランドなんだね。なんだか良い映画に見える。

もしも昨日が選べたら(2006年製作の映画)

3.0

バカだな〜と思いつつ、おじいちゃんのあのシーンでめっちゃ泣いた 

しあわせはどこにある(2014年製作の映画)

3.8

私も日々、幸せってなんだろうと考えてるので、親和性もあれば、そりゃそうだろって気持ちにもなった。でも好きな作品だった。

デンジャラス・ビューティー(2001年製作の映画)

3.5

あんまり好きじゃないかもと思いきや、ラストになんだかスカッとしてハハッと笑えた。

すてきな片想い(1984年製作の映画)

3.0

ジョンヒューズ作品はなにも考えずに観れて良い。80sの世界はかわいい

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

3.5

2人を照らす日差しが綺麗で印象的だった。
ブルーは熱く、冷たく、ジワジワと色を染めていく。

グランド・ジャーニー(2019年製作の映画)

3.8

レトが有能すぎて笑ってしまった。
ノンフィクションなのにちゃんと笑える場面があって良い。

死ぬまでにしたい10のこと(2003年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

淡々と希望がなくて
バケットリストは現実的。
死期が迫っていることを知らせないのは、優しい嘘なのか。
私は腑に落ちないままなのに、アンは自分のいない世界を想像しては勝手に人に期待するのよ。

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ウディアレン節は好きなのでニタニタしながら観れるコメディだった。

生活水準や価値観の一致以前に、雨を楽しめる人か、そうでない人かみたいな遺伝子レベルの合う・合わないってきっとあるし、1番大切な気がし
>>続きを読む

トールガール(2019年製作の映画)

3.8

王道コンプレックス吹き飛ばせムービー。愉快な脇役たちと、愛を伝え続ける幼なじみwith木箱も、王道だから良い。

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

3.8

何か1つに没頭できたり、極めた人は素敵だな。
変化に挑む勇気も、色んな人の優しさと冷ややかさも、
全部ひっくるめてほっこりするな。

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

潮の満ち引き。
愛と破滅。豊かさと虚無。憎しみと許容。
対のものだと信じていたものが、全ての事象が引き起きす引力によって見え方が変わって、結局紙一重だったのだと気づく。

好きだった君へ:P.S.まだ大好きです(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

なにがこんないいんだろうな〜なんかわからないけどいいんだよな〜

上品で最高な老人ホームのばあちゃんの
"Sometimes you have to kiss the wrong man to kno
>>続きを読む

華氏 119(2018年製作の映画)

3.8

ハリセンボンの春菜でお馴染みのマイケルムーア監督ですが、恥ずかしながらやっと、初めて作品を観ました。
後半の映画を織り交ぜたトランプとの比較、おもしろかった。

ムーさんがトランプ嫌いすぎて思わず笑っ
>>続きを読む

エブリデイ(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

期待せずに観てアタリだった良作。

毎日同世代に乗り移るAと、そのAに恋をするリアノンってまさかのファンタジー。おもしろ。

見た目で恋人を選んでたリアノンが、見た目関係なしにAの魂ごと好きになれちゃ
>>続きを読む

フェリスはある朝突然に(1986年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

器用すぎるラッキーボーイフェリスにイラつくけど、フェリスの甘いマスクに負けて許した。

何も考えずに見れるコメディ。だけど
親友は自分を押し殺すことをやめたし、
妹は憎しみの矛先を変えて自分を変えよう
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

とんでもない映画だ…

「パーティーで女の子に話しかけるには」というよりは「カルト集団から女の子を助けるには」という話。すごい世界観…

Do more punk to me

曲がれ!スプーン(2009年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

信じていいんだよって伝えたくて動き出す超能力者たち胸アツでしょ

世界の果てまでヒャッハー!(2015年製作の映画)

3.0

もはやベビーシッターしてなくてずっこけたんですけど、声出して笑った。

>|