Hagiwoodさんの映画レビュー・感想・評価

Hagiwood

Hagiwood

身体の奥から震えるような映画が好きです。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.8

だいぶ前衛的な印象を受けた

ただ、伝えたいメッセージは結構はっきりしている

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.2

敵が迫る中、その緊迫感を映像と何より音で体感した
セリフが少なかったのもその圧倒的臨場感の演出に一役買っている
ドイツ兵の姿が全然見られないところに他の戦争映画とは違うという印象を得た
物語は最後の瞬
>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

4.2

絶望的な状況でも、生きて帰るために前向きに問題を解決する姿、それを支え、創意工夫を凝らす人々の姿に魅入った

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

3.9

事件を追う記者たちに感情移入させられる映画だった
真実が徐々に明るみに出る時の興奮たるや

トランスポーター(2002年製作の映画)

3.8

予想を上回る面白さ
随所に入れてくる笑いどころがたまらない
何かジャッキーチェン的なセンスを感じる

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

3.8

ストーリーは良かったけど、世界観の作り込みが足りてない気が

ジャッジ 裁かれる判事(2014年製作の映画)

4.1

静かに、でも確かに家族への愛が伝わってきた
ミステリーも織り交ぜた深みのある物語

サプライズ(2011年製作の映画)

3.5

ホラーは得意じゃないけど気付いたら口角が上がりっぱなしだった

バニラ・スカイ(2001年製作の映画)

4.2

こんなにごちゃごちゃして、
こんなに美しい、
心を洗われる物語も珍しい

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語(2013年製作の映画)

4.2

アニメ版も相当面白かったが、映画版もそれを凌ぐストーリーの作り込まれ方でただただ唸った
単純な終わり方で終わらせなかったのは大変良かった

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.2

人生の喜怒哀楽を見た気がした

ただ、自分はこの映画を見るにはまだ若過ぎると正直感じた

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

4.1

決して紳士的ではないがユーモアと、何より人としての厚さはカッコ良過ぎた

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

4.0

他のスパイ映画と比べるとかなり異色な一作
静かに真実へと迫る緊張感は後半になればなるほど高まる
話になんとかついて行くのがやっと

まさに裏切りのサーカスという邦題の相応しい映画

イントゥ・ザ・ワイルド(2007年製作の映画)

4.0

人生の幸せとは何か、について深く考えさせられる一作

「幸福が現実となるのは、それを誰かと分かち合った時だ」

>|