Hagiwood

Hagiwood

身体の奥から震えるような映画が好きです。

トランスポーター(2002年製作の映画)

3.8

予想を上回る面白さ
随所に入れてくる笑いどころがたまらない
何かジャッキーチェン的なセンスを感じる

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.0

戦闘の描写が前半の日常部分とのギャップを際立たせる

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

3.8

ストーリーは良かったけど、世界観の作り込みが足りてない気が

ジャッジ 裁かれる判事(2014年製作の映画)

4.2

静かに、でも確かに家族への愛が伝わってきた
ミステリーも織り交ぜた深みのある物語

サプライズ(2011年製作の映画)

3.5

ホラーは得意じゃないけど気付いたら口角が上がりっぱなしだった

バニラ・スカイ(2001年製作の映画)

4.2

こんなにごちゃごちゃして、
こんなに美しい、
心を洗われる物語も珍しい

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語(2013年製作の映画)

4.2

アニメ版も相当面白かったが、映画版もそれを凌ぐストーリーの作り込まれ方でただただ唸った
単純な終わり方で終わらせなかったのは大変良かった

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.2

人生の喜怒哀楽を見た気がした

ただ、自分はこの映画を見るにはまだ若過ぎると正直感じた

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

4.1

決して紳士的ではないがユーモアと、何より人としての厚さはカッコ良過ぎた

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

4.0

他のスパイ映画と比べるとかなり異色な一作
静かに真実へと迫る緊張感は後半になればなるほど高まる
話になんとかついて行くのがやっと

まさに裏切りのサーカスという邦題の相応しい映画

イントゥ・ザ・ワイルド(2007年製作の映画)

4.0

人生の幸せとは何か、について深く考えさせられる一作

「幸福が現実となるのは、それを誰かと分かち合った時だ」

パージ:アナーキー(2014年製作の映画)

3.6

前作が屋内ばかりだったがために今作の市街地が舞台となったのにはかなり評価できる

また、ストーリー等も前作を凌駕した

警察官以外の4人は許さん

グレートウォール(2016年製作の映画)

4.1

中国が舞台となってこのような映画作れるようになったことに驚きを感じたし、出来に関しても申し分無い

普通に面白かった

今後もどんどん作って行ってほしい

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊(1995年製作の映画)

4.0

とにかくクール
そして難解

何となくだけどストーリーの展開がブレイドランナーに似てるような気がした

最後にもう一回

とにかくクール

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.3

四畳半神話体系にも負けず劣らず独特の世界観で楽しめた
四畳半より現実的で、こんな学生生活送れればなぁとか思ってしまう

ただし約90分の中に詰め込もうとしすぎた感はある
もっと長くしても良い、むしろ長
>>続きを読む

ブラックホーク・ダウン(2001年製作の映画)

3.9

いやはや色々恐ろしい

登場人物が多過ぎるのがたまにキズ

見終わった後は疲れた

>|