ゆきもとさんの映画レビュー・感想・評価

ゆきもと

ゆきもと

2017/12/14以降鑑賞した映画の記録。実はこのアカウント2代目だったりする。ベストムービーは日本で2019年(くらいに)公開のもの。オールタイムベストはダークナイト。

映画の方は比較的レビューを書くようにしてますが、ドラマの方は話数が多いこともあって基本何も書かないです。

☆5 傑作
☆4.5 かなり面白い
☆4 面白い
☆3.5 普通

映画(107)
ドラマ(8)

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.5

テーマ的にはインターステラーと通じるところがありましたが、インターステラーと比較するのは違う気がするなあ...そもそもあちらはSFですし...

ひたすら真面目な伝記映画。アームストロングがどんな想い
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.5

フロンティア3部作で唯一脚本家であるシェリダンが監督した映画。かなり面白かったです。

ストーリーは至って簡潔なサスペンスで、全体的に淡々としていて静かな映画。上映時間は長すぎず、むしろ短く感じるくら
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

3.5

DCEU、6作品目。今までの作品全てが個人的に微妙だったので、今作には対して期待しないで観に行きました。6作品の中では1番楽しめたかもしれない?

ストーリーはアメコミをそのままドーンと映画にしました
>>続きを読む

ゾディアック(2006年製作の映画)

3.5

有名な殺人鬼ゾディアックを題材にした映画。未だに解決してないとか普通に怖い。

「ゾディアックを追うサスペンス映画」を観てるというよりは、「ゾディアックに取り憑かれてしまった人たちの人生」を観せられて
>>続きを読む

ベルベット・バズソー: 血塗られたギャラリー​(2019年製作の映画)

4.0

Netflix産でジェイク・ギレンホール主演のホラー映画、かつナイトクローラーのチーム。これ物凄く楽しみでした。個人的に楽しめたので、Filmarksの評価低くてびっくり。もともとホラー要素は対して期>>続きを読む

バード・ボックス(2018年製作の映画)

4.0

よくあるパニック物の映画だけど、話題になるだけあって丁寧に作られてました。

「なんで精神異常者は見ても大丈夫なのか」「結局正体が何なのか」などの謎が多く残ったままで気になる、と言ってる方が多いですが
>>続きを読む

LOOPER/ルーパー(2012年製作の映画)

3.5

最後のジェダイよりは面白かった。

JGLとエミリー・ブラントのペア好きだわ。

バイオハザード ヴェンデッタ(2017年製作の映画)

3.5

6と7の間のお話。バイオ映画の集大成。キャラ同士の掛け合いが1番ゲームに近かった。3作品の中で1番面白かったですね。

比較的最近のCGアニメーションってこともあってアクションの迫力が凄い。クリスとレ
>>続きを読む

バイオハザード ダムネーション(2012年製作の映画)

3.0

5と6の間、リベ2と同時期のお話。前作よりアニメーションがだいぶ進歩してます。話も前作より纏まってて観やすかったし、まあ楽しめないこともなかった...かな...

走るタイラントの違和感凄い。
あとエ
>>続きを読む

バイオハザード ディジェネレーション(2008年製作の映画)

3.0

バイオRe:2が凄く楽しくてバイオの世界観に惹かれてしまったので鑑賞。バイオのCGアニメは3作あるけど、このディジェネレーションだけは遥か昔に観た気がする。

時系列は4と5の間だから、リベ1と同時期
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

4.0

東野圭吾原作のドラマとか映画は基本面白いですね。

サスペンス重視というよりはキムタクのホテルマン成長期って感じ。ただその成長期を巧くサスペンスに組み込んでました。

明石家さんまどこにいたんだろう.
>>続きを読む

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1「罪と罰」(2019年製作の映画)

4.0

久しぶりにPSYCHO-PASSの世界観楽しめただけで満足😏

宜野座まじでかっこいい。ほんとに。惚れる。

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

4.0

SAWシリーズ8作目。ここまで来るともはや義務感だけど、どんなどんでん返しが来るのかワクワクしてる自分もいる。

10年というブランクを上手いこと使ったオチは割と感心しました。辻褄合わせに無理あるかも
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンのペアが最高だったのでそれだけで観る価値ありますね。

映像と音楽が綺麗で良かったです。ただストーリーがあまり好みではなかった。ミュージカル映画(?)はハッピーエン
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(1990年製作の映画)

4.0

個人的に1で完結で良い気もするけど、2・3とここまでスッキリ観れる映画もそうそう無い。

これから観る人は是非全部通しで観て欲しい。

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

4.5

1の歴史とクロスするワクワク感とドキドキ感が半端じゃない。

最後に頼るのはやっぱりあの人。2は3とセットで観るもの。

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

5.0

文句無しの傑作。ほんと面白い。3部作の中で一番綺麗にまとまってる。

子供の頃観てた映画はやっぱ吹き替えの方がしっくりくる説あるな🤔

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

4.0

エドガー・ライト監督の破茶滅茶感は相変わらず。ショーン・オブ・ザ・デッド同様楽しいバディ・ムービィーでした。

バカしながら事件解決するだけかと思ったら、意外と犯人が最後まで分からなくて面白かった。コ
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

シャマランユニバースの終着点。前作のスプリットでは本当に度肝を抜かれました。今作はどうだったかというと...微妙...

アンブレイカブルでMr.ガラスが物語を始めて、この映画でMr.ガラスが物語に決
>>続きを読む

完全なるチェックメイト(2014年製作の映画)

3.5

心理戦的な映画期待してたけど想像とだいぶ違った。でも伝記映画として面白かったので満足。

レイキャビクの景色が綺麗で行きたくなった。

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

4.0

これは映画館で観たかったなー...
『ダンケルク』と同じく臨場感を楽しむタイプの映画ですね。『ダンケルク』がCG一切無しなのに対してこっちはほぼ全てCG。それでも迫力凄くて感心しました。

最近宇宙系
>>続きを読む

ドライヴ(2011年製作の映画)

4.5

レフン監督の名が広まるキッカケになった映画。教習所通ってる間に観ようと思ってたので鑑賞。

ストーリーはベイビー・ドライバーに似てる。ていうかベイビー・ドライバーがDriveフォロワーな作品なのかな?
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

4.5

アリシア・ヴィキャンデル見たのコードネームU.N.C.L.E.以来だけどやっぱ綺麗。

めっちゃ話に引き込まれたけど、絵的に派手さがあるわけじゃないし不思議な感覚でした。音楽の緊張感とかがいい塩梅にな
>>続きを読む

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

3.0

アクションめっちゃ良いって聞いたから期待して観たけど微妙だった。面白いアクション映画は面白いストーリーあってこそなんだなって...

個人的にジェシー・アイゼンバーグ好きだからそれも期待してたけど、別
>>続きを読む

遊星からの物体X ファーストコンタクト(2011年製作の映画)

3.5

『遊星からの物体X』の続編かつ前日譚。

基本的なストーリーの流れは前作とほとんど同じ。終盤の方は割とパニック・ホラーになってた。
キャラとかは前作の方が魅力的に感じました。

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

4.0

言わずと知れた名作SFホラー映画。1982年の映画とは思えないクオリティ。
てかこれこんな話だったんですね。もっと力技で解決する系のホラーかと思ってた。実質1982年版人狼。

一番好きだったのは血液
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.5

チャプター3も来るということで鑑賞。

全体的にアクションの比率が高めになってたけど、前作のスタイリッシュさが何処かへ行ってしまった...
ストーリーは前作以上に薄い。まあ脳死で観るアクション映画とし
>>続きを読む

虐殺器官(2015年製作の映画)

4.0

伊藤計劃原作映画の『屍者の帝国』と『ハーモニー』は映画館で観たんですが、一番映画館で観たかったこの映画は、なぜか公開中の時期を逃して観ていなかったという...
Netflixに来てたので鑑賞しました。
>>続きを読む

ハードコア(2015年製作の映画)

3.5

映画というよりFPSのキャンペーン見てる気分になる。ちょいちょいCODとかのオマージュを感じた。

中盤まで面白かったけど終盤からの失速感は否めない。あと想像以上にグロい。

プリデスティネーション(2014年製作の映画)

3.5

どんでん返し唄ってたけど「どんでん返しいつ来るん...?」って思ってたら終わってた。最初の整形シーンは途中で入れるべきだったと思う。

この手のテーマの映画は考え出すとキリがないので考えないことにした
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.5

バンドを経て成長していくという王道中の王道だけど凄い良かった!ミュージカル系の映画の中でもかなり好きな方です。

とりあえずサントラ買いたいな...特に好きな曲はアップとブラウン・シューズ🧐

ブラック・ミラー: バンダースナッチ(2018年製作の映画)

4.0

鑑賞してる人が自分で選択肢を選んで物語を進めていく新感覚の映画。てかゲーム。
Netflixやるなあと思いました(小並感)

エンディングが多数あるらしく自分が観たものがハッピーエンディングなのか分か
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

4.0

2019年映画初め。

前作が本当に好きだったので、それに比べると少し劣るかなといった感じ。というか今作は個人的にオチがスッキリしなかったです。ハッピーエンドはハッピーエンドなんだろうけどディズニー映
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

4.0

中島哲也監督の映画は初でしたが、なんだかんだ楽しめました。

中島哲也監督の映画は観る人選ぶっていうのも納得した。この映画もかなり観る人選ぶと思う。純粋なホラー映画だと思って観に行くと肩透かしを食らう
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

想像よりヴェノムだった時間は短かったけど見たかったアクションとかたくさん見れたし大満足でした。続編も普通に楽しみ。

あと思ったのは最近のアメコミ映画はサンフランシスコでカーチェイスするの流行ってるん
>>続きを読む

>|