ブルースターさんの映画レビュー・感想・評価

ブルースター

ブルースター

  • List view
  • Grid view

リトル・ジョー(2019年製作の映画)

2.5

WOWOW.

幸せになる香りがする新種の植物を開発する研究所で人びとが変化していくスリラー。和楽器のBGMは不気味な雰囲気のいい演出にはなっていたと思うけど、使い過ぎると雑音にしか聞こえないことが分
>>続きを読む

アサルト33 要塞病棟(2021年製作の映画)

2.5

WOWOW.

テロリスト集団が病院を占拠する話のB級アクション。すごくシンプルで意外と面白かった。変な友情とか生まれずあっさりしたラストも良かった。

ミッドウェイ(2019年製作の映画)

3.0

WOWOW.

迫力ある映像で見応えはあった。
天皇陛下が逃げるところだけとか、お隣さんが被害者ヅラしてたのが、中立とは思えなかったが、お金を出してくれて作れたものだからしょうがないとしか言えない。
>>続きを読む

スポンティニアス(2020年製作の映画)

3.5

WOWOW.

身近な人が突然いなくなる表現はバクハツ級で面白かった。
自分をせめたりすることもあって理不尽な世の中に気付きながらまた大人への一歩を踏む青春あるあるも良かった。
まわりに人がいなくなっ
>>続きを読む

マティアス&マキシム(2019年製作の映画)

3.5

WOWOW.

幼なじみの青年2人が友人が監督する短編映画でキスシーンを演じたことから友情と恋心のはざまで揺れ動くさまを描くラブストーリー。
切ない気持ちがラストに押し寄せてきてやられた。仲間同士でケ
>>続きを読む

ザ・コア(2003年製作の映画)

3.0

WOWOW.

地球滅亡の仮説としてはあり得ると思うので面白かった。あの国が主導だと命が軽くなりそうだ。

カリートの道(1993年製作の映画)

4.0

WOWOW.

足を洗おうと決意した老いたニューヨークのギャング。世話になった弁護士の頼みで再び犯罪に手を染め計画が狂い出してしまうドラマ。
裏社会で生きてきた男が一般人になる道は遙か遠く感じ切なかっ
>>続きを読む

ヘル・フィールド ナチスの戦城(2020年製作の映画)

2.5

WOWOW.

舞台は第2次世界大戦末期のフランス。ナチスが占領していた城に派遣されたアメリカ兵士が奇妙な現象を体験する戦争アクションホラー。よく考えられた内容だと分かりましたが、複雑になりすぎて理解
>>続きを読む

スカーフェイス(1983年製作の映画)

4.0

WOWOW.

アル・パチーノ作品。キューバ難民の青年がアメリアの裏社会で成り上がる姿を描いたハード・バイオレンス。ただの遊びで人を消していたチンピラから成金になっても裏切りだけはゆるさなかった裏社会
>>続きを読む

スパイ・ウルトラ(2019年製作の映画)

2.5

WOWOW.

ゲーム開発者の青年が友人に酔いつぶされ気付くとメキシコと降り立っていた。出迎えたCIAにブツを要求されるが記憶になく命を狙われることになるアクション。ナレーションが邪魔でコメディにした
>>続きを読む

悪魔を憐れむ歌(1997年製作の映画)

2.5

WOWOW.

デンゼル・ワシントンが演じる殺人課の刑事と思われた存在から死にかけた話を観せられる作品。生き続ける悪霊と人間の存在、分かるような分からないような感じでした。

ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢(2020年製作の映画)

3.5

WOWOW.

ハリウッドの音楽業界と舞台に、現状に悩む伝説の歌姫とそのアシスタントが奮闘する姿を描くサクセスストーリー。大学を先週、卒業したばかりの若造には分からない魅力のある歌は良かった。ストーリ
>>続きを読む

ブリード・キャンプ 家畜収容所(2020年製作の映画)

1.5

WOWOW.

若返りの薬の治験に参加させられた女たちのデンマーク製スリラー。施設内の衛生面はいい演出にはなっていたが、目的とちょっと違っていて飽きた。観なくていい作品でした。

カウントダウン(2019年製作の映画)

3.0

WOWOW.

余命がわかるアプリで死の恐怖が襲ってくるサスペンスホラー。意外と面白かった。笑えるところもあってよくできていた作品だと思います。

バトルランナー(1987年製作の映画)

3.0

WOWOW.

無実の罪で投獄された主人公が殺人者から逃げる残酷なTVショー、ランニング・マンに出場させられる。近未来の舞台が国民が完全にコントロールされている全体主義国家だった。今の時代にドンピシャ
>>続きを読む

ゴーストシップ(2002年製作の映画)

3.0

WOWOW.

40年前に行方不明となった豪華客船の謎を解明すべく調査に乗り出した。冒頭のワイヤーから黒幕まで楽しめた。良いホラー作品だと思います。

ストーカー 3日目の逆襲(2020年製作の映画)

3.0

WOWOW.

ノロノロ運転する車を追い越したら、あおり運転を仕掛けられ、行く先々で執拗に付きまとわれる恐怖を描いたサスペンス。怪しい男がボルボの旧車をターゲットにしたり、設定とかこだわっていて恐怖を
>>続きを読む

アメリカを売った男(2007年製作の映画)

3.0


アメリカ史上最悪の最高機密漏えい事件を実話に基づき描いたドラマ。恐竜時代の代物がお似合いの人物が売国奴だったけど、わからないもんだなあと思った。

ミュンヘン(2005年製作の映画)

4.0

WOWOW.

テロにテロで報復した史実をもとに描いたスピルバーグ監督作品。
選手村に他の国の選手がテロ集団を入れてあげる緩いセキュリティを冒頭に見せつけた構成はさすがでした。当時の雰囲気を印象づけら
>>続きを読む

愛という名の疑惑(1992年製作の映画)

3.0

WOWOW.

精神分析医と美しい姉妹が危険な関係を織り成すサスペンス。精神科医と患者の関係はR.ギアだから想像できて後半に期待が持てた展開でした。裁判も問題点を取り上げていて面白かった。男の弱い部分
>>続きを読む

アーニャは、きっと来る(2020年製作の映画)

3.0

WOWOW.

ナチス占領下の南フランスが舞台の人間ドラマ。羊飼いの少年はユダヤ人と出会いユダヤ人の子どもたちをスペインに逃がす救出作戦に協力した。クマの撃退にお祭り騒ぎの、山脈の村にまでドイツ軍の魔
>>続きを読む

ウィッチサマー(2020年製作の映画)

3.0

WOWOW.

木の根から生まれる邪悪な魔女に憑依された隣人に襲われるホラー作品。
監視カメラや鏡を使ってジワジワくる演出はとても良かったので楽しめた。

デ・パルマ(2015年製作の映画)

3.5

WOWOW.

デ・パルマ監督が映画人生を語るだけの作品。すごく興味深い内容だったので見入ってしまった。面白かった。カメラワークに意外な意味があって今後この監督作品との出会いが楽しめそうだ。

ファナティック ハリウッドの狂愛者(2019年製作の映画)

2.5

WOWOW.

ホンダの原チャリに乗るジョントラボルタの怪演良かった。各方面に配慮がなく問題だと思いますが、怖さは伝わりました。ストーリーがちょっと欠けてるところが目立ちリアリティさを削ってしまって勿
>>続きを読む

ペイン・アンド・グローリー(2019年製作の映画)

3.5

WOWOW.

隠居生活を送っていた老境を迎えた映画監督の話。アルモドバル監督の自伝作品らしい。相変わらず色彩が綺麗でした。あのアントニオ・バンデラスにオレンジ色のジャケットを着せるセンスはお見事でし
>>続きを読む

抱擁のかけら(2009年製作の映画)

3.5

WOWOW.

事故で愛する女性と視力を失った男性が過去と向き合う話。
監督とまたコンビを組んだだけあって、ペネロペ・クルスを美しく撮ることにこだわりを感じ監督らしさを存分に楽しめた。ドレスを際立てた
>>続きを読む

ブリッジ・オブ・スパイ(2015年製作の映画)

4.0

WOWOW.

保険専門の弁護士が逮捕されたソ連のスパイの弁護を頼まれ引き受けたことからソ連で逮捕されたアメリカ人との身柄交換交渉人を勤めた史実に基づくドラマ。トム・ハンクスが演じた国選弁護人は難しい
>>続きを読む

バッド・エデュケーション(2004年製作の映画)

4.0

WOWOW.

サスペンスなんだけど、しっかり人間ドラマも描き監督らしさを感じることができた素晴らしい作品でした。エンタメ要素も取り入れていて、あの作品の看護師が女装で出演してて笑えた。同性愛の話でし
>>続きを読む

トーク・トゥ・ハー(2002年製作の映画)

4.0

WOWOW.

恋人が植物状態になってしまった男と、好きだった女性が植物状態の男の話。
昏睡から覚めるのを信じるか、現状維持か、愛し方は一見真逆だけど愛の深みにはまっていく過程は面白かった。共感しては
>>続きを読む

妹の恋人(1993年製作の映画)

3.5


両親を亡くし心を病んでしまった妹。大切に見守る兄と暮らしていたが、風変わりな男が転がり込んできた。
ジョニー・デップじゃなきゃ成立しない内容だと思う。ポーカーの賭けでやって来たわけだけど、申し分ない
>>続きを読む

シチリアーノ 裏切りの美学(2019年製作の映画)

3.0

WOWOW.

イタリアの実在した大物マフィアの話。マフィアよりブラジル警察のヘリを使った拷問の方が恐ろしかった。
向こうの裁判のことよく知らないが、裁判で対決するシステム面白かった。秒数みたいにカウ
>>続きを読む

レジェンド・ハンター ハリウッドの秘宝(2018年製作の映画)

3.0

WOWOW.

ハリウッド黄金期の活劇スター、エロール・フリンの体験を映画化したアドベンチャーアクション。アドベンチャー物としては面白かった。実在する人物だったとは思いもしなかった。

ガンズ・アンド・ギャンブラー(2011年製作の映画)

3.0

WOWOW.

先住民の聖なる仮面をめぐる争奪戦が展開するアクション。B級映画っぽく作り込まれていて面白かった。アメリカ史で隠したい大虐殺ネタを使う辺りは映画文化が根付いている映画大国を感じざるを得ま
>>続きを読む

ゴースト&ダークネス(1996年製作の映画)

2.5

WOWOW.

アフリカの鉄道網の整備中、ライオンに襲われる事故が多発。イギリスから大佐が派遣され退治することになる。人食いライオンとの死闘を実話に基づき描く。実話だけどツッコミどころが多く着色しすぎ
>>続きを読む

ニュー・ミュータント(2020年製作の映画)

3.0

WOWOW.

未熟さが故に特殊能力をコントロールできず、つらい過去を背負った若者5人。極秘施設で訓練を受ける彼らの前にモンスターが現れるSFファンタジーアクション。キャストが良かったので楽しめた。今
>>続きを読む

スナイパー・フロム・MI6(2019年製作の映画)

1.5

WOWOW.

ドイツがイギリス軍を描いたミリタリーアクション。
時系列がわかりにくかったので意味不明でした。

>|