一色隼さんの映画レビュー・感想・評価

一色隼

一色隼

映画(200)
ドラマ(0)

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.9

総理大臣という仰々しいテーマでありながらハートフルなコメディで、ある意味肩透かしくらうくらいライトな作品でした。
三谷幸喜は群像劇がうまい、というか好きなんだろうな。
有頂天ホテルは完全にそうだけど、
>>続きを読む

ソイレント・グリーン(1973年製作の映画)

3.9

この時代の未来感はいいよねー。
オチは途中からあからさまにそこに向かっていってしまってるので、ディストピアな作品が好きな人にはモロバレだけど、70年代独特のゾワゾワ感でしっかりどきどきキープ。
おどろ
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.5

映像の進化が足かせだな!
レトロ感が良かったのに、、
ゲームやバーチャルに入ってしまう設定の映画が増えたのでせっかく面白い世界観が埋もれてしまった気がする。。
ケーキ食って爆発は笑った。

ダイ・ハード2(1990年製作の映画)

3.8

ビル内の閉鎖空間が巧妙だった1だけに絶妙な広がり(無駄に行ったり来たりするのは面白いけど笑)がヘタに普通のアクション映画寄りになってしまった感が。
排気ダクトが代名詞。
かわいそうなマクレーン。

ダイ・ハード(1988年製作の映画)

3.9

最強ではないし完全に善良ではない主人公という設定で圧勝。
マクレーンを今風にしたのがジャックバウアーかな?
ヒールのヒール感もめちゃくちゃいい。
かわいそうなマクレーン。

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.0

めっぽう評価高いので、もうスパイダーマンはいいなー、と思ったけど見てみた。
これはすげーわ。
もちろんアニメじゃないとできないし、それを逆手に取ってるし、ジョジョがアニメ化でゴゴゴゴって文字入れたくら
>>続きを読む

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)

3.5

普段見ないゴシックホラーな作品だけど、ジェシカチャステインの違う一面見たさで。
でもメガネ・ワシコウスカがキュートすぎた。
ゴーストがゴーストゴーストしてるので怖さはないです。
その辺はデルトロ感なの
>>続きを読む

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

3.7

評価むずいなー!
あまりヒーローものとして観ないのが正解なのか、ヒーローものとしてみるのか、だとしたら敵役の登場が遅すぎる笑
描写に若干の残虐性はあるものの、妙にマヌケなチンピラのせいで絶妙にコミカル
>>続きを読む

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

4.0

ジェシカ・チャステイン見たさで。
「女神の〜」「モリーズ〜」で見せた“冷徹で勝気だけどたまに見せる弱さ”の真逆の“優しくて脆いけど内に秘めた強さ”が今回の役所。
真逆てすごいな。ほんまに好きな女優さん
>>続きを読む

デジャヴ(2006年製作の映画)

3.6

事前情報なしで見たらぶっ飛び展開。
ま、謎めいた伏線がきれいに回収されるのでオッケー。
動機がもうちょいうまく話に絡んだらなー。

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.7

意外に細かい伏線が多いけど、全部回収。
みんなハッピー。

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

4.0

女神の見えざる手が傑作だっただけに比較されがちだろうけど、こちらも面白かった。
はっきり言って何言ってるのかほとんどわからないけど(女神〜も然り)ヒューマニティとして心揺さぶられるのは間違いなく。
>>続きを読む

清須会議(2013年製作の映画)

4.1

時代劇は全然興味がなかったけど、思惑や企みや男気や潔さ、その逆の女の執念とか、
現代劇では描けない、感情をまっすぐに溢れさせるのが可能な舞台なのだと気づいた。
つまらないという意見が圧倒的に多いのは俺
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.0

時差手口は実話とな。
とは言え、それ以外のミッションは斬新だし、詐欺的トリックも基盤は主人公がちゃんと解答してるのが良い。
ヘタに友情、家族愛、恋愛が過剰に演出されてないのも好感up。
その代わりカッ
>>続きを読む

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

3.7

見始めた時はメメント×REDか?って感じだったけど、行く先々でのちょっとしたやりとりが暖かい印象で、重いテーマを中和する良い作品。
と思いきや、びっくり悲しいオチでした。

ステキな金縛り(2010年製作の映画)

4.3

無理矢理で、バカバカしくて、色々破綻してるのにちゃんと笑えて泣けるのは三谷幸喜にしかできない技。
日本の役者は達者だなー。
豪華キャストがちょい役すぎる。
いる?ってなる笑
ジョーブラック然り、死神の
>>続きを読む

バッド・エデュケーション(2004年製作の映画)

3.5

雰囲気は好きなんだけど、なんか主題があんまりわからんかったかなー。。
ホモたちの悲劇?
作中作中作を利用した秀逸な展開だけど、個人的に今作はあまりはまらず。

ルパン三世 EPISODE:0 ファーストコンタクト(2002年製作の映画)

3.6

気分転換に。
エピソード0て。と思ったけど4人揃った瞬間かっこいいよねー。
意外にオチがよくて◎

フィリップ、きみを愛してる!(2009年製作の映画)

3.9

実話て笑
慣れるまで洋画あるあるな下品なコメディかー、と思ってたけど、ま実際ずっと下品ではあるんだけど2人の演技が良すぎる。
ユアンマクレガーの視線だけでゲイってわかる。
役者ってすげーなー。

コンフィデンス(2003年製作の映画)

3.5

この手の映画が好きな人はあっと驚くこともないかなー。
当時に見てたら印象も変わったかも。
どこに原因があるかわからんけどあまり緊張感もなく、絶対そうなると思ったように進む。

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

4.0

予備知識なしで見たから、続編ではなく所々シャイニングの名シーンを踏襲した全然違う話なのか、
と思ってたところでクライマックスに向かうシーンはちょっと感動した。

三輪車から始まる所は「おぉ!」ってなっ
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

5.0

映画館で見たぶり。
Filmarksに☆5なんかあるか、と思ってたけど、こちら5で大丈夫す。

教授のおかしな妄想殺人(2015年製作の映画)

3.8

ウディアレンさんは他の作品知らないけど、これはもっと評価されるべきでは?
文字で追ったらシリアスになりそうな話が、2人のナレーションだったりカットだったり会話で悲喜劇になってるのはすごいと思います。
>>続きを読む

ラッキーナンバー7(2006年製作の映画)

3.8

伏線が逸脱しすぎてて逆に読めるものの、コミカル、シリアス、クールが全部ちょうど良く見えるのは豪華キャストのおかげか。
ギャング絡みのサスペンスの割にライトに見れる秀作。

インセプション(2010年製作の映画)

4.5

こちらも2回目鑑賞。
ザ・セルやマトリックスに通じる「夢だから何でもオッケー」系。
そこにスパイ映画要素が入っているものの、そこまでややこしくないので丁度よく楽しめる。
キャストがノーラン黄金メンバー
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.2

自粛期間を利用して2度目の鑑賞。
最新版ジョーカーもいいけどやはりバットマンと戦ってほしい。
一時ノーラン見漁ってたけどこの機会にもう一回見よう。
TENET楽しみ。

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

3.9

話は韓国っぽい裏世界と恋愛と人間模様。
これが結構ややこしくて、結局誰に感情移入したらいいのかわかりにくいのが足かせだな笑
アクションシーンはマジですげー。
主観から俯瞰に変わったりバイクの下すり抜け
>>続きを読む

フライペーパー! 史上最低の銀行強盗(2011年製作の映画)

3.9

コメディかと思ったら意外にしっかりしたクライムサスペンスだった。いや、コメディなんだけど。
同じ脚本家とはいえ、なぜハングオーバーオマージュのジャケットなのか。
日本の悪意だな。
ユージュアルサスペク
>>続きを読む

フォーカス(2015年製作の映画)

3.8

詐欺モノ、スパイモノは何重にも入り組んだ計画が見もので、これも良くできてたのだけど、
この映画に限ってではないけどラストに「愛だ」ってセリフが入るとどうもアメリカンで嫌なのよねー。
まぁでもライトに楽
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.9

これは相当観る人を選ぶと思う。
映画好きの為の映画なんでしょう。
オタクではないので何がってわけではないけどオマージュを端々に感じます。
謎解き好きは観ないことをオススメします笑
ちなみにネタバレだけ
>>続きを読む

マローボーン家の掟(2017年製作の映画)

3.7

悲しいねー。良作でした。
ア◯ーズ的な。

何回も言うけどアニャは出てきた瞬間「目離れてるなー」やのに終わる頃にはむちゃくちゃ可愛い。
結論。可愛い。

デビル(2011年製作の映画)

4.0

過去に見たやつ。
あまり有名ではないけどめちゃくちゃ好き。
ネタバレすると非常にまずい映画なので多くは語れないけどフロムダスクティルドーンとかキャビンが好きな人はぜひ。
そういう人じゃないと許せないと
>>続きを読む

アメイジング・スパイダーマン2(2014年製作の映画)

3.9

在宅勤務期間中、暗い映画ばっかり見てることに気付いて1、2見てみた。
権利的なアレでこのシリーズは2までしかないんすね。
キャスティングとかいいのにもったいない。
たまにはバッキバキのCGも良い。
>>続きを読む

サマー・オブ・84(2017年製作の映画)

3.6

面白いんだけど、当然先も読めるし大きな驚きもなく。
雰囲気や音楽だけでなく、キャラ設定も藤子不二雄系の配置で80'sぽいのはナイス。
ただそこまでトラウマ系でもないかなー、、
やたら評価高すぎる気が。
>>続きを読む

オール・アバウト・マイ・マザー(1998年製作の映画)

4.0

この監督の空気はいつも好き。
というかスペインの映画の空気は割と好き。
主人公以外くせ者だらけ(唯一まともそうなペネロペもあんなヤツと寝るんだし)だけど、全役がとても魅力的。
母性とかではなく、まあ僕
>>続きを読む

>|