JTKさんの映画レビュー・感想・評価

JTK

JTK

映画(348)
ドラマ(0)

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.8

予想される展開を1ミリもズレることなく進む予定調和なストーリーでさえも薄汚れたわしの魂を浄化させるディズニーマジック恐るべし。世知辛い世の中こういう映画は救いですな。すごく良かった。
そしてクマのぬい
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.4

ジャニーズ(事務所が企画した、或いは企画に関わった)映画なんで金払ってまで観る気は全くなかったのだがポイント貯まってタダだったんで観てみたら、あら意外、なかなか面白かった。
エリート検察官最上(キムタ
>>続きを読む

2重螺旋の恋人(2017年製作の映画)

4.0

もはや名匠な域のフランソワ・オゾン監督の最新作。サスペンスが得意な印象なれどオールラウンドにそつなくこなす職人的な作家だと思いきや今作はクローネンバーグやリンチばりにクセのある演出に寄せてきて、ちょっ>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0

回を重ねるごとにエスカレートする、トム(不死身な俺ってカッコいいだろ?)・クルーズプロデュース&主演の大ナルシストアクションシリーズ。
ちーとはカッコ悪いとこ見せてくれーと思いつつ手に汗握るあっという
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.2

閉塞感凄まじいネイティブアメリカンの保有地「ウインド・リバー」で起きた強姦殺人事件をめぐる社会派ミステリー。
長年にわたり迫害され差別され続けた者の台詞の端々から炙り出されるアメリカの闇。
法も倫理も
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

口コミで拡まったのかシネコンの最もキャパのでかい劇場が満員だったのも頷ける期待を遥かに超える面白さ!
黒澤明が「ホン(脚本)が良くなけりゃ、どんな名監督でも名優でもどうにもならない」みたいなことを良く
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.5

黒地に白のいつもの書体のタイトルバック。音声はこのご時世でモノラル。
毎度お馴染みのウディ・アレンスタイルで始まる新作は、1950年代のコニーアイランドを舞台に絵葉書のような綺麗な映像で描かれる大人の
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.2

もうちいとハリソン・フォードに似てても良かったんでないかな。
それ以外は、普通に楽しめる娯楽映画でした。監督は手堅いロン・ハワードだし。
子供の頃からスターウォーズ観てるんで、ジョン・ウィリアムズのテ
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.8

アメリカの片田舎で青春を謳歌しようともしきれず悶々とした日常を送るちょっと自意識過剰な17歳の女の子、自称レディ・バードの成長物語。
友情やら恋愛やら初体験やら所謂青春物語にありがちなパーツを散りばめ
>>続きを読む

椿三十郎(1962年製作の映画)

4.8

「用心棒」がヒットしたんで東宝に二匹目のドジョウを要求されたにしろ流石黒澤またもや大傑作。
前作よりコミカルになったせいなのか前半の状況説明が若干解説的なせいなのかわからんが完成度というかギュッと凝縮
>>続きを読む

告白小説、その結末(2017年製作の映画)

3.5

サスペンスとしては若干凡庸なストーリー展開なれど、独特の不穏な味わいはロマン・ポランスキーならではのもの。
そして、その世界観に見事なまでにハマっている妖しい美女エヴァ・グリーンを観てるだけでゾクゾク
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.8

そう。かつての是枝作品というのは痛みを伴うものだった。
今作は、最近の「海街diary」や「そして父になる」等のソフト&ほのぼのファミリー路線を期待するとかなり肩透かしを食らう本来の是枝監督らしい作風
>>続きを読む

用心棒(1961年製作の映画)

5.0

世の中に「完璧な娯楽映画」があるとすれば、この映画だと確信する。なーんの思想もメッセージもない、ただただ面白いだけの理想的な娯楽映画。
「巨匠」と言われるだけの技の巧みさに何回観ても唸らされる圧倒され
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

4.6

やはり映画は監督単位で観るとハズレはない。
というわけで大好きな監督、誰が呼んだかPTAことポール・トーマス・アンダーソンの新作は大当たり。
恋愛映画は積極的には観ないし、予告編でよく目にするティーン
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.2

新作が待ち遠しい監督の一人ウェス・アンダーソン。やはり期待は裏切られず、いい塩梅に毒味あるディストピアな近未来の世界観は肌の合うことこの上なし。ストップアニメーションという手法がさらにその世界観に拍車>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.6

上映中に続編製作が決定するほどの人気ぶりも納得の、笑いあり涙ありの娯楽映画の鏡のような面白さ。
観る前「大ハズレの匂いプンプンする」とか言ってたのは、ティーンズ向けの恋愛映画の予告編でよく見かける松坂
>>続きを読む

地獄の黙示録(1979年製作の映画)

5.0

初公開以来の劇場での鑑賞。凄い。凄すぎて何も言うことはない。以上。
と言いたいとこだけど一応、、、。
映像力が凄すぎる作品なんでコトバが少なめな印象だったけど改めて観てみたらコトバだらけだった。ウィラ
>>続きを読む

SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬(2018年製作の映画)

4.5

もうアレですわ。ボウイ始め好きなアーティストばかり。オープニングからYMOのBehind The Maskでしょ。細野さんも幸宏さんも教授も出てるしテンション上がるわ〜、とミーハーな事しか言えんけど。>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

1.0

オープニングのタイトルバックを観た途端「ん?このセンス合わんかも」と感じた悪い予感は的中。エンドロールまでピクリとも心を動かされず。物分かりのいい親にもイラっとしたし。
映画が悪いわけではない。合わん
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

4.5

先週観たスピルバーグのお子ちゃま向け映画(これも傑作)とは真逆な、ほろ苦く哀切この上ない余韻が残る大人な傑作。
脚本も演出も素晴らしく何しろダイアン・クルーガーが抜群に良い。
それにしても悲しすぎると
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.5

スピルバーグの大人向け作品の中には描かれる正義感やヒューマニズムが単純すぎて鼻白むことが少なくないが今作は演出が抑制されてたのか何なのか普通に楽しめた。傑作「大統領の陰謀」に繋がるようなエンディングも>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

全くのノーマークだったこの作品、何気に観てみたら「ジョーズ」「未知との遭遇」と並ぶスピルバーグの傑作だった。
時は2045年。荒廃した世界で人々はヴァーチャル空間「オアシス」で別人格アバターを纏い、あ
>>続きを読む

BPM ビート・パー・ミニット(2017年製作の映画)

3.8

1990年代初頭のパリ。エイズ啓蒙団体の若者たちの群像劇は、やがてエイズに侵されたショーン(美形)とナタンのゲイカップルの恋愛劇へ。死に至る病に蝕まれたショーンを健気に支えるナタン。2人の選んだ結末は>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

4.2

名脇役ハリー・ディーン・スタントンの遺作に相応しい地味〜な傑作。
古の西部劇を彷彿とさせるタイトルバックや初期のジム・ジャームッシュにも似た緩いタッチにニンマリ。
ハリーさん演じる独り住まいの偏屈じい
>>続きを読む

フェリーニに恋して(2016年製作の映画)

1.5

フェリーニの「8 1/2」を自分が今まで観た映画の不動のベスト1と思っているほどフェリーニ好きなんで、試しに観たところ、、、トホホでした。
作ってる人のフェリーニ愛は伝わるけど、フェリーニの数々の映画
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

4.0

前作「ロブスター」が不条理ブラックコメディの傑作だった故期待して観てみたらまたしても大当たり。
終始不穏なムードで神経を逆撫でさせられる不条理ホラーでいながらエンディングのクルクル回るアレなんかのやは
>>続きを読む

メン・イン・ブラック3(2012年製作の映画)

3.6

劇中「ミック・ジャガーが人類との間に子供を作ろうとしたと聞いてロンドンに取り締まりに行った」という台詞があって妙に納得。60歳過ぎてステージでキビキビ動き回るミックを見ていつも思うのは「こりゃ神の奇跡>>続きを読む

ラブ・クライム(2009年製作の映画)

2.8

ミッシェル・ファイファー好きなんでたまたま見たら、そんなに悪くもない作品だった。主演の男子(アシュトン・カッチャーだったかな)も朴訥として可愛らしいしね。テーマが絞りきれてない分散漫な印象は免れないが>>続きを読む

アンチクライスト(2009年製作の映画)

3.4

最近見た映画と言えば「テルマエロマエ」「貞子3D」「ダークシャドウ」「メン・イン・ブラック3」と立て続けにシネコン映画で、久しぶりに見た所謂ミニシアター系(そういう別けもナンセンスだけど)がこれ。いや>>続きを読む

メカニック(1972年製作の映画)

3.4

マイケル・ウィナー監督といえば子供の頃「狼よさらば」「スコルピオ」「シンジケート」とか知ってか知らずか比較的たくさん見てて、当時はB級なんて意識もなく「ブロンソンカッコいい」とか言いながら楽しんでたと>>続きを読む

トウキョウソナタ(2008年製作の映画)

3.6

父親(香川照之)は一流企業をリストラされ同じ境遇の友人は自殺。妻にはそれをひたすら隠し通す。妻(小泉今日子)は虚ろに母親役を演じれど空に手を差し伸べ「誰か私を引っ張って」と呟く。大学生の息子は米国の軍>>続きを読む

ドッペルゲンガー(2002年製作の映画)

3.4

昨日に引き続いての黒沢清監督作品鑑賞。「ドッペルゲンガー」というと子供の頃に読んだ芥川龍之介の短編の記憶がある為ある種オカルトというより死の影がつきまとうイメージがあるが本作はまたしてもコメディであっ>>続きを読む

LOFT ロフト(2005年製作の映画)

3.4

ここ一週間位の間に見た「トウキョウソナタ」「ドッペルゲンガー」に引き続きの黒沢清監督作品。この監督自分の中ですっかり「憎めない」監督になってしまった。いい意味で。今回もいつもの様にサスペンス、ホラー、>>続きを読む

赤道(1983年製作の映画)

2.0

うーん。宿命の女に身も心も奪われ堕落して行くには宿命の女役の女優さん(名前知らない)では説得力なくゲーンズブールらしい官能的な描写(とは言うもののゲーンズブールは憶えている範囲では「ジュ・テーム・モワ>>続きを読む

愛と誠(2012年製作の映画)

3.2

くっだらなくて(褒め言葉)面白かった。ちと冗長すぎるとか岩清水はこの役者じゃないだろうとか若干の不満はあれど概ね満足。終始微妙な笑い、いやほくそ笑みが絶えないこの余りにも紋切り型の設定と物語をミュージ>>続きを読む

サバイバル・オブ・ザ・デッド(2009年製作の映画)

2.5

この映画にメッセージがあると仮定して敢えて深読みすれば「戦争」という愚かな行為に対するメーセージがあるんだろうけどそんな深遠めいたことを一蹴する「おバカ映画」として楽しむのが私の流儀。というか難しい事>>続きを読む

>|