WOODYさんの映画レビュー・感想・評価

WOODY

WOODY

過去の総鑑賞数1500本くらい。
※記憶が薄れている作品も多く、再観賞した上でレビュー予定

映画(272)
ドラマ(0)

メッセージ(2016年製作の映画)

3.9

SFというジャンルにおいて、人とエイリアンが出逢い、それが未知の存在である時、ほぼ必ず「武力衝突」が起こる。
この作品はそういった今までのありがちなSF作品に一石を投じるものだと思う。

未知の存在が
>>続きを読む

チェイサー(2008年製作の映画)

4.0

実際の事件をベースにしながらも、物語の展開が非常に緻密で、良く練られていた。
画づくりは全体的に陰鬱な雰囲気で、物語のテーマやソウルという都会の闇の部分を表現する上で、よく機能していたと思う。

主人
>>続きを読む

殺人の追憶(2003年製作の映画)

4.4

韓国史上初の連続殺人事件にして、未解決・時効成立済みの「華城連続殺人事件」をベースにした戯曲を映画化した作品。

原題がハングルなので何とも言えないが、珍しく邦題が良くハマっているな、と感じた。
脚本
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

4.1

いやぁ、眼が離せなさった。
ジェイクの演技も素晴らしいけど、脚本が凄い。
パッと見で分かりやすい、殺人等の犯罪で描かれる「サイコパス(精神病質)」とは少し違う「ソシオパス(社会病質)」を上手く表現出来
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

4.0

前作と比較して劣っているポイントが3つ。
①キャラクターへの深掘りが甘く、感情移入できない
②眼を見張るバトルシーンが少ないし、カタルシスとか爽快感を感じる描写が少ない。セイバーアテナはカッコ良かった
>>続きを読む

Vフォー・ヴェンデッタ(2005年製作の映画)

3.9

Vがカッコいいし、ナタリーポートマンが可愛い。
脚本もなかなか見事で、盛り上がりに欠ける部分はあるものの、一定のカタルシスを感じる事が出来た。
流石はアランムーア、原作にも興味が湧いた。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

脚本は割と平凡。
明らかに音楽が映画全体のクオリティを一段階引き上げてるのが良く分かる、ある意味で稀有な映画の一例だと思う。

パージ:大統領令(2016年製作の映画)

3.8

このシリーズの好きなところは「ストーリーのメインとは直接関係無いけど、ちょいちょい顔を出すサイコ野郎どもがイかれててイカしてる」ってとこ。
死体を吊るしてドレス着て踊ってる女達とか、燃えてる死体の側の
>>続きを読む

フォックスキャッチャー(2014年製作の映画)

3.4

ジョンを演じた俳優さんの怪演っぷりには圧倒された。
彼のいつ切れるか、いつ均衡が壊れるかわからない危うさだけでも惹きつけられるものがあった。
ただ、実話として煽られた側としては、もう少し衝撃的な内容を
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.7

一言で言い表すなら「初代ジュラシックパークを彷彿とさせるエンタメ感とスピード感に、ILMの最新視覚効果技術をぶっ込んだ」って感じの作品。
予告編が公開された時点で「あ、これ観るなら3Dで観なきゃダメな
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

-

ダッセェwww
と思ったそこの君!
ハンソロがダサいのは今に始まった事じゃないだろ(呆れ)
ダサければダサいほど何故かカッコいい気がしてくる所がハンソロの良さ。
ダサカッコいいジジイ。

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.1

R.I.X,LOGAN.
ヒュー・ジャックマンにはお疲れ様とありがとうを言いたい。
これまでの作品に対してそれぞれどういう評価を自分がしてきたかとは全く別の所で、彼がウルヴァリンを演じ続けてきた事、ウ
>>続きを読む

ウルヴァリン: SAMURAI(2013年製作の映画)

3.0

普通に評価したら★2.5くらいだけど、なんか個人的に好きな要素が散りばめてあったから。笑

X-MEN:アポカリプス(2016年製作の映画)

3.6

マグニートーが悲し過ぎた。
プロフェッサーとの友情の描き方も、シリーズ全体を通して見ると泣ける。
最後に寝返るとことか最高にカッコ良かったし、実は一番人間らしい、感情豊かなキャラクター。
ただ過去改変
>>続きを読む

ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス(2014年製作の映画)

3.3

最終作に繋ぐための作品。
でもだからこそ、2時間余分に作れたからこそ、類似の作品には無いアプローチがあったと思う。
実際、製作陣が一番描きたかったのってこの作品に詰め込まれてる要素なんじゃないかって思
>>続きを読む

ハンガー・ゲーム2(2013年製作の映画)

3.2

前作同様、良くも悪くも中途半端。
完全に続編を意識した作りで、本作でとりあえずまとめよう、と言う気は更々ない。
ただここまで観ると最後まで観たい、と思わせる程度には面白い。
断じて「面白い映画」ではな
>>続きを読む

ハンガー・ゲーム(2012年製作の映画)

3.2

思っていたより面白かった。
ゲームに入るまでが長い!と酷評を受けているが、むしろそこまでが面白かった。
ゲームに入ってからの盛り上がりが弱いのは残念だった。
映画館に観に行くほどの作品では無いが、Am
>>続きを読む

ダイバージェント(2013年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

ティーン向け、と考えてもやっぱりかなりしょーもない。
「勇敢」は何から街を守ってるかサッパリわからないし、そのくせ「お前らクスリやってんの?」ってくらいハイテンションで意味なく壁や柱を登る。
ただただ
>>続きを読む

オブリビオン(2013年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

オルガキュリレンコと映像が美しい。
ストーリーは割とありがち。
敵の宇宙船(母体?)は三角錐を基調にしていて、やたらデザイン重視で非効率的な構造なのが納得いかなかった。

あと49号と52号が居たって
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.9

ミュージカル映画なんて枠には収まらない、素晴らしい映画だった。
夢を追うことの素晴らしさと厳しさ、自分にとって本当に大切なものは何か、考えさせられ、涙した。

映画としての作りは非常に「王道」的で、し
>>続きを読む

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

3.3

個人的に1作目の方が良かった。
超人的なアクションシーンも少なく、ソーらしさが弱い。
ロキ好きにはたまらない作品なんだろうな笑

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

3.5

ソーってこんな話だったんだ!笑
アベンジャーズもMCUもほぼ見てるけどソーシリーズは見てなかったのです。

アベンジャーズでロキが出てきたのは覚えてるけど、どんな経緯だったか忘れた、、、もっかいアベン
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

4.0

IMAX3Dで観賞。
これは3Dで見るべき映画。
ちょくちょく挟んでくるギャグのテンポが良かった。
戦闘シーンはカッコいいしスピード感があるのは良かったけど、若干見づらいかな。
キャップのウインターソ
>>続きを読む

フライトプラン(2005年製作の映画)

3.0

オチが分かるまではドキドキするけどオチがしょうもない。

ペイチェック 消された記憶(2003年製作の映画)

3.4

良くも悪くもジョンウー。
爆発、カーチェイス、スローモーション、鳩。笑
鳩はもう無理やり出してる感じがわろた。

この時のユマサーマンが誰かに似てると思ったら、満島ひかりだ。
満島ひかりがユマサーマン
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

3.5

観賞開始してまず思ったのは、ブレイクライブリー老けた?(スタイルは相変わらず抜群だったけど、顔が少し?)ということと、やたらオシャレ感出してるけど大丈夫か?という事。

しかし序盤は少し退屈だったもの
>>続きを読む

キャビン・フィーバー(2016年製作の映画)

3.2

イマイチ。
まず酒とドラッグとセックス三昧してねぇ!
色んな要素を入れるだけ入れてチグハグになった映画。

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

設定は面白い。
ただこれをジワジワ来る恐怖と見るか、地味だなぁ、と思うかは分かれるところじゃないかな。
自分は後者。
あと見えないけど実体はあって殺せるってところが何か微妙だった。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.3

個人的にはEP3が一番好きだが、アナキンVSオビワンを除いたらこれが全シリーズで一番面白かったかも、、、。

ライトセイバーが無くたってスターウォーズは面白いんだぞ!というのをしっかり見せてくれた。

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

3.9

上の句に続き、こちらも面白かった。

少し序盤はテンポが悪かったが、後半持ち直してくれた。

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

4.3

これは中々凄いぞ!
ここまで良く作られた邦画は少ないと思う。
国際映画祭で賞を受賞したのも納得の出来。
内容的にも映像的にもハリウッドクオリティに肉薄している。

原作も読んでいるが、原作ファンもこれ
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.8

期待せず観に行ったけど、なかなか面白かった。
ちらほら原作ハリポタが絡むネタもあるけど、観てなくても楽しめると思う。

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

3.9

面白かった。
驚いた。
邦画でここまで面白いと感じた映画は久しぶり。

原作もアニメも見ていないので比較はできないが、見たいと思わせる出来だった。

まず全体のテンポが良い。
中だるみが無い。

そし
>>続きを読む

土竜の唄 潜入捜査官 REIJI(2014年製作の映画)

3.1

ヒドいって程ではないが、特別面白いわけでもない。

途中、骨太なアクションシーンがあるがそれがやたら長ったらしくて冷める。
正直この映画にそういうのは求めていない。

10 クローバーフィールド・レーン(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

自分は好きだった。

けどクローバーフィールドの続編を期待して見に行った人はかなりポカーンだったのでは?

これはSFじゃなくてサイコスリラーでしょう。

>|