カイさんの映画レビュー・感想・評価

カイ

カイ

17歳。映画が大好き。特にフランス映画。Instagramも
https://www.instagram.com/_mojapo_

映画(254)
ドラマ(1)

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.4

ドッと疲れる系の映画は普段見ないけど準新作100円だったからノリで借りた。

オランジーナ飲みながらダラダラ観てるとなんだか自分が情けなくなってくる映画。
なんなら今普通に呼吸してるのすら有難いことだ
>>続きを読む

東京ウィンドオーケストラ(2016年製作の映画)

3.0

エンドロールになった時ふと、

この映画の題名は、東京ウ「ィ」ンドオーケストラ?東京ウ「イ」ンドオーケストラ?

となった。
屋久島感ほぼほぼないのもなんか推せる笑

パッション(1982年製作の映画)

-

もはや理解させる気ないでしょ、終始「?」なんだが。でも好きだ、、、
気狂いピエロ、勝手にしやがれ辺りは本当に面白いんだけど、これはむずいなーー

ロボッツ(2005年製作の映画)

-

小さい頃数え切れないくらい観た。観まくった笑 セリフ基本覚えてたレベル。
映画の世界観、ロボットシティの急行(?)のピタゴラスイッチ的なシーン、などなど…何回観ても飽きないし、わくわくする。
割とダサ
>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

3.5

さいごまじでーーーーーーー😅😅
最後の最後まで諦めないってとっても重要だなーと。

やっぱり海外は色んなところで「宗教」が大きく関わる。
日本が舞台だとしたらここまで宗教が関わってこないからある意味も
>>続きを読む

ティム・バートンのコープスブライド(2005年製作の映画)

4.0

5.6歳の頃みて、かなり怖くて、でもかなり好きだった。
今見たらやっぱり好きだった。
キャラクターデザインや色味がさすがティムバートン。本当に可愛い。

アーリーマン〜ダグと仲間のキックオフ!〜(2018年製作の映画)

-

冬にアメリカに短期留学していた頃、帰る日の直後に公開でギリギリ見れず、その時からずっっと日本公開を楽しみにしていた、、、、笑
ということもあり期待し過ぎた…
正直あまり楽しめなかった、何だろう、この感
>>続きを読む

バグズ・ライフ(1998年製作の映画)

3.8

てんとう虫めっちゃかわいい!
最後はこんなに色んなことがこんなに小さな世界で繰り広げられていたのか、、、、と何だか切なく(?)なる。
人間のキッズたちに荒らされたら全てが終了だなぁとか考えた

シュガー・ラッシュ(2012年製作の映画)

4.2

ストーリーが怖いぐらい完璧。笑

シュガーラッシュの甘ったるい世界観なのに、キャラクターが全体的に腹黒い感じ凄く好き。
S U G A R jump into your racing car say
>>続きを読む

ダージリン急行(2007年製作の映画)

4.3

改めて、最高だよ、ウェスアンダーソン…
🌴🐫🌞🏜🤲🏾🛵🇮🇳🙌🏾
色々使い捨ててく感じがたまんない。笑
電車の長旅、超憧れるなぁ…。
そしてあのルイヴィトンのバッグ一式!欲しいぞ!!

サムサッカー(2005年製作の映画)

4.0

青春だなーーーーー😭😢😌
少年が自転車を漕ぐシーンがある映画はほんと優勝。笑

ストーリー展開が時々急で、おや?って置いてかれることがあったけど、(集中していなかったのかも)全体的には良かった。音楽
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

4.5

色彩感覚が神ってる!!
ファッションやインテリアが最近のカラフルなグッチみたいで最高!

カオスで狂った映画って、映像が衝撃的なだけってことが多い気がするけど、これは狂ってるのにストーリー性もメッセー
>>続きを読む

ヒミズ(2011年製作の映画)

2.5

僕の場合、染谷将太と二階堂ふみのビジュアルのおかげで最後まで観れたって感じ。

グレート デイズ! 夢に挑んだ父と子(2014年製作の映画)

2.1

トントン拍子でいい感じに進み過ぎて、、、😅💦
あんまり好きなタイプじゃなかった

歩いても 歩いても(2007年製作の映画)

3.6

蝶々が部屋に迷い込んできたシーン鳥肌立った!!樹木希林、怪演!!!🙌🏿

我が家にはこういう昔ながらのルール?的なものがなくて良かったなぁ、、、笑

そして父になる(2013年製作の映画)

3.7

この映画の福山雅治みたいな性格の人がとても嫌い。やっぱりそうか、とか言っちゃうのとか…。
血の繋がりか過ごした時間の長さなのか、その辺はさすが是枝監督といった感じです。
流星くんの願い事が泣ける(;_
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.8

先行上映&Dさんと瀬戸あゆみさんのトークショーにて。
優しい人しか登場しない映画って好き。ピースフルな映画って見た後に幸せになれる。
自分の好きな事、やりたい事に向かって本気で突き進めばいつか反対して
>>続きを読む

ゴダールの決別(1993年製作の映画)

-

勝手にしやがれと気狂いピエロが面白かったので、ゴダールの他の作品も観てみようと思って観て観たら…

ジャンプカットや唐突に流れる謎に壮大な音楽とか、、、映像は綺麗。詩的な文章も興味深かった。が、ちょっ
>>続きを読む

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

3.7

笑えるシーンもいっぱいあったし雰囲気も好き。
「残念でした!姉」、めっちゃ好き!
ストッキングと、紐まで結んであって凝ってるのが好きだ!笑

万引き家族(2018年製作の映画)

5.0

ほんとにほんとに素晴らしい映画だった。
本気で泣いた。余韻が冷め止まない。
みんなすごい良かったけど、特に安藤サクラが良すぎた。
子供達はあの結末で本当に幸せだったのかな…って思っちゃう。

血の繋が
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.9

大好きなウェスアンダーソン監督、大好きなストップモーションアニメ、とっても楽しみにしていた映画。
ザ ウェスアンダーソン!って感じで期待通りでした。
現在から20年後の日本が舞台なのに、昭和感…笑
>>続きを読む

誰も知らない(2004年製作の映画)

4.3

万引き家族で是枝監督に興味を持ったので鑑賞。
元々是枝監督はドキュメンタリーを撮ってたと聞いて納得、流石だなぁと思う。

親が居なくなってどんどん生活が乱れていくのが観てて切ない。それでもずっとなんか
>>続きを読む

ホーム・アローン(1990年製作の映画)

-

フィルマークス始める前に観た映画が果てしなくあってレビューどうしようって感じ…書くべき…???
皆さんどうしてますか?

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

4.6

ほんとにほんとに素晴らしい映画。
もはやアニメーションというより、新ジャンル。
「生きる為に生まれてきた」って言葉がずっと心の中に残ってる。
意外と重い内容かと思いきや結構チャーミングで面白いシーンも
>>続きを読む

奇跡(2011年製作の映画)

4.2

家族=血の繋がり or 家族=時間 …?🤔

子供達の夢を話し合うドキュメンタリー調のシーンが最高だった。

シムソンズ(2006年製作の映画)

3.8

全てがあるあるな展開で良い意味で安心して面白楽しく観られる映画。
カーリング全然詳しくないけど、これはカーリングのルール説明VTRですか?みたいなの映像挟み込んでくるから分かりやすい笑

さよなら。いつかわかること(2007年製作の映画)

3.7

ラストシーン、素敵でした。お父さんの眼鏡すごく好きです。
姉妹の性格が似てない感じも妙にリアルでした。

パターソン(2016年製作の映画)

3.2

アダムドライバーはすっかりスターウォーズのカイロレンだけど、こういう方が合ってるよね。

さよなら、ぼくのモンスター(2015年製作の映画)

3.2

確かに音楽も映像も雰囲気もグザヴィエドランっぽかった。というか胸騒ぎの恋人!?(全体的に既視感)
でも、ドラン風とか言っちゃうのやめた方がいいと思う。
そんなこと言われたら誰だって期待し過ぎちゃうから
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.0

全体的にアンニュイな雰囲気。
なんか現実的過ぎて、(それが悪い訳でもなんでもないしむしろ好き)見終わった後、ジブリとかディズニーのプリンセス系とか、夢のあるファンタジーな映画が観たくなっちゃった笑

さよなら子供たち(1987年製作の映画)

4.5

監督ルイ・マルの自伝的作品だそう。
いや…切な過ぎる、悲し過ぎる…。
理不尽な理由で大切な友達を失いしかもユダヤ人だからという訳の分からない差別で殺されるという…。心が苦しい。
最後は主人公の涙にもら
>>続きを読む

プラネタリウム(2016年製作の映画)

3.8

レビュー見てからだったから、普通にストーリーも面白いじゃん!!って思った。
しかも、ナタリーポートマンもリリーローズデップもとんでもなく綺麗でずっと見てられる笑

127時間(2010年製作の映画)

3.8

どっと疲れた…笑
1人で痛い痛い痛い痛い…!って言いながら見てた。
オランジーナがぼがぼ飲みながら見てる自分が情けなく感じてくる。
自分だったら挟まれて3~40時間ぐらい経ったら気失って死んでると思う
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

1.1

かなり酷いと思った。演出がやばい、原作読んだからストーリー見え見えでつまんなかっただけ…??

>|