MOJAPOさんの映画レビュー・感想・評価

MOJAPO

MOJAPO

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

3.9

価値観の離れすぎてる人たちの中で生活するのはしんどいものがあるよなぁ。
夫にもその周りの人達にも理解されない主人公がとても可哀想で(夫は理解してる&十分に愛しているつもりでいる、のがさらにキツい。)
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

2.5

普通に面白いけど全てが二番煎じ。長すぎるから30分で丁度いいかも。
映像の精巧さとRADWIMPSだけが取り柄な新海誠監督作品。

夏、至るころ(2020年製作の映画)

2.0

池田エライザと倉悠貴が大好きなので見ました。
こういうのエモいよね、青春だよね。なシーンを繋ぎ合わせただけな気が…。
台詞も言わされてる感満載で物語も起伏がなくのっぺりしてる。(そんな中でも、リリーフ
>>続きを読む

ハッピー・オールド・イヤー(2019年製作の映画)

4.0

色々曖昧になってたゴタゴタを断捨離ついでに片付けて自分だけはすっきりしたつもりでもそれってただのエゴだった、と気づく。人の気持ちは、簡単には仕分けられません。ですね。
実際自分も嫌な思い出がある物とか
>>続きを読む

ブエノスアイレス(1997年製作の映画)

4.5

ウォンカーウァイまじで天才。
この人の作品って見終わった直後にもう一回観たくなる中毒性があるよ。
じめッとしてるし暑苦しいんだけど、爽やかで軽やか。空気感がダイレクトに伝わってくる。なんで!?!笑とに
>>続きを読む

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.0

人生の大切なものが詰まってるって感じがした。電車の赤い椅子に座ってるシーンが好き。

アトランティックス(2019年製作の映画)

4.0

皆さん、スタイル良すぎ。
リアルとファンタジーが交錯してて、唯一無二な世界観。型にはまらない、掴みどころのない感じが素晴らしいなと思いました。異国情緒溢れる画もとても好みだった。

ピアノ・レッスン(1993年製作の映画)

2.8

数々の賞を受賞してる理由が分からなくもないけど、、、シンプルにつまんねーって感じでしたとにかく眠い笑

地球の限界 “私たちの地球”の科学(2021年製作の映画)

4.0

環境問題を包括的に理解しやすい内容は、映画というかもはや教養ビデオ的。
一人ひとりが協力しないと地球が終わる。菜食をバカにしてくる友達に見せてあげたい。SAVE OUR PLANET 🌏🌿

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

3.8

推せるキャラしか出てこない。(ジジめっちゃ好き。)色んなバイアスをいとも軽々と超えてみせる、こういう映画が生まれてるという事実だけで、僕は今の世の中にかすかな希望を感じることができました。
ラブユアセ
>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

3.8

とんでもない規模感の無差別テロ怖すぎる。首謀者がまだ捕まってないのも怖すぎる。宗教のよくない部分だよね。どの宗教の神様もこんなことは望んじゃいないよ絶対に。って思うよ。
インドには、イスラムの歌を完璧
>>続きを読む

ジョイ: 闇と光の間で(2019年製作の映画)

4.1

JOYなんて名前とはギャップがあり過ぎるほどに闇しか感じないない映画だった。もういろいろと絶望的。現状の生活じゃ絶対に触れ合わない世界線がとことんリアルに描かれていた。
ネトフリの振り幅まじですごいな
>>続きを読む

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

3.9

BLM関連
こんな恐怖に怯えながら生きてる人が今もなお何処かにいるんだと思うと、ただただ悲しい。

愛用していた黒のジャンスポが壊れたのでカーキ買う、カーキかわいいな。

プラットフォーム(2019年製作の映画)

3.5

ネトフリって絶対自分じゃレンタルしないジャンルでも、ちょっと話題になってるから観てみるかー、と、意外と面白いじゃん笑 って新たな発見があるからいいよね。面白かったです。ラストはほんとに何?

レディ・マクベス(2016年製作の映画)

4.2

こういうクラシカル尚且つ冷酷な、重苦しい世界観めちゃめちゃ好き。朝が涼しそうで憧れる。
キャサリンは一生無敵。
なんてったって板挟みアナが1番可哀想‼︎笑

グランド・ジャーニー(2019年製作の映画)

4.0

なんとなく借りてみたら想像以上に良かった!ありきたりな展開ではあるけど、普通に感動したし、壮大な自然に癒された。地球は我々の所有物ではなく先祖から受け継がれてきた借り物。みんなで共存できる世の中を目指>>続きを読む

スパイの妻(2020年製作の映画)

2.0

NHKはどうしてこんなにもチープな映像を作り上げるのが得意なんだろうか?自分の方がもっといい感じに仕上げることできるんじゃないかと思えてしまうほどのクオリティ。話も役者もいいのに本当にもったいない。

フェアウェル(2019年製作の映画)

3.9

全てがハリボテの結婚式、1人の余命宣告を隠し通すためにここまでするの!?とバカバカしく思えてしまったけど、これもカルチャーの違い。でも自分だったらもっと色んな意味で素直にシンプルに生きたい!って思っち>>続きを読む

ジミー/さよならのキスもしてくれない(1987年製作の映画)

-

スタンドバイミーが金ローでやってて、リバーフェニックスが観たくなって借りてみた。2回みて2回寝たので返却。いつかまた機会があれば✋🏾

アダムス・ファミリー(2019年製作の映画)

3.7

周りに流されよう!フツーが1番!!笑笑
180度価値観の違う世界線のバグがオモロい。面白かった!!

パラノイドパーク(2007年製作の映画)

5.0

ガスヴァンサントは本当に天才だと思う正直mid90’sより断然良い。
雑な音楽の付け方とかストーリー展開とか画角とか全ての構成が超絶妙なバランス感覚でハマってて本当に天才だな。。。
いなたい(butイ
>>続きを読む

ヒューゴの不思議な発明(2011年製作の映画)

4.5

本当いい作品。中学生の頃に観て、映画の素晴らしさ映画の楽しさを知った作品だし、自分は映画が好きなんだって自覚した作品の一つ。久しぶりに見たくなってレンタルしたけどネトフリにあったよ。

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

3.9

高評価な意味がわかる。全体的にバランス良く非常に完成度が高い”映画”だった。

タイタニック(1997年製作の映画)

-

普通にめっちゃ名作。沈んでいくシーンはかなりトラウマ。

Cowspiracy: サステイナビリティ(持続可能性)の秘密(2014年製作の映画)

5.0

もはや現状の肉(特に牛)の量を増加の一途をだとる人類に十分に供給することが不可能なのだから、巷にソイミート、ベジミートが増え始めているのも当然の流れ。
近い将来、牛肉は超高級品になって、金銭的な面でビ
>>続きを読む

SKIN/スキン(2019年製作の映画)

-

短編の方が良すぎて期待しすぎたな〜バイオレンス系

マティアス&マキシム(2019年製作の映画)

4.0

ちょっともうほんとに全てが良すぎたんでもう一回見ます…よかった映画に限ってちゃんとレビュー書けないみたいなのある

ハニーボーイ(2019年製作の映画)

4.7

ちょっとこれは苦しすぎるーずっとザラザラした痛みを感じながら観てた。🍯これ実話なの苦しすぎるな…。

いくらジェラシー的なものを感じたとしても自分の息子の活躍を素直に応援できない超最低な父親には全く共
>>続きを読む

ブルーアワーにぶっ飛ばす(2019年製作の映画)

4.5

この世の終わりみたいな世界がいばらぎーには広がってた〜〜!やけにリアルな世界観で、子供の頃の感覚とかすごく分かるな。多分、自分と主人公が、家族との関わり方とか価値観が重なる部分があったからなのかとっっ>>続きを読む

パピチャ 未来へのランウェイ(2019年製作の映画)

4.0

その人にどんなに才能があっても努力しても、無理なものは無理なんだという現実を突きつけられた感じ。残酷すぎ。
いかに人間は時代や環境、政治に翻弄されて人生を送るのかに気付かされました…。

「あー服作り
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

3.5

エモーショナル!!ラストが全て
ジョナヒル全然詳しくないんだけど、映像の雰囲気ガスヴァンサントぽくてかなり推せた

私をくいとめて(2020年製作の映画)

3.9

主人公の繊細な感情を非常に丁寧に描いていて凄すぎる。共感が半端ない。
林遣都の役が決して「THE カッコいい男性像」ではないところが深みましてるよね。
スタイリスト、美術監督の方の趣味がとても好きです
>>続きを読む

Seaspiracy 偽りのサステイナブル漁業(2021年製作の映画)

5.0

見てみぬふりをし続けてきた結果がこれ。
とにかく全てが負のサイクルで、サステナなんて全部自分を正当化する為の言い訳にすぎなかった。(漁業に関係なく認証ラベル系は端から信用していなかったけど)

無意識
>>続きを読む

>|