邹启文さんの映画レビュー・感想・評価

邹启文

邹启文

カラフル(2010年製作の映画)

-

中学時代、これ以上もう涙出てこないんじゃないのかってぐらいボロボロに泣いた映画

スクリーム(1996年製作の映画)

4.3

スプラッターホラーの巨匠がこんなメタネタ入れまくりホラー映画を生み出した時点ですごい

私はあなたのニグロではない(2016年製作の映画)

3.9

大音量で聴くケンドリック・ラマーのエンディングは圧巻
ただ、面白い!という内容ではなく評論しやすい!という内容なんで一般受けより評論家受けがよろしい感じ

アクト・オブ・キリング(2012年製作の映画)

3.3

ラストでいきなりヤラセ臭ハンパなくなって草、正面からカメラ撮るなや、ヤラセってバレるやろ

エアベンダー(2010年製作の映画)

1.0

filmarksにいるシャマラニスト、誰一人この映画をレビューしたことない説

アフター・アース(2013年製作の映画)

2.7

どっからどう見てもアフター・アースではなくビフォア・アース
未来人とか未来の建物とか何かあるんだろうなって思ってたけど全く無い、BBCアース的映像しか無い

失孤(原題)(2015年製作の映画)

-

アンディ・ラウもいい加減そろそろ仕事選ぼうや…キャスティングの時点で自分がミスキャストなんてすぐ気づくでしょ…

僕の初恋をキミに捧ぐ(2009年製作の映画)

1.7

心臓病の彼氏をジェットコースターに乗せるサイコパスヒロイン

ロスト・イン・トランスレーション(2003年製作の映画)

4.3

8角形のレンズのボケと
『人ごとのように』とあなた仰ったけどね、わたくしは自分を客観的に見ることは出来るんです。あなたとは違うんです。

九龍猟奇殺人事件(2015年製作の映画)

4.2

いや、確かにこれじゃあ中国香港の人以外理解できるわけないよ
内容云々よりもクリストファー・ドイルが未だにセンスが衰えてなかったことの方が衝撃

コーマ(1977年製作の映画)

4.2

思ったものと違いすぎたけど、全編を包むあの緊張感はとんでもない

チャイナ・シンドローム(1979年製作の映画)

4.2

思ったものと違いすぎたけど、全編を包むあの緊張感はとんでもない

アンドロメダ…(1971年製作の映画)

4.2

思ったものと違いすぎたけど、全編を包むあの緊張感はとんでもない

アダプテーション(2002年製作の映画)

4.6

面白いシナリオを書けないイライラや、弟に超えられてしまう不安などのフラストレーションを全てオナニーにぶつけて解消するニコラス・ケイジに同感しか感じない

2000人の狂人/マニアック2000(1964年製作の映画)

5.0

ヒーーーーーーーーッハァ!
村民の演技のできてなさはすごい、学芸会レベルを超えてる、もはやドキュメンタリーの領域

仮面/ペルソナ(1967年製作の映画)

4.0

はじめしゃちょーのYouTube帰還記念動画「ただいま」の元ネタとして有名

ミュージアム(2016年製作の映画)

2.1

セブンから宗教要素やリアリティといった良い部分を全て抜き取り、舞台を日本に置き換えた結果、障害者差別だけが残ったという奇跡の映画
カエル男っていう連続殺人鬼サイコパスキャラクターに全くもって説得力がな
>>続きを読む

>|