邹启文さんの映画レビュー・感想・評価

邹启文

邹启文

映画の感想、3行以上書いちゃうと死ぬ呪いかかってる

ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金(2013年製作の映画)

5.0

マイケル・ベイの最高傑作であり、マーク・ウォールバーグの最高傑作といえばこれ
いや、ブギーナイツもあるか…

ヴィヴィアン・マイヤーを探して(2013年製作の映画)

4.0

一般的には知られてないけど、ドキュメンタリーの隠れた醍醐味ってどれだけ説明台詞を吐いても観客がこれは劇映画とかではなくあくまでもドキュメンタリーなんだって勝手に許容してくれるって所があるからだとおいら>>続きを読む

I AM YOUR FATHER アイ・アム・ユア・ファーザー(2015年製作の映画)

3.7

全体的に面白かったけど、製作陣がスター・ウォーズを敬愛していたことと、インタビューシーンをアクションシーンに出来なかった所が足を引っ張っちゃったんだなぁと
正直ぼくが監督した方がもっと面白くできたし、
>>続きを読む

ダイ・ハード(1988年製作の映画)

-

今日はクリスマスということなので記念に!
クリスマス映画といえばこれとホームアローン!

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

4.0

色々なディティールがまだ足りないと思うけど、全体的に見てすごいよかった
矢口史靖監督、もう日本トップいってるんじゃないのかな?いまだにこんなに面白い映画撮れるとか尊敬しかない
でもその面白さを全てぶち
>>続きを読む

マン・オン・ザ・ムーン(1999年製作の映画)

4.1

山寺宏一吹き替えの究極体じゃない?
マジでジム・キャリーの音質と山寺宏一の音質、びっくりするレベルで一緒すぎてアンディ・カウフマンが日本語喋ってると勘違いしたもん

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.3

自分に足りないものを他人に求めようとする時にするあの表情たるものよ

「あの子を探して」ができるまで(2002年製作の映画)

-

チャン・イーモウが2014年に発表した久々のドキュメンタリー作品
180台DV的故事
めちゃくちゃ良かったぞ

古井戸(1987年製作の映画)

-

そうか、この時代に中国映画が出来上がったのか

デ・パルマ(2015年製作の映画)

-

この程度の作品を作ればロッテントマトで95%も支持を得られるのか、なるほど

アメリカン・ギャングスター(2007年製作の映画)

4.0

結局はね、薬物売買にしても仕入れ先の信用性で全てが決まるからね
そこをしっかりと描写した時点でこれはもう勝ちですよ

悪魔のような女(1955年製作の映画)

4.2

アンリ=ジョルジュ・クルーゾー、すごい
観客の心理全てを理解している

リュミエール!(2016年製作の映画)

-

いつ金秀吉が出てくるんだって思ってたら終わっちゃってた

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.5

シアーシャ・ローナンがマルグリット・ガシェを演じてるもんだから、よくなるに決まってるでしょ
正直な話、今まで日本にはかぐや姫の物語という日本アニメ最高傑作があって、多分その1本だけで、この技術力がある
>>続きを読む

かあちゃん(2001年製作の映画)

3.3

朝昼晩全て同じ色調で描くって、その時代にそんな技術があったなんて、正直話の内容よりも、演出よりも、そっちの方にびっくり
正直市川崑は監督ではなく技術部をやっていれば完璧だったのに

あなた、その川を渡らないで(2014年製作の映画)

3.5

編集と音楽が無理やり泣かせにかかりすぎ、そんなに悲しいよー悲しいよーなんてやって泣かせにかからんでも日常生活見るだけで楽しくて自然にほろりと涙が出るに決まってるじゃん
もしやこの監督、この夫婦を信用し
>>続きを読む

エディット・ピアフ愛の讃歌(2007年製作の映画)

4.2

田中先生の授業は酷かったけど、映画は最高
日本人が撮影監督をしていたことにびっくり

ソニータ(2015年製作の映画)

-

NHKBS放送版、あまりにも内容ひどく改悪しすぎなのでは?
多くの著名人が褒め称えている場面、全カットして重要な場面全部字幕で補足って、少なくともNHKBS版は人に見せるものではないよ

妹の恋人(1993年製作の映画)

4.8

すごい純粋に、映画っていいなぁと感じさせてくれる

劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち(2017年製作の映画)

4.4

クライマックス、唐突すぎる泣かせ演出にビビったけどそれすら許容できてしまうこの出来の良さたるものよ
割と無駄が多いナレーション、生き物の自然すぎる姿、背景でいろんな音がしてもそこにカメラを向けずじっと
>>続きを読む

ザ・マスター(2012年製作の映画)

4.0

実はこれが人生で初めて映画館で見たPTA作品だったというね、上映終了後本気でポカーーーンだったというね、なんだろね、これ、予告編にあったエイミー・アダムスがベロをベローント出すあのカット、なんだったん>>続きを読む

グーニーズ(1985年製作の映画)

4.5

スティーヴン・スピルバーグの文字を見るだけでここまで興奮するというこの感じたるものよ

>|