nkさんの映画レビュー・感想・評価

nk

nk

スクランブル(2017年製作の映画)

3.5

クラシックカーが沢山拝めて最高だった。
アナ・デ・アルマスに恋してしまう。
内容はまさにワイルドスピードといったところ。
ただ最後のどんでん返しにはやらてた。
すごい後味スッキリ。

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.0

大友さんぶっ飛んでます。
締めくくりとしては、そうなりますよね。

イヴ・サンローラン(2014年製作の映画)

3.3

イブサンローランの言った、表現できないと生きれない、は、まさしく僕の人生観と似ている。これは自分の意見だが、何かを作り上げた達成感というか、そこから生まれる”なにか”で僕は生きていると思う。
作る過程
>>続きを読む

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.5

普通に笑えたラブコメ映画。
曲の挿入の仕方も好み。
奥田民生さんのアルバム全体のMVみたいな。
水原希子には本当に狂わされた。
要するに男はみんなバカだ。

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

5.0

80'Sの世界観。バンド。撮り方。演出。曲の挿入の仕方。何もかも自分にマッチしてた。なによりもここに出てくる曲が好きだ。僕もこの時代に生まれたかったな。
自分もバンドをやって、曲を作ってる身なので、と
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.4

周りの評価が高かったので観てみました。
周りに持ち上げられた分消化不良気味。
ノンストップでハラハラとイライラが止まらなかった。
野球部のカップルから最後までは可哀想の一言。
主人公の結末が良かった。
>>続きを読む

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

3.5

実際にあった出来事でもあったし緊迫感は凄く、劇場のスクリーンで観ると、その世界観に引き込まれ恐怖の二文字に襲われました。終わった後の安堵感も凄く涙を流してしまいました。

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.4

ストーリー展開が軽快で一瞬で終わってしまった。
映画好き服好きにはたまらない。
挿入曲のセンスも、もちろん服のセンスも最高だった。
内容的には、”誰もが夢見る仕事”。そこで働けば幸せなのか。所詮そんな
>>続きを読む

サクラダリセット 前篇(2017年製作の映画)

3.0

能力者系ストーリーが好きなので気になって観た。
正直後編まで作らなくても一本で作れたと思う。内容が間延びしてて少し退屈だった。あとセリフが堅い。演出なのかわからないが。

サクラダリセット 後篇(2017年製作の映画)

3.0

後編で謎が解けて良かった。
ただ前編でも述べたが、やっぱり一本で作った方が内容も濃く満足できる作品を作れたと思う。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

3.5

受験生で公開期間に観に行けなかったのですが、5/4のフォースの日に限定公開するということでテストとして、やっと劇場で観れました。
カイロレン弱い。ハン・ソロは残念だった。

プラネタリウム(2016年製作の映画)

4.0

奇妙な美しい映画、なのか、美しい奇妙な映画なのか。
信じるか信じないかで見える世界は変わり、ときに人を狂わせる。
まるで昼には見えないが夜になると見える星空のように。
個人的に最初のタイトルの出し方が
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.0

犬目線の映画は個人的に新鮮。
終始涙が止まらず周りの人に迷惑をかけたのか心配になるぐらいです。
亡くなって号泣して、すぐに生まれ変わって愉快なシーンになるので感情が忙しかった。そんなありえない感情の起
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.0

テイストが好き。
土曜の夜に明日も休みだからと、ビールとピザを食べながら観るのが理想的。
話しがそれぞれの視点から描かれるのが新鮮で面白い。

ナラタージュ(2017年製作の映画)

3.8

最初は所詮恋愛映画だからどうなのかなという気持ち半分、監督が行定勲さんだから期待できる気持ち半分で観ました。
結論すごく良かったです。映画好きにも受けはいいと思います。
文学的で官能的な知性的で演劇的
>>続きを読む

あさがくるまえに(2016年製作の映画)

3.0

息子を亡くし臓器提供を同意する重い決断をした親と一方で心臓を受け入れる親と子の不安という対照的な2つの物語を鮮明でリアルな描写で流れていった。
現実味は全くない。だけど現実のはなし。
もし、自分がこの
>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.0

ダークユニバース第一弾として観るべきかなと思い観ました。
トムクルーズ何歳なの!?って思うくらい若く見える。
内容は万人向きの少しホラーテイストが入った大衆映画。
そして主演はトムクルーズと、まさにア
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.5

女性の強さを象徴した良い映画でした。
アメコミ大好きなので、ひいき目で観がちですが、この作品は評価されるべき作品だと思います。
王道のストーリー展開ながらもそのストーリーの入口が僕的には最高でした。
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.0

ダンケルクが映画初出演の若い俳優達とベテラン俳優達のいい化学反応が観れました。ストーリー性は実話なので僕はそこまで意識せず観ました。が、最後のトム・ハーディとケネス・ブラナーには痺れました。さすがベテ>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

僕的良い映画の4条件、車、犯罪、音楽、愛の要素があったのでとても楽しく観れた。やっぱりノれる映画は良い。
デボラ役のリリージェームズが可愛すぎた。キスした後の下唇を噛む仕草が一番好きでした。
個人的に
>>続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

3.8

トランスフォーマーの歴史。
そして新しい歴史の始まりを感じられた。
個人的には前作よりは好きでした。
バンブルビーとオプティマスがあつい。
あとホットロッドの時間を少し止めるところが好きでした。

ドライヴ(2011年製作の映画)

5.0

好きな映画です。
6年前の映画とは思えない80年代や90年代を彷彿とさせるような感じが最高。
この監督の作品は挿入曲が秀逸。
今作も淡い恋から狂気じみた血みどろでシリアスな話が進行していくのをポップで
>>続きを読む

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

3.2

若い頃の鮮やかな恋と現在の色褪せた恋との混沌とした感じが良かった。
ライアン・ゴズリング目線での話で。
これを彼女とは一緒に観れない恋愛映画の一つだなと思いました。
結婚というビジョンが悲しくも生々し
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.8

待ち焦がれたスパイダーマン。
全体的に青かった。
サム・ライミ版から比べると相当明るいし笑える。
スパイダーマンに出てくる敵は基本、根っからの悪党ではなく、どちらも守りたい者のために闘ってる。
その感
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.0

春樹と桜良の愛の在り方、綺麗すぎる心、映像、音楽、そして二人のビジュアル、なにもかもが眩しすぎて涙が止まりませんでした。

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

4.0

全体的に青さが出てた良い作品でした。
映像の撮り方も斬新で、5人の絆がだんだんと深まっていくのがたまらなく良かったです。
意外と泣けます。もちろん笑いもありです。

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.2

前作同様殺す殺す殺しまくるアクション。
そして前作同様の終わり方。
ローマの雰囲気がキングスマンを彷彿させる。
キアヌリーブスかっこよかった。
次回作があることを公式に発表してるだけあって、どうせジョ
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.0

期待値が自分の中でかなり上がってたのと最初に本を読んでしまったので感動が薄れてしまったのでしょうか。
人間というものはとても複雑で。
刺々しい木の枝が幾千も絡み合っているような。そんな気持ちになりまし
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

2.9

内容が個人的には薄かったです。
唯一のこの映画の救いは終盤のシーンにあると思います。
フューチャーするのはジャックスパロウやサラザールではなく宿敵バルボッサですね。

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.7

この映画は伝えたいことが明確でわかりやすく、シンプルに僕の中のある部分を変えてくれました。
136センチの男性との恋。会っているときは好きな気持ちでいられるが、離れてしまうと何故あの人が好きなんだろう
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

3.3

爆音映画祭というイベントで観ました。
爆発音などド派手な音はすごい迫力があり、一方夜の砂漠では砂が風に運ばれる微かな音まで聞こえて臨場感が凄かったです。

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.2

1970〜80年代は文化や経済など様々な分野での激変期だと思います。
そんな時代を音楽や文学などのアートを介して移り変わりが激しい世の中の生き方を母と子という二つの見方で進むストーリーが良かった。
7
>>続きを読む

キング・アーサー (2016年製作の映画)

3.0

映像の取り方。とくに主人公が成長するシーンはテンポが良く面白かったです。
無難に楽しめる映画です。

>|