ムトゥさんの映画レビュー・感想・評価

ムトゥ

ムトゥ

殺人狂騒曲 第9の生贄(2019年製作の映画)

3.4

冒頭シーンは酷いが、その後は割とマトモなオカルトサスペンス。ラストは投げっぱなし。観てる間、評価が乱高下しっぱなし。

エマ、愛の罠(2019年製作の映画)

3.3

ラストでやっと何をしてたのか理解できた。いいオチだしインモラルなのは構わないけど、全体的に怠くて眠くなる。

アップグレード(2018年製作の映画)

3.2

オチに納得いかない。あの人はなんで言いなりになってんだろう。モヤモヤモヤモヤモヤモヤ。

バルーン 奇蹟の脱出飛行(2018年製作の映画)

4.0

冒頭から意表を突かれてドキドキ。まさかあんなことになるなんて……。シュタージって名称がもう怖い。

ニュー・ミュータント(2020年製作の映画)

2.5

閉鎖環境のホラーはワクワクする。そのワクワクがカタルシスに繋がらなかった。X-MENとしてもホラーとしても中途半端。

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.8

逆回転が混在した映像表現は迫力ないものの、とても楽しい。順行と逆行の時間軸が同一事象に干渉することはパラドックスだと思うんだ。だから混乱する。その答えの一つが平行世界だけど脚本が破錠する。難しいねぇ。

ディヴァイン・フューリー/使者(2019年製作の映画)

2.8

俺がオカルトに疎いせいか、あまり楽しめなかった。悪魔祓いというより悪魔をぶん殴るアクションがメインなんだろうけど、殴ったら爆発するくらい派手ならよかったのに。

ライブリポート(2019年製作の映画)

4.0

突っ込みどころは多いけど、勢いでなぎ倒す。主人公そのもの。一昔前のアクションドラマに今どきの小道具を混ぜてみた感じ。気持ちよく見終わって、後には何も残らない。それがいい。

ディメンション(2020年製作の映画)

2.3

アダムスキー型宇宙船のグレイにアブダクション。まさかグレイが探してたのは、あの世界的スーパースターだったとは。ちょーウケるー。

母との約束、250通の手紙(2017年製作の映画)

4.0

母親に呪いをかけられた男の半生。「ヒトラー暗殺してこい」って言った時点でコメディになった。美術がいい仕事してる。

リベンジ・アイランド(2019年製作の映画)

3.3

シンプルな話がテンポよく進む。そのせいか、登場人物が多くてキャラが薄くなっちゃった。みんな髭面で区別がつかない。

ブルータル・ジャスティス(2018年製作の映画)

2.5

無駄な会話やシーンが映画の雰囲気を作るので、無駄だとは言わない。ただ、この映画は間が長すぎて会話が退屈。うたた寝して起きても話が進んでない。

事故物件 恐い間取り(2020年製作の映画)

1.8

最後の物件は楽しかった。引っ越しても引っ越しても追いかけてくるヒロインが一番怖い。「今あなたの部屋の前にいるの……」

ナイト・ウォッチャー(2020年製作の映画)

3.3

アスペルガーのホテルマンは覗きがお好き。覗きの目的は人間観察をして真似をするため。そこがキモなんで設定は分かるけど、盛り上がらなかった。

ドラッグ・チェイサー(2019年製作の映画)

3.7

畑からお客様の手元に届くまで。サプライチェーンを見られるお仕事ムービー。特にドラマもなく淡白な仕上がり。

ホワイト・ストーム(2019年製作の映画)

3.4

派手だけど新鮮味はない。終盤、懸賞金をかけた辺りから盛り上がってきたのに、終わってしまった。なんだかもったいない。

鬼手(2019年製作の映画)

3.7

囲碁マッチョという新しいジャンル。どうせなら殴り合いながら囲碁を打てばいいのに。

ソング・トゥ・ソング(2017年製作の映画)

3.2

散文的自分探し。スマホで撮影したような映像が不安定で揺れる。俺の目蓋も揺れる。

映像研には手を出すな!(2020年製作の映画)

1.2

さすがに映像は凝ってる。音声だけ消せないかな。もしくは他の人にアテレコしてもらってくれ。

ポップスター(2018年製作の映画)

2.5

ドキュメンタリータッチの伝記映画風で、壊れたスターの辛さは伝わる。ラストのステージが最高にダッセぇ。

仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション(2019年製作の映画)

3.1

仮面ライダージオウ・ゼロワン編。ディケイドやジオウは平行世界物なのでクロスオーバーと相性がいい。にしても、社長が騒々しい。1000%だ。

ダウンヒル(2020年製作の映画)

3.2

スキー場で起きた父親の威厳の危機。とても地味。ダメさ加減も地味なら、冷遇加減も地味。スキーのファミリーコースのよう。上級者コースのような起伏が欲しい。

ぐらんぶる(2019年製作の映画)

2.0

撮影機材がいいのか、海中がすごく綺麗。でも、ダイビングのシーンが少なすぎる。おまけに説明過多の台詞と序盤のループと男の裸が苦痛。変なテンションには慣れるけれど、苦痛は慣れない。

ヒットマン エージェント:ジュン(2020年製作の映画)

3.2

コメディやらアクションやら家族愛やら、てんこ盛り。牛丼特盛に牛皿付けたような満腹感。美味しいかどうかは別。

マーウェン(2018年製作の映画)

3.8

視覚効果が秀逸。犯罪被害者の傷を人形劇で観せる場面が長いんだけど、この出来が素晴らしい。人形劇だけでいい。現実なんて要らんのや。

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ(2019年製作の映画)

4.0

強烈。本当に臭そうな映画だった。フリッツさんは酒さえ飲まなければ悪い人じゃないんだよ。酔うと歯止めが効かなさすぎるだけで。

家族を想うとき(2019年製作の映画)

3.8

社会に対する怒り、なんだろうなぁ。監督のモチベーション。のほほんと生きてる身としては、たいへん辛い。

シークレット・ジョブ(2019年製作の映画)

3.5

着ぐるみでわちゃわちゃしてるところは、凄く楽しい。話も手堅い作りで意外性はないけど、安心して観れる。

人間の時間(2018年製作の映画)

4.0

船がお空を飛んで、さあ大変。奇天烈な設定の割には展開は予定調和。それが宗教的寓話の雰囲気を出してる。宗教的ではあるんだけど、マナイズムよりさらに原始的な唯物論的な……うん、難しいことはわからないや。

ルーシー・イン・ザ・スカイ(2019年製作の映画)

2.5

ビートルズの名曲"Lucy in the Sky with Diamonds"、通称LSD。主人公ルーシーは宇宙ジャンキー。イカれた様を延々と見せられる。ただ不快。

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

2.0

長澤まさみが本当に楽しそう。が、詐欺の手口も感情の描き方も薄っぺらい。俺はなにか騙されてるんじゃないかと、観てる間ずっと思ってた。……何も無かった。騙された。

貴族降臨 PRINCE OF LEGEND(2020年製作の映画)

1.5

完全にファン向けに振り切ってる。潔し。俺が楽しめる要素は皆無。つまりはそういうことだ。

ぼくが処刑される未来(2012年製作の映画)

1.2

死刑のない未来、犯罪者を過去から連れてきて処刑するお話。設定は好きだけど、脚本が小学生の作文レベル。

グレース・オブ・ゴッド 告発の時(2018年製作の映画)

3.5

一番驚いたのは、ペニスって曲がるんだということ。知らなかった。性的虐待の被害者心情は想像を絶する。難しい。

MORTAL モータル(2020年製作の映画)

3.2

電気人間にビビビッときちゃった女性。恋か感電か。それが問題だ。ラストの尻すぼみ感にビビッた。

グンダラ ライズ・オブ・ヒーロー(2019年製作の映画)

3.5

遂にブンミラゲット・シネマティック・ユニバース始動!知らんけど。色々とアメコミを意識してるのは伝わる。が、溢れ出るB級感がたまらない。カメラワークにも迫力がなくコスチュームもダサい。それがいい。

>|