pinkyyyyさんの映画レビュー・感想・評価

pinkyyyy

pinkyyyy

映画(152)
ドラマ(12)

イコライザー(2014年製作の映画)

3.8

デンゼルワシントン…イケメンかよ
ジョンウィックと勝負したらどっちが勝つんやか

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.1

誰もが感じる様々な感情を分かりやすく繊細に表現してた。素晴らしい。

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.8

犯人何となく最初にわかっちゃったけど、面白かった。
ゴールマンサックスの人なんやったん?

天使と悪魔(2009年製作の映画)

4.3

バチカン行ってみたい。
コンクラーペテに興味湧いた

アイ・アム・レジェンド(2007年製作の映画)

4.4

エンディング2つに賛否両論あるけど、2つともに賛成派

愛なき森で叫べ(2019年製作の映画)

2.5

なし。
実際に起きた事件だからこそ、面白いと思えない

SHAME シェイム(2011年製作の映画)

3.5

涙を流しながらのNew York, New Yorkはもはや芸術。
愛なら、毎晩ティッシュにくるんで捨てている。というキャッチコピーは天才

天気の子(2019年製作の映画)

4.0

映像美すごい。目の保養でしかない。
陽菜がバルスって言ったら完全ラピュタだった。
あと須賀さんの一言一言かっこよすぎる。

5時から7時の恋人カンケイ(2014年製作の映画)

4.9

切ないのか、これで良かったのか、現実に逆らえなかったのか…もはやわからない。
見るたびに印象が変わりそうな映画。
音楽も描写も全てが素敵だった

アラジン(2019年製作の映画)

4.3

見る前はウィルスミスがジーニー違和感だったけど、見終わるとウィルスミスはジーニーにしか見えない。歌うますぎの青いバケのも

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.5

衝撃の実話やなー。
人を殺めて英雄になるのではなく、助けて英雄になる。これが人間としてあるべき姿なんだろな

スノーデン(2016年製作の映画)

4.6

SF感を感じさせるほどの驚愕の実情。
一方ではテロリスト、他方ではノーベル賞候補。
正義と悪は紙一重。

これを映画化していると言う事実もすごい。

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

4.2

個人の利益だけを考えたアダムスミス。
個人の利益と全体の利益を考えたナッシュ。
まわりの利益を考えた彼が生涯孤独の多い人間だったのはなんとも皮肉なものであり、その中で大切な人に出会えたのはせめてもの救
>>続きを読む

アポロ13(1995年製作の映画)

5.0

たった3人を送るために莫大な人、金、時間をかける。それに応えるために3人は命がけで人々の夢とロマンを現実にする。
Good to see you again.
この一言にこの映画の全てが詰まってる。

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.6

軽い。しかし重い。
この時代の音楽とか雰囲気たまらん。