TakumiNegishiさんの映画レビュー・感想・評価

TakumiNegishi

TakumiNegishi

ハラショー

マーシャ・P・ジョンソンの生と死(2017年製作の映画)

-

ドラァグクイーンの死の真相を追いながらゲイ、トランスジェンダーなどへの差別、迫害についての記録を収めたドキュメンタリー。ちょっと長いし構成がイマイチな気がしたものの、マーシャの笑顔が優しくて哀しかった>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.0

映像、音楽、音響、演出、どれもグッと来たし、言語、思考、コミュニケーション、時間についての理論を考えさせられて好みではあったものの、なんとなく着地点は腑に落ちなかったです。十分じっくり丁寧なのは分かる>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.0

ドクがあんまり活躍しなかったのが勿体無いなと思いつつ、ファンキーなじいさんトリオが可愛くて、こんな老後いいなぁと思いました。なんとなく見るのにほどよい映画。

コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団(2016年製作の映画)

3.0

ジョニーデップの娘さんの美しさと歌を堪能できるおバカ映画。ケビンスミス監督の娘さんも悪くないなと思いました。学生時代のバイトのぐだぐだなバックヤードの思い出が蘇りました。

クローバーフィールド・パラドックス(2018年製作の映画)

2.5

面白い演出はあるものの、よくある宇宙船パニック映画のような。

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.0

三章とも素晴らしかった。三人が演じる主人公が、見た目がどんなに変わってもちゃんと同一人物だった。見終わって虚無感。

ソウル・ステーション パンデミック(2016年製作の映画)

2.5

新感染が最高だったからこれも観なきゃいけないのかと思ったけど、特に繋がりは無いような。ゾンビよりも韓国のホームレス事情が気になった。

オーバー・ザ・トップ(1987年製作の映画)

3.5

サントラ最高でした。ヒロイン役のおぼっちゃまくんがちょっとムカつくけど、笑顔が可愛かった。パパの過去が気になる。

海底47m(2017年製作の映画)

3.0

水中、それは苦しい。苦しいけど、特に捻りもないパニック映画でした。

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.0

15歳の少年とシングルマザーの親子、それを取り巻く変な友人たちのお話。トーキングヘッズ。ママとエル・ファニングが最高に可愛かったです。

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

4.2

祈祷合戦がヤバかった!見終わった後に色んな人の考察が読みたくなる映画。

パディントン(2014年製作の映画)

3.5

英国的ユーモアとオシャレさと可愛さ。小さい頃に見たかった!ニコールキッドマンが元旦那のパロディしてた。

レゴバットマン ザ・ムービー(2017年製作の映画)

4.5

最高でした!ジャスティスリーグよりスーサイドスクワットよりVSスーパーマンより、そしてアベンジャーズより面白かった!アイアンマンのバーカ!

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014年製作の映画)

3.8

ベルセバのレコードジャケットがそのまま映画になった感じ。ストーリーは有って無いようなものだけど、サクサクと次の曲が始まるので気持ちよく見れます。サントラ買いに行かなきゃ。

ピープルvsジョージ・ルーカス(2010年製作の映画)

4.8

エピソード1および456の特別編公開時にルーカスにブチキレたSWオタクたちのドキュメンタリー。スターウォーズで一番面白い映画なんじゃないかなと。8でアンチになった人達は、この映画に登場する怒れるイカレ>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.8

1967年、デトロイトでの黒人暴動事件。スターウォーズのフィンが主役なので怒りのフォースが覚醒するのかと思ったけど実話ベースなのでそんな訳はなく。街に溢れるモータウンファンクなご当地グルーヴとは真逆に>>続きを読む

ヤング・アダルト・ニューヨーク(2015年製作の映画)

3.8

20代と40代の夫婦、あえての若者アナログ趣味と中年の必死なスマホSNS。ものづくり、世代交代、夫婦、についてウーンと考えさせられとにかく胸くそ悪いけど、軽快で明るいNYの街並みが気持ち良かった。

フェリスはある朝突然に(1986年製作の映画)

3.5

良い時代の良い映画。フェリスの親友役の人良かったなー。

アメリカで最も嫌われた女性(2017年製作の映画)

3.2

息子に朝のお祈りなんかさせんじゃねー!と小学校を訴えた無心論者のオバハンの物語。ファンキーで面白かったんだけど、あのラストが実話だと思うと笑えない、、

テッド 2(2015年製作の映画)

4.2

最後のジェダイとツインピークスリターンで立て続けにモヤモヤしてたとこだったのでスッキリ!ジュラシックパークやコミコン、タートルズと好きなネタのラッシュにカワバンガ!ハズブロ社の社長がマテル社に罪をなす>>続きを読む

LOOPER/ルーパー(2012年製作の映画)

3.0

スターウォーズ 最後のジェダイが嫌いだったので、監督の代表作を見てみました。こっちは程よく面白かったです。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

2.0

ファンの予想を次々と裏切ることに特化した衝撃作。伏線を放り投げられた感じで拍子抜け、もっと気持ちよく裏切られたかった。ルークとレイヤとスノークはこれでいいのか!?あとファズマ。カイロレンが小物なのはい>>続きを読む

覗くモーテル(2017年製作の映画)

3.5

客を覗き見るためにモーテルを購入して何十年も覗き魔をしていたジイさんと、それを一冊の本に書き上げるノンフィクションライターのジイさんのドキュメンタリー。「覗き」がどうこうも気になるけど、「ノンフィクシ>>続きを読む

オードリーとデイジー(2016年製作の映画)

3.0

ムカつく事件です。デイジー達には力強く元気に過ごして欲しい。

ラスト・デイズ(2013年製作の映画)

3.5

なぜか世界中で、ひきこもり病が発生。屋外に出ると心臓発作を起こしてしまうので、人々は自宅やら職場に閉じこもって生活することに。主人公はGPSを持ってる職場の嫌いなおっさんと組んで下水道や地下鉄を進み、>>続きを読む

ヨコハマメリー(2005年製作の映画)

4.0

戦後から横浜の街角に立ち続けるメリーさんという娼婦についてのドキュメンタリー。特別大きな謎がある訳ではないけれど、ひとりの老婆の人生を知れば知るほど込み上げてくるものがありました。シャンソン歌手のおじ>>続きを読む

三大怪獣 地球最大の決戦(1964年製作の映画)

3.5

金星からキングギドラ飛来で、ゴジラとラドンとモスラが共闘!そして美人なお姫様(ほとんど金星人だけど)!警察の兄と新聞記者の妹がお母さんと三人でくつろいでる会話シーンが昭和で好き。

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.0

試写会にて。テンポ良くカッコよく、マンオブスティールやVSバットマンよりも明るい作風で楽しく見れました。フィギュアが欲しくなる映画。しかし敵がしょうもないのと、ヒーローそれぞれの特性が大して活かされて>>続きを読む

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)

4.2

自分はアニメをほとんど見ないので主人公キャラたちのビジュアルやセリフ回しがちょっと苦手だなぁと思っていましたが、がっつりハマることが出来ました。三部作の1本目なのでまだ評価は難しいですが、次はアイツや>>続きを読む

マッドタウン(2016年製作の映画)

3.5

無法地帯に放り出されて砂漠をとぼとぼ歩くおねえさんが悪い奴らに捕まっちゃって手足を食べられて、、と乗っけからかなりショッキング。その後はスローテンポながらカルト教祖みたいなキアヌやホームレスなジムキャ>>続きを読む

1922(2017年製作の映画)

2.5

息子を妻殺しの共犯にしたことで、その後の人生が崩壊していくおじさんのお話。スティーブンキング原作でNetflixオリジナル映画ということで期待して見ましたが、丁寧に作られてるけど地味だなー、という感じ>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.5

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?2049観てきました。雨ばかり降る未来都市の映像は健在で、空飛ぶスピナーもカッコ良く、レプリカントは物哀しく、面白かったです。前作以上にヘビィでシリアス、後半までアク>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

白人彼女のご両親にご挨拶しに行った黒人彼氏が、白人だらけの家で寄ってたかって、、、というサイコスリラー。なんとなくポスターのイメージよりもトーンが低くてじりじりとシリアスな映画でした。後半はドドドと急>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

4.5

新作鑑賞前に見直しました。父母が好きで子供の頃に何度も見せられました。今見ても酸性雨が降り注ぐ未来都市がカッコよかった。日本企業が幅を効かせてるのか、歌舞伎町とか渋谷みたい。レプリカントの4年の寿命を>>続きを読む

>|