TakumiNegishiさんの映画レビュー・感想・評価

TakumiNegishi

TakumiNegishi

ハラショー

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.8

宇宙版キャストアウェイ。前半の宇宙にぽつんと独りぼっちなシチュエーションが火の鳥の宇宙編みたいで最高でした。窓の外に宇宙が広がるプールは幻想的でムーピーゲームのよう。TDLのトゥモローランドみたいなス>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.5

韓国の新幹線ゾンビ映画。逃げ場の無い密室感がスリリングで、それぞれの人間描写も程よく、スプラッター描写に頼らないのにしっかり怖くて最高でした。アメリカじゃないから銃が無いとこも良い。走るゾンビ映画では>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.6

スメルズ・ライク・ティーンスピリット。主人公のひねくれたマシンガントークがテンポ良くて、最後まで飽きずに楽しめました。こじらせてる人の何かのキッカケになったらいいなと。

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

4.2

あんまりレビューを読まずに見るべき名作。時間軸がズレてるので前半はチンプンカンプンだけど中盤以降ぐいぐい来ます。いつもと様子の違うジムキャリー。良い想い出も悪い想い出もその人を作る大事な要素なんだなぁ>>続きを読む

エレクトリック・ドリーム(1984年製作の映画)

3.3

パソコンがなんでも出来る夢の機械だと思われてた時代のエレクトリック・ラブストーリー。知識を吸収してどんどん進化していくPCくんが、主人公の恋路を手助けしていく内にその想いは彼女の方に向かって大暴走。ス>>続きを読む

エミリー 悪夢のベビーシッター(2015年製作の映画)

2.5

サイコなベビーシッターVS子供たちってことで食いついてしまいましたが、地味な嫌がらせするだけで最後まで微妙。エスターを期待して見るとガッカリですが、ベビーシッターはジャケ写より可愛かった。

リトルデビル(2017年製作の映画)

4.2

美人な奥さんの連れ子がどうみてもダミアン(オーメンの悪魔の子)だった時、義理パパは果たして子供を愛する良いパパになれるのか!?というホラー映画パロディ満載のコメディ映画。このテイスト、「タッカー&デイ>>続きを読む

将軍様、あなたのために映画を撮ります(2016年製作の映画)

3.8

我が国の映画は泣いてばかりでつまらない!!と憤慨する映画好きの金正日の命令によって、北に拉致された韓国の映画監督と女優の奥さんが映画を撮りながら脱北するドキュメンタリー。金正日の肉声や、当時の様子が垣>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.8

戦地から逃げる映画。戦争版ゼログラビティというか、戦場の臨場感をガッツリ体感できます。ひたすらしんどい。

人生、ブラボー!(2011年製作の映画)

4.2

若い頃に精子提供しまくったボンクラおじさんが、突然533人の子供たちのパパになってしまうお話。物語が進むうちに、おじさんの表情がどんどん良くなっていきます。最後はちょっと涙が出ました、、ブラボー!

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

3.5

10代の娘の友達に恋してしまう冴えないパパを中心とした家族崩壊劇。自分を取り繕うことで作り出した幸せと、本当の自分をさらけ出すことで生じる結果について考えさせられます。悲惨なお話だけどユーモラス。隣に>>続きを読む

ゴーストワールド(2001年製作の映画)

4.8

みんなダサいしウザいしムカつく、みたいな青春映画。ソーラバーチのころころ変わるファッションとひねくれたセリフ回し、ブシェミの冴えない切ない中年感と音楽趣味が最高。バカは人付き合いが得意なのよっていきが>>続きを読む

オタク・レボリューション(2017年製作の映画)

3.5

スクールカーストをひっくり返すため、各分野のオタクたちが一致団結!SFオタ(スターウォーズ)とファンタジーオタ(ロードオブザリング)が手を組むとことか最高でした。ひっくり返すだけで終わらないストーリー>>続きを読む

アマンダ・ノックス(2016年製作の映画)

3.8

ルームメイト殺人犯として逮捕され、のちに無罪となった美女(かなりの美人、そして色々怪しい)のドキュメンタリー。でも、いや、やっぱり、もしかして、、と惑わされモヤモヤしっぱなしでしたが、良いドキュメンタ>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

5.0

単純明解、テンポ良し、カッコいい登場人物たちが極上のサウンドトラックに合わせて暴れまくる!カーチェイスはもちろんのこと、ストーリー進行中も常に音楽が主役を張ってて中だるみがまったく無かった。冒頭のアッ>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

3.8

犯罪そのものよりも、小さな部屋で生まれ育った子供が、初めて見る広い外の世界に向き合って行く部分にフォーカスしてるのが良かった。

>|