TakumiNegishiさんの映画レビュー・感想・評価

TakumiNegishi

TakumiNegishi

ハラショー

映画(1402)
ドラマ(55)

ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー(2017年製作の映画)

4.0

ホールデン君と同じ年頃にライ麦にどハマりして、ナインストーリーズでよく分からなくなった。大人になってフラニーとゾーイを読んで(後半泣きながら一気読みした)そこからナインストーリーズに戻りました。これら>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.5

黒人警官がKKKに潜入捜査!テンポ良くノリ良く進んで行くので楽しく見れちゃうけど後半で映るつい2、3年前のKKKによる黒人襲撃映像を見て改めてヤバいと思いました。記念撮影のシーンが最高にヒヤヒヤかつス>>続きを読む

愛なき森で叫べ(2019年製作の映画)

2.5

冷たい熱帯魚が好きだけど、これは色々微妙。登場人物がみんな狂ってるせいで最初から異世界の話みたい、バイオレンスも異世界の出来事なら怖くない。

エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE(2019年製作の映画)

3.5

トッド太ったなぁ。ドラマを震えながら見てたころの記憶がいろいろ蘇る。

フラッシュダンス(1983年製作の映画)

3.5

話は面白くもなんともないけど80s溢れる名作!サントラ聴いてると元気になる。可愛い女の子が汚い倉庫に住んでおっさんに混じって溶接の仕事してるのかっこいい。

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.5

鬱になる。ヒースジョーカーのフィギュアでもいじって落ち着こう。

ストレンジャー・コール(2006年製作の映画)

2.5

豪邸で留守番してる可愛いベビーシッターがしつこいイタ電にビビりまくる映画。豪邸がかなりカッコイイ造り。伏線が伏線じゃない潔さが映画的でなくてリアルな気がしてきたけど、びっくりするくらいあっけなかった。

なんだかおかしな物語/ボクの人生を変えた5日間(2010年製作の映画)

3.5

自殺願望が芽生えてしまって慌てて自分から精神病院に入院した16歳男子と、愉快な患者たちの物語。ボーイミーツガール、おっさんとの友情師弟愛?どちらもほっこりできて良かった。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.5

音に反応するモンスターが徘徊する世界で、静かに暮らす家族。喋らないはいいとして生活する上で音を出さないって難しいんだなぁと。スリリングで面白かった!

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

2.0

ヘドウィグファンなので悪く言いたくないけどガッカリ。前衛的宇宙人たちの哲学もパンクの哲学もあんまり上手く描けてないような。宇宙人と言われれば宇宙人ぽいエルたんがいつも通り可愛いだけの映画。あと最初の方>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.5

ほんとにおとぎ話だった!後半うるうる来ました。レオ様の顔芸最高だしブラピカッコ良すぎるしシャロンテートは生き生きしてた。涙が出たのはやっぱりあの事件がすごく胸糞だから。マンソン教についてずっと読んでき>>続きを読む

スモールフット(2018年製作の映画)

4.0

ストーンに刻まれた神話を信じて平和に暮らすビッグフットたちと、伝説の生き物スモールフット(にんげん)のお話。常識に疑問を持ってみようというテーマを明るく楽しく描いたミニオンチームによるアニメ映画です。>>続きを読む

プライベート・ウォー(2018年製作の映画)

3.0

試写会に行って来ました。片眼を失っても戦場に挑み続けるジャーナリストのお話。かなり重い。戦争とは何か。ジャーナリズムとは何か。同じくジャーナリストのお二人によるトークショーも面白かった。芸能ゴシップば>>続きを読む

ハリーとヘンダスン一家(1987年製作の映画)

3.0

パパ、ママ、おねえちゃん、メガネくん家族みんな可愛いし、表情豊かなハリーがたまらない映画でした。たいして面白くないけど80年代、CGではない着ぐるみクリーチャー感に胸キュンです。ちなみにかわいいハリー>>続きを読む

サマー・オブ・84(2017年製作の映画)

3.5

ストレンジャーシングスを求めて行くと地味だしシリアルキラーものとしてはパンチが弱いけど、少年たちのひと夏の冒険はやっぱり楽しい。

ペット(2016年製作の映画)

4.0

飼い主の見ていない間にペットたちは、、、という予告編だけ見た時にはトイストーリーじゃんと思ったけど、魅力的なキャラクターとテイストで楽しめました。NY〜ブルックリンのよく晴れた景色を眺めているとワンコ>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.5

いまさら観ました。ラブコメかと思ってたけどSFだった。都会も田舎も青空も星空も綺麗だった。

アメリカン・グラフィティ(1973年製作の映画)

4.0

幼少時に見たらしいけど覚えてないので改めて鑑賞。60年代アメリカの青春の一夜。登場人物のフォーカスが切り替わっても、いつでもどこでも流れてるウルフマンのラジオ番組が最高でした。終始陽気なのにラストのエ>>続きを読む

仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー(2017年製作の映画)

3.0

ゴースト、エグゼイド、ビルドとTVシリーズを見てきたのだけど映画は初めて。みんな揃ってツーリングしてるシーンが胸熱でした。御成登場も嬉しい。

ラプチャー 破裂(2016年製作の映画)

2.0

ホステルみたいなホラーなのかと不安(ホステルは痛すぎて苦手)になりながら見てたですが、なんだか色々中途半端で拍子抜けでした。

世界の涯ての鼓動(2017年製作の映画)

3.0

スマホでは繋がれないふたつの極地。恋人たちもだけど、テロリストたちが良かった。クーラーの効いた映画館でこの深海の静けさは眠くなる。試写会にて。

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.0

前作では泣かされましたが、今作は楽しく観れました。新キャラ、フォーキーもぬいぐるみコンビも良かった。ただなんとなくウッディの顔に違和感。

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

4.0

毎朝目覚めると違う顔になってしまう男の恋愛物語。あり得ない設定なのにコメディでなくてちゃんと切ない。あとヒロインがすごく可愛い。木の椅子が欲しくなる。

万引き家族(2018年製作の映画)

3.5

重たい、、、、、散らかった部屋を観てたら気が滅入ってきたので、自分の部屋少し片付けようと思いました。

デッド・フレンド・リクエスト(2016年製作の映画)

2.5

変な子からのフレンド申請を承認しただけなのに。SNSサスペンスな前半は面白かったけど、ホラーとしては地味でした。

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.0

なんでもかんでもシェアして、いいね!なSNS社会風刺映画。テーマもキャストも音楽もいいけど、サークルのシステムや設定は説得力がイマイチ足りないと思いました。とはいえ、いいね!よろしくです。

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.5

なんかこうもっと、どんでん返しとか因果とか復讐とか、そういうのを期待しながらハラハラ観てたので最後まで???だったけど、しばらく考えてこれはヤバイ映画だったのかと納得。普通こんなことされたらこうなるよ>>続きを読む

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

4.0

愛する妻に清潔な生理用ナプキンを使わせたいがために人生をかけたインド人男性の話。金銭的、技術的な面の苦労はもちろんだけど、タブーとの戦い。後半エキサイティングでした。生理ちゃんて漫画もおススメ。

モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル(1975年製作の映画)

3.5

シュールギャグの連発でちょっと疲れるけどヤバイ。後半は馬が自然に見えてきた。

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.5

エンドゲーム明けの夏休み。ヨーロッパを観光しながら戦う姿がディズニーランド(USJか)のアトラクションみたいで楽しかった。戦いよりも愛しのMJとの青春を応援してました。

ミニスキュル 森の小さな仲間たち(2013年製作の映画)

2.5

ほのぼのかと思いきや、がっつり戦争してました。セリフが無いので後半は睡魔が。

>|