ポコ太郎さんの映画レビュー・感想・評価

ポコ太郎

ポコ太郎

ズートピア(2016年製作の映画)

3.7

2024-27

様々な動物たちが共存している街、ズートピアが舞台。ウサギとして初めて警察官になったジュディが、失踪したカワウソを探していくうちに大事件へと発展していくファンタジー作品。

一見ただの
>>続きを読む

ミステリと言う勿れ(2023年製作の映画)

3.7

2024-26

女子高生に導かれて広島へ行くことになった主人公の久能整君が、嫌々ながらも資産家の遺産相続に巻き込まれて謎をといていく話。ほぼ独立している話なので、先に本作を観て面白いと感じたらドラマ
>>続きを読む

ザ・フラッシュ(2023年製作の映画)

3.9

2024-25

ドラマ版は未視聴。
母親を助ける為に過去へ行った事が原因で違う並行世界に来てしまう、最近よく見るマルチバースもの。この手の作品が増えてしまったのもあって展開の意外性はあまり無いが、マ
>>続きを読む

ザ・キラー(2023年製作の映画)

3.5

2024-24

依頼を失敗した殺し屋の顛末を描いたクライム作品。主人公の自分語りが本作最大の特徴で、格好いい発言と現実のギャップが見どころ。ただ、痛々しい描写も多いので少し耐性が無いと辛いかも。話自
>>続きを読む

一人息子(1936年製作の映画)

3.7

2024-23

「東京物語」や「秋刀魚の味」の小津安二郎監督作品。東京で学ばせるために必死でに働いてきた母親と、東京の生活に挫折した息子の衝突を描いた作品。

さすが小津監督。親子の微妙な距離感を描
>>続きを読む

猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011年製作の映画)

3.7

2024-22

今年公開の新作に向けて復習。
薬の影響で知能が高くなった猿と人間の衝突を描いた、初代猿の惑星の前日譚。イカルス号の発射シーンがちらっと映るなどオマージュ要素はあるが、直接ストーリーに
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.6

2024-21

ザック版視聴後に違いが気になったのでこちらも視聴。

ザック・スナイダー監督の降板により、公開まで約半年という状態でアベンジャーズのジョス・ウェドンが引き継ぎ、完成させた劇場公開版。
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット(2021年製作の映画)

3.9

2024-20

2017年公開のジャスティス・リーグを、途中降板したザック・スナイダーが再編集したバージョン。内容の本筋は変わらず、バットマンが特殊能力者を集めて、宇宙からくる悪者を倒すため団結する
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

3.7

2024-19

海底人と人間のハーフであるアーサーが、海の生き物を従えて海と地上の平和を守るために戦うアクアマン単独作品。ジェイソン・モモアのパワフルなアクションと大迫力で美麗なCGが魅力。

王道
>>続きを読む

ケイコ 目を澄ませて(2022年製作の映画)

3.4

2024-18

潰れそうなボクシングジムに通う、両耳が聞こえない女性プロボクサーを描いたヒューマンドラマ。ボクシングものではあるが試合の描写は少な目で、ケイコの日常がメインの起伏が少ない静かな作品。
>>続きを読む

ワイルド・スピード/ファイヤーブースト(2023年製作の映画)

3.7

2024-17

最終章3部作の1作目。シリーズ5作目のメガマックスに登場した敵の息子が、トレットファミリーを狙って大暴れ。常連から久しぶりと感じる面々まで多数の人物が登場して、まさにシリーズ完結編の
>>続きを読む

雨月物語(1953年製作の映画)

3.7

2024-16

陶器を売って金に執着している男と、侍になりたくて出世欲のある男のダブル主人公。その2人が己の欲に溺れて大切なものを見失う話。怪談要素もあるが怖くはない。どちらかというと男2人と巻き込
>>続きを読む

駅馬車(1939年製作の映画)

3.6

2024-15

インディアンに襲われるかもしれない状況の中、8人の男女が馬車に乗ってニューメキシコのローズバーグへ向かうロードムービー。各々きちんと目的地を目指す理由が設定されており、その中で変化し
>>続きを読む

君が生きた証(2014年製作の映画)

3.7

2024-14

銃乱射事件により息子を失い、自暴自棄となった父親が主人公。息子の作った音楽を遺品の中から見つけた事をきっかけに、背けていた現実と向きあうヒューマンドラマ。

使われている音楽もどれも
>>続きを読む

女神の継承(2021年製作の映画)

3.5

2024-13

祈祷師一族の後継者に起こる不可解な出来事を、モキュメンタリーで撮ったタイ版エクソシスト。前半と後半で雰囲気は変わるが基本スピリチュアル系の話。

不気味な雰囲気や直接的な恐怖演出は良
>>続きを読む

エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス(2022年製作の映画)

3.6

2024-12

マルチバースをテーマにした作品。
税務監査人に詰められているコインランドリーを経営するエヴリンが、全宇宙を守るSFコメディ。普通の女性でも過去の選択次第では、カンフーの達人や女優とし
>>続きを読む

風と共に去りぬ(1939年製作の映画)

4.0

2024-11

4時間近くある事で有名な長編映画。こてこての恋愛作品と思われがちだが、主人公のスカーレットが南北戦争をはじめ数々の苦難を行動力で乗り越えていく話。

かなり長い作品なのもあって身構え
>>続きを読む

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)

3.8

2024-10

ドイツ軍のポーランド侵攻から開放までを、実在するユダヤ人ピアニストの視点から描いた作品。ピアノの演奏シーンはあるが、音楽がメインテーマではなく、あくまでホロコーストを題材にしたヒュー
>>続きを読む

大列車強盗(1903年製作の映画)

3.5

2021-09

列車強盗の一部始終を描いた、1903年制作の世界初の西部劇。無声映画であるものの、何を見せたいかハッキリしていて内容を理解しやすかった。

120年前の動画である事、世界初の西部劇で
>>続きを読む

悪魔を見た(2010年製作の映画)

3.8

2024-08

婚約者をバラバラ殺人で失った男の復讐譚。少しでも長く犯人を苦しめる為に痛めつけては治療を繰り返す主人公と、倫理観がぶっ飛んだ性欲の化身である犯人。2人の異常者の血生臭い戦いが見どころ
>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

3.6

2024-07

過去の出来事が原因で、下心を持って近づいてくる男性に制裁を加え続けている女性が主人公の復讐譚。

性的なテーマにも関わらず直接的な表現がほとんど無いので、精神的なダメージが少なくてス
>>続きを読む

エスター ファースト・キル(2022年製作の映画)

3.6

2024-06

前作「エスター」の前日譚。エスター誕生から孤児院へ行く過程が描かれている。前作で明かされた重大な秘密を知っている事前提で作られているので、前作を見ていなければネタバレになってしまうの
>>続きを読む

JUNK HEAD(2017年製作の映画)

3.6

2024-05

ストーリーはシンプル。
生殖機能を失った代わりに長寿を得た人類がウィルスによって絶滅しそうだから、主人公は独自の進化を遂げたマリガンという人工生命体を調査しに地下へ行くSF作品。
>>続きを読む

夢のチョコレート工場(1971年製作の映画)

3.6

2024-04

約20年前にジョニー・デップ版の公開時に見て以来の視聴。新作の「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」はこちらの前日譚らしい。
心優しい主人公と生意気な4名の子供+保護者の5名が、世
>>続きを読む

他人の顔(1966年製作の映画)

3.7

2024-03

顔に酷い火傷を負ってしまった事で、妻に拒絶されていると思い込んでいる男性が、人工的な顔を手に入れて別人として、復讐の意図で妻を誘惑しようと画策する話。

心理学的な意味の「ペルソナ」
>>続きを読む

ミンナのウタ(2023年製作の映画)

3.2

2024-2

予告編で「仄暗い水の底から」を彷彿とさせるシーンを見てから気になっていた作品。劇場で見れなかったのを後悔していたが、結果行かないで正解。正直自分には一切響かなくて違う意味で視聴後は放心
>>続きを読む

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 後編 永遠の物語(2012年製作の映画)

3.8

2024-1

以前TV版をリアタイで視聴した時には、終盤の怒涛の展開に追いつけず、曖昧になっていた部分があったで今回視聴した事できちんと納得出来てスッキリ。
劇場版として2部作に再編集した事で、無駄
>>続きを読む

大名倒産(2023年製作の映画)

3.6

2023-77

歴史にかなり弱いので、史実との相違点なんかは無視して全てフィクションと割り切って視聴。そこまで割り切ったら時代劇が苦手な自分でも、コメディ映画として楽しめた。

全体的にストレスが少
>>続きを読む

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 前編 始まりの物語(2012年製作の映画)

3.8

2023-76

TV版をリアルタイムで見て以来のまどマギで、前・後編の劇場版は初視聴。来年新作やるようなので少し早いけど予習。改めて視聴して率直に面白かった。

見た目の可愛らしさと鬱展開のギャップ
>>続きを読む

ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド ゾンビの誕生(1968年製作の映画)

4.0

2023-75

リメイク版を見て、細かいところを覚えていなかったので比較したくてこちらのオリジナル版も視聴。

リメイクもいい出来だが、個人的にはやはりこちらの方が好み。演出の派手さではリメイクの方
>>続きを読む

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド/死霊創世紀(1990年製作の映画)

3.8

2023-74

オリジナルのいい所を崩さない、いいリメイク作品。元が白黒だったのでカラーになるだけで大分印象は変わるが、前半はかなり忠実に再現されているので、オリジナル版が好きな人でも受け入れやすい
>>続きを読む

記憶の夜(2017年製作の映画)

3.7

2023-73

見せ方の上手さと、先の読めない展開で満足度の高い作品だった。約110分と展開によっては長く感じる時間だが、前半はほどよい緊張感があり、後半は物語が二転三転していく爽快感であっという間
>>続きを読む

⻤太郎誕生 ゲゲゲの謎(2023年製作の映画)

3.6

2023-72

子供の頃に見た鬼太郎(3作目)とは何もかも雰囲気が違っていて驚いた。まさか猫娘が美少女キャラになっているとは…

本作は妖怪映画でありながら人間の業の深さにフォーカスしたストーリーに
>>続きを読む

劇場版TOKYO MER 走る緊急救命室(2023年製作の映画)

3.8

2023-71

海猿に近いノリの医療もの。
思っていた以上に迫力があり、普通の医療ものとは違う緊張感が面白かった。
内容はシンプルで分かりやすく、劇場版の本作から見ても、9割は把握出来る敷居の低さも
>>続きを読む

フレディVSジェイソン(2003年製作の映画)

3.6

2023-70

13日の金曜日の9作目のラストに、フレディーが手だけ出てくる描写があってからずっと噂になっていたクロスオーバー作品。両タイトル共にファンであった自分は公開時にワクワクしながら劇場へ行
>>続きを読む

冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた Fine(フィーネ)(2019年製作の映画)

3.7

2023-69

TV版の続編なので単作では十分に楽しめないが、完結編としてよく出来ているのでアニメシリーズや原作が好きなら見る価値あり。
奇抜な登場人物ばかりで、尖った性格破綻者が多かったが、どのキ
>>続きを読む

>|