ruuさんの映画レビュー・感想・評価

ruu

ruu

映画を見て服を作り美味しいものを食べる日々
好きな映画には郊外チックな曲と最高に愛おしいクレイジーな人が付き物

映画(75)
ドラマ(0)

ユー・ウォント・ミー・トゥ・キル・ヒム(2013年製作の映画)

3.7

TSUTAYAで何も知らないで手に取った作品。
ーーー学校で人気者の主人公マークはネット上で知り合ったレイチェルに惹かれていく。ある日レイチェルは彼氏のケビンに酷い扱いをされているといってネット上から
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.8

家族全員で鑑賞。
家族揃って映画館に行くのは「はじまりへの旅」以来。

是枝監督の作品のキャストの人達って今人気の俳優とか話題性で決めてるんじゃなくて、リアルな演技をする人が選ばれているから、どの作品
>>続きを読む

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

4.0

B級映画かと思って見始めたのに終始ハラハラして不気味で良い意味で想像を裏切ってくれた作品。
お化けとかのホラー映画よりもよっぽどこういう人間性の怖さを描いた作品の方がゾッとする…。
特に最後なんかはあ
>>続きを読む

エレファント・ソング(2014年製作の映画)

3.0

作品見た後にグザヴィエの「この主人公はまさに僕だ」という言葉がよりいっそう衝撃的に感じた。
起承転結がそこまである訳じゃないけど最後まで見ずにはいられないって思って見てた分最後の展開がもうちょっと違う
>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

2.0

正直期待してたものと違った。
目を背けたくなるようなシリアスなシーンもあったけれどそれと同じくらい「女 酒 fuckin〜hahahaha」ってシーンが多かったかな…。
あと登場人物似すぎて主人公どれ
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.0

最初の方は期待通りの精神的にジワジワと静かな恐怖。使用人として家にいる黒人2人の演技が絶妙で感情が全く無い。特にメイドさんの方は「no no」って何度も言いながら涙を流す姿が怖かった。
でも中盤くらい
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

-

ストーリー内容は良かったけれどその話の描き方というか、空気感というか思った以上にオシャレ映画だったのがいけなかったのか言葉では表しにくいけれど自分には苦手なジャンルだった。
多分パロアルトストーリーと
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.8

冒頭でガッツリ心を奪われた
映画館に見に行けなかったのが本当に悔しかったけれど、かわりにヘッドホンで大音量で見ていたため想像以上に迫力あった。
何より曲と周りでの音が気持ちいいくらい合わさる感じが見て
>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

4.0

最後の数分で大ドンデン返しがある映画だって知りながら見たのに想像以上にどんでん返しすぎて思いっきり見ながら「あ゛あ゛あ゛!!!」って声出た。

最初の方は全員の名前と顔一致しないで見終わりそう…って心
>>続きを読む

ゴーストワールド(2001年製作の映画)

2.5

自分の温度にはあまり合わなかった。
個人的にオシャレだけどストーリー性があまりない映画が苦手だから今回はこれに当てはまった。
確かにファッションも背景も全てがフォトジェニックでめちゃくちゃオシャレで可
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最後の結末が本当に「死」を選んだことに驚いた。
もし日本でこの映画と同じ題材で作品が作られたらルーと出会い、死なないでと言われたことで結局「生きる」ことを選ぶ作品が描かれそう。
しかしこの作品は本当に
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

5.0

傑作の名にふさわしい映画。
最後の最後のシーンまで目が離せなくて痺れる。ながら見なんて絶対に許されない映画。一つ一つの場面もセリフも見逃せないしこちらも頭をフル回転させながら見ていくが、疲れることなく
>>続きを読む

ファースト・タイム(2012年製作の映画)

4.0

外国の恋にパーティーにちょっと冴えない主人公の青春映画
まさにこのシンプルオブザ・ベストを映画にしてくれた1本。
いつもこんなシンプルな映画を見たいと思っても+α他の問題などが含まれた映画が多かったか
>>続きを読む

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

4.7

いや〜〜最高だった!
今年初の映画館での鑑賞にこれを選んでよかった
個人的に良い映画には良い曲が付き物だと思っているのでこの映画はオープニングから素晴らしくて思わず「これ絶対に良い映画だ」ニヤニヤして
>>続きを読む

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

4.9

一生見なくても一生覚えているんだろうと思う作品。
「We still love each other,right?」
僕達はまだ愛し合ってるよね?
少しいびつになってしまう面もあるけど真っ直ぐ一途な親
>>続きを読む

ブルックリン(2015年製作の映画)

4.0

どうせオシャレで可愛いだけで自分こ中で一番苦手なオシャレ中身スカスカ映画であろう…。と謎の偏見をもち見るのを避けていた映画。
でも数日前に4回目のアバウトタイムを見た流れでドーナルの出てる作品を見よう
>>続きを読む

最低で最高のサリー(2011年製作の映画)

2.8

あまり心に残らない作品…。(実際この部分だけ追加で後日書きたそうとしたがどんな話だったか思い出せない)なんでたろう…好きな映画には海外の郊外チックな曲に優しい先生が登場する作品多いのににこれは心に響か>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

2.5

ツッコミどころが想像以上に多かった。何度もピエロ今なら子供たちのこと殺せたでしょ…ってシーンがあるけど殺さないし、なにより太っちょの子が腹切られることに免疫つきすぎ笑
だから怖いというよりは笑いながら
>>続きを読む

危険なプロット(2012年製作の映画)

4.0

この映画は予告だけで絶対に見ようと思ってた作品。

個人的にフランス映画って少し苦手と思ってたけどこの映画は終始飽きることなく気持ちが引き寄せられていた。

文学教師が週末に出した「休日の出来事を書き
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

前半なんかは特に目を瞑りたくなるようなショッキングなシーンも多く、だけど所々に笑えて暖かくなるシーンがあって良かったからこそ最後が綺麗にまとめられすぎかな…。とちょっと残念 。>>続きを読む

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

3.0

「広告はクールじゃない」
見た時には何も思わなかったセリフだったけど最近インスタグラムとかでも広告出てきてこのセリフを思い出して「確かに…!!!」ってなった。忘れられないセリフ。

この作品のジェシー
>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

2.5

思ってたよりも独特な雰囲気というか癖のある映画だった。ストーリーは理解出来たけど後半になればなるほど癖が強いシーンが多くなって眠気に襲われることが度々、、、

でも最後の最後のシーンは思わず「あぁ…!
>>続きを読む

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

3.0

見る前からあまりにもハードルを上げすぎてしまった作品

思っていたよりも人々と会っていくシーンがポンポン早かった
3.11とアスペルガーの2つが描かれていることで3.11の恐怖のシーンを見てグッと来た
>>続きを読む

セックス・アンド・ザ・シティ(2008年製作の映画)

3.6

何も考えずにくすっと笑いたい時見るのにちょうど良い映画
見る前はもっとセレブリティー溢れる女性達の話かと思いきや家庭とか夫婦問題とか想像してたより感情移入しやすくて終始楽しめた

なにより4人が皆それ
>>続きを読む

プールサイド・デイズ(2013年製作の映画)

5.0

なんで自分は今までこの作品を見てなかった!?と後悔するほど気に入った作品になった。想像を超えた良作。そして珍しく原題より邦題の方が好きだなと感じた作品

ウォールフラワーとかsweet17monste
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.8

今まで見た映画で1番「映画館」で鑑賞したことに意味があると思える作品。
IMAXでの鑑賞は終始迫力満点。

舞台はダンケルク、民間船、戦闘機の三つに分かれている。
その全てのシーンがハラハラして休む暇
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.5

ポスターのデザインがなんとも素敵。
黒人の綺麗な肌によって映える青がとても美しい。
ストーリーは大きく三つに分かれていたからか、主人公の葛藤する気持ちとかが想像してたより描かれていなかった
でも細かい
>>続きを読む

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

3.7

これはもし数年後に自分が親になったらもう一度見たい映画。
親になるのに一番必要なのは高い知能か大きな愛か。

感動するシーンはもちろん、思った以上に笑えちゃうシーンも多くてあっという間の2時間だった。
>>続きを読む

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

3.1

女性同士の恋愛映画はいつも見ながら少しこそばくて、その感情が今の自分には分からない、でもこの映画に入りきった今なら少し分かるかもって考えさせられて、そして美しい。

エマの髪の青をはじめ劇中にはたくさ
>>続きを読む

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

3.0

この映画を見てキュンキュンするよりも「どんだけすれ違いをすれば気が済むんだ!!なんでもいいから早く結ばれてくれ!」って(すれ違いがこの映画のストーリーの柱ってのは理解してても)終始こそばくて仕方がなか>>続きを読む

PK(2014年製作の映画)

4.1

きっと、うまくいくを見たらPKを見ずにはいられない!ということで念願のPK鑑賞

やはり期待を裏切らない!!
約二時間半あっという間に終わった
PKを見れば見るほど愛おしくてしょうがなかった。

何よ
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.6

想像以上に好きな映画だったため感想がありすぎて全然まとめられない!

こういう映画館出た後に何とも言えない幸せな気分になる映画って大好き

アダムドライバーが好きで今回ジム・ジャームッシュ監督の作品を
>>続きを読む

ショート・ターム(2013年製作の映画)

5.0

思わず見終わった後この映画にキスしたくなる作品
登場人物のほとんどが心に傷を負っている。その傷の理由が劇中で描かれている人もいれば、最後までその理由はわからない人もいる。
なんでこの子は写真を部屋に沢
>>続きを読む

ハッピーエンドが書けるまで(2012年製作の映画)

3.0

何が良いってローガン・ラーマン!!!!ウォールフラワーで知った冴えない男の子がこの映画では積極的に主人公にアタックしてるところが物凄く可愛かった!
ストーリーは先が予想できたからかあまり抑揚を感じられ
>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

4.6

ボストン・グローブ紙のスポットライトが報じた何十人ものカトリック教会の神父が子供たちに性的虐待をしていた事実を掲載するまでの事実に基づいた映画。

本当に最初から最後まで衝撃と恐怖で鳥肌が何回もたった
>>続きを読む

>|