スプートニクさんの映画レビュー・感想・評価

スプートニク

スプートニク

文章書くの下手です。

'16-04以降の映画から

映画(276)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

謝罪の王様(2013年製作の映画)

2.5

竹野内豊が自分の娘を張り倒すところと、ラーメン屋の所は面白かったけど、ラストのあれで醒めた。

運命のボタン(2009年製作の映画)

3.0

ジャンル的にはオカルトなのかな?地味にホラー要素があって、しかも心理的に怖いタイプのやつで怖かった。

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

1.0

びっくりするくらいつまらなかった…。まず作りとかが2時間ドラマみたいだし、冒頭のOPを観ただけで駄作だと予想できた。始まりから終わりまで単調だし笑う要素が一つもなかった。他の人のレビューやツイッターで>>続きを読む

ジャックと天空の巨人(2013年製作の映画)

3.0

あまり期待せずに観たら結構楽しめた。終盤の巨人の大群が攻めてくる所は、「お、進撃の巨人かな?」って思うくらいすごかった。
あとユアン・マクレガーかっこいい!王様も偉そうじゃないし、自ら剣を握って戦いに
>>続きを読む

ロード・オブ・ウォー(2005年製作の映画)

2.5

武器商人を描いた映画なんだけど、まあどんなに頑張ってもこの世から武器はなくならないんだろうね。
あと、この映画はウィキペディアに書いてあるけど、実在の人物の伝記ではなく、複数の実在する武器商人たちへの
>>続きを読む

ムカデ人間2(2011年製作の映画)

3.0

3から観たのだけど、3が霞むくらい遥かにヤバかった…!主人公のマーティンを演じてる人の狂気がヤバい。モノクロ版を観たけど、カラー版よりモノクロ版の方がいいと思う。とにかくグロくて、どこまでも下品なので>>続きを読む

亀は意外と速く泳ぐ(2005年製作の映画)

4.0

とにかくゆるいし、何回観ても飽きない。上野樹里も本当にかわいい。個人的には岩松了がずっとソ連のTシャツ着てるのが好き。

80デイズ(2004年製作の映画)

2.5

中盤くらいまで退屈で何度も挫折しかけたけど、終盤の船を改造してグライダーみたいなのを作るところはカッコよかった。とにかく原田泰造の吹替えが酷すぎて全然集中できなかった。観るなら字幕版をオススメします。

フランス、幸せのメソッド(2011年製作の映画)

2.0

家政婦と凄腕のトレーダーの恋愛を描いた映画で、ハッピーエンドになるのだろうと思いきや、ラストでわけのわからない展開になり呆然。邦題とジャケットのイメージがオリジナルのフランス版と方向性が全然違うってい>>続きを読む

ムカデ人間3(2014年製作の映画)

3.0

完全にグロいギャグ映画。常にFワード、下ネタ、人種差別のオンパレード。モザイクかかってるとはいえヤバすぎる。途中から監督本人が本人役で出てきたりして、かなりフリーダム。肝心のムカデ人間が出てくるまで結>>続きを読む

武器人間(2013年製作の映画)

3.0

久しぶりにぶっ飛んだ映画を観た。グロ耐性がない人は注意した方がいい。押井守のケルベロスシリーズとか、ゲームのウルフェンシュタインシリーズに出てきてもおかしくないのが出てきて、好きな人はハマるかもしれな>>続きを読む

ファイナル・プロジェクト(1996年製作の映画)

2.5

ジャッキーがでかい脚立をブンブン振り回す所がハラハラした。ウクライナに行ったりオーストラリアに行ったり、色々な場所で戦ってるけど最期の水族館の水槽での戦闘はもはやコメディ。すごくゆるーく戦っていて、し>>続きを読む

映画 ちびまる子ちゃん(2015年製作の映画)

2.5

ラストのまるこの夢が漫画家っていうのがグッとくるね…。

終戦のエンペラー(2012年製作の映画)

3.0

すごく地味な映画だけど、つまらなくはなかった。夏八木勲演じる宮内庁職員の関屋はこの映画のプロデューサーの祖父だそうで、皇居で撮影が出来たのもそれが縁なのかな?皇居で撮影が許されたのはこの映画が初めてだ>>続きを読む

涼宮ハルヒの消失(2010年製作の映画)

3.5

原作未読、アニメはちょろっと観た程度だけど面白かった。

攻殻機動隊 新劇場版(2015年製作の映画)

2.0

押井版、神山版のファンとしてはなかなか複雑。やはり田中敦子と大塚明夫、山寺宏一の3人の声がないと違和感がある。キャラデザインも大幅に変わり、個人的に好きなサイトーが絶妙にダサくなってて悲しい…。

ワールド・トレード・センター(2006年製作の映画)

3.5

2001年の同時多発テロによって、ビルの崩落に巻き込まれた2人を描いた映画。生存者はたった20人しかいなかったという。生き残った2人は映画にカメオ出演しているらしいけど、どこにいるかはわからなかった。

劇場版 零 ゼロ(2014年製作の映画)

2.0

すでにたくさんのレビューでも書かれてるけど、全然ホラー映画ではなくて、怖いシーンは特にない。しいて言うなら中盤の窓ガラスを石で割るシーンの音で驚いたくらい。中条あやみら女の子を観るだけの映画。元々はホ>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.0

アリエッティと思い出のマーニーは好きだけど、これは少し微妙。前の2作は内容をしっかり覚えているけど、これは全然残らなさそう。

プロミスト・ランド(2012年製作の映画)

3.5

とても真面目な映画。シェールガス業者と地権者の話で、日本における太陽光発電の業者と地主の話みたいなもの。ラストは意外な結末で、ちょっと驚いた。相棒スーは「ただの仕事よ」と言うけど、そこまで割りきれるか>>続きを読む

風を見た少年(2000年製作の映画)

1.5

世界観とか登場人物の説明が全然なくて最初は混乱するし、最後まで観てもよくわからなかった。飛行船とか宮崎駿っぽい兵器が出てくるけど、決してジブリアニメではない。キャラデザがポポロクロイス物語の人だそうで>>続きを読む

猫の恩返し(2002年製作の映画)

3.5

大体の人がハルが好きとかバロンが好きとか、ムタが好きって言うと思うけど、個人的にはナトルが好き。

のぼうの城(2012年製作の映画)

3.5

すごい映像が綺麗で驚いた。セットもしっかりと造ってあって安っぽくない。そして甲冑がすごくリアル。要はお金がかかってる。忍城を囲む堤を天守から見渡すシーンは美しくて恐ろしい。水攻めのシーンもどうやって撮>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.5

あらすじとか全然知らなかったから、最初は教師と生徒の恋愛映画かと思ったら全然違った。中盤までは何かありきたりな展開だけど、終盤はビックリした。原作ファンのツイートを検索すると、映画化するべきじゃなかっ>>続きを読む

スチュアート・リトル(1999年製作の映画)

4.0

スチュアートもかわいいんだけど、後半の野良猫たちも猫好きにはたまらなかった。所々人形っぽかったけど。CGも1999年の映画とは思えないくらい。脚本がシャマラン監督なのが驚いた。模型の帆船に乗ってみたい>>続きを読む

となりのトトロ(1988年製作の映画)

4.0

前に宮崎駿は司馬遼太郎との対談で、元々日本の風景が嫌いだったけど、ハイジの取材でスイスに行った時にその考えが変わったようで、トトロに出てくる古き良き日本の田園風景というのは、東京生まれの宮崎駿の理想の>>続きを読む

>|