Tomoさんの映画レビュー・感想・評価

Tomo

Tomo

映画(962)
ドラマ(0)
アニメ(0)

MIA ミア(2013年製作の映画)

2.8

ストーリーがどんなだったか😓

女の子が無双するのは無理があります。

ギフト(2000年製作の映画)

3.3

かなり豪華な俳優メンツ
しかしながらサスペンスとホラーの狭間をゆっくりとただよう、なんとも中途半端な展開

事件も犯人ももう一捻り欲しいところでした。

ダブル・インパクト(1991年製作の映画)

3.3

両親の仇を討つ双子の男
演じるのはヴァンダム!

アクションもストーリーもよくあるB級映画なんだけど、この懐かしい感じがたまらん。

香港の街並みを駆け抜けてく映画って
いいよね!

ノウイング(2009年製作の映画)

3.0

この世に起こる災害や事故の予言をめぐるファンタジーサスペンスミステリーSF作品

ってこの時点で脚本も設定も
とっ散らかってる感じなのが
伝わると思います。

マイ・ドッグ・スキップ(2000年製作の映画)

3.8

内気で友達を作るのが苦手な少年は誕生日に両親にもらった犬のスキップを通して人との関係を築いていく。

人の輪の広がり方が心地よい前半
後半にはちゃんと山場となるピンチな展開も控えていて、王道なヒューマ
>>続きを読む

パーフェクト・ゲッタウェイ(2009年製作の映画)

3.2

新婚旅行のバケーションに来た3組のカップルが自然を探索していく。
ニュースでは島に殺人犯のカップルが潜んでいるというニュースが…

途中で認識がくるっと置き換えられる構成で結構終盤まで楽しめました。
>>続きを読む

AVA/エヴァ(2020年製作の映画)

3.0

女性版ジェイソンボーンを作ろうとして、失敗したような作品。
アクションはキレがなくモッサリ
暗殺も一昔前のような方法

新鮮味が全くなく、ストーリーも
主人公の恋愛部分も蛇足

ジェシカチャステーンが
>>続きを読む

デンジャー・コール(2015年製作の映画)

2.7

色々とクオリティ低い一作
でもそれが午後ローならではで大好き

設定は大好きなんだけどなぁ

轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス(2006年製作の映画)

3.5

ボウケンジャーのチーフの
明石暁の親父が登場!
完全にインディ!

チーフは後半になるにつれて
ギャグ回の中心に据えられて
カッコいいリーダキャラから親しみやすさも追加された大好きなレッドでした。
>>続きを読む

ミニオンズ フィーバー(2022年製作の映画)

3.7

グルーの大悪党盗賊としての
一歩目が描かれた一作。

彼がなぜ一作目で月を盗もうとするのか、彼の成り立ちに迫ったお話。

ミニオンと幼いグルーの出会いや
絡みが描かれていてはちゃめちゃ具合も今作が1番
>>続きを読む

パラサイト(1998年製作の映画)

3.2

今を活躍する俳優たちの若い頃がまとめて見られる貴重な一作。

ジョシュハートネット、イライジャウッド、ジョーダナブリュースター

みんな若くて可愛い

学校の先生が宇宙生命体に寄生されていき、乗っ取ら
>>続きを読む

ハード・ソルジャー 炎の奪還(2012年製作の映画)

4.0

往年のバンダム様!
いやぁ、若い時のB級作品とは少し違って、ストーリーがシンプルでもエッジが効いていて、楽しめました。

アクションシーンが年のせいかほとんどなくてちょっと寂しい…!

バットマンみた
>>続きを読む

ミッシング・デイ(2014年製作の映画)

3.3

平凡な夫婦が自力で頑張っていたので結構楽しめました

国際養子縁組を装った
なんとも手の込んだ詐欺集団のカモにされるという斬新な展開

ジョンキューザックのサイコパス感がいい具合に発揮されてました。

手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖!(2015年製作の映画)

3.5

歴代戦隊シリーズでも
トップクラスに面白いニンニンジャー
登場キャラが濃く、ストーリーと敵の設定がしっかりしていて、悲しいながらも賑やかなテンションを最後まで維持し続けた傑作

しかし30分の映画じゃ
>>続きを読む

D-TOX(2002年製作の映画)

3.2

オープニングはセブン
すっげぇ意識して作られてた

前半のサイコサスペンスな流れからソリッドシィチュエーションへと、話の展開から違和感なく状況を変化させて、みてる側としては全く飽きない構成だと思いきや
>>続きを読む

テキサスSWAT(1983年製作の映画)

3.0

チャックノリスが
泥臭くカッコ良い!
終盤のヒロインの扱い方が
かわいそー!

一匹狼、ハードボイルド感が足りんよ
そんで邦題のSWAT??まったく関係ない

世界侵略:ロサンゼルス決戦(2011年製作の映画)

3.2

突如地球に侵略してきた宇宙人
迎え撃つ人類……
蓋を開けてみるとタイトルに反して、LAの限定的な場所でチョロチョロ戦うだけという残念な戦争

アクションや敵のデザインなどは結構良かったのに

まぁ副題
>>続きを読む

セルフレス/覚醒した記憶(2015年製作の映画)

3.5

SFサスペンス
お金持ちの老人が死の直前に
若い男の体で2度目の人生をスタートさせたが、その男の体は…

倫理観と道徳感が達観した老人が
若い体で他人のために頑張るお話

イントルーダー/怒りの翼(1990年製作の映画)

3.1

ちょっと無茶苦茶なあらすじだけど
飛行機乗り達の上下関係を超えた熱い友情ものっぽいノリ。

戦争の是非とかは全く考えられてません。

ビロウ(2002年製作の映画)

3.3

潜水艦の中に現れる亡霊
乗組員たちは敵の襲撃を交わしながら
船内の謎の存在と対峙する!!!

……なんかフワフワした存在に振り回されるサスペンスアクション…

潜水艦内のやりとりはとてもリアルだし
>>続きを読む

ドラゴンボール超 スーパーヒーロー(2022年製作の映画)

4.5

ドラゴンボールといえば、叫んで殴り合って気弾をバンバン撃ち合う脳筋バトルアクション。
しかしこいつは違う。
ピッコロ主役の激アツな一本。

鳥山先生といえばギャグやコメディが本来の持ち味を発揮するジャ
>>続きを読む

アパルーサの決闘(2008年製作の映画)

3.5

激渋の西部劇…
2人の男の友情はかっこいいんだけど
破天荒で尻軽の女に振り回されすぎ

ロードオブザリングスや
グリーンブックのヴィゴはめちゃくちゃカッコいいのでおすすめ。

氷の微笑(1992年製作の映画)

3.6

その女は絶世の美女
そして殺人犯…?

翻弄される捜査官はM・ダグラス
誘惑され、大切な人や仲間を失っていく

シャロンストーンの美しさに
鑑賞する我々も虜になっていくこと間違いなし!

シン・ウルトラマン(2022年製作の映画)

3.9

小さかった頃大好きだったはずのウルトラマンですが、近年のウルトラマンであるゼット以外は見たこともないも同然の知識のない状態で鑑賞。

つまり
クスッと笑える小ネタや
初代をリスペクトした
小ネタやオマ
>>続きを読む

ハード・ウェイ(1991年製作の映画)

3.3

役作りで本物のデカに付きまとう売れっ子俳優を演じるのはM・J・フォックス

付き纏わられるデカは
青臭い売れっ子俳優を煙たがる。

ドタバタコメディ調で
最後まで突き進んでいくんですが
犯人は意外にも
>>続きを読む

背徳の囁き(1989年製作の映画)

3.3

ものすっごくゲスな
汚職警官をリチャードギア

追うのは若き内務調査課の
アンディガルシア


あの手この手で逃げる汚職警官
利用できるなら女でも仲間でも
使い捨てて殺していく。

リチャードきの新し
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.3

イタリア系の白人と
ピアノ演奏者の黒人の2人旅

立場と境遇の全く違う2人が
じょじょに親しくなるロードムービー

想像通りのいい映画でした。

1960年代の南部に根強く残る黒人への差別意識(ナチュ
>>続きを読む

ザ・インターネット(1995年製作の映画)

3.2

2000年のネット明瞭期
コンピュータープログラマーを演じる若きサンドラ・ブロック。
ある日フロッピーディスクをめぐるトラブルに巻き込まれ、身分や生きてきた証を奪われる。

ネットに紐づいた個人情報が
>>続きを読む

モービウス(2022年製作の映画)

3.1

ジャレッドレトーの儚さが
役によくあってました。
ストーリーがかもなく不可もなくというみなさんの意見通り、ものすごーーーくフラットな感じでした。

ビジュアル的にはちょっと人気でなさそうな。ちょっと心
>>続きを読む

ゴールデン・チャイルド(1986年製作の映画)

3.1

チベットの山奥
神の子と言われる少年がさらわれ
LAの刑事エディ・マーフィーが捜査と奪還を請け負う!

なんじゃそりゃ!

エディマーフィーとチベットのファンタジーな設定が混ざり合ってる。
このカオス
>>続きを読む

オブリビオン(2013年製作の映画)

3.6

SFとしては設定も映像もマシーン類もどれも素晴らしくて、世界観にすぐ引き込まれました。

ただラブロマンス要素がストーリーのスピード感を損ねたように感じられて残念。
地球の生き残りの人たちも出番が少な
>>続きを読む

ゴースト&ダークネス(1996年製作の映画)

3.0

ヴァルキルマーかっこいい!な作品

アフリカで川にかける橋の工事を請け負った男が人喰い猛獣と激闘を繰り広げる。

作中の2匹のライオンは実際にもいたらしいですが、メスだそう。

>|