ヒデトキさんの映画レビュー・感想・評価

ヒデトキ

ヒデトキ

映画(119)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

MOST BEAUTIFUL ISLAND モースト・ビューティフル・アイランド(2017年製作の映画)

2.0

#モースト・ビューティフル・アイランドを観ました。音がこわい映画。とびきり音がこわいわけではなく、なんとなくなっている音が怖い。う〜ん、それくらいかな。エロとほんの少しのグロを勝手に期待していた私には>>続きを読む

アストラル・アブノーマル鈴木さん(2018年製作の映画)

2.5

#アストラル・アブノーマル鈴木さん を観ました。松本穂香を楽しむ為の映画と割り切れれば合格点?松岡茉優の「勝手にふるえてろ」的な素晴らしさを勝手に求め、劇場に足を運んだ私には少しばかり期待ハズレな作品>>続きを読む

緊急検証!THE MOVIE(2019年製作の映画)

2.0

予告編だけ観て、その他の予備知識は一切なく #緊急検証!THE MOVIEを鑑賞。あれ、これって映画にする意味あるの???上映後、同行者にこぼした一言。しかし、じわじわと分かりはじめたこの作品の本性を>>続きを読む

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.9

#バジュランギおじさん と、小さな迷子を観て、とても感動した。観て良かった、もう一度観たいと思える作品。単なる泣いて笑って歌ってのドタバタものじゃない。それを超えたとんでもない作品。とにかく観た方がい>>続きを読む

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

2.8

爆音上映会でガンダムNTをみた数十分後に鑑賞。幻想的でステキな映画でした。と言えない内容。途中で数回眠りにおちる。右となりのおばさんは上映中にスクリーンと会話して最後は嗚咽。左となりの兄さんは鼻息が荒>>続きを読む

機動戦士ガンダムNT(2018年製作の映画)

3.8

爆音映画祭にて鑑賞。ここ数年、映画館の音響に不満を感じていたのでちょうど良い音量でした。さてガンダムNT。ユニコーンを観ていたから泣けた。下手で良かった。もう爆音なら一度観たいかも。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

些細なセリフがリアルすぎて笑えて喜べて、主人公の悲しさとシンクロできて、素敵な映画でした。あっぱれ松岡茉優。今さらながら彼女、凄い女優さんですね。恋しちゃいました。これから何度でもサラっと観たい映画で>>続きを読む

マイ・サンシャイン(2017年製作の映画)

2.9

現実と非現実は背中合わせ。現実と非現実は同じ秒数で同時進んでいて、時間は限りあるもの。その中を彷徨うのが人間。ということで詰め込みすぎ満載でよくわからない映画。とりあえずハル・ベリーが素敵だったから良>>続きを読む

(2018年製作の映画)

3.0

村上虹郎を楽しむ為の映画と割り切り、諦めようとした自分がいた。しかし、たぶん金髪ショートカット娘が出てきた瞬間、世界が開けた。白黒だから断定できないけどたぶん金髪。劇中の彼女はナイスビッチ(もちろん褒>>続きを読む

暁に祈れ(2017年製作の映画)

3.0

軽い気持ちであしたのジョーを期待して観に行っちゃだめだよ。カメラの位置や揺れが生々しく辛い。観終わったあとドッと疲れた。重い映画を欲している人は観たほうがいいかも。たぶん。

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.0

前半でお腹いっぱいになっちゃいました。アカデミー最有力!!らしいですが、正直よくわかりません。

来る(2018年製作の映画)

4.5

今年観た邦画の中で1番面白い。クライマックスまでの高揚感はエヴァのヤシマ作戦に匹敵する。メインの5名の役者さん達は素晴らしすぎ。特に黒木華の素晴らしさは絶対にテレビドラマでは表現できない。劇場で絶対に>>続きを読む

それだけが、僕の世界(2017年製作の映画)

3.8

ピアノって凄い。あの演奏を3ヶ月でマスターしたなんて信じられない。音楽が非常に良かった。ピアノの曲はもちろん良いけど、ウクレレの曲の音色が非常に心地よかった。

メアリーの総て(2017年製作の映画)

3.0

エル・ファニングが美しすぎて、上映中の2時間は恐ろしいほど彼女に吸い込まれてしまった。映像も音楽も良かったような気がするが、とにかく彼女が素敵すぎて。一晩経ったいまも彼女が頭の中をぐるぐる回ってる。生>>続きを読む

ハード・コア(2018年製作の映画)

3.0

出戻り熟女が登場するまで退屈すぎた。とりあえず山田孝之と荒川良々の演技対決に視点を移し、価値を見出そうとする私。ダメだ。その時、現れた出戻り熟女。あの熟れ熟れ感はそんじょそこらの女優さんには出せません>>続きを読む

モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~(2017年製作の映画)

2.8

期待していた泣き虫感が弱く、曲もイマイチ乗り切れず。これを良しと言えない80年代ロックファンは多いのではないでしょうか。

ハウスメイド(2010年製作の映画)

2.7

中途半端でちょっと残念でした。オープニングの意味がわからず、小骨が喉につっかかっている気分。

15歳、アルマの恋愛妄想(2011年製作の映画)

2.8

主人公が惚れる男子がa-haのモートン・ハルケットに似てるような気がして仕方なかったぞ!

ギャングース(2018年製作の映画)

3.0

特に篠田麻里子ファンではありませんでしたが、篠田麻里子が素敵すぎます。やさぐれて美しいです。ビジランテの篠田麻里子も最高でした。入江監督は篠田麻里子の撮り方を熟知してますね。寸止めの重要性というのでし>>続きを読む

春待つ僕ら(2018年製作の映画)

3.8

これから高校生になる人達、いま高校生の人達、そして昔、高校生だった人達は観た方がいいよ。青春に年齢は関係ない、魂が若ければいつだって青春だ。かな?

マンディ 地獄のロード・ウォリアー(2018年製作の映画)

3.0

なんじゃこれゃ!!ある意味こちらの想像を超えてくれた作品。いいのかよニコケイ!?大丈夫かよニコケイ!?出演者みんなヤバすぎ!?これ完全にドラッグムービーじゃん!?戸惑いがとまらない!?#マンディ 地獄>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生<完全版>(2017年製作の映画)

3.8

はじめて観たインド映画がバーフバリ 王の凱旋 完全版。あの衝撃を再び味わいたくて、順番逆でも伝説誕生 完全版 を観る。感想は「先にこっちを観ておけば良かった」相変わらずツッコミたいところ満載で楽しい映>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.8

冒頭ではパッとしなかった顔立ちの主役女優さんが後半になるとミニスカート姿がとても素敵で、結んでいた髪をほどいた瞬間に女子力が解放され、ストーリーなんてどうでもいいくらい美しかった。あの女優さんの今後に>>続きを読む

宇宙の法―黎明編―(2018年製作の映画)

4.0

いろいろとツッコミたいところはあったけど、普通に面白かった。影響は受けないけど、勉強になったかな。

運命は踊る(2017年製作の映画)

3.0

どこの国の映画かも知らず、ノー知識で鑑賞。ふつうに生きていたら知らなかった内容。マジで勉強になった。コントラストが印象的な作品。金持ちそうな家族のお部屋と戦場のコンテナ生活。日常と非日常。がしかし、ご>>続きを読む

止められるか、俺たちを(2018年製作の映画)

3.0

こんなにも70年代の日本に溶け込める門脇麦が素晴らしい。門脇麦だから2時間観ることができた。ごめん、また、門脇麦に恋しちゃった。

エンジェル、見えない恋人(2016年製作の映画)

3.0

『せつなすぎて泣いちゃうかも』と期待してたけど、ちょっと違った。主演女優さんがとてもナチュラルでビューティーだったから良しとしよう。

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

画質の粗さがリアル感を増すドキドキの展開。素直に面白かった。

あいあい傘(2018年製作の映画)

4.0

泣けました。ボロボロ泣きました。最初はテキ屋3人組が騒がしいと感じたけど、後半になるにつれて画面に3人組がいることで幸せな気持ちになった。そして何より原田知世。とにかく原田知世。原田知世が素敵すぎた。>>続きを読む

アンクル・ドリュー(2018年製作の映画)

4.0

実は全く期待していませんでしたが、楽しくてスカッとハッピーになれる映画でした。バスケ知らなくても問題ありません。声出して笑っちゃいました。ストレス解消にはもってこいの映画かも。頭の中を空っぽにしたい人>>続きを読む

ガンジスに還る(2016年製作の映画)

3.0

エンディングテロップが出た時に「そうだ!これはドキュメンタリーじゃなかったんだ。」と気づいた。それくらいこの映画、この家族にのめり込んでいた自分がいた。解脱ブーム来そうだね。

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.3

伊藤沙莉目当てで劇場へ。期待を裏切らない伊藤沙莉っぷりに感動。さて内容。女性と男性は違う生き物だと改めて痛感させられました。主役女子の自分勝手さが怖かった。そしてエンディングの主役男子のダメっぷりに共>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.5

Filmarks様に招待いただき試写室で鑑賞。カメラワークの静と動、光のさし加減が絶妙でとても美しいと感じた映画でした。室内では鼻をすする音があちこちで。私は2回ウルっと来ました。人それぞれココロに刺>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2018年製作の映画)

3.5

どうしてアコギの音色は、青春映画にピッタリなんだろう。薄っぺらい青春映画だなぁと思った途端、なぜだか涙がこぼれた。ジワーッとこぼれた。そう青春は薄っぺらいんだよ。深くなくていいんだよね。主演の彼が気に>>続きを読む

飢えたライオン(2017年製作の映画)

3.3

上映後に主演を含めた女子高生役4女優のトークショーがはじまりビックリ。その後の売店ではパンフレット購入者を対象とした4女優のサイン会。90年代のインディープロレス団体の売店みたいでワクワク。つい並んで>>続きを読む

>|