ヒデトキさんの映画レビュー・感想・評価

ヒデトキ

ヒデトキ

映画(74)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

金が無いなら無いなりに、人がいないならいないなりに、時間が無いなら無いなりに、とにかくアイデア爆発させましょう!そしてみんなで楽しみましょう!みんなで笑いましょう!そんなあっぱれステキな作品でした。そ>>続きを読む

高崎グラフィティ。(2018年製作の映画)

3.8

役者さんたちがキラキラしていて、気がついたらなんとなくあの頃の自分たちを想い出させてくれた映画。世代を越えた「青春あるある」が散りばめられていて、思わずクスッと笑っちゃった。青春が喉につっかかってる人>>続きを読む

ゲヘナ ~死の生ける場所~(2016年製作の映画)

3.5

高校卒業後に夢だけ持って渡米して、ついにアメリカで映画までつくっちゃった同級生の片桐監督に敬意を表します。次回作はもっと破茶滅茶でエロくてバイオレンスで頭がイカれてきる作品を期待してます!

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

3.2

とにかく河井青葉なのである。幸薄そうな、疲れた感満載の美人さんを演じたら、この方がナンバーワンなんです。主演の3名も狂って素敵なんですが、やはり大人な男子は、着衣の河井青葉に心奪われ、彼女と恋をするこ>>続きを読む

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017年製作の映画)

3.0

蒔田彩珠から目が離せなかった。海風になびく彼女の前髪だけで、彼女の表情がひとつひとつ変わって見える。ボクらの青春時代にもこんな娘は学年に一人いたよね。よく見ると可愛いいんだけど、とっつきにくい女子。男>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.5

気づいたら涙がポロリとこぼれおちている映画。やさしく、大切な映画。大きな声で「名作だ!!」と叫ぶ必要はないけど、みんなに「好きな人と観に行った方がいいよ」と教えてあげたくなるような映画。もう一度観たい>>続きを読む

君が君で君だ(2018年製作の映画)

3.0

池松壮亮の怪演を楽しむための映画。全体的にもう少し突き抜けてもらいたかった。主演の男優3人は突き抜けていたが、物語がパンチ弱し。そこがちょっと残念でした。

菊とギロチン(2016年製作の映画)

4.5

さまざまなテーマ、メッセージがある映画ですが、それは他の人に語ってもらおう。私にとっては優良な恋愛映画でした。あの嘉門洋子の凛々しさにびっくり。渋川清彦さん、川瀬陽太さんも相変わらず素晴らしすぎます。>>続きを読む

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス(2016年製作の映画)

3.0

キューバ音楽に触れることができて良かった。ちょっとクセになりそう。老人ミュージシャンたちの発する言霊が台詞みたいで素敵でした。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.6

爆発するような盛り上がりがないまま終わってしまったが、SW愛が散りばめられていた作品。最後だけでもハリソン・フォードのニヒルなニタリ顔を真似してもらいたかったかな。再会した彼女の隠された過去が鳥肌モノ>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

3.0

おバカ映画。もちろんホメ言葉。映画はエンターテイメントだからそれでいい。名だたる役者さん達がバカ演技をしてて楽しそう。村上淳さんカッコ良すぎ!そして我らが渋川清彦さん素晴らしすぎる存在感。あっぱれ渋川>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.8

とんでもないものを観てしまった。こちらの想像をはるかに超えてくれ、感動を通り越して何回も笑ってしまった。これ凄いよ。CGの粗さとかを突っ込んじゃだめダメ。あれれ、これってパート2だったんだ!!

榎田貿易堂(2017年製作の映画)

4.8

伊藤沙莉演じる真木千秋に恋をした。まずは千秋と飲み友達になりたいな。さて、本題。メインキャスト5人のやり取りがとても心地よく、「このまま映画よ、終わらないでくれ」と本気で思えたステキな映画。めんどくさ>>続きを読む

ピース・ニッポン(2018年製作の映画)

2.0

「日本にもこんなに美しいところがあるんだね」「来月の連休にでも行ってみようか?」そんな会話をしながら、まったりと観たい映画。仕事帰りのクタクタな状態で観てはダメ。こっくりこっくりしちゃうから。

モリのいる場所(2018年製作の映画)

2.5

演者が本当に楽しそうにお芝居をしているなっと思わせる映画でした。自然や虫が好きな人にはたまらない映像あり。私は逆な人なので、演者が出ていないシーンはちょっと辛かった。

海を駆ける(2018年製作の映画)

3.0

とにかく阿部純子と太賀なのである。現地の役者さんとのお芝居は溶け込んでいて、全く不自然でない。とくに太賀。あなたの一体どこの国の人なの?凄い役者さん。阿部純子が細くてちょっと心配。阿部純子から目が離せ>>続きを読む

きみはいい子(2014年製作の映画)

4.5

観れて良かった。本当にそう思えた映画。大人はみんな観ておいた方がよい。「役者殺し」の映画や監督が多いこの世の中、こんなにも役者が輝いている作品は観ていて邪念をすてて映画に吸い込ませてくれる。これも監督>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

2.4

ケイトの熟女っぷりを楽しむための映画かな。。。上映後の男子トイレで「ああいうヒステリックな女が一人芝居するシーンが1番嫌いなんだよ」と言ってる初老のオヤジが怖かった。

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

3.8

陽に当たった草木と池田エライザとオダギリ・ジョーの衣装の色彩がとてもキレイな映画。暗く内気なエロイザもいいね。不器用な健太郎もいいね。そしてオダギリ・ジョー。うまく言えないけど最高です。でもね、渋川清>>続きを読む

告白小説、その結末(2017年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

うーん。期待しすぎたかな。
あれ、これで終わっちゃうの?と感じてしまった。

祝福~オラとニコデムの家~(2016年製作の映画)

3.5

チラシのキャッチコピーをみて、ハンカチ2枚持って臨んでみるが涙出ない。重い。現実はそんなに甘くない。しっかりと行きていこう。改めてそう思わせてくれた映画です。

アメリカン・アサシン(2017年製作の映画)

3.4

音楽よし、カメラワークよし、テンポよし、美女よし、エンターティメントな映画。私的には主人公はもう少し見た目がタフであって欲しかった。そして敵役のインパクトが弱かったような気がして仕方なし。

キック・アス(2010年製作の映画)

3.9

やりすぎバカ映画。こういうの好き。また観るよ!ヒットガール最高!!!

万引き家族(2018年製作の映画)

3.9

深い。いろいろと考えさせてくれる映画。家族とか、愛とか、お金とか、生きることとか。ちょっと重すぎるから数ヶ月後にまた観よう。こんな映画に出会えて良かった。ありがとう。さて本題。松岡茉優に惚れました。風>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

3.2

上映開始から真木よう子の大きすぎる胸や人妻 井上真央のナイスなキスシーンにドキドキしてしまう自分がいたが、時間が経つにつれてそんなことは忘れてお話に吸い込まれる自分がいた。大爆笑やグワ〜とこみ上げてく>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.0

ホアキン・フェニックスVSジョニー・グリーンウッド!!主役VS音楽!!

ピースオブケイク(2015年製作の映画)

3.6

酔っ払ってる多部未華子がかわいい。ヤリマン多部未華子が愛おしい。峯田がやさしい銀杏ボーイズしてて、良かった。そして、松坂桃李はやはり日本映画界の宝でした。そんな映画です。

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.5

ベタな恋愛モノかと思いきや、ユーモアを交えた、いやいやユーモアをベースにして決めるところは決める恋愛モノ。何気ないセリフがあるある感満載でグイグイと物語に引きずり込まれた。主役の2人はもちろん素晴らし>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

2.4

なんとコメントしていいのかわからない。とりあえず明日からもマジメに働こう、無駄遣いはやめて生きていこうと痛感した。オープ二ングの音楽がノリノリだったのでポップな感じを期待しちゃった私がバカでした。エン>>続きを読む

OVER DRIVE(2018年製作の映画)

4.1

正直にいいます。激胸熱な映画でした。涙流してる自分がいました。この映画は頭の中を空っぽにして、映画館で大きな音でみるべきです。正直にいいます。舐めてました。どうせ日本のアイドル映画でしょう?と。ごめん>>続きを読む

私の男(2013年製作の映画)

3.0

二階堂ふみの凄さは多くの方が語っていると思うので割愛。河井青葉さん、最高っす。くたびれた感のある美しさ。たまりません。パーマっ毛になってグレたりしてびっくり。すごい女優さんみっけとググってたら、さよな>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.0

重い映画。瑛太と夏帆の芝居が良かった。山本美月が美しかった。

ガチ星(2018年製作の映画)

4.1

汗くさい、男くさい映画。でも、こんな映画を待っていたんだ。どうしようもない主人公がなかなか更正しない。本当にクズなやつ。イライラ感が募る募る募る。でもこれってオレの人生と同じじゃん。さぁお待ちかねの逆>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.5

2時間越えの作品なのにそれを感じさせないスピード感。まさにリドリー・スコット。70代ファッションに身を包んだミシェル・ウィリアムスがとってもセクシー。車も街並みも70年代ぽくてよかった。映画なんだから>>続きを読む

天国からのエール(2011年製作の映画)

3.5

沖縄に行きたくなる映画。ミムラが素朴なんだけど美しすぎる映画。桜庭ななみの初々しさに涙が出るほど愛おしくなる映画。青春っていいなと思える映画。

>|