ヒデトキさんの映画レビュー・感想・評価

ヒデトキ

ヒデトキ

映画(48)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.0

ホアキン・フェニックスVSジョニー・グリーンウッド!!主役VS音楽!!

ピースオブケイク(2015年製作の映画)

3.6

酔っ払ってる多部未華子がかわいい。ヤリマン多部未華子が愛おしい。峯田がやさしい銀杏ボーイズしてて、良かった。そして、松坂桃李はやはり日本映画界の宝でした。そんな映画です。

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.5

ベタな恋愛モノかと思いきや、ユーモアを交えた、いやいやユーモアをベースにして決めるところは決める恋愛モノ。何気ないセリフがあるある感満載でグイグイと物語に引きずり込まれた。主役の2人はもちろん素晴らし>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

2.4

なんとコメントしていいのかわからない。とりあえず明日からもマジメに働こう、無駄遣いはやめて生きていこうと痛感した。オープ二ングの音楽がノリノリだったのでポップな感じを期待しちゃった私がバカでした。エン>>続きを読む

OVER DRIVE(2018年製作の映画)

4.1

正直にいいます。激胸熱な映画でした。涙流してる自分がいました。この映画は頭の中を空っぽにして、映画館で大きな音でみるべきです。正直にいいます。舐めてました。どうせ日本のアイドル映画でしょう?と。ごめん>>続きを読む

私の男(2013年製作の映画)

3.0

二階堂ふみの凄さは多くの方が語っていると思うので割愛。河井青葉さん、最高っす。くたびれた感のある美しさ。たまりません。パーマっ毛になってグレたりしてびっくり。すごい女優さんみっけとググってたら、さよな>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.0

重い映画。瑛太と夏帆の芝居が良かった。山本美月が美しかった。

ガチ星(2018年製作の映画)

4.1

汗くさい、男くさい映画。でも、こんな映画を待っていたんだ。どうしようもない主人公がなかなか更正しない。本当にクズなやつ。イライラ感が募る募る募る。でもこれってオレの人生と同じじゃん。さぁお待ちかねの逆>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.5

2時間越えの作品なのにそれを感じさせないスピード感。まさにリドリー・スコット。70代ファッションに身を包んだミシェル・ウィリアムスがとってもセクシー。車も街並みも70年代ぽくてよかった。映画なんだから>>続きを読む

天国からのエール(2011年製作の映画)

3.5

沖縄に行きたくなる映画。ミムラが素朴なんだけど美しすぎる映画。桜庭ななみの初々しさに涙が出るほど愛おしくなる映画。青春っていいなと思える映画。

妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ(2018年製作の映画)

4.2

笑いあり、涙あり、あっという間の2時間。父親は、男はこの映画をみて、考えて、自分を改めた方が絶対に人生がうまくいくと痛感しました。もっと早くこんな映画に出会っていたかった。専門用語はわかりませんが、画>>続きを読む

高台家の人々(2016年製作の映画)

2.8

可もなく不可もなく、お茶の間で家族みんなで楽しめる映画。ココロに響くことは特になし。

獣道(2017年製作の映画)

3.0

伊藤沙莉を楽しむための映画。笑いもあるが、本当は笑えないお話。価値観って人それぞれだよなと再認識できた映画。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

スカッと爽やかになりたくてレイトショーで観るが、エンディングを理解できず眠れぬ夜。途中で気づく、この映画の主人公はサノスだと。衝撃なエンディング「あれれ、もしかしてエヴァなの?」サノスが碇シンジ君?と>>続きを読む

Oh Lucy!(2016年製作の映画)

3.2

まずは寺島しのぶはクィーン・オブ・ビッチ(もちろんホメ言葉)である。そして役所広司は最高な男優である。ハッピーエンドを期待してた私がバカでした。ハンマーで後ろから頭を殴られた感じ。人生はせつないよ。少>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

3.9

人生はシリアスだけどコメディでありたい。どうせ一度きりの人生だから。ソフトにおバカな映画。たくさん笑える。そして、涙が溢れでる。とても素敵な映画。元気をくれる映画。また観るよ。

海月姫(2014年製作の映画)

3.8

普通に面白い作品でした。主演を菅田将暉にして、ポスターの真ん中に女装している彼を大々的に取り上げたらもっともっとヒットしていたはず。菅田将暉、凄い役者さんです。これからも期待してますフィリップ!!

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

2.0

アメリカンポップスをBGMにしたクソ人間たちのどうしようもないお話。当時、全日本女子プロレスのスカウトでプロレスデビューしてたら、面白かったかも。

女は二度決断する(2017年製作の映画)

4.0

とにかくヤバい映画。ココロに元気があるときに観た方がいい映画。予備知識なしで観た方がぜったいにいい。もし自分が主人公に近い立場になったら、こういう事が起こるのかと怖くなる。警察とのやりとり、裁判シーン>>続きを読む

映画 みんな!エスパーだよ!(2015年製作の映画)

3.0

Gyaoで観直す。やっぱりテレビ版の方が面白い。だけど、たまにはこんなおバカなエロ映画を観て、笑い飛ばして、嫌なことを忘れてしまいたい。きっとまた観直すんだろうな。

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

2.4

好き嫌いが分かれる映画。私は好きではない。映画館で観た予告編でトム・ペティの曲がかかっていたので気になっていたが、劇中では聴けず残念。

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

3.8

不幸から抜け出したい、でも諦める、いや諦めない。そして欲望開放。ジョゼ役の池脇千鶴にまた恋をしてしまった。妻夫木聡も素晴らしい。男性は間違いなく妻夫木聡の芝居に共感してしまいます。何度も観たい映画です>>続きを読む

パティ・ケイク$(2017年製作の映画)

3.7

ラストのステージシーンに感動。
全体的に主役の人良かったが、母親役のインパクトが凄すぎて、凄すぎて。場末のバーでのキスミーデッドリーは今年1番のホラー(もちろんホメ言葉)でした!

私の中のNo. 1
>>続きを読む

犯罪都市(2017年製作の映画)

3.5

キャッチコピーは、どいつもこいつも「悪党」ばかり
そんなことありません。登場する警察官たちは人間味があり、ユーモアあり、そして正義感あり。エンディングに向けて、どんどん彼らを応援しちゃいます。
とにか
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

2.5

最近みたこの手の映画のランキングは、ダントツ1位でレディプレイヤー1。そのだいぶ下にパシフィック・リム2。その下にいぬやしき。二階堂ふみと伊勢谷友介がもったいない使われ方。斉藤由貴はやや存在感を示す。>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

4.2

あっぱれ松坂桃李!!
暗く重い映画かと思っていたらとんでもない。これは松坂桃李によるセックスエンターテイメントです。出演者全員が輝いていました。特に男を買う女優さんたちの欲望の解放の仕方が美しかった。
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.3

2日前に観たレディプレイヤー1の余韻が残ったまま本作を鑑賞してしまったからか、あらゆる面で想定内過ぎて途中でダレてしまった。ごめんなさい。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.2

理屈抜きに面白かった!エンターテイメントはこうでなきゃっ的な映画。40代、50代にはたまらない映画かも。もう少し音楽の低音を強調してくれたら良かったかも。爆音上映に期待してます!

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

2.5

アメリカの同じ街の1927年と1977を再現した芸術的な映画。かなり泣けると期待して観ていたが、昨晩の寝不足から前半はこっくりこっくりこっくり。睡眠はしっかりとって鑑賞しなければいけません。

私は絶対許さない(2018年製作の映画)

3.5

人それぞれ色々な感想、意見があると思いますが、やはり主演女優さん2人が凄く良かった。そして佐野史郎の佐野史郎っぷりは期待を裏切らないのである。

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.0

ミミ役の女優さんの顔が、フィービー・ケイツに見える瞬間がいくつかあり、ドキッとした。それなりに感動はしましたが、あくまでもそれなりに。

彼の見つめる先に(2014年製作の映画)

3.8

予備知識なしで鑑賞。青春時代に80年代恋愛洋画を観て育ったものとしてはちょっとびっくりなエンディング。ハッピーエンドだからOKかな。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.6

素晴らしいエンターテイメント映画。元気でます。はじめから鳥肌立ちまくり&涙腺決壊寸前でした。個人的にはもう少しザックの歌と踊りが観たかったかな。でも超満足な一本でした。

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.1

役所広司や松坂桃李の素晴らしさは多くの人が語ると思うのでここではカット。
とにかく阿部純子がいい。阿部純子に引き込まれた2時間。2時間のあいだで彼女のカラーが変わっていき、気がついたら彼女の手のひらで
>>続きを読む

素敵なダイナマイトスキャンダル(2017年製作の映画)

2.5

勝手にすご〜く期待してしまっていた分、満足度は低かった。
80年代ぽさがよく表現されていたし、役者さん達も良かったけど、ストーリーがつまらなすぎて、寝そうになった。
しかし、三浦透子が出てきた瞬間、彼
>>続きを読む

>|