つるぎたけしさんの映画レビュー・感想・評価

つるぎたけし

つるぎたけし

映画(189)
ドラマ(0)

銃2020(2020年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

作中で登場する人物に誰一人共感出来る者がいない

主人公は完全に精神を病んでしまっているので、慎重と言う言葉とは程遠い行動しかしないし、無気力な生き様を見せられて吐き気がしてくる
吹越満演じる悪徳警官
>>続きを読む

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

スコアは4.5付けたけど、心情的には0点だと思っている。

実話を基に制作された作品で、長澤まさみ演じる母親のモンスターっぷりに終始虫唾が走る
彼女は基本自分では何も出来ない・しない・しようとしない自
>>続きを読む

暗数殺人(2018年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

実話がベースの作品とのことだが、正に事実は小説より奇なりに思える作品

被告の証言があまりにも理路整然としているので嘘を言っているとは思えず、でも証言を実証するには至らない

蓋を開けてみれば、複数の
>>続きを読む

ランボー ラスト・ブラッド(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

前作で綺麗な終わり方をして、更にこれからどんな物語になるのか興味津々だったが、血の繋がりのない家族を守り奪還する作品になったのは、ある意味非常に無難な落とし所に思えた

ランボーが熱望していたに違いな
>>続きを読む

水曜日が消えた(2020年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

この作品はノオミ・ラパスが一人7役で主人公を演じていた『セブン・シスターズ【What happened to Monday】』のリメイク作品なのかと思っていたが、どうやらオリジナル脚本らしい
今作は多
>>続きを読む

エジソンズ・ゲーム(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

原題の『電流戦争』で良かった気がするけど、圧倒的知名度を誇るエジソンの名前を出さないのは興行的に不利と判断されたのだろう
しかし、エジソンズ・ゲームと言うほど彼が主人公で謀略を巡らせていない
それこそ
>>続きを読む

彼らは生きていた/ゼイ・シャル・ノット・グロウ・オールド(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

第一次世界大戦の戦場を舞台にした作品で1917命をかけた伝令が今年鑑賞したばかりだが、本作は当時の戦場からの生還者のみでナレーションされているドキュメンタリー

最初は白黒写真を交えて、当時を生きる人
>>続きを読む

人間の時間(2018年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

舞台設定は一見ファンタジーかと思えるようなものであり、韓国語と日本語が相互に飛び交う状況でありながら特に通訳を介す事なく強引に話が進んで行くので、乱暴な作品なのかと思いきや、実際は社会の縮図そのものと>>続きを読む

ANNA/アナ(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

予想外の面白さだった

リュック・ベッソン監督と聞けば大味アクションをイメージしてしまうし、今回もその側面が無かったとは言えないが、時系列を前後させたミステリー仕立てにした話運びは観客を飽きさせない作
>>続きを読む

CURED キュアード(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ゾンビウィルスに感染した者が病状から回復した世界を描いている珍しい視点の作品

元から感染していない者、現座感染している者、そして感染していたが現在は回復した者が入り乱れた社会ではあるが、これは現代社
>>続きを読む

ブラッドショット(2020年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

目新しさは無いけど無難にまとまったSFスリラー

最初の襲撃に関して無謀過ぎると思っていたが、後の設定を見て強引に納得させるのはズルイと思う

仕方のない事ではあるけど、ガイ・ピアースが、キャスティン
>>続きを読む

ナイチンゲール(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

爽快なリベンジものを期待すると肩透かしを喰らうこと間違いなしだが、侵略者から故郷・家族・財産に、加えて自己の尊厳まで奪われた弱者が精一杯の抵抗をするも、結局は自分一人では何もできないことを思い知らされ>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2019年製作の映画)

4.5

本作のタイトルをレ・ミゼラブルとした意図は何だったのかが凄く興味が有ったけど、なるほど本作品は哀れな人々に焦点を当てたものに他ならなかった

自分が知る華の都パリではない、貧困層と移民が集まった緊張感
>>続きを読む

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

事実は小説よりも奇なり
本作を鑑賞後に頭に浮かんだ言葉であり、三島由紀夫が語った「言霊」の力をまざまざと感じ取った瞬間でもあった

三島由紀夫という人物は名前しか知らなかったが、当時の若者が彼に傾倒し
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

少し前に今年公開されたナイブズ・アウトと同じく本格派ミステリー作品とのことで楽しみにしていた

冒頭から前半にかけては、翻訳する小説の前作内容に沿った話運びなのだが、作中でそれまでに全く触れられていな
>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

肩ひじ張らずに見ることが出来るエンターテインメント

潜入捜査が本職に優っていく様を描いた面白い刑事ものだけど、潜入捜査を何故行うかの必然性や細かい設定は乱暴なところもある
しかし本作は細かい事を気に
>>続きを読む

エスケープ・ルーム(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ソリッドシチュエーション・スリラーであり、ソウが好きな人は多分ハマると思う

死を賭けた脱出ゲームの題材は、それこそ数えきれないほどに存在したいる中、見るにたえない作品が多いものの、本作は頑張っている
>>続きを読む

スケアリーストーリーズ 怖い本(2019年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

現代とホラーってあわないのかなぁ
最近鑑賞するホラー作品はみんな1970〜80年台を時代背景としたものばかりなのは偶然かもしれないけど多い
携帯電話が有れば容易に連絡取れるし、今は高性能なライトも有る
>>続きを読む

Fukushima 50(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

コメントが難しい

史実を基に製作されたのは間違いないだろうし、未曾有の大災害としてまだ記憶に新しい出来事でもあるので、私のような当事者でない者は、様々な意見をただ聞く事しか出来ない

映画なんで脚色
>>続きを読む

仮面病棟(2020年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

巻き込まれ型ソリッドシチュエーション・スリラーであり、ミステリー作品としても面白い
病院に隠された秘密なんかは早々に察しがつくだろうけど、肝心な黒幕は終盤まで気付けなかった
登場人物人物が少ない事が相
>>続きを読む

初恋(2020年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

タイトル「初恋」から想像出来ないようなバイオレンス群像劇

1人の何気ない行動が別の人物に重大な変化をもたらす作品は、個人的に大好物なこともあって楽しく鑑賞出来た
ほとんどギャグにしか見えなかったり、
>>続きを読む

T-34 レジェンド・オブ・ウォー ダイナミック完全版(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

昨年に公開された本作完全版でないものは鑑賞済です

面白い映画は2回目を鑑賞しても面白い
ただ、ダイナミック完全版というほど変化が有った訳じゃないので、初見の人以外は鑑賞しなくても良いかと思う

スコ
>>続きを読む

ドミノ 復讐の咆哮(2019年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

何もかもがあっさりした、頭を空っぽにして平日昼間のお茶の間映画ロードショーなんかにぴったりな作品

復讐劇と呼ぶには展開がお粗末で、天下のCIAが諜報活動で所轄の刑事に負けるってどうなの?ってくらい無
>>続きを読む

囀る鳥は羽ばたかない The clouds gather(2020年製作の映画)

-

最初に申し上げますが、本作を冒頭から鑑賞し始めましたところ、途中15分程でどうしても鑑賞出来なくなり、途中退場しました
これは何故そうなったかの記録です
従ってスコアは申し上げられませんのでご了承下さ
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

近年屈指の出来である傑作胸糞作品であると同時にもう二度と見たくない作品でもある

主人公が精神的に病んでいるシーンから既に嫌な雰囲気が充満しているのに、夏至祭に舞台が移ってからは画面の重苦しさが倍増し
>>続きを読む

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

現アメリカ大統領トランプがまだ大統領候補だった頃に起こったFOX会長のパワハラ・セクハラ告発が世界的に大きく取り沙汰された事件の映画化

作中の登場人物は実名なものの会話は脚色されているとのことだけど
>>続きを読む

チャーリーズ・エンジェル(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

エリザベス・バンクスって確かな手腕の持ち主だということが認識出来た

チャーリーズ・エンジェルは既に映画化されているけど、過去作に敬意を払いつつシリーズ愛を十分感じさせる新規の展開に感心

今回のエン
>>続きを読む

37セカンズ(2019年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

鑑賞したほとんどの時間が胸を締め付けられる思いだった

主人公のユマがあまりにも純粋で直向きであるが故の優しい子だと表面上は見える
しかし触れてしまうだけで溶けてしまうような「霙」でもあり、触ると鋭い
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

前作よりもミステリー要素は強化され、話の求心力は上がっていた

相変わらず、ハッカーは何でも出来てしまうけど、前作から登場するシリアルキラーのヤバさ加減は悪くない
完全に羊たちの沈黙に登場するハンニバ
>>続きを読む

犬鳴村(2020年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

見えてる地雷を踏みに行った結果、木っ端微塵に吹っ飛ばされた感覚

冒頭のドキュメンタリー風なシーンをピークにどんどん恐怖の度合いが急降下していく

それでも、作中2回ビックリさせられたらところがあり、
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

どこで一体シーンを繋げているのか分からないほどにワンカットでの撮影に拘った作品で、アカデミー撮影賞受賞も納得

撤退直後のドイツ軍跡地を駆け抜けるという設定のため、敵軍と遭遇する事はほぼ無いが、塹壕や
>>続きを読む

前田建設ファンタジー営業部(2020年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

ものづくりに携わる人なら胸に響くものがあると思う

演技は全体的に暑苦しいし、BGMもバランスが取れてないと思えるほど煩く感じるし、熱量過多な見ていて疲れる作品かと思っていた
小木博明の演技だけは最後
>>続きを読む

みぽりん(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

惜しい!

メンヘラが軟禁して自身の欲望を満たすのは、どうやったってミザリーを連想させてしまうが、本作品はオマージュに留まっていない点は素晴らしい

比較的序盤からボイストレーナーのみぽりんがメンヘラ
>>続きを読む

アントラム 史上最も呪われた映画(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

観ると死ぬ映画だそうけど、全ての映画も見終わったらいずれ死ぬのはおいておく

どう見たってフェイクドキュメンタリー映画なのは明白だけど、アントラム本編での不気味な雰囲気はなかなか良かったと思う

途中
>>続きを読む

>|