yさんの映画レビュー・感想・評価

y

y

映画(384)
ドラマ(2)
アニメ(0)

カラオケ行こ!(2024年製作の映画)

3.2

冒頭、いとも簡単にカラオケに2人がいる状態ができあがってしまったのが気に入らないけど、、、

ラストシーン、ただの勘違いで胸熱な紅を歌い上げ、実は狂児は生きていて、あんなに大事そうな合唱祭をむだにすっ
>>続きを読む

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

4.0

ミッドサマーより気持ち悪いかった

映画づくりにおいて、ギャップを生み出すことの重要さについて考えていた自分にとってこの映画は恐怖と画面の美しさ(風景の美しさ)のギャップによって成り立っているように思
>>続きを読む

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

3.6

夫人やその周囲は辛そうに、心配そうに、優しく見つめて気を使うけど、

本人はずっとふざけている冗談ばかり言っている。

悲しい話ほど、本人は必死にふざけている。

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

4.3

2回目

素晴らしかった。1回目とは受け取る「量」が違かった。

悲しい映画を撮るためには、登場人物はずっとふざけていなければならない。

楽しい映画を撮るためには、登場人物はずっと悲しそうにしていな
>>続きを読む

ブラウン・バニー(2003年製作の映画)

4.0

説明しない、ただ初対面の女の子にキスをして気をひいては、悲しそうにして置いていく、を繰り返す。

最後にデイジーと何があったかネタバラシ。

回想

夜明けのすべて(2024年製作の映画)

4.4

作品の最後に主題を浮かび上がらせるように、全体をさらっていくように、ある人が昔に書いた文字を読み上げていく。ケイコと同じ構造

贈ること、に溢れた世界…「たまにうぜえやついるからこの人物登場させとくか
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.6

たまにいるなんか距離感のおかしい奴が

種明かしなく下半身付随付与の能力

「どちらの子供の方が優秀だと思いますか?どちらかひとつをえらぶなら」と担任の教師に聞きに行く

ソウルフル・ワールド(2020年製作の映画)

4.0

素晴らしい

やばいよ映画監督になりたい理由が、成功という目的観に取り憑かれたものだとしたらその先にあるのは自殺だ…

映画づくりそのものが大好きかどうか常に自分を見張ってないとな…成功に取り憑かれて
>>続きを読む

ロブスター(2015年製作の映画)

3.4

リアクション演出が上手な印象でした、そうそうリアルは思ったよりリアクション薄くて外に向いてない本気の焦りなんです

ゴースト・トロピック(2019年製作の映画)

4.9

誰にも感情移入せずに泣いた。
「ついにみてしまった…」という謎の感覚で、打ちひしがれた感覚で。

なにもかもが

ちょっともう

作品性といえばいいのかなんなのか、作品そのものに殴り殺され心臓の裏にぎ
>>続きを読む

Here(2023年製作の映画)

4.5

hereってタイトル!!!


まず、なんか音と映像をずらすため(映画全体の主題ずれを意識させるために)に風景カットを挿れている印象があって、、

やけに聞いたことない多種の鳥の囀りがする………
ゴォ
>>続きを読む

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

4.4

キルケゴール?ホッブズ?プラトン?どれでもあってどれでもないんだろうけど哲学史みを感じて楽しかった

恋愛が2段階あるような描写で、
第一段階が「誘ったら嫌々ついてきて欲しいけど、誘われたら行きたくな
>>続きを読む

地獄の警備員(1992年製作の映画)

2.5

ラストシーン
主人公の女性が警備員に対して「あなたのことがもっと知りたい」ムーブへ移っていくんだけど、
不自然

机の脚なりでもって手足をポキっと折るのは面白い
道具を使って体を壊していく様はとてもよ
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

3.5

女性警官のことを好きな、妄想キモ泣きアジア人がいたのが良かった。
以上。

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.0

「事故にあって仕舞えばいいと毎朝思うよ……」

引き込まれすぎて全く勉強にならんかった
すごいなあ

ウォンカとチョコレート工場のはじまり(2023年製作の映画)

3.7

チョコ発売を母親と共に叶えるのが夢な人
過去の恋を結ばせたいとウジウジしていた人
母との再会を夢見ていた人
自分に自信がないために、目の前の恋人の言葉の真意に気づけない人

恋にウジウジしていた僕にと
>>続きを読む

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

4.0

男に女3人組がカーチェイスしながら襲われてる間、「いや運転手の女止まればいいじゃん」と思ってイライラした点以外は最高

もう、最高マダファカ

枯れ葉(2023年製作の映画)

4.6

なんなんだこの映画は、観ながらガッツポーズをして頭を抱えたのは、、
それは多分この女性の幸せを「本人以上に」願っていたからなのか、、そんな気がする

女性本人は凄まじく物静かで、とてもいい笑いの感受性
>>続きを読む

最悪な子どもたち(2022年製作の映画)

4.2

教科書的で参考にするのでdvd買おう

演出部っぽい女性が、少女の弟の遺影とその周辺の飾り付けの豪華さっぷりを見た時、笑ってしまうけど少女も一緒に笑ってるのが素晴らしい。
2人でしんみりでもなく、笑っ
>>続きを読む

オールド・ジョイ(2006年製作の映画)

3.9

明日から友達とキャンプ行ってくる
やつ

・妊婦の妻がキャンプ行くことに不満げ
・主人公の親父が脳卒中
・髭友達の友達ヨギとパーティで楽しんだ話

どうやら道に迷ったらしい適当な場所を見つけたらしい
>>続きを読む

エデンより彼方に(2002年製作の映画)

3.8

決して怒らない主人公、
娘を最も大切にする黒人男性、
真の恋を知り狼狽し子供の前でなく元夫

黒人と白人の恋を絶対的に排除する時代人の立場

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.6

家をなんとか出ようとするが、恋人の兄に後ろから掴まれる。ドアノブに手をかけるが兄がドアを蹴って閉める、そして引き剥がされる、
というやりとりを何度もしていて飽きて呆れるかけたところで、
「ドアノブに手
>>続きを読む

PERFECT DAYS(2023年製作の映画)

4.0

この映画の祝祭パートは、彼が怒ることとバーのママの元夫と出会い影踏みで遊ぶ事だった。


男1人の生活全てを映すのに、夢部分はやっぱり不可欠でこの映画のパワーとして重要だった。


最後彼は何に感動し
>>続きを読む

>|