YossieRさんの映画レビュー・感想・評価

YossieR

YossieR

【映画】一周回ってわかりやすいハリウッド映画が好き。2014年1月以降の記録で、それ以前はもう一回観たら記録します。(昔のはciatrから移行)
【ドラマ】とりあえずクリップ。

☆5 BD即買い、超おもしろい、超好き
☆4 期待以上、めちゃおもしろい、めちゃ好き
☆3 期待通り、おもしろい、好き
☆2 微妙、苦手、嫌い
☆1 つまらない、超嫌い

映画(277)
ドラマ(13)

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.7

母強し!子育て的にも参考になった
杉咲花ちゃんもすごく良かった
オダギリジョーのクズ男感やっぱいいな
もう全員良い

タイトルは何となく想像ついちゃった
しかし、病院の待ち時間に見る映画じゃなかった…
>>続きを読む

茄子 アンダルシアの夏(2003年製作の映画)

3.2

レース展開ドキドキして楽しめた
45分くらいの視聴時間ってのも良かった
レースとヒューマンドラマがうまいこと短い時間にまとまっててスッキリ

007/ドクター・ノオ(1962年製作の映画)

3.0

2018.8.15 2回目
007マラソン再スタート
やっぱ途中ダレるところあるけれど、
今ちゃんと見てみると、マティーニとかワルサーとか、「これがきっかけなんだ」って感じで見られるね

2015.1
>>続きを読む

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

3.0

前作がオーシャンズ11だとするとコレはオーシャンズ12って感じ

1ほどではないけれど楽しめた!
でも序盤中盤はマジックというよりただの泥棒w

雨を止めたり、最後のイリュージョンは最高潮ですね

>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

3.5

ベタなファミリー映画って感じで楽しめた
M:Iのパロディ挟んで来るのも良かった

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

4.0

2回目。当時劇場に見に行った思い出。

「このマジック、実際はどうなってるんや」ってのを深く考えずに見るのが良し!
オーシャンズ11のマジシャン版、みたいな。ルパンみたいな展開

テンポも良くて、スカ
>>続きを読む

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年製作の映画)

4.0

ドローンを駆使してターゲットを排除しようとしたら近くに少女がいて助けるのか助けないのか話し合う映画。
法律とか結構手続きがしっかりしてるんだねオペレーションにも。

戦争は現場ではなくて会議室で起きて
>>続きを読む

ハッピーエンドが書けるまで(2012年製作の映画)

3.3

愛する人を待ち続ける人
愛を信じない尻軽
愛とか臆病なDT
その3つの軸で進む家族の話

あとはタイトルの通り

リリーコリンズかわいいいいい

プールサイド・デイズ(2013年製作の映画)

3.5

母親の恋人が嫌いな陰キャなダンカンが逃げついたウォーターパークで出会いを重ねて成長していく青春夏映画

14歳。引っ込み事案なだけなのか反抗期なのか、あのなんとも言えない感じがイラつかせつつも良い感じ

ファインディング・ドリー(2016年製作の映画)

3.0

ドリーの忘れっぽさに多少イライラしてしまった…笑
ほんとあいつ人生楽しそう

機内で見た映画はどうも記録し忘れる

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

3.7

幼馴染の男女の友達が10年以上もすれ違いまくる話。
映画「One day」と良く比較される理由もわかる気がする。すれ違い具合でいえば。

ムズムズさ加減手間はハチクロ的な感じ。好きだと伝えられない山田
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.5

貧しい子が迷って引き取られて容姿にとられて25年後に母を探す話

サルーはいい子で運が良い
親は信じて帰りを待つために故郷を離れなかったとか、「良かったー」って思うシーンがたくさん
うるうるしました。
>>続きを読む

水曜日のエミリア(2009年製作の映画)

3.2

2回目
子供を持ってから見るとまた違った感想な気がする
誰も悪くないんだよね

キサラギ(2007年製作の映画)

4.0

あるアイドルの一周忌を偲ぶために某室に集まった男五人の会話劇
いささかオーバーな演技も合わさりまるで舞台を観ているような映画
中盤からの、一つずつしっかりと伏線回収していく爽快さが素晴らしかった

>>続きを読む

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

4.0

本番のステージは最高にロックだったぜ!!
10歳そこそこなのに良い演奏しやがる…

最初は生徒の意見ガン無視の自己都合野郎でウザかったけれど、だんだん生徒と打ち解けあっていって、最後は教師以上に先生だ
>>続きを読む

河童のクゥと夏休み(2007年製作の映画)

3.8

夏だし!と思って妻に勧められたが最後、なんだこれ、涙ポイントありすぎる…この映画(´;ω;`)

クゥは何も悪いことしてないのにな
人間嫌になるよ。クゥは人間相手にテロ起こしてもいいレベル
クゥの家族
>>続きを読む

マジック・イン・ムーンライト(2014年製作の映画)

3.0

偏屈で皮肉屋主人公のセリフはまさにウディアレンだなぁ
ラストシーンは好み
エマストーン可愛い

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

3.5

B級青春ゾンビコメディ。普通に面白かった
原題がscoutsなだけあってスカウトらしいスキルが出てくるのが良かった
ホームセンターで武器作るあたり。
ゾンビ映画はこんくらいのクオリティの方が楽しめる。
>>続きを読む

ブルージャスミン(2013年製作の映画)

3.2

上流階級から転落した元セレブが、強い自尊心と虚栄心で更にどつぼにハマってく話。
いつのもウディアレンっぽさとはちょっと違う雰囲気な気がした。

どうにかなって欲しい気持ちもあったけれど、ラストの「ざま
>>続きを読む

プリデスティネーション(2014年製作の映画)

4.0

タイムトラベルモノ。おもしれぇー
前半はむしろタイムトラベルなんてほとんど出てこない。何がテーマの映画なの?って感じの内容だし、黒幕を気軽に予想できる感じなのだが、後半に入ってから一気に畳み掛けられ、
>>続きを読む

フラッシュダンス(1983年製作の映画)

3.0

聞いたことあるこの曲!ってのが開幕早々の感想
夢を追い続ける青春物語

誘惑のアフロディーテ(1995年製作の映画)

3.5

どうなっちゃうんだろうって見てたけれど、最後10分くらいのラストに向かう畳み掛けには思わずほっこり

ちょいちょい出てくるギリシャ悲劇のメタ表現がツボ

「まったく人生とは皮肉なもの
信じがたく、奇想
>>続きを読む

ユー・ガット・メール(1998年製作の映画)

3.5

ネットがダイアルアップ接続の時代、メル友がオフ会する話

ラストはほっこり
犬かわいい、over the rainbowが良い

メグライアンの表情がなんとも絶妙な気がした。どういう感情なのか、なーん
>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

4.0

ポジティブになれてほっこりした
全てのことにイエスと答えるのはキツイけれど、やっぱり前向きに行かないとね。
情けは人の為ならず、人生何事も楽しまないと、何事もチャレンジしないと思えた映画

ズーイーデ
>>続きを読む

おいしい生活(2000年製作の映画)

3.0

ウディアレン独特なセリフの掛け合いがたまらんね
今回見たウディは偏屈ジジイではなくて、ただのポンコツジジイだったのも新鮮だった

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.7

ウディアレンの雰囲気やっぱ好き

過去の芸術家たちがオールスター的な感じで登場する深夜のパリは、まさに夢のような感じで楽しかった

みんな今の時代よりも少し昔を黄金時代と思って過ごしてる

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)

3.8

夢で見た理想の女性をネタに
妄想小説を書いてみたら、妄想の彼女が現実に現れた
とかいう、なろう作家的なストーリーの映画

ただ、ちょいちょい映像が綺麗なのと、
終盤に見せるなかば狂気じみたシーンと、
>>続きを読む

ぼくとアールと彼女のさよなら(2015年製作の映画)

3.5

白血病モノだけれど、お涙頂戴なラブロマンスとかではなくて、グレッグの成長を描いた青春映画としての性質が強い気がした

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.7

過去に戻れる、未来には行けないって話だけれど、現在には戻れる仕様(過去からしたら現在は未来と思ったけど)
要は自分の経験してるイベントならスキップできるのね。
悪用や乱用するのではなく、むしろ逆でタイ
>>続きを読む

ビフォア・ミッドナイト(2013年製作の映画)

4.3

三部作の完結作。
サンセットから9年、どうなってるんだろうとワクワクしながら見始めた冒頭から「うひょーマジか!」と「えっ、大丈夫?」。
男女の違いみたいなところでの喧嘩、
そして仲直りの話。

三部作
>>続きを読む

アンタッチャブル(1987年製作の映画)

4.0

ケヴィンコスナーもショーンコネリーもアンディガルシアもみんなカッコいい

駅の階段のシーンもいいけれど、騎兵隊のシーンも好き

嫌われ松子の一生(2006年製作の映画)

3.0

松子かわいそう

前半はハイテンションムービーだけれど、後半は静か

ルーム(2015年製作の映画)

3.8

脱出シーンはすごくドキドキした
親子の演技が素晴らしかった

シリアスだから、旅行の移動中に見るような映画じゃなかった

パコと魔法の絵本(2008年製作の映画)

3.8

是非、舞台で観たい
舞台をそのまま映画化したような映像と演出

ハイテンションなテンポだけれど、後半以降はお涙な感じで良かった

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.8

「ヒトラー最期の12日間」の、プルプルしながらメガネ置いて、4人だけ部屋に残して叫びまくるシーンのパロディが出てきた時は笑った。
移民とか難民とか貧困とか、ドイツの抱える問題に切り込んでるコメディタッ
>>続きを読む

>|