しさんの映画レビュー・感想・評価

し

音楽(2019年製作の映画)

3.9

会話の間がたまらん。
音楽祭のステージも好きだけど、やっぱり部屋でベース2本とドラムでかき鳴らしてるあの「音楽」がぼくは好きです。

2022-2

ドント・ルック・アップ(2021年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

社会風刺が痛快なブラックコメディ。
あんな真面目な感じなのにすぐ不倫しちゃう博士も、気持ちいいくらい権力に溺れてる大統領も、笑い方からプライド高いそのお坊ちゃまも、みんなみんな最高。実際にいたら嫌いに
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

初鑑賞。Queenは数曲しか知らないにわかだけど、メアリーに新恋人ができたシーンと最後のライブシーンが心震える素晴らしさだった。何度もみると思います。

2021-115

あなたの番です 劇場版(2021年製作の映画)

3.3

ドラマ版微視聴。
ミステリーとしてはイマイチ、ブラックコメディとしてはちょいちょい笑えるシーンあり。
奈緒かわいいし演技上手いな、、
ヒステリック木村多江のバタフライは最高でした。

2021-114

ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶん HAPPY(2014年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

蛇足だったかな。3で監督変わっちゃったのか。
ほぼ回想シーンなのになんで全部コマ送りなんだ。たまに入れるから良さが出るのに。コマも粗すぎてクオリティ低かった。。
ストーリーにこれといった山もなく、前作
>>続きを読む

浅草キッド(2021年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

劇団ひとり、いい映画撮るなあ。。
ビートたけしへのリスペクトに溢れてる素晴らしい映画だった。
青天の霹靂も良かったし、大泉洋との相性いいね。

ビートたけしのことあんま詳しくないけど、柳楽優弥の似せ方
>>続きを読む

ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY(2004年製作の映画)

3.4

嵐主演映画第2弾。
翔くんの成長具合とリーダーの演技がいい。
ベジダリアン専用焼肉屋はつまり焼き野菜屋ってことですよね。

エンディングのPVが懐かしすぎて。堤さんが撮ってたんだな〜。嵐の曲の中でピカ
>>続きを読む

クライマーズ・ハイ(2008年製作の映画)

5.0

個人的オールタイム・ベスト。大好きな映画です。

日本最悪の航空機墜落事故を命懸けで取材する北関東新聞社の記者・編集者を描いた本作。
役者陣の熱量がものすごい。

原田監督のリアリティを追求した演出が
>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

4.3

雰囲気がthe邦画って感じでとても好きです。
主人公もヒロイン4人もみんな完璧じゃなくて人間くさいところが下北沢の街にマッチしてていいな。
若葉竜也の冴えない演技がちょうどいいのよね。色んなシーンでク
>>続きを読む

テロ、ライブ(2013年製作の映画)

4.2

いろいろと都合のいい、出来すぎたストーリーではあったけど、ほとんどがラジオブース内の映像で作られるワンシチュエーションサスペンスで、緊迫感あって面白かった。
ハ・ジョンウの演技が上手すぎる。キャスター
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

4.0

クリスマスシーズンで、Netflixでオススメされてたので。初鑑賞。
いい映画だな〜観たあとの満足度高い。

3人の人間性や過去への向き合い方ををしっかり掘り下げててよかったし、ミユキの冷めてるようで
>>続きを読む

ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY(2002年製作の映画)

3.3

入りに若干付いていけなかったけど、後半の盛り上がりは普通に面白かった。
嵐好きなので楽しめた。保護観察中でチャリに乗ってる翔くんがよかった。
グループ5人で映画ができるって楽しいだろうな〜

2021
>>続きを読む

サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~(2019年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

ジャケットと評価だけしか情報入れずに観たので、難聴の話だとは知らなかった、、
主人公が聴力を失っていく過程を、客観視点と本人視点でどちらも表現する演出が俊逸。本人の経験を擬似的に追体験できるけど、ひた
>>続きを読む

私の奴隷になりなさい(2012年製作の映画)

2.0

ついていけなかった、、
板尾創路は流石。除毛シーンは攻めてるな〜
壇蜜好きな人はみたらいいと思います。

仕事終わり疲れてTSUTAYA寄った時によく分からんの借りちゃうのやめたい、、

2021-1
>>続きを読む

佐々木、イン、マイマイン(2020年製作の映画)

4.5

うわーーー好きです。青春時代の光と影。
いつもふざけてる佐々木がたまに見せる、遠くを見るような表情にグッときました。
できるからやるんじゃなく、できないからやる。
大人になっても中身は結局変わらないん
>>続きを読む

あのこは貴族(2021年製作の映画)

3.9

良い家柄の子どもほど生き方のレールを決められてて大変そう。そういう人の方が、生活に余裕はあっても、自分らしく生きるのって難しいのかな。
華子と美紀の2人の生き方が対比的に描かれてるけど、大学で一度ドロ
>>続きを読む

SNS-少女たちの10日間-(2020年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

見かけが幼い3人の成人女性が12歳のフリをして、SNS上で10日間、メッセージやビデオ通話をするという内容のドキュメンタリー。聞いた事のない実験に映画の序盤はわくわくしたが、実際始まってみると衝撃的だ>>続きを読む

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

3.8

序盤のなんでもない会話劇が好きだなあ。
グラウンドを映さない演出がおもしろい。
吹部の部長、とても美人だしカーストの中心にいそう〜ナイス配役。

茶道部の熱血顧問、どこかでみたと思ったらくれなずめのネ
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

3.8

序盤と中盤以降の落差。ちゃんと難しくて、理解しきれない。それでもそれぞれの登場人物の思いがしっかり伝わってきた。
完結させてくれてありがとう。
新劇しかみれてないので、旧劇とアニメもいつの日か。

2
>>続きを読む

トゥルーノース(2020年製作の映画)

4.3

「死ぬ自由もないのか」
しんどい。ひたすら苦しいアニメーション作品。
独特のアニメーションは、ある意味実写よりもリアルに感じた。
途中何度も断念しそうになった…よく最後まで観た自分…
すぐそこの国で実
>>続きを読む

罪の声(2020年製作の映画)

3.7

登場人物が多く、人物の名前と関係を把握するのに苦戦したけど、過去の劇場型犯罪での犯人からの電話に声を使われた子どもの、その後の人生を描くというストーリーはこれまでに観たことがなく、重厚感のあるサスペン>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.8

もうサブスクで観れるの嬉しい…!
テンポのいいストーリー展開と豪華俳優陣の演技が観ていて楽しかった。
お仕事エンタメ映画として完成度高いと思う。

松岡茉優の表情の演技が上手すぎて素晴らしい…
あとエ
>>続きを読む

ボクたちはみんな大人になれなかった(2021年製作の映画)

4.1

普通って素晴らしいことだと個人的には思うけど、普通を嫌い、佐藤に対して「普通だね」と笑うかおりは魅力的に思えた。

現代から過去へと遡っていく展開。過去の積み重ねが今につながっている。ラストの2020
>>続きを読む

ロングショット(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

アメリカの冤罪事件をテーマにした40分のドキュメンタリー。
当事者のインタビューと当時の音声・映像が使われていて、とてもリアリティーのある作品だった。

偶然の奇跡が重なって無罪を証明できたものの、1
>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

4.0

主演2人のテンポのよい会話のキャッチボールが楽しい。
素直になれない清原果耶が人間味あふれててとても良い。成田凌のスーツの時と白衣の時のギャップもめちゃめちゃ良い。

ラストは最近観た邦画の中でいち
>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

4.5

テレビアニメ版だけみて放置してた。クオリティ高えええ。
アニメーションも演出も声優の演技も素晴らしかった…。

煉獄さんの人を守る強さと、発する言葉の数々に感動した。炭治郎はジャンプの主人公としては極
>>続きを読む

くれなずめ(2021年製作の映画)

3.7

皆事情はわかってるけど、あえて口には出さない。そんな仲間のあたたかさを感じた。
説明がないまま進んでいく感じがちょっと演劇っぽくて良い。
6人の軽い感じのやりとりがじわじわ来る面白さだった。浜野謙太に
>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.0

想像を絶するほど残酷で非道な事件が描かれて衝撃を受けた。
テロ実行犯の少年たちの躊躇いのなさが怖すぎるし、宗教や家族などその背景にあるものを考えると、怒りというよりもやるせない気持ちがわいてくる。
>>続きを読む

空白(2021年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

映画として完成度が高く面白かった。けど、添田、青柳どちらにも感情移入できない難しい作品だった。
ラストは2人それぞれに救いがある終わり方でよかった。

寺島しのぶと藤原季節、当事者それぞれへのアプロー
>>続きを読む

ジョン・F・ドノヴァンの死と生(2018年製作の映画)

3.8

タイトルとジャケットに惹かれた。美しくて繊細で苦しい映画。
性のマイノリティなど、世間のイメージと実際の自分のギャップに苦しむ人気俳優ジョンが唯一心を許したのは、彼と文通をする11歳の少年ルパート。
>>続きを読む

岬の兄妹(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

とにかく辛い。妹を売春させるなんてあってはならないけど、自分も含めて、明日も生きられないほど生活に困ったことがない人は、誰も道原兄を責められない。この兄妹には選択肢がない。
売春で得たお金で貪るように
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

カメラワークやBGMから、常に不穏な空気が漂う。村人の爽やかな衣装と笑顔の後ろで流れる音楽が落ち着かない。
そして徐々に明らかになっていく閉鎖的な村での異様な文化や儀式。
食事のシーンがしんどい、、学
>>続きを読む

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

4.4

待ちに待った続編。令和のこの時代にどちゃくそ過激なバイオレンスが見れて最高です。それぞれの正義が交わり合う熱量がものすごく、観終わったあとクラクラした。大上の意志を継いで暴力団を取り仕切る日岡の前作か>>続きを読む

護られなかった者たちへ(2021年製作の映画)

4.4

生活保護と震災という、2つの重いテーマで描かれる社会派ミステリー。
誰のせいでもない震災。そのせいで、本来護られるべき命が護られないのは「人」のせいなのか。それぞれのやり切れない怒りや悲しみが伝わって
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

タイトルとジャケットからは想像できないくらい、重くて悲劇的な作品だった。
光州の住民ではなく、ジャーナリストでもない主人公が、この惨劇を世界に伝えるために命をかけられるのがすごい。
一度ソウルに戻り、
>>続きを読む

>|