Kさんの映画レビュー・感想・評価

K

K

映画(1559)
ドラマ(47)

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所(2014年製作の映画)

3.7

交通事故で昏睡状態に陥ってしまうミア。霊体となって、まるで走馬灯のように人生を振り返っていく。
チェロを弾くミアとアコギを弾く、彼氏と仲間達とのセッションのシーンは泣いた。今まで孤独だと思ってたミアが
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.3

人を騙す天才詐欺師フランクとそれを追うFBI捜査官カールの奇妙な友情を描く、実話に基づいた作品。

フランクの天才的過ぎる鮮やかな手口には毎度驚かされる。しかもそれを演じるのがレオ様でしょ?スマートだ
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

5.0

妄想の中の親友はヒトラー。
ナチスを盲目的に崇拝する、幼いジョジョの目線で描かれる、凄惨で厳しい戦争の事実と幻想的でポップな世界を上手く、混合させるのがスゴい。
知ることで成長するジョジョと支えてくれ
>>続きを読む

地獄の黙示録・特別完全版(2001年製作の映画)

4.6

暗殺任務を任されるウィラード大尉一行は、カンボジア奥地へと足を踏み入れる…

ベトナム戦争という名の惨劇を脚色せず、映像にしたようで心が苦しい。そこら辺に転がっている死体に目が慣れていく自分が恐くなる
>>続きを読む

トップガン(1986年製作の映画)

3.9

CGを使わない戦闘機の魅せ方がスゴい。戦闘機の迫力満点のエンジン音に空母から飛び立つ際の陽炎とここぞとばかりに流れる、“Danger Zone”が最高に良い。
飛行シーンも古臭さを感じさせない作りにな
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

4.3

時間を遡り、そして彼の物語は繰り返される。
時間が経てば写真に色がついていくインスタントカメラの仕組みのように、時系列を“モノクロからカラーに変化する”インスタントカメラに例え、最初のシーンと繋がる…
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

4.4

まさに完璧なる近未来のビジョン。冒頭から、頭おかしいぐらい美麗で衣装、セット、世界観…全てがハイセンスで1982年製作とは思えない映像に目を奪われる。色々なバージョンがあるらしいので、他のも見てみたい>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

5.0

今この瞬間を生きる大切さを感じる。
過去に戻ってやり直したいと思ってしまうような失敗はこれから何度もする。それでも頑張って、「あの時の失敗があったから今の自分がある」と思える後悔の無い人生を送りたいと
>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.2

本当に分かり合えて、自分の全てを理解して受け入れてくれる人達の存在って自分ではあまり思わないけど、思っている以上に大切だということを学んだ。
トンネルを抜けるあの瞬間、可能性は無限になって、彼等はまた
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.7

宇宙最凶のハンター、襲来…

はみ出し者の軍人達が馬鹿でクレイジーでもう愛くるしいのなんのって。キャラクターだけでいえば過去一で好きかもしれない。てか一作目で下ネタぶちかまして死んだホーキンスを演じた
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.4

耳に、体に響き渡る轟音…圧倒的臨場感。上映時間が2時間半とまぁ長尺だが、それを微塵も感じさせない面白さ。
マット・デイモン演じるシェルビーとクリスチャン・ベール演じるケンの男の熱い友情がまた最高。
>>続きを読む

プレステージ(2006年製作の映画)

4.6

マジックに取り憑かれた奇術師2人の物語…

一生をかけてまで争い合う2人はまさに狂気。物語は二転三転し、彼の壮大なタネ明かしは観る者を驚愕させる。
私はノーランの“マジック”に魅せられていたのかもしれ
>>続きを読む

ONCE ダブリンの街角で(2007年製作の映画)

3.9

2人の年齢、名前が分からないのが逆に良い。自分もその場に…いやまるで自分の名前を当てはめ主人公になったような気分になれる。
手ブレありの長回しシーンを多用してるのがよりリアルに感じられるし素晴らしい。
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

5.0

見れば見るほど面白い。
これからも定期的に見る映画になる。
映画館でタランティーノの作品見れてよかった…

オデッセイ(2015年製作の映画)

4.7

火星での探査ミッションで1人取り残されたワトニー。果たして有人機がやってくる4年後まで絶望的状況を生き残れるのか…

前々から気になってはいたんだけど、
色々と予定が重なり劇場で見る機会は無く、最近ま
>>続きを読む

ゴースト・オブ・マーズ(2001年製作の映画)

2.9

西暦2176年、地球人は火星を植民地化。ある日、古代遺跡を発見した人間により、禁断の封印が解かれてしまう…

何を言ってるかわからねえと思うが、回想の中の回想の中で回想するんだこの映画。
世紀末ロッカ
>>続きを読む

クイック&デッド(1995年製作の映画)

3.6

法も秩序も無い、荒野の開拓地で命と賞金を賭けた早撃ちトーナメントが始まろうとしていた。果たして最後に生き残るのは…

西部劇大好き人間には刺さる。名俳優達が演じる、キャラクターはどれも魅力的。荒くれ者
>>続きを読む

ハイテンション(2003年製作の映画)

3.3

主人公マリーは、親友と田舎の実家で週末を過ごすことに。だが謎の男が姿を現し、彼女達を襲う。

残虐・切り株描写も勿論素晴らしいが、殺人鬼のおどろおどろしい雰囲気とあの鈍重な足音…『バイオ2』のタイラン
>>続きを読む

ライフ・イズ・ビューティフル(1997年製作の映画)

4.6

多彩な想像力とユーモア溢れるグイド。妻と息子と幸せに暮らすが、強制収容所に連行されてしまう…

最初から最後まで愛で溢れてる。直向きで純粋な嘘をつき続け、奮闘するグイドの姿に泣かされる。
人生とは素晴
>>続きを読む

シン・シティ(2005年製作の映画)

3.9

罪の街"シン・シティ"。3人の男は、街を支配する権力に脅かされる女達を守る為に闘う…

原作漫画の作者のフランク・ミラーがロドリゲス監督と共同監督なだけあって、原作のページの一部を切り取ったような構図
>>続きを読む

ウォンテッド(2008年製作の映画)

3.7

なんだこの中二病設定満載なアクションは。これでもかとスローになる戦闘シーン、物理の法則をガン無視した、クソ曲がる弾道…そんなツッコミは野暮というもの。
ちゃんと修行でのことを活かした戦闘がそれぞれある
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.9

1940年、仏のダンケルク海岸で独軍に包囲されてしまった英軍と仏軍の海岸からの脱出を描いた作品。

この作品、ほとんど台詞がありません。ですがその分リアルに描かれた戦争映画でした。空軍パイロットのトム
>>続きを読む

ブラッド・ダイヤモンド(2006年製作の映画)

4.1

"血のダイアモンド"と呼ばれるダイヤを巡り、奮闘する2人の男の物語…

メッセージ性の強い、知るべき事実を提起し、それを分かりやすく物語に組み込んだ、結構重めな内容。
それでもアクションにも抜かりなく
>>続きを読む

ナチュラル・ボーン・キラーズ(1994年製作の映画)

4.1

3週間で52人も葬った、仲良し殺人カップルのやりたい放題のドライブデート。
オリヴァー・ストーンの編集が凄い。
ドラッギーで潜在意識よりも深くに問い掛けるような様々なイメージが流れ込み、ノリノリでハイ
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.3

助けを求める声がする…不殺を誓い、銃も持たずに戦場で人を救う。
前半、戦場に立つまでの彼を長めに描くことで彼の"信念"に理解をより深めることが出来た。臨場感溢れる戦場の画は半端なく、このたった1人で7
>>続きを読む

ディック&ジェーン 復讐は最高!(2005年製作の映画)

3.6

IT企業で働くディック。ある日突然、会社が倒産。妻のジェーンと共に強盗稼業に手を出してしまう!!

妙なリアルさと有り得なさの組み合わせが絶妙。笑えるシーンも多いけど、ジム・キャリー節は少々控えめ。ア
>>続きを読む

ゼイリブ(1988年製作の映画)

4.8

サブリミナルによる姿無きエイリアン達の侵略。
面白すぎる設定、少しのチープさ、ダークな世界観…"これぞB級映画だ"と言わんばかりの我等がジョン・カーペンターの良さが詰まった、メッセージ性の強い社会風刺
>>続きを読む

ハッピーボイス・キラー(2014年製作の映画)

3.5

狂気の世界をポップ&コミカルに描く、コメディスリラー!
ポップな殺人鬼ジェリーの世界と一般人目線の凄惨な現実を行き来する演出なかなかにエモーショナル…けどコメディかホラー調か方向性を定めてくれ。
ブラ
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

4.8

DNA操作で生まれた"適正者"だけが優遇される近未来…

DNA操作で運命が決まるのではなく、自らの意思で運命なんて切り拓くことが出来る。
運命に抗い、欲望のままに夢を掴み取ろうと奮闘する主人公の姿は
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

4.5

ボーダーラインのスピンオフ作品。脚本は至高、テイラー・シェリダン。
日常に潜む、姿の見えない組織の恐怖を様々な登場人物の目線から上手く描き、リアルな銃撃戦もパワーアップし、渋いイケオジ2人の活躍もふん
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

4.1

知れば知る程深まっていく闇。
この戦いに終わりはない。
鳴り響く発砲音、隣でくたばっていく仲間…このあまりに凄惨な内容が現実なのかと目を疑うようなストーリー。
ドゥニ・ヴィルヌーヴとテイラー・シェリダ
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

4.3

ウェス・アンダーソン監督の良さが詰まってる。綺麗で色鮮やかな映像、もう2人がホントに可愛いし、ピュアッピュアな大人には分からない、この愛の逃避行は世代とかも関係無く「尊いなぁ…」って気持ちになれます。>>続きを読む

ファンタスティック Mr.FOX(2009年製作の映画)

4.4

かなりオフビートな笑いは変わらず、犬ヶ島よりもストップモーションアニメ特有のカクっとした動きが目立つがそれがウェス・アンダーソンのテンポに上手く合わさり、もう相性抜群。
キャラ達も表情豊かで可愛い…
>>続きを読む

>|