ちぃさんの映画レビュー・感想・評価

ちぃ

ちぃ

ハンニバル・ライジング(2007年製作の映画)

3.4

ハンニバルレクターの幼少期から青年期を描いた作品。
ハンニバルの原作に出てくる妹の存在もようやくここで描かれています。
こちらも原作と少し異なる様です。気になる方は全作品本を読んでみましょう

ハンニバル(2001年製作の映画)

3.8

羊たちの沈黙の続編にあたる。
主演女優のクラリス役が変わってしまったことが悔やまれるし、原作と異なる部分が多く別物になってしまったという点もあるが私はこの作品はこれで好きだった。

ばるぼら(2019年製作の映画)

2.7

人間失格の時の二階堂ふみを観た時こんなにエロティック女性いないーって脱いだ姿みて思ったのにこの作品を観ると彼女には合っていない気がした。演技等を除いて。

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.2

めちゃくちゃ面白い。
今日も寝不足になりました。
常にハラハラする展開で素晴らしかったです。

CURE キュア(1997年製作の映画)

3.7

常にドキドキさせられる良サスペンスだった。
海外映画にありそうなダークなところもあり、よく作られていた。

モーグリ: ジャングルの伝説(2018年製作の映画)

3.0

母親がトラに殺されジャングルに残された少年がジャングルの動物達に育てられていく物語。
動物がたくさん死んでしまう映画は苦手ですが、この映画はCG感が強くあまり悲しいシーンも少なめでした。
結局人間はと
>>続きを読む

ぼくのエリ 200歳の少女(2008年製作の映画)

3.5

いじめられっ子のオスカーが出会った一人の少女。
切ないホラーでした。
モザイクが一箇所あって気になっています..

赤い指(2010年製作の映画)

3.5

久々に観たくなって。
初めて観た時のラストの衝撃はもう覚えているけれど何度観ても面白いです。

エクソシスト2(1977年製作の映画)

3.0

前作と話は続いているが別物のようで少し眠くなってしまいました。イナゴが苦手な方は観れないかもです💦

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.0

脳死してしまった娘を生かしておくかそれとも..
とても重く観ているのが辛かったです。
誰にでもありえる問題だからこそ、色々考えさせられました。

キャラクター(2021年製作の映画)

4.0

ずっと観たかった!
期待通り面白かったです。
深瀬さんの演技が評価高かったと聞いていたのですがすごく良かった。

ソムニア 悪夢の少年(2016年製作の映画)

3.2

天才子役ジェイコブトレンブイ君目当てでみたけどなかなか面白いホラーでした。

仮面病棟(2020年製作の映画)

3.5

なんとなく先がみえてしまったけれど面白いサスペンスだった。

ファイ 悪魔に育てられた少年(2013年製作の映画)

3.9

凶悪な集団にさらわれ育てられた少年の苦しくて切ないお話。
ファイ演じるヨジングが凄すぎてファンになってしまいました。
残酷なシーンも多いですが手に汗にぎる映画で悲しく喉が熱くなりました。

アイデンティティー(2003年製作の映画)

3.7

ネタバレ厳禁のホラーミステリー。
常にハラハラさせられる、テンポのいい感じも好きでした。

キャリー(1976年製作の映画)

3.0

1977年の映画なのにあまり古臭く感じなかった。
いくつかリメイク版が出ているようなのでそっちも見たいです。

ミセス・ノイズィ(2019年製作の映画)

3.2

加害者にも被害者にもなってしまう時代。
今もこれかも、そういう時代なので考えさせられる映画です。

はるヲうるひと(2020年製作の映画)

3.2

とある田舎の島にある風俗のお店の話。
下品な言葉が飛び交うし内容も暗いですが嫌いじゃない。
一つ言えば向井理は綺麗すぎてお客さんに向いてない。

さんかく窓の外側は夜(2021年製作の映画)

2.9

宗教もののサスペンス系は好きなんだけどこれはちょっと違いました。

バービー(2011年製作の映画)

2.9

実話をもとにした養子縁組に見せかけた人身売買という社会の闇を描いた映画。

ロリータ(1997年製作の映画)

3.0

14歳の少女を愛し、その強い愛ゆえ自身も破壊されていく作品でした。

ルーム(2015年製作の映画)

3.5

17歳の女の子がさらわれ、離れの防音小屋に鍵をかけられ監禁されてそこで犯人との子供を産みます。
子供と2人で小屋でずっと監禁されているのですが子供が5歳になった日、子供に事実を告げ脱出しようとするお話
>>続きを読む

テッド・バンディ 全米史上最高の殺人者(2002年製作の映画)

3.0

実在した殺人鬼の話。
30人以上殺害したけど婚約者と恋人がいてってすごいなぁ。
人間不信になりそうなラストの一言でした。

奇跡のシンフォニー(2007年製作の映画)

3.7

全てがhappy endなお話。
孤児院に住む少年が両親を探して聞こえる音楽をたどって会いに行くというもの。
そんな出来過ぎたストーリーなのに何故か感動して泣いてしまいました。
教会の女の子の歌声が素
>>続きを読む

フローズン・グラウンド(2013年製作の映画)

3.0

実話に基づく女性連続殺人事件の犯人逮捕に向かうまでのお話。
最初から犯人はわかっていてどのような手口で殺人をおかしていくのかという部分も垣間見える。
残酷なシーンはあまりないのでよかった。

今日も嫌がらせ弁当(2018年製作の映画)

3.3

八丈島を舞台にシングルマザーが反抗期の娘に毎日キャラ弁を作りその流れを描いた作品。
キャラ弁がどれもすごいのと、仕事と内職もしててすごいお母さん。。
八丈島が美しい。

チャイルド44 森に消えた子供たち(2015年製作の映画)

3.0

子供達が次々殺されていく連続殺人事件とスターリン体制下のソ連を舞台にその闇にせまるお話

V/H/S シンドローム(2013年製作の映画)

2.8

久々にネクストレベルのSAFE HEVENがみたくなったのですがこの作品観てない!ってことで観ました!SAFE HAVENみたいな面白いやつはなくてどれも微妙で眠くなってしまった。
どの作品もおっぱい
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.5

亮介がノートの続きがみたくなるのと同じで自分もノートの続きが気になって仕方なかった。とても面白い

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

3.7

柳楽 優弥さんのほとんど喋らないのに空気や目つきだけでその狂気が伝わってくる感じが凄かったです。
それだけでも見る価値がある。
FF5ちょうどやってる最中だったのでタイムリーな感じでした。

>|