ヤマニシさんの映画レビュー・感想・評価

ヤマニシ

ヤマニシ

映画(431)
ドラマ(0)
アニメ(1)

関心領域(2023年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

 強制収容所の隣で将校の家族が生活している後ろで怒号やら銃声やら悲鳴やらが聞こえる、という嫌なコンセプトの映画。いやー、嫌な映画ですね。音の作りがしっかりしていて、上述の音は環境音レベルで遠くのほうで>>続きを読む

ザ・ホエール(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

 クジラのようにでかい図体の男をめぐる話。なんだけど、イマイチ巨体である必要性がわからんかったな。なんか死にそうであれば太っている必要もなさそうだったし、白鯨になぞらえるため(クジラである自分を殺すた>>続きを読む

食人族(1981年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

 最初は未開の部族の野蛮さを映しておきながら、後半では最初に行った撮影隊の方がもっと野蛮でした、というオチ。食人や姦通に対する罰など西洋文化から見れば野蛮に映る面も多いが、銃を使って相手を脅して家を燃>>続きを読む

システム・クラッシャー/システム・クラッシャー 家に帰りたい(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

 クソガキの話。主人公に感情移入しやすいように作ってあるがクソガキであることには違いない。正直、この子が救われないことに福祉が足りないとか社会の理解が足りないとは思えず、できる限りのことはしていると思>>続きを読む

蛇の道(1998年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

 ぶ、不気味...。全容は明かされ物語は完結しても奥歯に物が挟まるような違和感を抱えたまま。結局香川照之の娘を殺したのは誰だったんだ?香川照之は哀川翔の娘の殺人にどこまで関与していたんだ?本当にビデオ>>続きを読む

人生は二度とない(2011年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

 抱えている悩みや問題はまさしく三者三様。仲間との旅行を通じてお互いの悩みを解きほぐしていく丁寧な描写がすばらしい。泳げないやつが人生で初めてダイビングを経験したことで固定観念が拭い去られるくだりとか>>続きを読む

アニマトリックス(2003年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

 マトリックスは1作目しか見てないけど視聴。オムニバス作品で一つのエピソードの尺が短いのでストーリーは薄味。大体が世界の真実に気づくか気づかないかみたいな話で終わる。作画のテイストがエピソードごとに違>>続きを読む

コカイン・ベア(2023年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

 ラリったクマが大暴れするというシンプルな映画。ヒューマンドラマがほどほど挟まるがかなり薄味だったので、もっとクマが大暴れするシーンに尺を割いて欲しかったというのが正直な感想。とはいえ出てきたときの大>>続きを読む

セルビアン・フィルム(2010年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

 目の中にチンコ突っ込むのわけわかんなくて面白かった。

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

 いい映画。ほんとにいい映画。ヒューマンドラマの映画に求めるすべてが詰まってる。
 主人公のおじさんは登場シーンこそ派手だが、中身は人より善性は強いがそれでも一般人の範疇を超えない地に足のついたキャラ
>>続きを読む

ウィズネイルと僕(1988年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

 ウィズネイルが絶妙に嫌なやつ。よくもまあペラペラと嘘をつけるもんだね。でかい口をたたいていざというときは小心者と何もかも小物だが、あまりにも間抜けなシーンも多いので案外嫌いにはなれない。最後の次のス>>続きを読む

フリークスアウト(2021年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

 想像してたより真面目なつくりでグッド。一応現実世界がベースだがファンタジー要素強めでディズニー感がある。敵方含めてキャラクターの背景(彼らにどうして周囲の人間との軋轢があるのか本人の特性含めて)がき>>続きを読む

三人の女(1977年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

 うーん、終盤の展開が説明少なくてよくわからん。プールの絵も何度も出てきたけど一体何だったのかもわからん。解説サイトとかあれば見ておこうかな。
 主人公?が誰にも相手にされずに一人で相手に向かって話続
>>続きを読む

愛にイナズマ(2023年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

 ぼんやりとあらすじを見てたときは、打ちのめされた映画監督が再起を図ってすごい作品を撮ろうとする的な話かと思ってたので、中盤から普通に家族ドラマが始まってうーん、思ってたのと違ったなという感じ。作品が>>続きを読む

ゴジラxコング 新たなる帝国(2024年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

 うおお怪獣プロレス!
 このシリーズはどこまでも方針がぶれないのがいい。とにかく怪獣プロレス。一応人間ドラマもあるが、まあおまけみたいなもんです。しかし今回は人間ドラマのほかにゴリラのドラマパートが
>>続きを読む

ドグラ・マグラ(1988年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

 読んだのが10年くらい前なのでストーリーはあんまり覚えてなかったが、確か大体こんな感じの話だったなー、とか思いながら視聴。個別のインパクトの強いエピソードはなんとなく覚えてたけど、ストーリーはあんま>>続きを読む

タンク・ガール(1995年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

  これはいいポストアポカリプスSF。設定とかにはあんまり目新しさはないが、キャラクターやビジュアルがツボ。主人公はどれだけひどい目にあってもおどけた調子を崩さない。不屈の精神と豪運と愛嬌で終末世界を>>続きを読む

キラーカブトガニ(2021年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

 中盤までは余計な人間ドラマと程よい襲撃シーンで並みのB級パニック映画といった趣だが、カブトガニがどう見てもカブトガニではない何かに進化したあたりから様子がおかしくなってくる。終盤では納屋で楽しい工作>>続きを読む

異人たち(2023年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

 ビビットな色彩やエレベーターの合わせ鏡とか、おしゃれなビジュアルが楽しい。ちょいちょいホラー的な演出が入るのが幻想的な雰囲気に拍車をかけていてよかった。幼くして両親を亡くした主人公が両親に再会し、幼>>続きを読む

対峙(2021年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

 緊迫感のある会話劇だぁ。ミステリとかサスペンスとかではないので明確に答えが出れば解決するような話ではなく、ただ当人たちが納得できる着地点を話し合いで見出していくしかないという地道な描写が素晴らしい。>>続きを読む

マリア・ブラウンの結婚(1978年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

 爆撃されながら結婚する出だしのシーンが超クール。マリアという女性の半生を描いた作品で、タイトルにもあるように結婚及び男女関係が軸になって話が進む。戦後の厳しい時代を自らのスキルでのし上がっていく様は>>続きを読む

ロバート・アルトマンのイメージズ(1972年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

 幻覚を交えてお届けする痴情のもつれ。主人公の精神が錯乱しているだけのような、それだけでは説明がつかない部分もあるような。(序盤の電話とか誰がかけたんだろうか、夫も受け取ったし幻覚ではないっぽいが。)>>続きを読む

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

 会話劇だが話の内容が面白いので飽きずに見れる。二人が惹かれあっていく過程が丁寧な描写で見やすい。ただ個人的には途中で店のものを盗んでたのが嫌だった。リア充のロマンチックのために無関係の人間が割を食う>>続きを読む

妖獣奇譚 ニンジャVSシャーク(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

 思ってたより特撮っぽい作り。サメ要素がおまけじゃなくてきちんと見せ場になってるのが好き。でも敵方はなんであんなにサメを使うことに固執してたの?終盤でも言ってたけど基本的には陸地にいれば安全だし。まあ>>続きを読む

ベニーズ・ビデオ(1992年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

 最近の若者はなにを考えているかわからないね、みたいな映画。一昔前の映画は結構そういうの多い気がする。社会不安と若者の内面を同一視する感じ。主人公の行動が無軌道すぎて共感はできないし、両親も率先して隠>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

 いいスポコンだぁ。試合のシーンが本格的で観客サイドとして感情移入しやすい。レスリングのことはよく知らないけどどっちが優勢かわかりやすくてよかった。
 父親のキャラが一貫してるのもいい。スパルタ教育で
>>続きを読む

ゴッドランド/GODLAND(2022年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

 見る前は大自然の荘厳さの中に神の恩寵を見出すとかそんな感じの話かと思ったが、新しい土地に馴染めない牧師の話だった。過酷な大地をひたすら歩いたり、壮大な野原の中で朽ちていったりと大自然の中で一生命体の>>続きを読む

きっと、またあえる(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

 インド映画って同窓会みたいな設定なの多くない?気のせい?
父親の話の最初の方は負け犬要素があんまりなく(ぼろい寮をあてがわれたくらい。それも本人の実力のせいというわけでもないし)、普通に難関大に入っ
>>続きを読む

ラルジャン(1983年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

 登場人物全員の感情の起伏が少なくて、ちょっととっつきづらい。終盤の方で見知らぬ一家に居候することになった経緯もよくわからなくてついていけなかった。お金に振り回された人生でお金で破滅した一方で、そもそ>>続きを読む

マルセル 靴をはいた小さな貝(2021年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

 キモイ寄りの可愛いデザイン。塩梅が見事。挙動も可愛いね。マスコットキャラクターを主人公に据えている映画は多いし、大体あんまり頭がよくなかったり無垢すぎたりといった理由でひどい目に合っているが、マルセ>>続きを読む

オッペンハイマー(2023年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

 原爆の話がメインではあるが思ってた方向性とは違った。あくまでオッペンハイマーの伝記であって原爆はその一要素に過ぎない印象。原爆を作った苦悩というよりは、原爆により加速する軍拡競争とそれによってもたら>>続きを読む

デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 前章(2024年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

 おんたんのイントネーションが、おんたん↓だと思ってたけどおん↑たん↓だった。
 基本的に原作を丁寧に映像化した感じで多少は端折りつつも原作通りに話が進む。これ前後編にしてるけど割と未消化のエピソード
>>続きを読む

サンセット大通り(1950年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

 過去の栄光にすがるしかない女優に痴情のもつれが合わさりとんだ悲劇に。勘違いし暴走する様は喜劇的ではあったけども。召使の人はあまり語られなかったけど、この人だけで一本映画が作れそうな設定をしている。脚>>続きを読む

アステロイド・シティ(2023年製作の映画)

3.6

 相変わらず色彩はおしゃれで楽しいけど、ストーリーが多重の構造でよくわからん。つまりどういうことだってばよ。部分部分のシーンはインパクトがあって楽しかった。

>|