アさんの映画レビュー・感想・評価

ア

年200本ほど映画館で観る というか映画館でしか観られていない 溜めてたまに書いてる

映画(1203)
ドラマ(0)

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.8

メジャー映画なんて10テンプレしかない中ちょっと新しいものに置き換えるだけで全く違ってみえる面白い作品になる、ということをこれでもかというほど教えてくれる ものつくりの参考になる

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

2.9

超つまらん 新しさゼロ 台詞がダサい もっとB級に振ってくれた方が良かった

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.5

「赤ちゃんなのにおっさん!?」と一発打てるコピーの強さ 企画性の勝利👏

かぞくへ(2016年製作の映画)

4.5

1週間で撮影、予算100万以下 素晴らしい作品。こんなに無名キャスト揃っているのにずっと集中して観ていられる作品もないなと思う。演出力と脚本

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.0

イーストウッドだから許される巨匠おじいさんのオナニー映画 ラスト24分だけでいい

彼の見つめる先に(2014年製作の映画)

4.0

超良い。会社同期4人で観てみんな絶賛した素敵な夜

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.5

映画人絶対泣く内容なのに予告がラブ売りのみで残念 シニアに向けるべきだった

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.5

東映!!!大復活!!!!と叫びながら試写室を出て友人に怒られました。最高。hon◯yとかマジ配給しなくていいから東映さんしかできないんだからまじでこういうの作り続けてくれ

ピンカートンに会いに行く(2017年製作の映画)

3.0

尺、テンポ潔くきちっと成立したコメディ。タムケン力炸裂

ナチュラルウーマン(2017年製作の映画)

4.0

超良い映画。すごく小さい話なのだがオペラで魅せるあのラスト。Time鬼リピ確定

四月の永い夢(2017年製作の映画)

3.5

本当にラストカットが感動のピークで、ラストの鳥肌たるや。少しいえばそこに行くまでもう少々うねりが欲しかったが、監督のやりたいテーマをちゃんとやりつつも商業映画になっている。カラックス、小津リスペクトち>>続きを読む

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

3.5

暫定今年一好きになれる主人公像(バーフバリは去年として) 恋愛はタイミング

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

3.0

エッッロ、欲情な設定からのやっぱりコリンファレル気の毒な末路。好きです

さよならの朝に約束の花をかざろう(2018年製作の映画)

3.5

隣のおっさんがギャン泣きしてたので周り泣いてると涙引っ込むタイプの私はあまり泣けなかったのだが、アニメファンじゃないのにあそこまでグッときたので相当いいはず。脚本でいうとこの「魔法のランプ理論」がもう>>続きを読む

さらば、ダイヤモンド(2018年製作の映画)

3.5

この30分尺を考慮しつつすごくちゃんとやってて出来が良かった。演出脚本キャストが◎

カレーライス Curry and Rice(2018年製作の映画)

3.5

作家性が非常にはっきりしている方なのでもっと観たい、頑張ってほしい。

化け物と女(2018年製作の映画)

3.0

ロイ・アンダーソン的世界観。セットアップまではいいもののそれ以降飽きてしまうのでうねりが欲しかった

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

2.5

何がいいのか分からない。曲は良いとして曲の盛り上がりに脚本が追いついてない。感情移入ないまま曲とダンスが始まる。ミュージカルで群像やる難しさ。誰の感情?これ誰の視点?何を見せられてる?となる。主人公が>>続きを読む

サラバ静寂(2017年製作の映画)

2.5

85分尺で2人の逃避行始まるのが50分後、それまで若葉くんの映画。若葉くんの圧倒的演技力で主演が誰なのとなってしまってる。やはり脚本が大事だということを分からせる

>|